それでこそ勇者だ

2020/05/03

燃えよ星の刃

Dscn2466x

砕けよ破壊大帝!いやそんな奴、敵にいるのかどうか知らないけど!

Dscn2428

IRV-01、STAR BLADE。IRON TRANS社の製品です。BLADE なので、なんか見たことのあるSAVORさんとは関係ありません。最近こういう人増えたな・・・。

Dscn2429 Dscn2430

中型ロボットは、内部に小型ロボットを内蔵することができます。仮にBRAINと呼んでおきますが、別にせりあがって頭部になるようなギミックはありません。しかし戦闘機形態では、戦闘機のコクピットにパイロットとして乗り込ませることもできます。

Dscn2431

プロポーションは、少々足が短い(胴体が大きい)ような気もしますが、ポーズがバリバリ付けられるのでそんなに気になりません。

Dscn2433 Dscn2432

専用の剣や表情のついた手首が付属します。そしてさらに・・・。

Dscn2439

別パーツの機首と合体し、ジェット機モードに変形します。この際、両方のすね部分は普通に機体後部に来るのでなく、鳥足のように膝を折りたたんで、コクピットよりも一段上がった状態になります。なんか素直にカッコよく、ブンドドして遊んでいると、こっちの方がとっても好みな気がします。いや、何がそっちか知らないが!

Dscn2438

着陸状態にもできますが、後輪は全く別パーツになっていて、機体後部で挟み込んで装着します。

Dscn2434

ただ残念なことに、その機首パーツはロボモードだと全くの余剰パーツで、肩につけるとかそういった気の利いたことはできません。手首にもあんまりちゃんと入らないので、このままではもて余してしまいます。

Dscn2437 Dscn2436

そこでうちでは、背部の翼部分で機首を押さえ、バックパックに見立てて装着させています。ただ乗っかっているだけですが、翼の可動軸が結構固めなので、割とちゃんと抑えてることができ、前から見ると翼が「X」型に見えるのも気に入っています。


(5月4日追記)

ところがある方から、「機首の下の蓋を展開すると、肩に装着できる」という情報をいただきました。実は私も試しては見たのですが、機首の蓋の材質の弾力で、すぐにぽよんと弾かれて外れてしまうものですから、「これはそういう設計意図じゃないんだろうな」と思い込んでいました。
しかしこれは、ちょっと試行錯誤してみる意義がありそうです。

というわけで慎重に慎重に、蓋内部のジョイントと思われる部分を、少しだけ削ってみました。するってぇと。

Dscn2487

ちゃんと付いたよBLADE さん!やればできる子だったね君は!
Rさん、情報本当にありがとうございます。

なお個体差がありそうですし、試されるならば個人の責任でお願いします。

Dscn2441 Dscn2442

さて、ようやくそこへ大型支援機が飛来します。名前とか書かれてないんだけど、たぶん「X-STAR」とか言うんじゃないですかね。もうそれでいいや。

Dscn2444

当然ながら、BLADEの戦闘機モードと合体し、大型戦闘機が完成!


Dscn2445 Dscn2446

艦橋のような背面のヘルメットユニットは、何か可動バーのようなもので保持されているわけではなく、単にジョイントで止まっているだけです。まぁアレ、合体後に首を動かすに邪魔だしね・・・いや何がアレか知らないが!(もういいかこの下り


Dscn2447

そこからさらに分離・変形し、大型ロボモードになります。


Dscn2448 Dscn2449

大型戦闘機の甲板部分は、美しく畳まれて背部ランドセルを形成します。きちんと造形されたバーニアがうれしいところ。。


Dscn2440

肩の機銃部分は、上腕部を内蔵しており、内・外の装甲を展開して正規の位置に戻します。手首も出すのですが、説明書だと「親指の付け根方向からしまう」ように書かれています。しかしそうすると、取り出すときに親指の先端が引っかかってしまい、手首を展開するのに非常に苦労します。うちでは、「親指の先端から」しまうようにしています。


Dscn2450 Dscn2453

胸部に変形した中型ロボを取り付け、分離させたヘルメットをかぶせて・・・。

Dscn2455Dscn2451

STAR BLADEの完成!

各所のメリハリが効いており、なんというか、「アレを大張先生がアレンジした」みたいなデザインになっています。いや素立ちだけでもカッコいいよ!

Dscn2457 Dscn2470

武装として小型銃・・・なんだろうブレードレーザーとか呼べばいいのかな?・・・と、機首に刃を取り付けた大型剣・・・なんだろうブレードブレードとでも呼べばいいのかな(ええっ)・・・が付属します。

Dscn2458

両こぶしは全ての指の関節が可動、指の付け根まで動くので、掌を大きく開いた表情がつけられます。また掌の内側に丸い凹ジョイントがあるので、武装はガッチリ保持できます。

Dscn2464 Dscn2461

また大型剣は、別パーツの長い柄を取り付けることもできます。そうすると左の写真のように、ブレードブレード両手持ちみたいなことも(なんとなく)可能。

Dscn2460 Dscn2468

もう今更何をどうにも説明しようがないのですが、出るところは出て、引き締まるところはキュキュっと締まったプロポーションが最高なので、私は非常に満足しています。なお足の裏とか何にもジョイントとかないので、多分これはこれ単体で完結するのではないかと思います。

| | コメント (8)

2020/03/01

白獅子の咆哮

Dscn2230

レ~オ~の 叫~び~(違


Dscn2231 Dscn2232

トランスフォーマー・MP-48、ライオコンボイ。
ビーストウォーズ2に登場した、ガイア方面サイバトロン総司令官が、アニメチックなあのころの姿で蘇りました。凛々しいたてがみ、つぶらな瞳も実にいい感じです。


Dscn2233 Dscn2234  

ライオビーム、ライオミサイルも展開できます。そのまま通常モードにしても、ほとんど目立たず装着したままで大丈夫。
首、顎(というより顔)を動かすギミックがあり、表情豊かなライオンのポーズが取れるのもうれしいところ。

さてではいよいよ、トランスフォームと行きましょうか。


Dscn2235 Dscn2236 Dscn2237

まずはたてがみを展開、首を回して、アニメ顔のライオンからメカライオンに顔を変えます。原典の玩具ではもちろんこんなことをしていませんが、アニメ映像を忠実に再現するその姿勢は呆れ素晴らしいと思います。


Dscn2238

脚部はそれほどでもないですが、胸と腕の変形は複雑で、あっちこっちの2重ヒンジが大活躍します。特に、ライオンの胴体の太さから、ロボモードのたくましい人間型フォルムに変形させる仕組みは感動します。


Dscn2249

ライオコンボイ総司令官の完成!
いや何かすげぇカッコいいぞ!

変形の都合上か、今どき珍しく足首は左右の角度を付けられないので、がっしり地面を踏みしめることができない・・・と思ったらつま先回った。これは全然気が付きませんでした。コメントありがとうございます。
また上半身のたくましさと言ったら、頼もしさ大爆発!俺たちのあこがれの総司令官だ!


Dscn2248

ちゃんと映像通り、右肩はメカライオンっぽくなっているのが凄いですね。反対側から見ると、アニメライオンのお顔が少ーし見えてしまったりするのはご愛敬。
なおこの写真以降、たてがみ変形一部間違えていますがご容赦ください。頭頂部を反対にしてしまったのがいくつかあります。

 

Dscn2241

両腕のライオンクローが展開、無類の強さを誇る格闘戦も再現できます。またガイア方面サイバトロンほぼ唯一の飛行可能ユニットである、両足のバーニアも展開します。


Dscn2242

もちろんライオミサイルも展開します。いちおう玩具っぽいミサイル発射ボタンもありますが、それはダミーで、発射は手動です。


Dscn2243

そして必殺のライオタイフーン!・・・ですが変形の都合上か、たてがみがくるくる回ったりはしません。まぁこれはしょうがないですね。


Dscn2245

共通武器のサイバトロンバスターも付属。


Dscn2246

胸のマトリクスも展開します。いやーいいねえこいつ。なんかもう、全身から「頼りになるリーダー」のオーラがまき散らされています。アニメライオンの顔が見えるのが可愛いけどな!
コレで遊んでいたら、久しぶりに元祖のライオコンボイも引っ張り出したくなりました。あれも傑作だったですからねえ。

| | コメント (6)

2020/01/01

Ωの鼓動

Dscn1908z

いけオメガ!デストロンを踏みつぶせ!

 

Dscn1906

トランスフォーマーシージSG-39、オメガスプリーム。武骨な独特のデザインで異彩を放っていた彼が、最新シリーズに登場しました。フォルム自体は旧シリーズからさほど変わっていませんが、変形機構はかなりのイメチェンが図られており、旧来のイメージを一新しています。全高は40数cm、以前のダイナザウラーにも引けを取らない馬鹿でかさです。


Dscn1911

頭頂部には、集光して目を光らせるギミックがあります。他の連中は、「頭部の後ろから光を当てると目が光る」ものが多いのですが、こいつは「頭頂部から光を当てる」仕組みになっています。そのため、箱から出した時いきなり目が光っているように見え、「あれ?最初から電池入ってるの?」とか思いました。


Dscn1910

背部のレールの翼は、スライド式のジョイントで結合され、取れにくく壊れにくいよう考えられています。タンクのようなバックパックもいい感じです。


Dscn1907 Dscn1908

このサイズにもかかわらず、各関節はバリバリ動き、各部ラチェット機構のおかげで保持力も抜群です。また下半身の材質が、純然たるプラスチックではなく、割と軽めで丈夫な材質・・・ジャンボマシンダー的な感じ・・・なので、サイズの割には割と重さを感じません。

ただその強固な股関節は、動かすときにかなりラチェットの効いてる大きな音がするので、夜中に遊ぶには注意が必要です。ってかすげぇうるせぇ!


Dscn1916

付属品はどシンプル、月面探査車とファイアエフェクトのみです。一番大きなエフェクトは中間で分割、5種類に分けることができます。


Dscn1941

これらを取り付けて、オメガスプリーム一斉砲撃だ!ってのもできます。

さて、オメガスプリームなので、原典通り月面基地とロケットに変形できます。しかしその変形パターンはかなり旧製品と異なっており、どっちかというとアーマーを取り付けていった旧製品に対し、今回は本当に「合体ロボット」という感じになっています。
まぁ昔のは、電動歩行ギミックに力を入れていたせいもありますがね。


Dscn1917

まずは肩と腰のアーマーを開いて、胸部と頭部が分離します。


Dscn1918 Dscn1919

変形して重戦車に。砲塔には、先ほどのファイヤエフェクトパーツを取り付けることもできます。


Dscn1938 Dscn1923

腕部も独立し、分離します。旧製品では、腕部分を分離して再度組み立てていましたが、今回は肩から腕までひとつながりの構成です。


Dscn1937 Dscn1925

各部を展開してはめこみ、巨大なロケットになります。全高なんと60cm強!


Dscn1926 Dscn1927

胴体と翼は、それぞれ変形して、基地とその周りを囲むレールになります。これらを全部組み合わせて・・・。


Dscn1928

サイバトロン・月面ロケット基地の完成!
旧玩具と異なり、基地のレールに戦車のサイズを合わせていないので、基地玩具としては少々バランスがあやふやです。がその代わり、オメガスプリーム状態ではベストバランス!私は旧玩具より、こっちの方が好きですね。

なおこの写真では、撮影の都合上、背部のレールは取り付けてありません。でかすぎるんだってば!嬉しいけど!


Dscn1930

付属する月面探査車は、いわゆるマイクローンサイズです。基地のどこにおいても遊べますが・・・。


Dscn1933 Dscn1934

ロボットに変形し、ロケット内部や、脚部格納庫に収納したり。


Dscn1935 Dscn1936

ビークルモードでも、様々なシチュエーションで遊べます。やっぱこういうミニメカは、数があった方がいいですね。今から揃えようかな・・・。


Dscn1931

また先ほどのファイヤエフェクトパーツは、弾着エフェクトとしても使えます。
「敵襲だ!」って感じで遊べるのもまた楽しい。


Dscn1945 Dscn1942

いやいい意味で裏切られました。正直、シージのシリーズは旧玩具のアレンジという点では、個人的にはちょっとピンとこない所があって、今回もそんなに期待していなかったのですが。
こいつの出来は抜群だ!でかい!楽しい!かっこいい!

こういう、「突然予想を裏切られて楽しい玩具」に出会えるから、この趣味はやめられないんです。
本年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

2019/11/10

星を護るは戦士の使命

Dscn1699

星々を救うのが運命づけられた、謎の新戦士登場!(白々


Dscn1663

PLANET製PX-C02、KADMOS。
「KADMOSってなんだっけ?」と思ってググったら、「ギリシャ語でバケツ」とか出てきてひっくり返りました。たぶん、人々にアルファベットを教えたという神様の名前にちなんでる、だと思いますが。

「おねしょしますか?」などとは(いろんな意味で)聞いてはいけない方でしょう。

SAY GO!(それもマズい


Dscn1665

当然のように美しい剣を持ち、背部の機首を左肩に装着できます。なんせ、剣の腕前は宇宙一と言われてるらしいですからね。知らんけど。
なおここまでやっておいて不思議なことに、レーザーガンを持っていません。また剣は全くの別パーツで、機首と合体するような機能もありません。


Dscn1666

全身はほぼ金属製ですが、可動域は広く、関節もしっかりしているので、ポーズ付けが心配になることはありません。また、肩は軸から胸の前の方に回すことができるので、剣を大きく構えることもできます。


Dscn1667 Dscn1668

構造的に動かしづらいように見える肩ですが、背部のブースターが基部から動くので、腕を前方に回しても、干渉しないよう逃がすことができます。いや何かいいなコイツ。遊んでいて楽しい。


Dscn1669

また変形機構を持ち・・・まぁ見てりゃ大体想像つきますが・・・、大型ジェット機に変形します。


Dscn1671

この際、フェイスマスクを交換するよう指示されていますが、意味が分かりません。っていうか、どっちもなんかフェイスマスクが上下に長いんだよね・・・。あっちの国のひとって、こういう顔がお好きなのかなぁ。ここだけは正直、ちょっと納得できません。ガンプラで作りなおそうかな?


Dscn1672

脚部を膝で2段階に折り、噴射口を取り出してジェット部を形成します。噴射口に関しては、説明書に何の記載もないのですが、なぜか自然にその機能があることを知っているという、日本人の不思議さ。


Dscn1673

背部ブースターをぐるっと180度回し、機首を回して内部に頭部を固定します。さらにブースター基部を後部に展開、かっちりジョイントで止めると・・・。


Dscn1674

飛行形態の完成!
特に名前はないようですが、なんとなく、スタージェット(仮)とでも呼ぶかな・・・。
んで大型ロボは、スターカドモス(仮)。


Dscn1676 Dscn1675

特筆すべきはその薄さ、背部が後ろに移動して機体の高さを縮めているため、薄く美しい戦闘機になるところが素晴らしいです。ヘルメットが機首に内蔵されるため、どこぞのなんとかのように、上部にどどーんと見えていない所も効果的ですね。いや、何のスターの話か分からないが!


Dscn1677 Dscn1678

さらに胸部が分離、独立したユニットになります。


Dscn1679

特に名前は(しつこい)ですが、この状態がたぶん「カドモス」なんでしょう。フルポーザブルですが、内部にさらに小型ロボが乗り込める・・・などということはありません。


Dscn1680

そのまま RIDE ON!(あ

スタージェット(仮)は、カドモスを取り出しても、上から見るとほとんどシルエットが変わりません。ただ機首を固定していた部分がカドモスのジョイントなので、そのまま地面に卸すと、機首が上に曲がってしまいます。つまり、この状態は「下からスタンドで支えている」ときしか再現できません。


Dscn1681 Dscn1682

またカドモスは、自身が変形して小型ジェットになります。スタージェット(仮)とのランデブーはなんか燃える。

他の玩具ですと、スタージェット(仮)の機首がカドモスに合体しそうなものですが、そうするとカドモスのサイズの関係で、機首を小さめにしなくてはなりません。(もしくはカドモスを大型化する)
そうすると、スターカドモス(仮)のプロポーションも変わってしまいますので、このアイテムでは機首とカドモスは無関係、としたのでしょう。


Dscn1696 Dscn1697

いやー、なかなかいいんじゃないですか。とにかくスタイリッシュ!私はとても気に入りました。長いフェイスマスクを除けば(汗
ちょっとジャンクパーツ探そう・・・。

なお、なぜか足裏にジョイント(凹)が造形されていたことだけ付け加えます。やるのかなぁ。いつになるのか知らんけど・・・。

| | コメント (0)

2019/09/15

非生物型地球外生命体1号

Dscn1312i

氷漬けの画像を作ろうと思ったのですが、どうもうまくいかなかったよ・・・。

 

Dscn1312

トランスフォーマー マスターピースムービーシリーズ、MPM-8メガトロン。
劇場版に登場した、氷のような冷徹さを持つデストロンのリーダーです。機械、いや金属生命体らしい得体の知れなさを十二分に再現しています。

 

Dscn1315

複雑な背部には、エネルギーチューブと武器を装備可能。原典とは違うけど、せっかくだからこのチューブを、本体のどこかエネルギージョイントにでも差し込めるようにしてもらっても良かったのにね。
翼は幾重にも折りたたまれ、背部を形成しています。

 

Dscn1314  

腕部はそのチューブと手首を接続し、延長して武器のように使うことも可能。ムチって悪いやつの武器っぽくて良いよね(偏見
写真忘れましたが、胸部は展開し、例の諸悪の根源・・・茶色い角砂糖を入れることもできます。

 

Dscn1313

また銃は先端を展開し、長距離砲として使うこともできます。この際は両手首を取り外し、その接続部と銃を直結します。せっかくだからさっきのチューブを、本体のどこかエネルギージョイント(略

 

Dscn1316

それでは変形開始。
脚部はすねを展開し、その間に腿を挟み込むようになります。首の真下には、ジェット機状態の機種が格納されています。

 

Dscn1317

エイリアンジェットの完成!
劇中では唯一(だっけ?)、地球に現存しないビークルモードですが、人類に文明が芽生える前に来ていたんだからしょうがないね。

 

Dscn1318 Dscn1321

背部に銃、脚部横にエネルギーチューブを取り付けることができます。複葉機のような下部に支えのある翼とか、異常に長い機首とか、ハッタリがギンギンに効いていて超カッコいい!


Dscn1323

各種ジョイントは、軟質素材が多く使われているため、複雑な機構にも拘わらず、安心して変形させられます。ただ各種ヒンジが非常に多いため、完成はちょっと苦労します。なんせ、誰も見たことがないものに変形するからね・・・。カッコいいんだけど。

| | コメント (0)

2019/04/09

帝王の帰還

Dscn0452

お休み前のひと時。
ってかアレ、寝るとき脱ぐんだ・・・。

Dscn0425

トランスフォーマー マスターピース MP-43、デストロン破壊大帝 メガトロン(ビーストウォーズ)。
ティラノサウルスから変形する一世を風靡した傑作玩具が、マスターピースで蘇りました。

Dscn0428

Dscn0429

眼球は可動ギミックがあり、後ろを向いたり、変形後に黒目を隠したりと豊富な表情を付けられます。

Dscn0426

ティラノサウルス本体にも、首やしっぽに稼働箇所が追加され、かなり生き物っぽい動きを付けることができます。
付属のスタンドアダプターを使うと、もっとダイナミックな動きができるのですが、今回はある理由で使っていません(後述)。

まあとりあえず

「デストロン!へんしん!」

Dscn0431

Dscn0432

Dscn0433

変形構造自体は当時玩具とほぼ同じですが、各種ヒンジが大幅に追加されています。しかし説明書にいくつかミスプリントがあり、訂正の紙が付いてきます。
それらを見比べながら、あっちこっちをパタパタと畳んでいくと・・・。

Dscn0437

「俺様は破壊大帝、メガトロンだ!」

非常にスタイリッシュ、また色合いもいい感じで、あの千葉ボイスが聞こえてきそうです。
「悪者は意味もなく、笑いながら登場するのだ!」

Dscn0436

などととぼけたことを言っていますが、実は今回音声ギミックが搭載され、本当にあの当時の千葉ボイスが収録されています。
ティラノサウルスの頭部スイッチを押すと

「度胸だけじゃリーダーは務まらないんだよ!」
「君の頭には脳みそは入っていないと思っていたが、意外だねぇ・・・」
「ナビ子ちゃん!画像を拡大して!」

などの、大アドリブ大会のセリフが再生されます。それどころか、ナビ子ちゃんの

「大きく、大きく、大きくな~れ」

まで始まってしまいます(笑)。これは意表突かれたわ。
また長押しで、ロボモード、ビーストモード、効果音の3つを切り替えられます。

ただ残念ながら、なぜか説明書には、この音声の再生リストがありません。そのため、どうやったら例の「新春シャンソンショー」にいきつくのか、ひたすら試しまくる春の午後。いったい、いくつ音声があるのかもわからないぞ!

Dscn0441

Dscn0450

もちろんフルアクション、ハンティングライフルを持たせたりとガンガン動きます。しかし右腕が異常にでかいため、ちょっと動きを付けようとすると安定しません。そのため、ロボ・ビースト、両方の形態用のスタンドアダプターが付属し、ポーズ付けをしても安心して飾れるようになっています。

が実は、肝心のスタンド本体は付属しません。
なんと別売の、マスターピース・ダイノボットに入っている「TFパワーベース」を使うように書いてあります。

いやいやいや。

ここまでやったんだったら、スタンドくらい同梱してよ・・・。
ってかその仕様じゃ、ダイノボットと対峙できないじゃんね?

Dscn0444

問題はまだありましてね。
頭部は交換用フェイスが2種類付属、怒り顔と笑い顔を差し替えられます。しかし。

Dscn0445

またしてもなぜか、交換用ヘッドは合いが悪く、普通に取り付けると隙間が空いてしまいます。フェイス部分を壊れるかと思うほど力いっぱい押し込むと、なんとか入るんですけどね。ここもちょっと、最後の調整を誤った気がする・・・。

Dscn0440

そうは言っても、この美しい背中のたたみ具合とか見てると、もう多少のボケは許してしまいます。多少かどうかは置いといて。

Dscn0453

各種装甲は脱着可能、しっぽを取り外した思索モードや、肩のアーマーまで取ったお休みモードも再現できます。

Dscn0448

そして、意地でも取らない右腕のティラノヘッド。ちゃんとお手入れ用の歯ブラシも付属します。

Dscn0427

なんかこう、「思想と設計はすごいんだけど、最後の最後の詰めが甘かった」ような気がします。
まぁメガトロン様のやることだから、納得しちゃうね!(酷

| | コメント (2)

2019/02/10

再臨・鋼獣の王

Dscn0109a

もう何か違う番組だわコレ。

 

Dscn0081

DNA DESIGN、POTP PREDAKING UPGRADE KITS.。これ以外に大型の翼、剣、背骨?などが付属します。POTPというのは何だか知りませんが、PREDAKINGという名前なら、日本語版ですが似たようなのがいますので、使ってみましょう(白々しい

 

Dscn0082 Dscn0083

説明書によれば、まず両腕と思わしき部分を分解し、内部ラチェット部品を付属のものと交換して、組み立てなおすようです。説明書は分かりやすいので、英語が読めなくてもなんとかなるでしょう。まぁネジの大きさの表記が間違ってるような気がするけど、もしかしたら海外版では合ってるのかもしれません。

 

Dscn0085

続いて、カラスの翼を取り替えます。向かって右が本製品版、左は元のままです。羽の先端が、約2倍くらいに大型化し、さらに5か所に可動軸が追加されています。

 

Dscn0087

手首も交換します。左と下が本製品、右上部がもとのパーツです。指はフル可動仕様になったのですが・・・。

 

Dscn0120

元のアイテムと同様、そのまま、つま先部分に収納することができます。

 

Dscn0091

さらになんと、甲の内側から、念願だった拳の棘が展開し、より原典っぽく見せることができるようになりました。

 

Dscn0094 Dscn0095

また脇腹と背中に、それぞれボリュームアップパーツが追加されます。両脇のノズル状の物は、カラスの武器として使え、背骨の方は、ライオンの尻尾のようにも見立てられます。説明書だと、ライオン時はお腹に回すようになってはいますが。
これらをすべて装着すると・・・。

 

Dscn0096 Dscn0097 Dscn0092

少し細めだった腹部に迫力が増し、また翼も大型化するので、非常にボリューミー、かつダイナミックなプロポーションに変貌を遂げます。また、割とスッカスカだった背中もカバーする上に、合体後の安定感も増しました。
プレダキング as NO.1!

 

Dscn0098

さらに最大の付属品として、こちらも念願の、超巨大剣が付属します。

 

Dscn0122 Dscn0123

単品でも素晴らしく大きくてカッコいいのですが、実は全7パーツで構成される、合体剣なのでした!

 

Dscn0117 Dscn0118 Dscn0121 Dscn0114

もちろんそれぞれ、ロボモードで持たせることができます。ジョイントはすべて共通なので、勝手にいろんな形態を創造可能。この剣だけで、30分は遊べるよ。

 

Dscn0105

そしてそんな大きなものを振り回しても、先ほど交換したラチェット部品のおかげで、まったく不安定にならず、ポーズの維持が可能です。これが「玩具に対する愛」でなくて何でしょう!

 

Dscn0124 Dscn0126

巨大剣は、そのまま背中に背負わせることもできます。まさに「我が王の覇道のための、一振りの剣とならん」を体現したかのような存在じゃないか!

 Dscn0109 Dscn0102

というわけで、「遊ぶ人のことをとことん考え抜いた」に違いない、素敵すぎるアイテムの紹介でした。まあ、作ったご本人たちが「自分が欲しいから」作ったに違いないですが。
でも、これだよコレ!こういうのを「ファンに寄り添う」っていうんだよ!

いや、どこの何が寄り添ってないって言ってるわけじゃないけどね!最近、そーゆーのよく見たからさ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/21

争いはSTOP IT

Dsc_5911

悪役は意味もなく、高笑いして現れるものなのだ。

 

Dsc_5906

Perfect Beast、PE-DX09・MEGA DRAGON。
何故か、千葉繁さんの声が聞こえてきたでござるでしょう。が別に、目がトロンとしているわけではありません。
Perfect Effectの製品で、メタリックレッドのボディが凄まじく綺麗。非常にヒーローチックなカッコよさ、もうワクワク物です。良く知りませんが、どこかの番組の主役メカですかね。間違っても悪の帝王じゃない気がする!
このロボットモードから、ドラゴン型のビーストモード、さらにビークルモードへと三段変形します。

 

Dsc_5919

後頭部から長いドラゴンの尻尾が生えているため、首の可動に少々制限がありますが、そんなことどうでも良くなる美しい後姿。
目がトロンとするより、むしろガンダムがエピにONするような気もする(何言ってんだ

 

Dsc_5912

各部の材質・可動個所は物凄くしっかりしており、ポーズ付けはとても楽しいです。左腕とかかなり重いのですが、こんなポーズも十分維持できます。

 

Dsc_5908

交換用の顔パーツがついており、差し替えるととたんに、千葉ボイスが脳内自動再生され、悪の帝王にしか見えなくなって来ます。何ででしょうねえ。

 

Dsc_5918

右腕には小型の盾があり、中から刺突用のブレードを展開できます。また先ほどの交換フェイスは、この盾の裏側にしまっておけるという巧みさ。

 

Dsc_5914

両方の翼先端は、引き抜いて大型剣になります。ジョイントで手首にしっかりホールドできる上、その手首も、剣を振り下ろすように角度を付けられる、芸の細かさです。

 

Dsc_5920

何となく、同社の別製品と並べてみました。何となくだよ。意味はないよ。

 

Dsc_5922

さて変形開始。
胴体を開き、右腕はお腹に、左腕は頭の方に移動させてドラゴンの首を形成します。この変形、どこかで見たような覚えがあるけど気のせいだね。

 

Dsc_5942

ドラゴンモードの完成!実に凶悪無比、やっぱきっとヒーローじゃなくって悪の帝王の方だな(白々しい)。
変形工程自体はかなり複雑、いろんなヒンジを駆使しますが、各所のジョイントはとてもしっかりしているので、変形後は安心して遊べます。ただ構造の都合上、ドラゴンの首の根元が動かないので、ポーズが限られてしまうのは残念です。

 

Dsc_5940
個人的には、こうやって少し前かがみにさせた方が、怪獣っぽくってお気に入り。

 

Dsc_5928 Dsc_5929
そしてこちらがビークルモード。足を投げ出して腕を上に回し、尻尾と首をまっすぐにするだけですが、体が平らにまとまって見えるため、ドラゴンモードよりカッコいいかもしれません。

 

Dsc_5921

抜群のフォルム、適度なアレンジ、完成度と安心感。愛を感じますねぇ。そりゃもう争いなんか STOP IT しないとね!(火種撒くな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/12

熱い心に不可能はない!

Pgfc
誰もが輝く、命一つ!
 

Dsc_5036 Dsc_5044
トランスフォーマーアンコール、カーロボットサイバトロン総司令官・ゴッドファイヤーコンボイ。
写真のファイヤーコンボイと、下のゴッドマグナス、そして全長60㎝のスーパーゴッドソードのセットです。
 

Dsc_5037 Dsc_5033 Dsc_5034
十数年前のアイテムの復刻版ですが、それぞれ玩具としての楽しさは、当時から超一流。今回はそこにさらに磨きをかけ、新規録音のサウンドや当時キャストのセリフまで収録された、決定版として帰ってきました。

はずだったんですが。

パッケージや音声ギミックの欠陥、さらに各部パーツの様々な組み立て間違いなど、なんか驚くほど不具合が多発。とうとう返金処理対象となってしまいました。
うちのも実は、マグナスの蓋がちゃんと閉まらないという不具合がありましたが、ゴッドファイヤーコンボイの頭部を組み立てなおしたら直りました。
 

Dsc_5031
それ以前に、元々の玩具自体も、「単体だと素晴らしく楽しいんだけど、超巨大合体をするとトホホ」な部分がありました。
なんせ合体後は・・・。
 

Dsc_5022
・胸部にボリュームがありすぎる
・反対に、腰が貧弱すぎる
・腕が長すぎる
・相対的に、腿が細く、足が短く見えてしまう
・肩が脇の下から生えているように見えてしまう

など、プロポーション的には今一つ二つ三つ四つ、残念な部分が多いのです。

Dsc_5023
また合体後、腹部の隙間が大きく、巨大な胸の装甲を支えきれずにパーツが取れやすかった、などの難点もあります。 「ファイヤーコンボイと、ゴッドマグナスが、本当に握手をして合体する」のを再現した合体システムは、実に素晴らしいんですけどね。

いやそんなことより!
 

Dsc_5025 
・超巨大合体後は、ファイヤーコンボイのトランスリベア部分が、丸ごと余る

これが一番の問題でしょう。何のための強化パーツだ、って話です。

この問題については、番組放映当時から言われており、何とかして全パーツをくっつけようとする方も大勢いました。もちろん、私もその一人です。
しかしちゃんとくっつく機構なんかもちろんないので、ただ載せてたり、両面テープで張り付けたりして「俺合体」をしていました。

今回の返品・返金騒ぎがあった際、私の中の眠っていた「やっちまエース」が目を覚ましました。

「返すくらいなら!」
「やっちまえー!」


というわけで、本体全部に合体ジョイントを新造、さらに補助パーツを作成し、トランスリベアなどすべてのパーツを組み合わせた
「パーフェクト・ゴッドファイヤーコンボイ」
を作ってしまうことにしたのです。
 

Dsc_5026
まずは脆弱な腹部と腰、腿をどうにかするため、レゴで変形ジョイントパーツを模索します。
 

Dsc_5027 Dsc_5028
ヒンジで畳んだ腹部補助パーツに、リベアパーツの一部(ファイヤーコンボイの両腕)を展開、合体させます。こういう機構を考えるとき、レゴは本当に便利ですね。
 

Dsc_5029
腹部に取り付けてみたところ。
単にヒンジで曲がっているだけで、特にジョイントで固定していませんが、この後ゴッドマグナスの胴体パーツが上からかぶさりますので、そのまま十二分に保持できます。
また通常のファイヤーコンボイ状態でも、この補助パーツを取り付けたままで、問題なく運用できます。(撮影忘れた)
 

Dsc_5041
マグナスの膝裏(ゴッドファイヤーコンボイの足裏)には、こちらもレゴとジャンクパーツで作った、合体ジョイントを埋め込んでいます。凸ピン部分は2重関節で、普段は足裏に畳んでおけます。
ここにそれぞれ、ファイヤーコンボイの両足首パーツを合体させようというわけです。
 

Dsc_5038 Dsc_5024
さらにマグナスの翼部分に、3mmの穴をあけます。車状態だと、ほとんどわかりません。
そこに、ヘキサギアの5mm→3mm変換ジョイントを付け、改修完了。
言い忘れましたが、先ほどの腹部補助パーツは、合体時以外はマグナスのトレーラー部分に放り込んであります。こういうとき、運搬系のトランスフォーマーは便利(笑)

さて!

これで合体させてみると、どうなるのでしょうか!
 

Dsc_5017
完成!
超弩級合体パーフェクトゴッドファイヤーコンボイ

見たかデストロンガー!
これが本当の、サイバトロン総司令官の姿だ!(知らんけど

貧弱だった腰、腿をカバーし、さらに腕の長さに釣り合う脚部を確保しています。また肩アーマーが大型化されたことで、脇の下から生えてるように見えていた腕も、なんだかちゃんと付いているように見えます。場所は全然変わってないので、ただの錯覚なんだけどね!


Dsc_5020x
比べてみると一目瞭然!
プロポーションはもう雲泥の差だと思うのですが、いかがでしょう(ドヤ顔
まるで、最初からこういうプロポーションを想定して、設計されていたかのようですね!(有頂天

肩のアーマーは、ファイヤーコンボイの肩アーマーを、90度倒してはめ込んだだけです。腰は先ほどの補助パーツセット、脚部は、マグナスの足の下にファイヤーコンボイの足をジョイントで合体させています。
「長靴を履いた上から、また下駄を履いている」ようなもんですが、カッコいいから別にいいよね!いいよね!

Dsc_5049
さらに、全合体する上での最大の難物・・・どうにも余剰パーツにしかならなかった、ファイヤーコンボイの胸と頭とはしごを、マグナスの翼部分に、先ほどのジョイントで強固に接続できるようにしました。本体のつっかえ棒代わりにもなるので、安定して立たせておくことができ、一石二鳥です。
 

Dsc_5021
はしごキャノンは、前面に展開することもできます。この状態でも(意外なことに)しっかり自立できます。
それにしてもデカい!60㎝のスーパーゴッドソードとほぼ同じサイズになりますので、自分で言うのもアレですが、圧倒されます。撮影台の天井、突き破ってるからねぇ・・・。
 

Dsc_5021x Dsc_5020
GW潰して、改造し続けた甲斐があり、自分の中では一、二を争う満足玩具になりました。返金しちゃうなんて勿体ないよ!こんなに遊べる玩具なんて、そうそうないんだから!
さあ皆さんご一緒に!

「ファイヤー!」

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018/02/03

真・バナナはどこだ

Dsc_4415
「PERFECT BEAST」だからねっ?
「GORIRA PRIME」だからねっ?

メタルのボディに変身・・・とか、
パワードコンボ・・・とか言い出したら、承知しないんだからっ!

Dsc_4402
PE-DX06P、GORIRA PRIME。
Perfect Effectの製品で、無茶苦茶綺麗なメカゴリラです。何かがモチーフになっているのかもしれませんが、オイラ子供だから全然わかんないや!

Dsc_4403
材質や関節部は非常にしっかりしており、ドラミングのポーズも楽々行えます。おたけびをあげるため、口を開くこともできます。クリアパーツやメタリック塗装が、とにかく綺麗でござるでしょう!

Dsc_4401
背部のキャノン砲を伸ばすと、本家のあっちよりも、ゾイドのアイアンコングみたいな雰囲気になります。い、いや、何が本家のあっちなのか、見当もつかないがごっつんこ!

Dsc_4405
変形ギミックが搭載されており、各部は非常に複雑なヒンジが多用されているッス。これをギゴガゴと動かしていくと・・・。

Dsc_4423
ロボットモードに変形・・・って、ええっ?
何故にWHY?!驚くほどカッコ良いいぞ?!
ってかアンタ誰(汗

喉のここまで「パワード・・・」とか出かかったけど、アレとは比べ物にならないくらい、男前じゃないか!

Dsc_4407 Dsc_4429
思わず ♪ い~と~巻き巻き ♪ と口ずさみたくなる(そしてその次を思い出せない)、シャープな造形と塗装。エイ♪

Dsc_4411
可動範囲が広い上、多くの関節にクリックが入っていて、しっかり安定したポーズが取れます。指は1本ずつ独立、第2関節まで動き、肩も上に開くようになっているんだブーン。

Dsc_4425 Dsc_4426 Dsc_4424
脚部のミサイルランチャーが開閉、一斉発射状態にできます。また腕の装甲は展開、シールド状態にもできます。こんな武器あったかどうか、記憶にないけど両手で撃つべし!

Dsc_4430
さらに変形を開始。まずは、空戦形態のAIR ATTACKモードにしてみるザンス。

Dsc_4419_2 Dsc_4420
MODE 1:WAVE RIDER。って、良いのかこの名前(汗)。
説明書ではキャノン砲を後部に回すようになっていますが、こうした方がネオバード形態っぽくなって、さらにヤバさが増すぜ、ぎっちょんちょーん!

Dsc_4421
MODE 2:AIR ATTACK。
これが本来の姿みたいナンダナー。い、いや、何が本来の姿なのか見当も(以下略

Dsc_4433 Dsc_4432
体内からタイヤを展開、GROUND MODEにも変形するデス!

Dsc_4435
腕を機体の前で組む感じにすると、さらに本来の姿みたいッシャー。い、いや、何が本来(もういい

ついでに、本来の姿が何だかわからないのをいいことに、変形パターンをいじってみます。

Dsc_4417 Dsc_4427
翼を上にあげたり、足首の前後を180度回したりすると、実にヒロイックなパワード・・・いや、何かカッコいい人が出来上がりッスよ、ウヒャヒャヒャヒャ!

Dsc_4409
この商品、最初「どうせゴリラだしな・・・」と甘く見ていたら、大きな間違いでした!
もうとにかく、どの形態もカッコいい上に、関節やパーツ保持力が抜群。
今年の「買ってよかった殿堂」入りは、間違いありません。

せっかくだから、影山さんの歌をみんなで歌おう!(何言ってるんだ
♪ 争いはSTOP IT (STOP IT)(STOP IT)(STOP IT)(STOP IT)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧