合体魂

2018/10/03

鋼獣の王

Dsc_5818z
Dsc_5794

なんだこのカッコ良さ・・・。

 

Dsc_5785

トランスフォーマー POWER OF THE PRIMES、プレダキング。
サイバトロンの前に幾度も立ちはだかった、最強合体兵士の獣王が、完全リニューアルされて帰ってきました。

かつての商品は、そのボリュームと遊び甲斐から、プレ値キングと呼ばれるほど人気がありました。しかしこの新作は、それをはるかに上回る出来の良さと遊びやすさ!ちょっと今回感動しましたのよ。いやマジで。

 

Dsc_5800 Dsc_5806

まずは航空部隊、ダイブボム。カラス(?)から人型に変形します。原典よりもかなり翼が大きくされ、また「箱!」という感じだったロボットモードも、かなりヒロイックになっています。ちょっと胴が長いけどね(禁句)。

 

Dsc_5803 Dsc_5811

続いてヘッドストロング。サイから変形します。かなりずんぐりむっくりなサイですが、それはお腹に、合体時の腿と腰になるパーツを畳んでいるためです。今回のこいつは、「膝から下」じゃなくって、「右の腰から下」全部を形成するのです。
ビーストモードの背中のパーツは、合体時に足首と手首を形成するのですが、ロボットモードの時は肩に担いで武器にします。なんだか、海岸でラジカセ担いでる、陽気な外国の人みたいね。

 

Dsc_5801 Dsc_5807

ランページ。ヒョウ(?)から変形しますが、ビーストモードの時、うつむき加減なのが気になります。なんか内気な獣だねぇ。
彼もお腹には、合体時に肩になる関節を、丸ごと抱えています。

 

Dsc_5797

先ほどのヘッドストロングの武器ですが、足首パーツの中に、手首が収納されるようになっています。同様のパーツは後述のトロックスと1個ずつ分担、他の連中は純粋な武器だけを携行します。
この足首パーツですが、おのおののロボットモードでは、肩に武器として取り付ける以外の個所はなく、いつも肩から担いでいないといけません。

 

Dsc_5812

・・・のですが、実は背中に回した「合体時の腿と腰」のネジ穴に、セットしておくこともできます。説明書には書いてないし、正規の遊び方ではないので、破損しても責任取れません。お試しは、自己責任でお願いします。
後ろにつけると、重すぎて自立が難しいですしね。

 

Dsc_5814

しかしそれを逆手にとって、
「俺が持つ!ぶっ放せストロング!」
「頼むぜランページ!うぉぉぉぉ!」
砲撃時には味方に支えてもらうという「戦隊バズーカ」ごっこもできます。

 

Dsc_5799 Dsc_5810

他の連中の紹介に戻ります。
合体時に中核をなす、レーザークロー。鋼鉄のライオンから変形します。やっぱり胸ライオンは、ヒーローっぽい感じになりますねー。

 

Dsc_5809

このライオンヘッドの中に、プライムマスター・オニクスプライムが入っていて、マトリクス部分は人型にも変形します。

 

Dsc_5802_2 Dsc_5808

最後はトロックス。牛から変形し、合体時は左腰以下全部を担当します。構造は、ヘッドストロングとほぼ同じです。

 

Dsc_5804

さていよいよ合体。
貴様らにも味わせてやるぜ!プレダキングの恐ろしさをなぁ!

 

続きを読む "鋼獣の王"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2018/08/15

ジャックポット!

Dsc_5498

7・7・ 7!

 

Dsc_5494

DXジャックポットストライカー。
ルパンレンジャーVSパトレンジャー、劇場版に登場する新たなVSビークルです。

 

Dsc_5495 Dsc_5492

見ての通り、グッドストライカーの色変え版で、いくつかの追加パーツ(取り外し可)がある以外は、造形はほぼ一緒。ただ、音声ギミックは省略されています。
二人の名声優の掛け合いが聞けるかと思ったので、ちょっと残念。

 

Dsc_5499

ダイヤルファイターと合体し、ルパンレックスになります。劇中の巨大な複翼のビームマントは省略されています。

 

Dsc_5500

両肩の大きなマント(?)、追加された剣により、ルパンカイザーとはまた違った印象を受けます。ただこの剣、軟質樹脂でできているため、持たせて飾っておいたら、この夏の猛暑のせいか、持ち手の部分がぐにゃんと曲がってしまいました。(直しましたが)

 

Dj4ubmtu4aakhyz

開発の方も、まさかエアコン入れた室内でチョコが溶けるような時代が来るとは、思ってなかったのでしょうね・・・。

 

Dsc_5501

警察の連中とも合体できますが、ダイヤルにセットする王冠はもちろん、肩のマントも装着はできません。というのも、このマント部分はVSビークルの下部=VSチェンジャーにセットするジョイントにはめるようになっているため、その部分がロボの合体ジョイント(凹)に対し、90度曲がった位置にあるビークルでないと、変な位置にマントが来てしまうのです。
そして現状、それが可能なのは、ルパンカイザーの両腕になる2機のみなのです。

 

Dsc_5511

ジャックポットカイザーVSX(??)にも、一応合体できます。
余談ですが、グットクルカイザーVSX、玩具だとただのバケモノですが、劇中のカッコ良さはとてつもなかったですね。CGもそうですが、あの豪快な戦い方、それぞれのビークルが合体している意味がある(ように思わせる)見せ方は、さすがの一言。

あ、映画でのレックスの活躍も良かったですよ。やっぱり2大戦隊なら、2台のロボが並び立つっていうのは真骨頂ですね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018/08/04

暴れ者さ お祭り野郎


Dsc_5471


唸れ、ドラゴンアントラー!

 

Dsc_5478

超合金魂GX-78、ドラゴンシーザー。
恐竜戦隊ジュウレンジャーの2号ロボ、超強力電光守護獣が、ついに魂版の超合金として召喚されました。

 

Dsc_5479

強力な武器であるしっぽ部分はずっと長くなり、劇中イメージとしても遜色ないサイズになっています。その上、各関節は引き出し・固定が自在に行え、ポーズ付けも実にいい感じに行えます。

 

Dsc_5473
もちろん、超合金魂のマンモス、トリケラ、タイガーと合体し、剛龍神になります。変形・合体パターンは当時のものとほぼ変わりませんが、合金製になった上、各関節がしっかりしているので、安心して遊べます。

しかし!

このアイテムの驚愕ポイントは、ただ「超合金魂になった」ということではないのです。

ドラゴンシーザーの胸パーツ=ブレストラーは、剛龍神の時には、巨大な槍ドリル=ドラゴンアントラーの中核になります。当時品は、そこにシーザーの尻尾と、余剰部品である大きな台座を取り付け、ドラゴンアントラーを完成させていました。
ところが!

 

Dsc_5475

魂版ではなんと、その「余剰部品だった大きな台座」を、丸ごとブレストラーの中に内蔵しちゃっているのです。このギミックを見た時、正直言って、本気で感動しました。
「スゲェ!」

 

Dsc_5469 Dsc_5470
スゲェのは、余剰パーツを出さないその姿勢だけではありません。尻尾ドリルが長くなった分、合体させると、武器自体も途方もなくでっかくなるのです。
まさに迫力満点!さすがに重くて、構えると保持できないけどね!
「超巨大ドラゴンアントラーはどうだ!」

 

Dsc_5472

もちろん魂版のことですから、ちゃんと(?)余剰パーツ=ディスプレイ用台座もついてきます。尻尾も一部を取り外すと、当時の玩具イメージを再現できます。

 

Dsc_5474
そして獣帝大獣神に合体。

「大獣神が、倒したドラゴンの皮をかぶっている」ような感じになります。前からそうでしたが、すごいトップヘビー。

 

Dsc_5477

そして玩具オリジナル設定だった、両肩に武器を付ける仕様もできます。ここまで来たら、もっとデカいアレを期待せざるを得ません。

値段もそうだけど、置く場所なんか、考えただけでも恐ろしいですが・・・。

続きを読む "暴れ者さ お祭り野郎"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2018/07/14

孤高の怪盗と気高き警察官

 

Dsc_5366z

この記事は、7月14日現在、「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」のネタバレを含んでいます。本編を見てびっくりしたい方は、ご注意ください。

 

Dsc_5340
VSビークルシリーズ、連結変身DX Xチェンジャー。

「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」、4人目の怪盗にして4人目の警察官=高尾ノエルの使う変身銃です。
普段は・・・いやどっちが普段かわからないが・・・Xチェンジャー・ルパンモードとして、この銃を使います。
「エクスナイズ!」
銃の上部を半回転させ、また戻すと、
「快盗Xチェンジ!」
ルパンエックスに変身します。

 

Dsc_5341

しかし、その銃の上部をさらに反転させることで、
「警察チェンジ!」
同じ変身銃を用いながら、パトレンエックスに変身することもできるのです。
怪盗でありながら警察、ダブルスパイで真の意図も不明という、非常に面白い立ち位置のキャラクターですが、それを隠そうともしない姿勢も凄いですね。

 

Dsc_5335

また、Xチェンジャー自体は2体に分離し、怪盗・警察両モードで使う列車に変形します。こちらは金色の、エックストレインゴールド。モチーフは蒸気機関車のようですね。

 

Dsc_5336

余った方は、銀色のエックストレインシルバーとなります。こちらは新幹線かな。

 

Dsc_5338

別売のVSビークルシリーズ、DXエックストレインサンダーとファイヤー。左がサンダー、右がファイヤーです。

 

Dsc_5339

こちらは、グッドストライカーの両腕と交換することもできます。もちろん、VSチェンジャーでも使用可能。

 

Dsc_5343 Dsc_5344

それぞれ、ゴールドとシルバーの最後部車両として合体することもできます。えらい長さになりますが。

 

Dsc_5345

さて、銃と言いながらも変なジョイントや関節が見えていたことからも、だいたいお判りでしょう。もちろんこの2体で合体し、ルパンエックス・パトレンエックスの巨大ロボになるのです。合体時は、金と銀とで、サンダーとファイヤーを交換します。

 

Dsc_5347

ゴールドの、いかにも怪しすぎた隙間に・・・。

 

Dsc_5346

シルバーの先頭車両が突っ込んで・・・。

 

Dsc_5348 Dsc_5349

ちょうど中心ではめ込まれ、そのままXの形に全体を閉じます。ゴールドの煙突部分が外れ、頭部になります。

 

Dsc_5358

完成、エックスエンペラースラッシュ!
非常に独特のデザイン、胸の砲塔(?)が、まるっきり余計な気もしますが、この合体は凄く面白い!

 

Dsc_5351

さらに、劇中でやっていた側転変形をして、上下を反対にすると・・・。

 

Dsc_5372

エックスエンペラーガンナーの完成!
こっちは、ちゃんと腰の砲塔が役に立っていますね。劇中でガトリング砲を使い、巨大な薬きょうをばらまくのは、迫力満点でした。警察が街中で薬きょうばらまいて、あの後どーすんだろとも思いましたが。

あ、肩アーマー出すの忘れてた。(この記事中ずっと)

 

Dsc_5359 Dsc_5371

単体のアイテムなのに
「2種類のヒーローが持つ武器になって」
「そのまま2種類の乗り物になる」だけでもびっくりしたのですが。
まさか、ロボまでそのまま2種類出てくるとは、予想していませんでした。 よく全部落とし込んだな、これデザインした方は。ほんと凄い。

・・・で終わりじゃないんだよ!

私も全く予備知識を入れてなかったため、2度驚きましたが、まだ続きがあるんだぜ!

続きを読む "孤高の怪盗と気高き警察官"

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2018/03/18

天に輝け 五つ星!

Dsc_4637
転身だァァァァッ!気力だァァァァッ!

Dsc_4586
五星合体・DX大連王。プレミアムバンダイでのリクエスト販売により、21世紀に復刻されたダイレンジャーの気伝武人です。
仕様は全く当時品と同じ・・・かと思ったらとんでもない!
21世紀に生きる戦隊職人が、そんなことで済ますはずはなかったよ!

まずは気伝獣を取り出・・・

Dsc_4587
す前に、コレだっ!
新規付属品の一つ、天宝来来の玉です。
もちろん5種類勢ぞろい、中には透かしで気伝獣の絵柄が見えます。

Dsc_4639
気伝招来!龍星王!
どひーたまらん!この気分!もう気力はMAXだぜ!

Dsc_4599 Dsc_4601
そして召喚される龍星王。
大型龍のデザインは当時斬新、大連王販売よりも先に、単独で発売されたのもうなずけます。各部の当時品ではシールだった部分は、全て塗装に変更されており、非常にゴージャスな気分です。
頭部には以前と同様、ダイレンジャーのミニフィギュアを乗せることができます。

Dsc_4589
が。
ミニフィギュアを袋から出してみたら、・・・あれ?なんか人数多い?

Dsc_4590
なんと!
当時の「棒立ちミニフィギュア」はもちろんのこと、造詣が一人ひとり個別、かつ精密にされた新型フィギュアが追加されているのです。リュウレンジャーはわざわざ、龍星王の頭部に乗っているときのしゃがみポーズです。なんという気配り、さすがは戦隊職人。

Dsc_4598
そして気伝武人への変形。

Dsc_4596 Dsc_4597
気伝武人・龍星王!
ダイナミックな変形パターンは、感動的でしたね。龍の両足が組み合わさって武人の腕になる構造なのに、両腕の肘がちゃんと動かせるのにも驚きました。

Dsc_4595
星天馬、星獅子、星鳳凰、星麒麟、他の気伝獣たちも、全て塗装済みです。

Dsc_4591
専用台座を使って、四星合体・天空気殿に。まぁ、ただ乗ってるだけですが・・・。

Dsc_4592
もちろんそこに、龍星王も乗り込ませることができます。孫悟空と筋斗雲のようなイメージでしょうかね。

ところでこの写真、当時品を持っている人は「あれ?」と思う部分が、いくつかあるはずです。
一つ目は、気伝飛龍棍を持っている、龍星王の右手首なのですが・・・。

Dsc_4617
なんとこちらも、手首に回転軸がある専用手首パーツが付属し、取り換えられるようになっているのです。これでちゃんと「飛龍棍大風車」(棍を持ったまま、手首を回転させて攻撃)が出来るわけですよ!
当時品でも、肩から先を丸ごと回せば気持ち的にはできたけど、やっぱり可動手首は一味違います。さすがは戦隊職(もうやめた


続きを読む "天に輝け 五つ星!"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2018/03/04

ガッタイム!

Dsc_4561
鮮やかにアウトロー!

Dsc_4543
VSビークルシリーズ、DXグッドストライカー。
快盗戦隊、警察戦隊両方に力を貸す、自らの意志を持ったルパンコレクションです。写真の状態は、快盗戦隊と一緒にいるときのダイヤルファイターモード。「グッティ」と呼ばれるときの姿ですね。

Dsc_4542
各部が変形し、トリガーマシンモードにもなります。警察戦隊との連携用。
変形はシンプル、機首と翼がたたまれるだけですが、それでも結構印象が変わります。

Dsc_4544 Dsc_4545
それぞれのモードでVSチェンジャーと合体、両戦隊の必殺技としても使われます。警察戦隊、パトレン1号・2号・3号の3人が融合して、「U号」になるのは驚きました。凄いダジャレに(そっちかよ

Dsc_4553 Dsc_4554
そしていよいよ、合体開始。
マシンモードで、最初にダイヤルを回すと、グッドストライカー自身が
「今の気分・・・グッとくるのは…」
「ルパンレンジャー!」
などと叫び、「勝利を奪い取ろうぜ!」他の決め台詞が流れます。

Dsc_4555 Dsc_4558
合体後にトリガーを長押しすると、
「快盗ガッタイム!ルパンカイザー!」
の声がして、合体完了。

Dsc_4559
両腕・頭部は同一ジョイントで合体しているので、自在に交換ができます。頭部のダイヤルをシルクハットに見立てるとか、なかなかうまいこと考えましたね。

Dsc_4547_4
続いて警察戦隊。
先ほどの合体前に、ダイヤルを回さず、トリガーを引くと
「どちらにしようかな?おいらのカンの言う通り!」
「パトレンジャー!」
などのセリフと、決め台詞が始まります。

Dsc_4548 Dsc_4550
合体後も、最初にダイヤル・トリガーのどちらを選んだかを覚えているため、パトレンジャーモードを選んであれば、ちゃんと
「警察ガッタイム!パトカイザー!」
と叫んでくれます。

Dsc_4552 Dsc_4564
通常合体だけでなく、もちろん入れ替えも自在なので、適当な組み合わせでも問題なく合体できます。
また、先ほどのモード切替を行わずに合体させると、
「一つになるときが来たぜ!」
と、どうにも思わせぶりなセリフをしゃべります。

番組本編は非常に面白く、深い事情を抱えるルパンレンジャー、タダの熱血馬鹿かと思えば意外とそうでもないパトレンジャーなど、それぞれのキャラが立っています。アクションも特撮も凝ってるしね。
何より個人的には、BGMと主題歌が大好きです。実にいい味出してるんですよー。
「一つになるとき」はいつ来るんでしょうね。今年も1年間が楽しみです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2018/01/08

絶叫・俺の腕を返せ!(追記)

さて。

先日発売された、天下無敵の頂上商品・DX超合金魂コンバトラーVですが、どうしても残念なことがありました。

・合体時の手首が差し替え
・可動指が付属しない

です。

だがノープロブレム!
ないものは作ってしまえ!
それがいつものポリシーですので、やっちまいましたよ!

Dsc_4328
合体から戦闘まで全てをこなせる、差し替えなしの可動手首だ!
みたかガルーダ、オレアナよ!これがコンバトラーVの力だ!

Dsc_4236
どうやって作ったのかというと、大して難しい加工はしていません。必要なのは根性と、ちょうどいいジャンクパーツだけです。

続きを読む "絶叫・俺の腕を返せ!(追記)"

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2018/01/01

V!V!V!ビクトリー!

Dsc_4235b
今年もよろしくお願いします。

Dsc_4196
DX超合金魂・コンバトラーV。
完全変形合体と、ライト&サウンドギミックを満載した頂上商品です。箱だけでファンヒーターくらいの大きさはありますが、前のグレートマジンガーと違って、翼がない分、まだコンパクトで助かります(某秋葉女性店員さん談)。

Dsc_4195
箱を開けると、中箱がずらり勢ぞろい。なんかもう、この絵面だけで感動します。

Dsc_4197
バトルジェットの箱を取り出すと、意外と機体自体は小さいので、残りは何が入っているんかと思うと・・・。

Dsc_4198
オプションパーツの山でした。
それでは、1機ずつ見ていきましょうか。

Dsc_4199 Dsc_4201
バトルジェットはほぼ金属製、内部に3個のボタン電池を使い、尾翼を1回押すとジェット噴射音が鳴ります。今回のDX魂では、サウンドギミックに力が入れられており、クラフト以外の4体にも、それぞれ同じ数のボタン電池を使用します。
両脇のバルカンミサイルも前部に伸長、また差し替えで、機首上部のマグネレーザーと両端のドズブレッシャーを再現できます。

Dsc_4203 Dsc_4204
バトルクラッシャーは、着陸脚を展開、きれいに両腕部に収納することができます。また翼もかなり大きいサイズなのに、中央で降りたため、同様に内蔵可能です。

Dsc_4206 Dsc_4207
バトルタンクは前部のクロー(バトラーブラウ)の展開と収納が可能、差し替えで380㎜戦車砲と、アンカーナックルも再現できます。

Dsc_4208 Dsc_4209
バトルマリンは、膝の着陸脚を出す際に、両脇のすね部分の装甲を取り外し、また戻す必要があります。これはちょっと残念ですが、重量がかかる部分ですし、まぁしょうがないかと。

Dsc_4210 Dsc_4211
バトルクラフトはドリルの収納が可能・・・なんてことより、この左右の合体方法がとても大事です。
なんと懐かしの「磁石合体」を再現しており、いつもの凸凹ジョイントでなく、ちゃんと磁石で合体するのです。もうこれだけで、超嬉しい!。

Dsc_4212
マリンの両脇に運搬アームを取り付け、タンクを空中輸送するいつものシーンも再現可能。

Dsc_4213
そして台座にディスプレイ。
それぞれ、発進シーンをイメージした角度で並べられるのがポイント高いです。
しかしこの台座には、それ以外の重要な機能があります。

台座の中央に「1」「2」「3」のボタンがありますが、これを押すと例のごとく、各種BGMが始まるのです。
「1」を押すと、出撃のBGMが流れ、このディスプレイ状態に非常にマッチします。
やべぇ!なんか心臓バクバクいってきた!(落ち着け

Dsc_4215
可愛いサイズのロペット。パイロット5人の脳波を測定、合体コントロールを行う、重要な役割がありました。これを、台座右側のコントロールコーナーにセットすると・・・。

Dsc_4216
「コンバイン、OK!コンバイン、OK!」
と、あの「宇宙で一番つぇぇ奴」の声がし、合体準備に入ります。
そして、「2」のボタンを押すと、
「レーッツ!コンバイーーーン!」
の音声とともに、主題歌アレンジの合体BGMが始まります。
超やべぇ!なんか心臓が(もういい

さあ合体だ!

続きを読む "V!V!V!ビクトリー!"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2017/11/04

王子の帰還

Dsc_3676
さて、いよいよ例年のごとく
「ぼくのかんがえた さいきょうがったい」
を遊べる季節がやって来ましたよ!

Dsc_3673
キュータマ合体77・DXコジシボイジャー。
って、いきなり番号飛んだぞ!

劇中では、大方の予想通り王子様だったラッキーの、「たった一人の親友」機械生命体・シーザーがその正体でした。

劇中の話ですが

「シーザーが、唯一の友だちだと言うことはわかった。
 だったら、俺は何じゃ?」

「決まってるだろ!頼れる仲間だ!」
「な、仲間か!そうかそうか♪」

って納得しちゃうガルさん、可愛かったですね。
ちょろいぜあのオオカミ(笑)

Dsc_3662
そこらの草っ原においても、違和感のないサイズ。もしかして実物大かな、コレ。

Dsc_3674
本体は分割し、シシボイジャーと合体します。コジシキュータマも付属しますが、せっかく改造コクピットキュータマがあるので、今回はそっちを使いました。

Dsc_3671 Dsc_3672_2
スーパーシシボイジャーの完成。
頭部が大きくなり、本体下部にコジシボイジャーの四肢がくっつくので、宇宙船だったシシボイジャーが戦闘メカみたいになります。
頭部は本来のシシボイジャーのものと交換しますが、余ったシシボイジャーのものも、ちゃんと機体下にセットできます。
またこの状態では、他の4体のキュータマも必要とするようです。

さらに組み替え、他のボイジャーと合体して・・・。

Dsc_3663
スーパーキュウレンオーの完成!あっ、脚のウイング開いたままだった。

実に正統派のパワーアップですね。正直、立ち位置的に、2番手として出てきてもいいくらいのデザインの気もしますが。
ラッキーが王子様という出自を隠すため、ここまで出番を引っ張ったんでしょうかね。

Dsc_3670
頭部は(スーパーシシボイジャーのときからそうですが)トサカ部分を開くと、シーザーの眼の部分が青くなるギミックがあります。どちらの状態でも、それなりにカッコいいですね。

Dsc_3664
コジシボイジャーの尻尾は、キャノン砲になります。劇中だと支持俸があって、カジキで砲身を支えていたのですが、玩具ではありません。そのため、ちょっぴり不安定な気がしなくもないですが、まあいいや。
なお砲塔のジョイントは、左右どちらに付けることもできます。

Dsc_3678
どうやらこれが最終アイテムっぽいので、やってみましょうか「ぼくのかんがえた以下略」。

今回はそもそも、キュータマ合体の自由度が高いので、かなりいろんなバリエーションが楽しめます。余剰パーツもごっそり出るけどね!そもそも、キュータマ自体が余りまくるという・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/08/27

ダイナミックチェンジR!

Dsc_3353
ゲッターロボは今日も行く!(感涙

Dsc_3327
ダイナミックチェンジR・ゲッターロボ。
以前に発売された、ダイナミックチェンジシリーズの後継者ですが、今回はなんと!
SD体型をまるっきり排除、あの頃の子供たちなら誰もが夢に見た、「本当に完全変形合体する、リアル体型の」ゲッターロボを出してきちゃったのです。
何ですとー!そんなバカな!
いや、あの会社ならやってくれるのか?!ワクワクが止まらないぜ!

Dsc_3330 Dsc_3328 Dsc_3329
上からイーグル号、ジャガー号、ベアー号。
一見しただけでも、従前のダイナミックチェンジとは、まるっきり設計が変わっているのが分かります。なんせ、やたらでっかい折り畳み式の説明書が、2枚も入っていますからね。
さすがにこれは、
「悪いな・・・俺たちゃ、目をつぶってても合体できるんだ!」
ってわけにはいきません。

Dsc_3331
しかし、その説明書が非常にわかりやすく書かれているせいもあり、変形過程自体は(複雑だけど)かなり着実に行えます。
チェンジ・ゲッター1!スイッチオン!

Dsc_3341
見たか合体、ゲッターロボだ!
何という事でしょう!
ちゃんとカッコいいゲッター1だぜ!

Dsc_3336 Dsc_3335
可動域は、変形の都合もあり、かなり広く取れます。ダブルトマホークも付属、構えるポーズを付けても、このくらいだったらヘタレてきませんし、ちゃんと自立できます。
また今回、各所にダイキャストパーツが使われており、合体のためのジョイントはかなり強固にできています。はめるのが結構大変だったりしますが、一度ちゃんと合体させれば、3形態のどれでも安心してブンドドゥできます。

Dsc_3342
一番感心したのは、このゲッター1の後ろ姿。ゲッターウィングがちゃんとあるのはまだしも、脚の脛の裏側にご注目ください。
普通に考えると、ここはゲッター3の腕になります。ゲッター3の腕は、映像でも印象的なジャバラ状態なので、ゲッター1の脛の裏側は、ジャバラモールドがあるのが当然です。もちろんこのアイテムでも、そのジャバラは再現されています。
しかしこのアイテム、ゲッター1状態だと、そのジャバラは全く見えません。というのも、ゲッター1の脛が2重構造になっており、くるっと回転させて、ジャバラモールドをしまえるように設計されているのです。
正直こんな場所、ジャバラモールドが出ていても、誰も別に文句言わなかったような気がするのですが。それを敢えてやっちゃうこの商品!

Dsc_3343
もうノリノリで次行くよ!
チェンジ・ゲッター2!スイッチオン!

Dsc_3344
見たか変幻、ゲッターロボだ!
スマートなフォルムの、ゲッター2の完成です。
背中にしょってるベアー号パーツが重いので、さすがにこの細い脚で自立するのは、このポーズがやっとです。

Dsc_3349
しかし、ドリルはデカいは脚は動くわ、まあこのサイズによく詰め込んだな・・・というギミックのオンパレード。
とくに左腕のドリルは、折りたたんで先端を分割収納すると同時に、基部も4分割されて畳まれるという、凄い仕組みになっています。これならきっと、ゲッターライガーも行けるね!(無責任

Dsc_3351
最後はもちろん、チェンジ・ゲッター3!スイッチオン!
上から見てお分かりの通り、劇中でのズッシリした下半身を再現するために、ジャガー号は前後にスライドして大きさを確保。その穴埋めに、イーグル号の下半身を差し込むという設計がされています。ほんと巧い事考えたな・・・。

Dsc_3354 Dsc_3355
見たか無敵の、ゲッターロボだ!
独特のデザインで有名な、ゲッター3も完全再現。腕と下半身のバランスも、前述したギミックのおかげで、かなりいい感じです。
あ、この写真、左拳の変形が間違っていました。本来は、先端(ゲッター1のつま先)も手首の中に収納し、ちゃんと拳らしく見えるようになっています。

Dsc_3332
リアル体型の完全変形ゲッターロボ、しかも合体が着実に行え、きちんと合体できれば、遊んでもそうそう外れない。
ハードルがいろいろ高すぎるにも関わらず、それを成し遂げたこのアイテムには、本気で称賛を送ります。

ただ1点だけ、私の買ったものだけかもしれませんが、ゲッター1の頭部が外れやすいんですよね。なぜか。
まぁ変形の過程では邪魔なので(おい)別にいいんですが(良いのかよ!

もし改良されることがあれば、その点だけぜひお願いします。

あ!もう1個だけあった!完全再現じゃない部分!
ゲッター2だけ(なぜか)自重が少し軽い、という設定は、残念ながら再現されていないようですね!(バカだろお前

| | コメント (3) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧