合体魂

2019/06/01

力合わせる時

Dscn0914

全員で出撃だ!

 

Dscn0890

超合体超人・DXフルパワーグリッドマン。グリッドマンと、アシストウェポンのフルセットです。

 

Dscn0895

以前も同コンセプトの、アクティビルダーがありましたが、あちらは掌サイズ・・・ミクロマンと同程度の大きさでした。こちらのグリッドマンは全長が十数㎝、どちらかと言えばfigmaやFiguartsのスケールです。

 

Dscn0896 Dscn0897

可動範囲は、アクティビルダーよりも随分狭くなっています。肘の可動範囲は90度くらいですし、首も上を向くことはできません。その分、関節は非常にしっかりしており、材質と相まって安心して動かすことができます。

 

Dscn0894 Dscn0891 Dscn0892 Dscn0905

グリッドマンキャリバー、バトルトラクトマックス、バスターボラー、スカイヴィッターの4つのアシストウェポン。材質は硬めでフォルムもシャープ、単体の玩具としてもとってもいい感じです。

 

Dscn0898 

まずはバトルトラクトマックス。アクティビルダーと異なり、各部のパイプは内蔵されておらず、合体時に後から取り付ける仕様です。

 

Dscn0899 Dscn0900

バトルトラクトマックスの本体が軽めな材質なのと、グリッドマンの強固な関節のおかげで、大きな腕を振り回しても十二分にポーズ時保持できます。また手首は、フル可動のものも付属しますが、組み立てなければならないのでめんどくさまた今度にしました。

 

Dscn0901

続いてバスターボラーの変形。マスクはこのサイズなのに3ピース構成(角を入れれば4ピース)で、割と複雑な仕組みになっています。

 

Dscn0902 Dscn0903

バスターボラー本体は、補助のホールドパーツでグリッドマンと合体しますが、それなしでも内部のジョイントで取り付けることができます。その際、ジョイント部はグリッドマンの胸部クリスタルを押し込みますが、外すとクリスタルは自動的に元に戻ります。サイスが大きいフィギュアだからこそできるギミックですね。

 

Dscn0907

最後はスカイヴィッター。パイプを取り付けるのが、ちょっと面倒です。

 

Dscn0908

専用スタンドで、しっかり飛行形態を維持します。基部の角度は変えられないので、正面を向いたままですが。

そして、最後に全員の力を合わせて・・・。

 

Dscn0911

フルパワーグリッドマンの完成!あっ、膝のクローを伸ばすの忘れた。
全長20数㎝に巨大化しますが、かなりの安定度を誇ります。自立させるのにスタンドは不要で、実際この形態用の補助スタンドは付いてきません。
キャリバーは、背部のボラーのグリップに差し込み、背負わせることもできます。

 

Dscn0913

さすがに可動範囲はかなり狭くなりますが、まぁ合体ロボなんてそんなもんでしょう(ロボじゃねぇ

そしてもちろん、アシストウェポンのみで再合体して・・・。

 

Dscn0915

パワードゼノンにすることも可能です。その際、ドリルとマックスの合体用シャッターのみを差し替える必要があります。
フルパワーグリッドマン以上にただの置物と化しますが、もともと腕の肘とかないしね、こいつ。動かなくても劇中通り(え

 

Dscn0917

アクティビルダーが「グリッドマンのアクションフィギュア」だとすれば、こちらは「グリッドマンの合体TOY」ですね。どちらがいいとか悪いとかでなく、同じキャラクターのコンセプトの違う玩具、という感じです。

グリッドマンの2期やってくれないかな・・・。

| | コメント (2)

2019/05/26

灼熱の幻影

Dscn0885

なんかこんなものもできますが、この後どうなるのか、見当つきません。

 

Dscn0886

騎士竜シリーズ06・DXディメボルケーノ。
リュウソウジャーの新たな騎士竜、マグマの力を持った熱いやつです。メラメラソウルが付属します。
もちろん、いつものようにバラバラになって、キシリュウオーと合体します。

 

Dscn0884

完成!キシリュウオー・ディメボルケーノ!
両肩に大きなキャノン砲を装備、しっぽと背びれをそれぞれの手に持ちます。

 

Dscn0883

大型剣?みたいにして持たせることもできます。色がキシリュウオー自体と同系列なので違和感なく、素直にカッコいいですね。
冒頭の写真のように、背びれとアーマーは左右に展開し、なんか意味深なアレになりますが、今後に期待します。

 

Dscn0488 Dscn0489

ってかそもそも、ファイブナイツ紹介してなかった。
まずはブラックの騎士竜、ミルニードル。あっちこっちトゲトゲです。

 

Dscn0491

合体して、キシリュウオーミルニードルに。両腕のトゲトゲハンマーで、がちこんがちこんとぶん殴るのが、いかにも力押しって感じで素敵。

 

Dscn0887 Dscn0490

グリーンのタイガランス。しっぽが展開して羽のようになるという、意外なギミックを持っています。

 

Dscn0487

キシリュウオータイガランス。胸飾りがカッコよく、また大きなランスを持つので、割と騎士っぽいフォルムになります。

そして5体の騎士竜が合体し・・・。

 

Dscn0495 Dscn0497

キシリュウオーファイブナイツの完成!
あのでかいティラノの頭部、そしてミルニードルの背びれを盾にしているので、構えるのが大変ですが、キシリュウオーと大きくイメージを変えるにはいいんじゃないでしょうか。

 

Dscn0499

もちろん、組み換えであれもこれもできます。こちらはパッケージにも載っている、フォートレスモードの強化版ですが。

 

Dscn0501

こっちはもう、全力で余剰パーツがないように組んだもの。もう何が何だか全然わかりませんが、こういう無駄なものを作っている時間が素敵なんだよ!

この手の玩具は、パーツが増えれば増えるほど、遊び甲斐が「足し算」じゃなくて「かけ算」されていきます。もっとも「1を何回掛け算しても1だ!」ってのには笑った。

| | コメント (0)

2019/02/17

恐竜万歳!

Dscn0162

これの何が一体神様なのか、当時ですら見当もつきませんでしたが。
とんでもない、あたしゃ神様だよ(昭和感)

 

Dscn0138

超合金魂・GX-85、キングブラキオン。獣騎神の二つ名を持つ巨大恐竜が、超合金魂となって帰ってきました。
英語名は「TITANUAS」だそうで、パッケージにも記載されています。

さぞかしバカでかい箱でやってくるのだろうと危惧していたら、意外と小さく、パンドラBOXレベルの箱でした(小さくねーよ)。

 

Dscn0141 Dscn0140

オリジナルの電動歩行機能はありませんが、前足がタイヤに連動してわしゃわしゃ動くギミックは残っています。また無可動だった首も、各関節にボールジョイントが仕込まれ、しなやかに表情を付けることができるようになりました。

 

Dscn0144

テールキャノンを展開し、ドラゴンシーザーのブレストラーと尻尾を取り付けて、超獣戦車キングタンカーの完成。

 

Dscn0145

内部はなぜか、メッキかと思うような非常に綺麗な仕上がりになっています。また、背もたれの部分には専用ジョイントを付け、これから乗り込む連中をがっちり保持します。
ジョイントはなくても別に問題ないんじゃ・・・と思いましたが、これがないと頭部が重すぎる獣帝大獣神がつんのめりますので、実は必需品でした。

 

Dscn0157

前足を籠手として取り付けた獣帝大獣神を乗り込ませ、究極大獣神の完成!

 

Dscn0154 Dscn0160

この籠手ですが、ツメ部分が金属製のため、見た目よりずっと重いです。そのため、装着して手綱を引くシーンをさせようとすると、重さに負けて腕が垂れ下がってしまうことがよくありました。
また先述したようにつんのめりますので、背中(ティラノサウルスの尻尾基部)と、ブラキオンの背もたれ部分のジョイントなしでは、自立もほぼできないほどです。

しかしこの(わけのわからぬ)ド迫力!そりゃあ古代の人々は、こんなわけわかんない巨大物体が出てきたら、神様だとしか思えないよねぇ。

 

Dscn0163

なお 原典通り(?)、マンモスの頭部は、余剰パーツとなります。たった1個だけ残るパーツがかわいそうだったので、船首(??)に取り付けて(乗っけてるだけ)みましたが、全く違和感がありませんでした。どこにあるのかさえ、一瞬気が付かないほど。
非余剰合体万歳。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/11/18

天下大将軍

Dsc_6050 Dsc_6034

合体方法も遊び方も今一つよくわからないので、適当にでっち上げてみました超戦艦。

 

Dsc_6019 Dsc_6020

YOUNG TOYS、TANK GUY。・・・だと思うんですが、パッケージがハングル文字なので、英語部分以外は全く何にもわかりません。青くてごつくて、なんか愛嬌があることだけは分かった。

 

Dsc_6042

少なくともパッケージ裏のCGは物凄くカッコよく、また他の機体と強化合体をすることも伺えます。そもそもこれが1号ロボなのかどうかすら、全然分かんないが!

 

Dsc_6021 Dsc_6023

ごついフォルムとは裏腹に、可動域は非常に広く、ダイナミックなポーズがつけられます。大きな両腕を支える各関節もクリックで安定可動、遊んでいて楽しい玩具なのは間違いありません。
なお説明書には、砲塔後部に仕込まれたLEDを照射することで、両腕の装甲の色が変わる・・・みたいない図解がありますが、どうも意味が分かりません。別に何にも変わってるように見えないし、そもそも意味が分からない・・・。

 

Dsc_6025 Dsc_6026

気を取り直して大変形。その名の通り、戦車に変形します。この際、腕や装甲が金属軸でスライドして別の位置に動いたり、現在ではあんまり見ない変形をするので、かえって新鮮に感じます。 戦車のデザイン自体もカッコいいしね。

 

Dsc_6024

ロボモードの頭部と胸、戦車の前部分は、外してサイ(みたいなもの)に変形します。この状態を「TOKEY」と言うようなんですが、またしても意味は分かりません。それに、「なんか分からないもの」に変形されても困るんだよね・・・。せめて「サイの頭部が付いた小型車両」くらいには見せられなかったものか。

 

Dsc_6014

いろんなところで真っ二つになり、この後の合体に備えます。サイも奇麗に開きになり、冠みたいな模様が出てきます。

 

Dsc_6015

続いては、いよいよGREAT ADMIRAL=天下大将軍。・・・だと思うんですが、英語部分以外は全く何にも以下略。赤くてデカくて、なんか割とかっこいいことだけは分かった。

 

Dsc_6043

またしてもパッケージ裏のCGは物凄くカッコよく、また強化合体も期待できます。しかし、普通に考えたら、こっちが1号ロボじゃないのか?なんで、TANKさんより後に発売されてるんだろう・・・。

 

Dsc_6016 Dsc_6017

各部ディテールも良くできており、実にヒーローっぽいたたずまいです。この「たたずまい」というところに、実はとんでもない欠陥があるんですが、それはまた後で。

 

Dsc_6027

武器を組み合わせ、胸のドラゴンを取り外して再合体。すると・・・。

 

Dsc_6051 Dsc_6035

かなりインパクトのある、ドラゴン型宇宙戦艦?に変形します。よく意味は分からないけど、カッコいいぞ結構。
ただ戦艦モードの際に、ロボットの顔が丸ごと上から見えます。隠せよ、せっかくだから・・・。カッコいいフォルムが台無しじゃないか・・・。

  

Dsc_6036

艦首にドラゴンのレリーフがある、ってような見立てでしょうかね。なかなか独創的で面白いんじゃないの?

 

Dsc_6048

ただパッケージのCGには、我らが旗艦アンドロメダの2門の波動砲みたいなものがあるんですが、玩具ではそれはオミットされています。
ええ?これ宇宙戦艦の主力武器じゃないの?
どうも、この玩具の設計ポリシーが良くわからんな・・・。

 

Dsc_6033

各部モールドはよくできていて、側面とかもう、至る所にバーニア(みたいなモールド)があります。こいつ、普通に飛ぶより、横向きで飛んだ方が推力出るんじゃないの?と思わせるほどに。

 

Dsc_6031

また艦橋近くには、「1」「2」などと書かれた格納庫っぽい表現もあります。滑走路もあるところを見ると、艦載機でも搭載しているんでしょうか。しかしこの後、戦車と合体することを考えると、サイズ的にはとんでもなく小さいリモコンドローンなのかもしれませんが・・・。

それにしても、地味な艦橋だな・・・。

 

Dsc_6038

艦首から分離するこちらのTOKEYは、龍型。ちゃんと手足もついています。

 

Dsc_6039 Dsc_6040

変形後の姿が、どれが正しいのか分かんないので、適当に動かしてみました。やっぱり「なんだかわかるもの」って楽しいね。戦艦部分とドラゴンが、それぞれ別作戦を展開するとか面白そうですね。

 

Dsc_6018

さて。
ここまで天下大将軍の写真を見てきたら、何か疑問が湧くかもしれません。
「なんでアクションポーズの写真が、1枚もないんだろう?」

それもそのはず。
実はこの将軍、両肩が全然、前後に動かないんです。ですので、「剣を振り上げる」というような、ロボット玩具として普通の遊び方が、全くできません。
そのため、「今、一番頑張って動いてます!」というポーズが、こちらになります。

Dsc_6054

さすがの私も、言葉を失いましたよ。
まさかこの2018年に、両肩が動かないDXロボ玩具(しかも合体前!)に出会うとは・・・。

グレート合体後はどこも動かないロボとか、肩の動かない2号ロボとかならいざ知らず、こんなにカッコいい大将軍が剣を振れないって、設計魂がどうかしているとしか思えません。

 

Dsc_6013

どうもそれには理由があるようで、このTANK GUYとの合体写真を見ると想像つきます。そう、こいつの合体は、あのでかいTANKさんの両腕を、大将軍の肩の下から吊るす方法なんです。
そりゃ確かに不安定にもなるし、腕が重くて動かしても保持できないかもしれません。しかし、しかしね、だからといって、省略していいところと悪いところがあるだろう・・・。

 

Dsc_6012

また、合体後は腕と足にパーツが追加されるだけで、我が国の誇る戦隊ロボのように、胸や頭部になんか被ったりはしません。辛うじて、先ほどのサイが頭部の後ろの飾り?になるだけです。それも地味すぎてよくわかんない・・・。

 

Dsc_6011 Dsc_6037

いやもう、ほんとにね。
あんな面白そうな題材と凄いCGから、どうやったらこんなに私の心を折る製品ができるのか、ちょっと聞いてみたいですね・・・。
勿体ないお化けって知ってるか?ああん?知ってるのか?

そんなわけで、もし私が玩具開発に関わるようなことがあったら、これらを社訓にしたいと思います。

・肩は動くようにする
・変形前のロボットの顔は、外から見えないようにする
・合体するコクピットは、ちゃんと意味があるものにする
・映像にある武器は、玩具にも盛り込むようにする
・子供が「図で」わからないギミックは、廃止する
・戦艦の艦橋は目立つようにする
・グレート合体するなら、胸とか頭を見ただけでも、「ああ強くなったんだ」ってわかるようにする

・・・なんか、至極当たり前のことを言ってますが・・・。

Dsc_6050
そして最後に

・ロボットでもビークルでも、合体できるようにする

なお、画像は乗っけているだけです。こうするだけで、ワクワク感が倍増するのにね・・・。
勿体ないお化けって(略

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/10/03

鋼獣の王

Dsc_5818z
Dsc_5794

なんだこのカッコ良さ・・・。

 

Dsc_5785

トランスフォーマー POWER OF THE PRIMES、プレダキング。
サイバトロンの前に幾度も立ちはだかった、最強合体兵士の獣王が、完全リニューアルされて帰ってきました。

かつての商品は、そのボリュームと遊び甲斐から、プレ値キングと呼ばれるほど人気がありました。しかしこの新作は、それをはるかに上回る出来の良さと遊びやすさ!ちょっと今回感動しましたのよ。いやマジで。

 

Dsc_5800 Dsc_5806

まずは航空部隊、ダイブボム。カラス(?)から人型に変形します。原典よりもかなり翼が大きくされ、また「箱!」という感じだったロボットモードも、かなりヒロイックになっています。ちょっと胴が長いけどね(禁句)。

 

Dsc_5803 Dsc_5811

続いてヘッドストロング。サイから変形します。かなりずんぐりむっくりなサイですが、それはお腹に、合体時の腿と腰になるパーツを畳んでいるためです。今回のこいつは、「膝から下」じゃなくって、「右の腰から下」全部を形成するのです。
ビーストモードの背中のパーツは、合体時に足首と手首を形成するのですが、ロボットモードの時は肩に担いで武器にします。なんだか、海岸でラジカセ担いでる、陽気な外国の人みたいね。

 

Dsc_5801 Dsc_5807

ランページ。ヒョウ(?)から変形しますが、ビーストモードの時、うつむき加減なのが気になります。なんか内気な獣だねぇ。
彼もお腹には、合体時に肩になる関節を、丸ごと抱えています。

 

Dsc_5797

先ほどのヘッドストロングの武器ですが、足首パーツの中に、手首が収納されるようになっています。同様のパーツは後述のトロックスと1個ずつ分担、他の連中は純粋な武器だけを携行します。
この足首パーツですが、おのおののロボットモードでは、肩に武器として取り付ける以外の個所はなく、いつも肩から担いでいないといけません。

 

Dsc_5812

・・・のですが、実は背中に回した「合体時の腿と腰」のネジ穴に、セットしておくこともできます。説明書には書いてないし、正規の遊び方ではないので、破損しても責任取れません。お試しは、自己責任でお願いします。
後ろにつけると、重すぎて自立が難しいですしね。

 

Dsc_5814

しかしそれを逆手にとって、
「俺が持つ!ぶっ放せストロング!」
「頼むぜランページ!うぉぉぉぉ!」
砲撃時には味方に支えてもらうという「戦隊バズーカ」ごっこもできます。

 

Dsc_5799 Dsc_5810

他の連中の紹介に戻ります。
合体時に中核をなす、レーザークロー。鋼鉄のライオンから変形します。やっぱり胸ライオンは、ヒーローっぽい感じになりますねー。

 

Dsc_5809

このライオンヘッドの中に、プライムマスター・オニクスプライムが入っていて、マトリクス部分は人型にも変形します。

 

Dsc_5802_2 Dsc_5808

最後はトロックス。牛から変形し、合体時は左腰以下全部を担当します。構造は、ヘッドストロングとほぼ同じです。

 

Dsc_5804

さていよいよ合体。
貴様らにも味わせてやるぜ!プレダキングの恐ろしさをなぁ!

 

続きを読む "鋼獣の王"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2018/08/15

ジャックポット!

Dsc_5498

7・7・ 7!

 

Dsc_5494

DXジャックポットストライカー。
ルパンレンジャーVSパトレンジャー、劇場版に登場する新たなVSビークルです。

 

Dsc_5495 Dsc_5492

見ての通り、グッドストライカーの色変え版で、いくつかの追加パーツ(取り外し可)がある以外は、造形はほぼ一緒。ただ、音声ギミックは省略されています。
二人の名声優の掛け合いが聞けるかと思ったので、ちょっと残念。

 

Dsc_5499

ダイヤルファイターと合体し、ルパンレックスになります。劇中の巨大な複翼のビームマントは省略されています。

 

Dsc_5500

両肩の大きなマント(?)、追加された剣により、ルパンカイザーとはまた違った印象を受けます。ただこの剣、軟質樹脂でできているため、持たせて飾っておいたら、この夏の猛暑のせいか、持ち手の部分がぐにゃんと曲がってしまいました。(直しましたが)

 

Dj4ubmtu4aakhyz

開発の方も、まさかエアコン入れた室内でチョコが溶けるような時代が来るとは、思ってなかったのでしょうね・・・。

 

Dsc_5501

警察の連中とも合体できますが、ダイヤルにセットする王冠はもちろん、肩のマントも装着はできません。というのも、このマント部分はVSビークルの下部=VSチェンジャーにセットするジョイントにはめるようになっているため、その部分がロボの合体ジョイント(凹)に対し、90度曲がった位置にあるビークルでないと、変な位置にマントが来てしまうのです。
そして現状、それが可能なのは、ルパンカイザーの両腕になる2機のみなのです。

 

Dsc_5511

ジャックポットカイザーVSX(??)にも、一応合体できます。
余談ですが、グットクルカイザーVSX、玩具だとただのバケモノですが、劇中のカッコ良さはとてつもなかったですね。CGもそうですが、あの豪快な戦い方、それぞれのビークルが合体している意味がある(ように思わせる)見せ方は、さすがの一言。

あ、映画でのレックスの活躍も良かったですよ。やっぱり2大戦隊なら、2台のロボが並び立つっていうのは真骨頂ですね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018/08/04

暴れ者さ お祭り野郎


Dsc_5471


唸れ、ドラゴンアントラー!

 

Dsc_5478

超合金魂GX-78、ドラゴンシーザー。
恐竜戦隊ジュウレンジャーの2号ロボ、超強力電光守護獣が、ついに魂版の超合金として召喚されました。

 

Dsc_5479

強力な武器であるしっぽ部分はずっと長くなり、劇中イメージとしても遜色ないサイズになっています。その上、各関節は引き出し・固定が自在に行え、ポーズ付けも実にいい感じに行えます。

 

Dsc_5473
もちろん、超合金魂のマンモス、トリケラ、タイガーと合体し、剛龍神になります。変形・合体パターンは当時のものとほぼ変わりませんが、合金製になった上、各関節がしっかりしているので、安心して遊べます。

しかし!

このアイテムの驚愕ポイントは、ただ「超合金魂になった」ということではないのです。

ドラゴンシーザーの胸パーツ=ブレストラーは、剛龍神の時には、巨大な槍ドリル=ドラゴンアントラーの中核になります。当時品は、そこにシーザーの尻尾と、余剰部品である大きな台座を取り付け、ドラゴンアントラーを完成させていました。
ところが!

 

Dsc_5475

魂版ではなんと、その「余剰部品だった大きな台座」を、丸ごとブレストラーの中に内蔵しちゃっているのです。このギミックを見た時、正直言って、本気で感動しました。
「スゲェ!」

 

Dsc_5469 Dsc_5470
スゲェのは、余剰パーツを出さないその姿勢だけではありません。尻尾ドリルが長くなった分、合体させると、武器自体も途方もなくでっかくなるのです。
まさに迫力満点!さすがに重くて、構えると保持できないけどね!
「超巨大ドラゴンアントラーはどうだ!」

 

Dsc_5472

もちろん魂版のことですから、ちゃんと(?)余剰パーツ=ディスプレイ用台座もついてきます。尻尾も一部を取り外すと、当時の玩具イメージを再現できます。

 

Dsc_5474
そして獣帝大獣神に合体。

「大獣神が、倒したドラゴンの皮をかぶっている」ような感じになります。前からそうでしたが、すごいトップヘビー。

 

Dsc_5477

そして玩具オリジナル設定だった、両肩に武器を付ける仕様もできます。ここまで来たら、もっとデカいアレを期待せざるを得ません。

値段もそうだけど、置く場所なんか、考えただけでも恐ろしいですが・・・。

続きを読む "暴れ者さ お祭り野郎"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2018/07/14

孤高の怪盗と気高き警察官

 

Dsc_5366z

この記事は、7月14日現在、「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」のネタバレを含んでいます。本編を見てびっくりしたい方は、ご注意ください。

 

Dsc_5340
VSビークルシリーズ、連結変身DX Xチェンジャー。

「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」、4人目の怪盗にして4人目の警察官=高尾ノエルの使う変身銃です。
普段は・・・いやどっちが普段かわからないが・・・Xチェンジャー・ルパンモードとして、この銃を使います。
「エクスナイズ!」
銃の上部を半回転させ、また戻すと、
「快盗Xチェンジ!」
ルパンエックスに変身します。

 

Dsc_5341

しかし、その銃の上部をさらに反転させることで、
「警察チェンジ!」
同じ変身銃を用いながら、パトレンエックスに変身することもできるのです。
怪盗でありながら警察、ダブルスパイで真の意図も不明という、非常に面白い立ち位置のキャラクターですが、それを隠そうともしない姿勢も凄いですね。

 

Dsc_5335

また、Xチェンジャー自体は2体に分離し、怪盗・警察両モードで使う列車に変形します。こちらは金色の、エックストレインゴールド。モチーフは蒸気機関車のようですね。

 

Dsc_5336

余った方は、銀色のエックストレインシルバーとなります。こちらは新幹線かな。

 

Dsc_5338

別売のVSビークルシリーズ、DXエックストレインサンダーとファイヤー。左がサンダー、右がファイヤーです。

 

Dsc_5339

こちらは、グッドストライカーの両腕と交換することもできます。もちろん、VSチェンジャーでも使用可能。

 

Dsc_5343 Dsc_5344

それぞれ、ゴールドとシルバーの最後部車両として合体することもできます。えらい長さになりますが。

 

Dsc_5345

さて、銃と言いながらも変なジョイントや関節が見えていたことからも、だいたいお判りでしょう。もちろんこの2体で合体し、ルパンエックス・パトレンエックスの巨大ロボになるのです。合体時は、金と銀とで、サンダーとファイヤーを交換します。

 

Dsc_5347

ゴールドの、いかにも怪しすぎた隙間に・・・。

 

Dsc_5346

シルバーの先頭車両が突っ込んで・・・。

 

Dsc_5348 Dsc_5349

ちょうど中心ではめ込まれ、そのままXの形に全体を閉じます。ゴールドの煙突部分が外れ、頭部になります。

 

Dsc_5358

完成、エックスエンペラースラッシュ!
非常に独特のデザイン、胸の砲塔(?)が、まるっきり余計な気もしますが、この合体は凄く面白い!

 

Dsc_5351

さらに、劇中でやっていた側転変形をして、上下を反対にすると・・・。

 

Dsc_5372

エックスエンペラーガンナーの完成!
こっちは、ちゃんと腰の砲塔が役に立っていますね。劇中でガトリング砲を使い、巨大な薬きょうをばらまくのは、迫力満点でした。警察が街中で薬きょうばらまいて、あの後どーすんだろとも思いましたが。

あ、肩アーマー出すの忘れてた。(この記事中ずっと)

 

Dsc_5359 Dsc_5371

単体のアイテムなのに
「2種類のヒーローが持つ武器になって」
「そのまま2種類の乗り物になる」だけでもびっくりしたのですが。
まさか、ロボまでそのまま2種類出てくるとは、予想していませんでした。 よく全部落とし込んだな、これデザインした方は。ほんと凄い。

・・・で終わりじゃないんだよ!

私も全く予備知識を入れてなかったため、2度驚きましたが、まだ続きがあるんだぜ!

続きを読む "孤高の怪盗と気高き警察官"

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2018/03/18

天に輝け 五つ星!

Dsc_4637
転身だァァァァッ!気力だァァァァッ!

Dsc_4586
五星合体・DX大連王。プレミアムバンダイでのリクエスト販売により、21世紀に復刻されたダイレンジャーの気伝武人です。
仕様は全く当時品と同じ・・・かと思ったらとんでもない!
21世紀に生きる戦隊職人が、そんなことで済ますはずはなかったよ!

まずは気伝獣を取り出・・・

Dsc_4587
す前に、コレだっ!
新規付属品の一つ、天宝来来の玉です。
もちろん5種類勢ぞろい、中には透かしで気伝獣の絵柄が見えます。

Dsc_4639
気伝招来!龍星王!
どひーたまらん!この気分!もう気力はMAXだぜ!

Dsc_4599 Dsc_4601
そして召喚される龍星王。
大型龍のデザインは当時斬新、大連王販売よりも先に、単独で発売されたのもうなずけます。各部の当時品ではシールだった部分は、全て塗装に変更されており、非常にゴージャスな気分です。
頭部には以前と同様、ダイレンジャーのミニフィギュアを乗せることができます。

Dsc_4589
が。
ミニフィギュアを袋から出してみたら、・・・あれ?なんか人数多い?

Dsc_4590
なんと!
当時の「棒立ちミニフィギュア」はもちろんのこと、造詣が一人ひとり個別、かつ精密にされた新型フィギュアが追加されているのです。リュウレンジャーはわざわざ、龍星王の頭部に乗っているときのしゃがみポーズです。なんという気配り、さすがは戦隊職人。

Dsc_4598
そして気伝武人への変形。

Dsc_4596 Dsc_4597
気伝武人・龍星王!
ダイナミックな変形パターンは、感動的でしたね。龍の両足が組み合わさって武人の腕になる構造なのに、両腕の肘がちゃんと動かせるのにも驚きました。

Dsc_4595
星天馬、星獅子、星鳳凰、星麒麟、他の気伝獣たちも、全て塗装済みです。

Dsc_4591
専用台座を使って、四星合体・天空気殿に。まぁ、ただ乗ってるだけですが・・・。

Dsc_4592
もちろんそこに、龍星王も乗り込ませることができます。孫悟空と筋斗雲のようなイメージでしょうかね。

ところでこの写真、当時品を持っている人は「あれ?」と思う部分が、いくつかあるはずです。
一つ目は、気伝飛龍棍を持っている、龍星王の右手首なのですが・・・。

Dsc_4617
なんとこちらも、手首に回転軸がある専用手首パーツが付属し、取り換えられるようになっているのです。これでちゃんと「飛龍棍大風車」(棍を持ったまま、手首を回転させて攻撃)が出来るわけですよ!
当時品でも、肩から先を丸ごと回せば気持ち的にはできたけど、やっぱり可動手首は一味違います。さすがは戦隊職(もうやめた


続きを読む "天に輝け 五つ星!"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2018/03/04

ガッタイム!

Dsc_4561
鮮やかにアウトロー!

Dsc_4543
VSビークルシリーズ、DXグッドストライカー。
快盗戦隊、警察戦隊両方に力を貸す、自らの意志を持ったルパンコレクションです。写真の状態は、快盗戦隊と一緒にいるときのダイヤルファイターモード。「グッティ」と呼ばれるときの姿ですね。

Dsc_4542
各部が変形し、トリガーマシンモードにもなります。警察戦隊との連携用。
変形はシンプル、機首と翼がたたまれるだけですが、それでも結構印象が変わります。

Dsc_4544 Dsc_4545
それぞれのモードでVSチェンジャーと合体、両戦隊の必殺技としても使われます。警察戦隊、パトレン1号・2号・3号の3人が融合して、「U号」になるのは驚きました。凄いダジャレに(そっちかよ

Dsc_4553 Dsc_4554
そしていよいよ、合体開始。
マシンモードで、最初にダイヤルを回すと、グッドストライカー自身が
「今の気分・・・グッとくるのは…」
「ルパンレンジャー!」
などと叫び、「勝利を奪い取ろうぜ!」他の決め台詞が流れます。

Dsc_4555 Dsc_4558
合体後にトリガーを長押しすると、
「快盗ガッタイム!ルパンカイザー!」
の声がして、合体完了。

Dsc_4559
両腕・頭部は同一ジョイントで合体しているので、自在に交換ができます。頭部のダイヤルをシルクハットに見立てるとか、なかなかうまいこと考えましたね。

Dsc_4547_4
続いて警察戦隊。
先ほどの合体前に、ダイヤルを回さず、トリガーを引くと
「どちらにしようかな?おいらのカンの言う通り!」
「パトレンジャー!」
などのセリフと、決め台詞が始まります。

Dsc_4548 Dsc_4550
合体後も、最初にダイヤル・トリガーのどちらを選んだかを覚えているため、パトレンジャーモードを選んであれば、ちゃんと
「警察ガッタイム!パトカイザー!」
と叫んでくれます。

Dsc_4552 Dsc_4564
通常合体だけでなく、もちろん入れ替えも自在なので、適当な組み合わせでも問題なく合体できます。
また、先ほどのモード切替を行わずに合体させると、
「一つになるときが来たぜ!」
と、どうにも思わせぶりなセリフをしゃべります。

番組本編は非常に面白く、深い事情を抱えるルパンレンジャー、タダの熱血馬鹿かと思えば意外とそうでもないパトレンジャーなど、それぞれのキャラが立っています。アクションも特撮も凝ってるしね。
何より個人的には、BGMと主題歌が大好きです。実にいい味出してるんですよー。
「一つになるとき」はいつ来るんでしょうね。今年も1年間が楽しみです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧