ノンジャンル

2018/09/23

THE SECRET OF BLUEWATER

Dsc_5674

♪ 愛はjewelより すべてを輝かす ♪

 

Dsc_5665 Dsc_5669
超合金魂GX-80、万能戦艦 N(ニュー)-ノーチラス号。
「ふしぎの海のナディア」に登場し、240万年前の古代アトランティス人の宇宙船を回収した戦艦で、ナディアの父・ネモ船長らが操艦します。

以前、新世紀合金で出ていたノーチラス号は純粋な潜水艦でしたが、こっちは満を持して登場した「戦艦」。海底二万マイルどころか、宇宙だって行けちゃいます。

 

Dsc_5670

正式名称は「第四世代型超光速恒星間航行用超弩級万能宇宙戦艦ヱクセリオン」という、なんだかどっか他の場所で聞いたことがあるようなもので、ちゃんとそのプレートまでついてくるという凝りよう。

本体と台座に電池を入れ、ライト&サウンドギミックを楽しむことができます。 またこのギミックが凝りまくっていて・・・。

 

Dsc_5667 Dsc_5662

本体のメインノズルを押すと、艦橋の内部が点灯、起動音が鳴ります。

 

Dsc_5663

さらにノズルを押すと、今度は噴射口が音とともに輝き、発進シーンを楽しめます。

 

Dsc_5671
主砲や前部レーザー砲は差し替えで、攻撃状態を再現できます。また本体左側の副砲を押すと、主砲の発射音が響きます。この音がまた、どっかで聞いたような音で・・・そういや確かにコレだったわ・・・。

 

Dsc_5668

Dsc_5673

また潜水艦モードから、飛行モードの翼を開くと、連動して前補助翼と尾翼も展開します。開くとき、閉じるときで違う音が鳴るというこだわりよう。

しかしこの飛行形態も、今更ですが、ダイジョブだったのかなコレ(汗

 

Dsc_5664
さらに台座には、もっと豪華なギミックが盛りだくさん。 メインスイッチは中央のブルーウォーター、これを押すと、台座左のモードランプが点灯し、N-ノーチラスの艦内ブリッジ音が鳴り続けます。

 

Dsc_5666

BGM、SOUND、VOICEの3種のスイッチは、それぞれ独立して任意のタイミングで音を鳴らせます。 OPの「ブルーウォーター」、EDの「Yes,Iwill...」ももちろん歌入りで収録。また音質のいいこと!
BGMの一部「万能戦艦N-ノーチラス号」も、今となっては、どっかで聞いたような・・・まぁこっちが本家だけど・・・という気持ちにさせてくれます。

 

Dsc_5660

SOUNDは各種砲撃音、バリア破壊音(ちゃんとガラスが割れたような音がします)など豊富。さらにセリフに至っては、艦長や宿敵ガーゴイル、さらにノーチラス号の轟沈シチュエーション一連など、思わず聞き入る名シーンを再現できます。

一番感動するのは、電源断の瞬間です。ブルーウォーター部分を再度押すとOFFになるのですが、その瞬間

「シ~クレット ブル~ウォ~タ~♪」

と、あのアイキャッチが再現され、ライトが消えていくのです。 まさにナイスチョイス! いやー堪能しました。ずーっと「♪ Don't forget to try in mind ♪」がリフレイン。

 

Dsc_5672

そういや、うちにグラタン、いやカトリーヌ(笑)の完全変形玩具があったはずだなぁ。腕が蛇腹で伸び縮み、体内に収納できるやつ。
マウンテンサイクル発掘中なので、出てきたらまた写真撮ります。  

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018/08/20

鰯雲のなく頃に

我が家は現在、倉庫の立て直し準備のため、お片づけの真っ最中です。
そんな中、私の段ボールからまぁ出るわ出るわ、懐かしいグッズとアイテムの山。こんなの見ていた日には、何年たったって片づけなんかできないよ!

というわけで今回は、その山の中から出てきたアイテムが、いったい「何の何」なのかを当てていただこうと思います。
まずは練習問題。

Q.0
Dsc_5570
これは簡単すぎますね。
「機動戦士ガンダムのガンダムハンマー」
です。正しくは「1/60PGガンダムの」ですが、写真じゃサイズは分かりづらいので、キャラ名とアイテム名だけで正解といたします。


さあ、本番はここからですよ。皆様のお知恵を絞ってください。

なお今回、正解(つまり、それを持っているキャラの写真)は載せません。っていうか、今その本体を探している真っ最中なんだよ!

 

Q.1
Dsc_5566
これは簡単ですね。
このキャラはいろんなメーカーで立体化されていますが、このアイテムの後部が「折りたためる」のは例が少ないため、発売メーカーも特定できるかもしれません。

 

Q.2
Dsc_5564
これも簡単。少し前、超合金魂にもなりましたしね。

 

Q.3
Dsc_5567

まぁ分かりやすい方でしょう。玩具は、映像とはかなり差がありましたけどね・・・。

 

Q.4
Dsc_5563
いきなり難しくなりました。
というのも、似たようなアイテムが多すぎて、すぐには判別できないと思われるからです。ちなみにこれ、あるキャンペーンの特典でした。(ヒント)

 

Q.5.
Dsc_5565

少し難しいですが、これも以前超合金魂になりましたから、覚えている方も多いでしょう。武器としては割と合理的ですよね、これ。

 

Q.6
Dsc_5568
これは、あるキャラの「腕」ではありません。れっきとした「武器」です。(ヒント)

 

Q.7
Dsc_5569
こいつはこぶしの穴に特徴がありますが、難しいですよ。というのも、たぶん「あっち」か「こっち」なんですが、本体出てくるまで、私もどっちかわかんない(笑)という。もしかしたら、両方正解なのかもしれません。パーツ共用だったりしてね。

・・・あ!今思い出した!

これ確か、「あっち」は「両手首が同じ形」だった気がします。左右どっちにつけてもいい、ってやつね。だからたぶん「こっち」だ。

 

いかがですか?時々は、懐かし玩具の思い出をあさるのもいいですね。

続きを読む "鰯雲のなく頃に"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2017/12/24

復活のX

Dsc_4170

もう25年も経ったのか・・・。

Dsc_4153
超合金・ロックマンX GIGA ARMOR エックス。
往年の人気アクションゲームの主人公・ロックマンXと、相棒・ラッシュのセットです。
原典ではラッシュは、割とかわいい子犬のようなデザインでしたが、この商品ではかなりアレンジされ、ラッシュヤークトと命名されています。

Dsc_4155
X本体は、実にヒーローらしくスタイリッシュ。かなりの部分が合金で、ずっしりした手ごたえがあります。
各部のディテールやクリアパーツも奇麗で、アレンジがうまいこといってますね。

Dsc_4154
可動範囲もかなり広く、膝などは120度以上曲がります。また関節は非常にしっかりしており、ポーズを付けてもヘタレてきません。
フェイスパーツは、本体以外付属しないのが残念です。叫び顔とか、ジャンプした時の「おっ」みたいな顔も欲しかったところ。

Dsc_4157
また腕のロックバスターは、差し替えなしで、通常の手首の形態へと変形させることができます。これが両手で可能なため・・・。

Dsc_4158
左腕にロックバスターを装備するというのも可能。いいねいいね!なんか心が躍るなぁ!

Dsc_4156
ラッシュヤークトの方も、関節部分はフル可動。また、尻尾を引き出すと、背中のリアシート部分がポップアップするというギミックもあります。これは原典のラッシュコイル(背中からデカいスプリングが生えて、乗ったロックマンが大ジャンプする)へのオマージュでしょうかね。

Dsc_4164
さらに手足と耳を畳んで、付属のアーマーを装備させると・・・。

Dsc_4165 Dsc_4166
ライドチェイサー(キャバレリー)へと変形!
なんだこれ!無茶苦茶カッコええぞ!
パーツはいずれもしっかりと保持され、ポロポロ取れる部分はほとんどありません。

Dsc_4167 Dsc_4169
もちろん、X本人も登場可能。その際には、穴の開いた専用手首と交換します。また足首(つま先)を90度曲げるため、Xの脚部のバーニアも、移動の際に使用しているように見えます。
いやいやいや。良いんじゃないのコレ!なんか心がメガダンスだよ!(意味不明

Dsc_4162
そしてさらに、パージしたG.B.F.アーマーをX本人が装着、GIGA ARMOR エックスとなります。
こちらもデザインは最高!イメージ的にはX5のフェニックスを彷彿とさせますが、翼が大きくなった分、長時間滞空できそうな気がしますね。

ところがぎっちょん。

なぜかこの形態、非常にパーツが外れやすいです。ポーズ付けとか至難の業。
重い翼とそれを保持する背部アーマーはまだしも、両肩のアーマーは、差し込めてるのかいないのか分からないような装着感。左腕のシールドアーマーに至っては、肩のアーマーと干渉しやすいため、どっちかはめるとどっちか外れるという、何じゃそりゃ状態。
ヤークトからライドチェイサーには、全く問題なく装着できていたのに、なんでやねん!?勿体なさすぎるよコレ!

Dsc_4163
そこで、取れやすいパーツはすっぱり諦めて、ポーズを付けました。
おお、なんか一番初期のアーマーっぽくっていいや。もうこれでいいや(惨い

Dsc_4168
てなわけで。
ロックマンXの可動フィギュア、そしてライドチェイサーのアイテムとしては、バリバリにカッコいい、至高のものが登場しました。

ああん?アーマー?

バカいってんじゃねーよ!
アーマーなんかに頼っていて、ゲーマーと呼べるかよ!(もうヤケクソ
ロックバスターとボスのアイテムだけでクリアするのが、至高のゲーマーってもんさ!(・・・2以降はきついんじゃないかな・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017/12/18

悪意の再臨

Dsc_4144
本来ならこの手前に、サーバインを置くのが当然なのですが、毎度のことながら、どこにしまったのか以下略。
なんてこった!

Dsc_4139
ROBOT魂SIDE AB、ズワウス。
OVA「New Story of Aura Battler DUNBINE」に登場したオーラバトラーで、ズワースの直系の後継機です。

Dsc_4138
外見は、オーラバトラーというよりも大怪獣。なんすかこの邪悪なオーラ!
翼を広げると、横幅は約60㎝にもなり、まさにド迫力。他のオーラバトラーと違って、翼がムシ系でなく、蝙蝠・・・というより悪魔・・・なのがたまらんですね。

Dsc_4137
全身に梨地のモールドがされ、いかにも生物の装甲を加工したという感じの質感になっています。コクピットはスライドして展開します。

Dsc_4140
背部オーラコンバータは、まるでデカい蟹のハサミ。金の色分け部分も、1個1個別々に可動するというこだわりよう。もちろん尻尾も、全ての節で動かせるため、ほぼまっすぐにすることができます。

Dsc_4146 Dsc_4141
あまりに大きくて重い体を保持するため、専用スタンドが付属します。これがまた実にスタイリッシュ!
柱部も、まるで脊椎のようなデザインで、雰囲気バッチリです。
大きな翼を支える専用の補助アームも付属しますが、それがなくても、このくらいのポーズでなら飾っておけます。

Dsc_4145
オーラソードは、ズワースと異なり、左腕の盾に収納することはできないようです。あのギミックもとても好きだったのですが、剣としての大きさを優先したら、収納しない方が迫力は増しますよね。

Dsc_4142
OVAもかなり好きだったのですが、当時の作画では、出渕先生の絵を優先するためか、ズワウス(とサーバイン)自体はあんまり動かなかったのが残念でした。今ならやれるよね、これがバリバリ動くやつも・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/11/12

ラピュタは本当にあったんだ

Dsc_3909
「バルス!」(真っ先にそれか

Dsc_3901
想造ガレリア・ロボット兵。
映画「天空の城ラピュタ」に登場した無人兵器が、フル可動で蘇りました。

Dsc_3902
首や肩、腰に多くの可動部を持つだけでなく、特徴的なあの腕・脚部のジャバラ部分が、全て自在に動くというトンデモ仕様。劇中のように、しなやかな腕の曲がり方が再現できます。
指も1本ずつ独立可動、「不器用な優しさ」を見せられるのが実に嬉しい。

Dsc_3906
ワッシャワッシャと走ってくる移動ポーズも、実にそれっぽい。首の付け根というか、胸の内部が上にスライドするため、四つん這いでも頭を起こしていられます。

Dsc_3899 Dsc_3900
肩の付け根も上に上がり、格納ポーズも可能。背部のハッチは開閉し、中にケーブル部品をはめ込めば、ラピュタとの接続シーンもいけます。

Dsc_3907 Dsc_3908
そして飛行ポーズ。腕は、飛行翼の生えた別パーツと交換できます。こっちもまた全部の関節が動き、専用スタンドで保持できます。

しかし何気にコイツ、素晴らしく効率的な兵器ですよね。運用思想もそうだけど、四肢のキャタピラ関節で全てを賄うって、もう天才的な発明!まさに、超ド級の万能兵器です。

まあロボット兵もそうですが、映画自体も超ド級ですね。もう30年以上前の映画なのに、いまだに数年に一回はTV放映され、そのたびに何万人もの人が「バルス!」と叫ぶんだから・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/03/05

1-2-SWITCH!

Dsc_1715
今日はゲームのお話。
任天堂の新作ハード、NINTENDO Switchです。
wiiUの後継機ではありますが、遊ぶ形態として3つのモードを持っています。これは通常のTVモード。画面は同時発売の、ゼルダの伝説です。
媒体は小さな・・・3DSのものよりもさらに小さなカセットで、ディスクを読み込む機能はありません(今のところ

C6cqywtusaelgr3
という画像を本体のみで作成・投稿可能です。 画像は次世代機らしく、非常に奇麗。ゲームの方は始めたばかりなのでまだ何ともですが、さすがの出来栄えなのは冒頭から感じます。

Dsc_1716
こちらはテーブルモード。充電用ドックから本体を外すと、本体での画面操作に切り替わります。またコントローラは、左右で独立して取り外せ、アダプタで合体させて、手持ち状態で遊べます。

Dsc_1717
さらにコントローラを付けると携帯モードになり、一般的な携帯ゲームとしても遊べます。重量はかなり軽く、wiiUのゲームパッドに慣れていると超驚きます。

Dsc_1718
そしてテーブルモードですが、実はこれがこの機種の、一番すごいところじゃないかと思います。というのは、この取り外したコントローラがすぐれもので・・・。

位置やジャイロセンサーなどを備えている(と思われる)のですが、同時発売の「1-2-SWITCH」などでは、wiiを彷彿とさせる体感ゲームが遊べます。チャンバラやピンポン、ガンマンの対決、真剣白刃取りなどですね。
しかしこの時、本体の画面とかほとんど見る必要がありません。というか「相手の目を見ろ!」って、ゲーム機本体に言われます。相手の動きを見ていて、フェイント入れたほうが勝てるんです。
自分の画面しか見ることがないことが多い、携帯ゲームやスマホ。それに対する挑戦状でしょうかね。

またこのコントローラ、振動機能が半端なく凄いです。1-2のミニゲームに、「コントローラを箱に見立て、中に入っている球の数を当てる」というのがあるんですが・・・。
この「球が転がっていって、箱の隅に当たる感触」が、コントローラを握っているだけで、凄く良くわかります!最初は2個も3個も区別つかないけど、そのうちに「あ、これ8個だ」とか分かるようになるから、またビックリ。

というわけでこれ、新世代の「TVにも繋げる携帯機」ではなく、「正当なwiiの後継者」なんじゃないかなという気がします。テレビにつなぐ必要もなく、本体を持っていくだけで、お茶の間や友達の家でパーティができるんですからねぇ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/01/28

掌の中の未来

Dsc_1567
このギュッと詰まった世界観、たまりませんなー。

Dsc_1569
ダイアクロン・パワードシステムセットAタイプ。
新生ダイアクロンシリーズの核となる、隊員とそのパワードスーツのセットが到着しました。

パワードシステム本体と隊員、そして格納庫となるレイドチェンバーが付属し、わずか数㎝の空間の中で、未知の冒険が始まります。

Dsc_1570
パワードシステムは、手足を折りたたんだ格納モードで、レイドチェンバーの中にピッチリ収まります。追加武装も、チェンバー内部に取り付けられます。

Dsc_1571 Dsc_1572
ハッチを開ければもちろん、隊員が乗り込むことができます。いやーもう、なんか滾って来ちゃうね!

Dsc_1573
コクピットハッチを閉め、機動モードへ移行。戦闘は、このスタイルがメインとなります。手足の可動範囲は広く、予想以上にいろんなポーズができます。

Dsc_1574
それでいて、このサイズ・・・左側にあるのは、単4電池です・・・。なんでしょう、この充実感!

Dsc_1576
腰部分を後ろにスライドさせ、シートを起こすと、メックモードになります。非戦闘時の長距離移動に使用され、狭い空間でのストレスを解消する意味があると書かれています。
見晴らしもよくなるし、単純作業はこちらで行うのもいいでしょうね。

Dsc_1577
さらに手足を畳んで、合体モードへ変形すると・・・。

Dsc_1578 Dsc_1579
バトラス02などと合体し、パワードシステムを中核として、大規模戦闘を行うこともできます。パワードシステムの腕が02の腕の横に収納されるので、操縦してる感があって実にいいです。

Dsc_1580
チェンバーは、複数個合体させることも、バトラス03に懸架させることもできます。

Dsc_1581
チェンバー横のジョイントは、01の腿ジョイントなどと共通なので、こういう合体もできます。運用の幅が(脳内で)広がりますねー。

Dsc_1568
さて、ダイアクロン隊員のサイズ自体は、わずか3㎝弱。にもかかわらず、腕・肩・腿・膝だけでなく腰まで動き、足裏にはマグネットが仕込まれています。驚異的な出来栄えと言っていいでしょう。

反面、あまりに自重がないので、パワードシステムに絡ませて立たせておこうとしても、自立させるのはなかなか難しいです。せっかくだから、このように、自分でシステムを整備するとかいう写真も撮りたいですよね。

Dsc_1561
そこでDIYストアで買ってきたのが、鉄製の薄いワッシャー(ステンレスだと磁石にくっつきません)。
これを、チェンバーに貼り付けて・・・。

Dsc_1562
隊員の足裏磁石で、自立できる場所を作ってあげよう、というわけです。念のためいつでも奇麗に剝がせるよう、水溶性のボンドで接着しています。普通なら接着力に不安がありますが、隊員自体が軽すぎるので、弱いボンドでも全然問題ありません。

Dsc_1566
できあがりー!
やっぱり「愛機の横にたたずむ」、ってのはイイですね!
簡単にできて効果抜群なのですが、自己責任でお試しください。


物凄くいい出来のこいつら、可能ならばもっと数を揃えたいところですが、なんか今日って、他にもすごいものが目白押しなんだよねぇ・・・。

続きを読む "掌の中の未来"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016/07/17

一つの命を救うのは

Dsc_8011
無限の未来を救うこと!
素晴らしい言葉だが、番組が違ったりする(おい

Dsc_7999
トミカハイパーシリーズ・ホワイトホープ
NEXT STAGEと銘打たれた、新たなシリーズが始まりました。

今回は今までのトミカとはちょっと離れ、町に「ウォーカービークル」と呼ばれる、「人型ロボットに変形するのが当たり前」の車が存在する世界のお話・・・のようです。
ホワイトホープの前面にいるパトカー、ホープバイパーは通常のトミカサイズ、分離して普通に走らせることができます。

個人的にですが、今回コレ、何が一番気に入ったかというと。
以前のシリーズは、
「全高数センチ可動ミニフィギュアと、その基地(もしくはそれが乗れるビークル)」、「通常サイズのトミカ」が、同じ世界で暮らしていた(笑)んですよね。
それはそれで、遊びとしては面白いんですが。

なんせスケール統一が全くできていなかったので、じゃあ通常サイズのトミカには、いったい何が乗っているんだ?という、なんか謎めく世界観が出来上がってしまっていました。

今回、そのミニフィギュアを排したことで(今のところ)、よりリアル(というか当たり前)の世界観が復活した、って言いますか(大げさ

Dsc_8001
余談はやめて、本来の玩具としての遊びへ。
合体したまま立ち上がり、各所を動かすと・・・。

Dsc_8012
ホワイトホープ・ウォーカービークルへと変形!
普通にヒーローメカっぽい端正なたたずまい、いや十分カッコいいんじゃないの。

Dsc_8003
大型の注射器銃(!)を持たせ、ポーズを付けられます。可動範囲もかなり広いのに、関節もしっかりしているので、安心して立たせておけます。
首だけ可動域がないので、上下・・・せめて左右には動いてほしかったのですが、これだけ残念。

Dsc_8000
各所のパーツは、このように分割可能。ほらね、これで終わりのわけないよね。
ところでどうでもいいけど、ホープバイパー(パトカー)は、どうやって合体位置に乗り上げるのかな・・・。

Dsc_7998
それはともかく。
こちらは、ホープと同時発売だったレスキューヘリコプター。

Dsc_8004
ホワイトホープとほぼ同感覚の分割機能を持ち、各種装備を交換して、ホープを援護します。
もうこの写真だけで、何ができるかはお分かりとおもいますが。

Dsc_8007
手足パーツを交換し、ホワイトホープに飛行(ホバリング)機能を与える「シンクロ合体」が可能です。両手には、プロペラを分割したシザーブレードを装備できます。

Dsc_8010
余剰となるホワイトホープの手足は、ヘリ部分にも交換合体が可能。とは言え、色合い自体が変わっていないので、これ普通に救急車だよね・・・。

Dsc_8006
なのでこのシンクロ合体の場合は、手足交換してもあんまり印象変わらない・・・っていうか、「ふーん」で終わっちゃうレベルのような気がするね(お
そこだけは、絶対に残念。

もっと色合いとか機能とかハッタリ具合とか、印象が劇的に変わってくれた方が面白いのに。

Dsc_7996
ところがですね。
そういう気持ちを分かっているのか、追加となるサポートビークルが発売されました。
まずはハイパーブルドーザー。大きなクローが良い感じ。
上部の作業車、ビルダーイエローハイパーは、もちろん分離と単独走行が可能です。

  Dsc_7997
そしてハイパーチェーンソー。本体よりアームの方が長いという。

Dsc_7994 Dsc_7995
この2機は2つで1つ、合体して大型重機になります。トミカと言えば、こうやって合体するのはもうお約束だよね。
しかし、このチェーンソーでいったい何を斬るんでしょう。ビルでも真っ二つにするのかなぁ(汗

Dsc_8013 Dsc_8014
両機とも、立ち上がって作業モードに変形が可能です。作業だかジェノサイドだかわかんない気もしますが。
そしてこいつらも、ホープとの合体互換性能があります。また、コントロールするイエローハイパーも付け替えられるので、ホワイトホープと「シンクロ合体」すると・・・。

Dsc_8016
新たなイメージの合体が可能です。
前のヘリ合体とは大きくシルエットが異なり、色合いも変わるので、いや素直にカッコいいよコレ。とにかく、顔が男前だしね。

Dsc_8018 Dsc_8019
3体のパーツをがっちりくっつけた「ヘヴィーブレードストロンガー(説明書のまま)」にしてみると。
うわははは!なんか燃えてきたぞ!

そうそう、やっぱ強化合体は「ガラッとイメージが変わる」コレでないとね!

Dsc_8020
パーツ交換すると、「チェーンソー両手持ち」って感じの、燃える男の熱いシチュエーションも再現可能。
もっとも、このチェーンソーでいったい何を斬るんでしょう。ビルでも真っ二つ(以下略

たぶんここで終わりではない・・・というか終わってもらったら困る・・・シリーズなので、ぜひ次は「右手にドリル」と、「背中に梯子車(バズーカになる)」を!
(もう用意できてるような気がする

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2016/05/21

超次元変形

Dsc_7473
いつものように適当に合成しようと思ったら、なんかすごく大変でした。
だってこいつ、隙間が多いもんだから・・・。

Dsc_7454
超次元変形・フレームロボ。
TVキャラクターではない、BANDAIオリジナルのプラモデルです。写真は、最新のアルタイルフレーム。

最大の特徴は見ての通り、プラモデルなのに、外枠=ランナーが存在しないことです。つまり、箱に入っているすべての物質が、組みたてるために必要なのです。捨てるのはビニール袋とシールの裏紙だけ。これは、現在のエコの時代に最適ですね。

何といっても既存のプラモデルは、捨てざるを得ないランナーが山のように発生しますからね。ひどいときは、パーツより捨てるランナーの方が多かったり・・・。

Dsc_7455
構成される部品は、ほんのわずかな接合部でくっついているだけ。切り取って組みたてれば、すぐ完成です。

なお部品は、後述する機能のために、かなり弾力性のある材質でできています。そのため、手で切り取るよりも、ニッパーなどを使った方が楽です。
右上にある、切り取った部品の、いくつかの薄い部分を折っていくと・・・。

Dsc_7456
このようにパーツが完成します。これは、アルタイルフレームの足になります。

Dsc_7457
胴体は、薄いベルト部分を、山に折ったり谷に折ったりしながら、畳み込んでいきます。

Dsc_7458
すると、ひとつながりの薄かった部品が、厚みを持った胴体になってしまうから、ちょっとビックリ。
こうしてできたパーツを組み合わせて・・・。

Dsc_7460
アルタイルフレーム・ロボフォームの完成。

各部には多くのジョイントがあり、好きなように組み替えて遊べます。可動部もわりとしっかりしており、この状態なら、そうぽろぽろ外れたりもしません。
さらに「ロボフォーム」と書く以上、他のフォームもあるわけですよ。

Dsc_7468 Dsc_7467
アニマルフォーム・アルタイルアクイラ。
組み替え自体はそれほど難しくありませんが、ちゃんと鳥型に変形するのはいいですね。

Dsc_7438
同シリーズのロンウォンフレーム。なんとなくフォルム的に、ガンダム00のユニオンを思い出します。
こちらももちろん、差し替え変形で…。

Dsc_7452
アニマルフォーム・ロンウォンドラゴンに変形。
ロボモードの足を左右に開き、胴体の左右に翼を付けることで、洋風ではないドラゴンのイメージを出しています。

Dsc_7439
さらにレグルスフレーム。
他の2体とは少し異なる、ズッシリした感じが「ああ陸上用なんだろうな」と思わせてくれます。

Dsc_7464 Dsc_7469
こちらは、アニマルフォーム・レグレスレオに変形。

このとき、先ほど畳んで作った胴体は、いったんまた開き、ベルト部分を尻尾に見立てるという大技を使います。一度はめ込んで作った部品を、また元に戻すとは、普通のプラモならあんまりやりません。材質に柔軟性があるからこそできることですね。

Dsc_7470
そして、こいつら3匹にはまだ続きがあります。パーツをバラバラにし、あるものはまた途中まで開いて戻して、再度組み合わせると・・・。

Dsc_7471
三体合体・メガキメラフォーム《アトラスフレーム》の完成!
いろんな部品が混じり合い、あっちこっちが突き出ているので、実に「キメラ」という感じがしていいですね。
さすがにこうなってくると、ほとんど手足も動かせませんし、ぽろっと取れてしまう部品もありますがご愛敬。

Dsc_7475
背部から見ると、「ああ、これって『フレームロボ』なんだねぇ」、となんか感心。
ロボというか、自転車のジャンクパーツで作ったオブジェみたいな気も(おい

Dsc_7472
そして上半身のアップを見ると、なんだか胸に巨大タコチューがいるようにも見える(おーい

さて、この写真で見える三体合体後の「左手」ですが。
合体前は、この記事の上から4枚目の写真、アルタイルフレームの「足」なんです。

Dsc_745b
この写真をよく見ると、先端の部分が、薄いベルト状になっていますよね。「足」のときには何もしませんが、「腕」にするときは、この円の中を折りたたむことで。

Dsc_747a

指に見立てることができるのです。(写真は、左右反対だけどね)
よく考えたなコレ!

折って畳んでまた戻して、という感覚は、今までのプラモには確かになかったものなので、割と斬新です。またその過程で、薄いパーツが全く違うものになっていくのも、とても面白いですね。

あとは胸のタコチューさえ、なんとかなればな・・・(もうそうしか見えなくなった

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016/01/24

おねがい超合金

Dsc_6531
こういうイメージなんですか?!わかりません!

Dsc_6505
超合金・マイメロディ(あか)。
サンリオの人気キャラクターが、またしても超合金になりました。向かって左側の小さいマイメロディが本物(?)のミニフィギュアで、右側は彼女(?)が乗り込む巨大ロボです。

Dsc_6506
パッケージはもちろん、中箱のデザインがまた可愛くてね。
いかにもお願いという感じよ(何が

Dsc_6510
ミニフィギュアの方はお願いポーズ、本体と、それを支えるスプーンが付いています。
何でスプーン付き?と思うかもしれませんが、また後で。

Dsc_6509
ロボの方は、尻尾がダイヤルになっています。それを回すと連動して、お腹部分が横に回転し・・・。

Dsc_6511
コクピット部分が現れます。もちろんここに、ミニフィギュアのメロディが乗り込むわけですね。
このとき、クリアパーツのハッチ部分は、手だととても開けづらいのですが、先ほどのスプーンを使って引っ掛けると、簡単に開閉することができます。まさかそのためのスプーンだったとは!

そして本体にメロディが搭乗して・・・。

Dsc_6512
通常モードの完成。
回転式コクピットとか、実にワクワクして楽しいです。足裏には車輪があり、このまま転がして走行遊びもできます。
また超合金なら、ロケットパンチは付き物ですが、このマイメロディでは手が小さいためか、それは割愛されています。

Dsc_6514
しかしその代わり、根本と真ん中で、自在に角度が変えられる両耳を動かして・・・。

Dsc_6516
耳の先端から、おねがいパンチを発射!(画像は合成です)
なんか普通の超合金より、殺傷力があるような気がするぞ?(おい

Dsc_6521
さらに耳の角度を変え、首をゆっくり90度上に曲げます。すると自動的に、ロボの顔前面からフードが下りてきます。

Dsc_6528 Dsc_6529
同時に、頭部上方から視認式コクピットが上昇し・・・。

Dsc_6530
宇宙巡行モードに変形します。
いやほんとに、「宇宙巡行モード」って名前なんだって!マイメロディの玩具なんだけどな!

Dsc_6524 Dsc_6523
何この、システマチックな変形!楽しすぎるぞ!
だいたい、首を曲げると自動的にコクピットが出てくるって、いったいどういう仕組み?お腹の人は、どうやって上がってくるの?

Dsc_6527
・・・と思ったら、単に頭部には別の人が乗っていただけでした(笑)。
宇宙巡行モードの時には、コクピットを閉めておいた方が雰囲気出ますね。

Dsc_6515_2
しかし、意外にも(失礼)実に楽しいギミックが盛り込まれている、素敵な超合金でした。
なんせ攻撃力抜群の上に、宇宙航行も可能というトンデモメカですよ?男の子がワクワクしないわけないじゃんね?
なんかすごく気に入ったんですけど、コレ。

まぁ問題があるとすれば、
いったい、誰を商品ターゲットにしているのかが分からない
ってところですかね。 私は撃ち抜かれちゃったけどね!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧