鋼鉄の凱歌

2024/06/09

ホルスの夜明け

20240528_230944_440

新型機の登場はいつも燃えますね。


20240528_224800_075

ダイアクロン タクティカルムーバー・ホルスヴァーサルター〈Fスラストユニット〉。タクティカルムーバーの新世代機です。


20240609_082049_607

タクティカルムーバーは、基本的にコアユニット、それを包む共通構成のフレームユニットと、戦場に合わせたオプションユニットで構成されます。写真はガンマヴァーサルター〈エアボーンユニット〉。


20240609_082725_557

各種ユニットを自在に組み換え、人型やメックモードなどが作れます。フレームユニットはほぼコアに手足を付けただけですが、その簡易さがまた何にでも対応できる柔軟さにも繋がりました。


20240528_230119_571

しかし今回のホルスヴァーサルターは、さらに数段階進化しました。手足となるフレームユニットに装甲が追加され、それによって脚部も伸びています。


20240528_230732_071

それだけでなく、何と単体で別形態に変形することが可能になりました。組み換え・付け替えをせずに、シームレスに飛行形態=マシンモードに移行します。変形前後のまとまりもよく、何よりカッコいい!


20240528_225121_168

自在に動く背部ユニットで、高速で飛来して砲撃態勢を取り、そのまま地上戦に移行、などというのも(脳内で)できます。手足の装甲のおかげで、背部ユニットに負けないパワフルでヒロイックなプロポーションも手に入れました。

実にエポックメイキング、タクティカルムーバーの技術が数歩先に進んだ世代なのではないでしょうか。


20240528_225433_674

具体的には

「大混戦の劣勢の中に颯爽と飛来、主人公が乗り換え、
 それまで圧倒され続けてきた強敵を一刀のもとに切り捨てる」

という感じの次世代機です。
たぶん次週は、オープニングが変わってます。

【以下はAmazonで関連商品を購入するためのリンクです】
【アフィリエイトを利用しています】

Nowprinting_20240309120601

ダイアクロン アルゴヴァーサルター
<ボイジャーユニット>

Nowprinting_20240309120601

ダイアクロン ホークヴァーサルター
<オービソプターユニット>

 

| | コメント (0)

2024/05/19

ザクとは違うのだよ

20240518_122841_962

ザクとは!


20240518_115944_630

GUNDAM FIX FIGURATION METAL COMPOSITE・MS-07B、グフ。超合金ブランドでグフが発売されるとは、なんといい時代が来たものでしょうか。しかもメチャクチャカッコいい!


20240518_120515_093

左手はお約束のマシンガンハンド、平手で指が動くものと、握り手で固定されたものの2種が付属します。また換装によって、左腕にもヒートロッドを付けることが可能です。


20240518_120543_836

まあ正直子供心にも、左手がのマシンガンなのはどうなんだろうと思っていましたが。せっかくマニピュレータにしてるのに、武器持ちづらいじゃんねぇって。でもその無駄な思想がいかにもジオン的で、大好きなのです。


20240518_122258_331

それを考慮してか、後の設定では左手も通常の手首にできたり、バルカン手首の代用として3連装の外付け兵器を装備できるようにもなっていました。このアイテムでもそれが再現されています。


20240518_121057_447

内側にヒートサーベルを収納しておける盾が付属、剣戟の構えが取れます。いつもの金属フレームなので安心の可動、動きづらそうなボディや膝も、いくつもの綺麗な分割で、ポーズの妨げになることはありません。


20240518_121147_506

この佇まい、実にあの頃のグフ!ファーストアニメの興奮が蘇りますね。


20240518_122455_496

また今の解釈ではこちらの方がメジャーかもしれない、巨大なガトリングシールドも再現可能です。先ほどの盾にガトリング砲を取り付けて持たせます。


20240518_122901_871

これを振り上げても関節は全くヘタレず、狙いを付けたポーズのまま飾っておけます。いちおう補助のスタンドも付属しますが、ガトリングを支えなくても大丈夫です。むしろ長いヒートロッドの方が自重でくるくる回ってしまいがち。


20240518_123012_729

いやーカッコいいなぁグフ。個人的には、宇宙世紀のMSのなかでも1,2を争う好きな子です。どこにこの太さのムチが入ってるんだというヒートロッド、どこにあれだけの弾丸が入っているんだという左手のバルカン、どこに使い道があるんだという両肩の巨大なトゲ!素敵ですよね無駄思想!(好きの方向がおかしい

【以下はAmazonで関連商品を購入するためのリンクです】
【アフィリエイトを利用しています】

Nowprinting_20240309120601

DX超合金魂 ゴジラ対メカゴジラ メカゴジラ 1974

Nowprinting_20240309120601

超合金魂 勇者王ガオガイガー GX-109 超竜神

| | コメント (0)

2024/05/12

穴を掘るなら天を突く

20240511_160021_130

突き抜けたなら俺の勝ち!


20240511_154231_914

超合金魂GX-107・天元突破グレンラガン 完全変形合体グレンラガン&大回転ギガドリルセット。小さくてかわいいラガンには、シモンのフィギュアが載せられます。


20240511_154610_531

グレンの上部をスライドさせると、胴体にはカミナの兄貴が乗っています。ということはまだ番組初期の(略


20240511_154838_050

ラガンは体内からドリルを展開、そのまま首のジョイントにブッ刺します。


20240511_155031_568

各部のロックを外し、各部を伸長。肩アーマーもスライドさせて一回り大きくします。最後に兜を被って……。


20240511_155707_525

グレンラガンの完成。プロポーションは変形前後で破綻なく、男前です。兜はグレンの状態だと余剰パーツなので、ここだけはちょっと残念。胴体とかにしまえるようにしてもらってたら、最高だったのですが。

20240511_160007_754

各部は非常に良く動き、膝裏も沈み込む二重関節です。動かしたときの安心感はさすがの超合金魂。


20240511_161806_024

グレンウイングを付けて、フルドリライズも可能。ドリル付けるだけで気がどうかしてしまいそうですが、実はドリル基部がボールジョイントで、また凹ジョイント部も切れ目を入れるなど工夫されているので、ポロリがほとんどありません。驚くほど簡単に、かつ着実に各部ドリルを取り付けることができます。

しかしこのアイテムの「狂気」はこんなものではなく……。


20240511_160423_983

台座から図ると全高50㎝の、圧巻のギガドリルスタンド!台座にギアがあり、それを回すと連動してドリルが回転します。これがまた回すのにはかなり力が要り、ぎゅんぎゅん回すというよりは、地下室で人力の発電をしている、そんな感じです。でも回しているともう「細けぇこたぁいいんだよ!」っていう気になります(誉めてる?

20240511_161703_091

持つだけであっちこっちが痛いアイテムですが、さすがの出来栄えというか、フルドリライズなどの付けやすさなどは感心します。まぁギガドリルが本当に必要だったのかと言われると困りますが!なんせ箱の半分ドリルだしね……。

【以下はAmazonで関連商品を購入するためのリンクです】
【アフィリエイトを利用しています】

Nowprinting_20240309120601

超合金魂 GX-107 天元突破グレンラガン
完全変形合体グレンラガン&大回転ギガドリルセット

Nowprinting_20240309120601

超合金魂 GX-68
勇者王ガオガイガー (再販)

| | コメント (0)

2024/04/21

Solar Wind

20240414_130646_041

心の帆に受けて!


20240414_130502_116

pose+ Metal SERIES・銀河疾風サスライガー。世紀のビッグゲームに挑むJJ9の旗艦=J9-Ⅲ号、宇宙天翔けるSLです。指の部分は、1枚目の写真ではディテールアップ用の無可動パーツに交換していますが、それを使わなくてもある程度雰囲気は出ます。


20240414_130621_559

本体以外に客車が3両付属します。玩具としては全て武器庫みたいになっていて、屋根が展開してミニビークルを搭載できます。


20240414_121347_097

偵察などに使うヘリや潜水艇以外に、サスライガーの主要武器である銃も変形して収納されています。


20240414_121446_356

中には「何でこんなオーパーツみたいなやつ積んでるんだ」っていう客車もありますが。バイク5台入ってないだけましか。

Fkdms7xauaazpa4

こちらは当時品のDX玩具。割と、いやかなりきちんと再現されていますね。玩具的な色合いがとてもカワイイ。ロボモードの胴体の横に見える、連結棒のような部品を軸にして胴体が前後反転する仕組みを持っています。


20240414_125151_081

それでは戦闘体形にテイク・サスライド・オン!

両腕を外し、足を延ばします。当時玩具では必需品だった胴体の連結棒は、この製品ではダミーで変形に使用しません。


20240414_123414_080

煙突部分は非常にぴっちりはまっていますが、ここを展開して腰アーマーにします。連結棒の一部は畳まれ、腰アーマーの裏になっています。

20240414_123157_720

胴体を上に伸ばしながら、背中の連結部を中心に上下反転させます。


20240414_122342_931

煙突の一部を前後反転させ、背部のランドセルにし、腕を取り付けます。


20240414_121848_548

その名も銀河疾風!

おお、なんだ、サスライガーのくせにかっこいいぞ!(酷


20240414_122237_945

本体はやたら良く動き、指も全関節が動くので、挑発するポーズもできます。
サスライガーの頭部は「SEGAのゲームに出てきそうな敵」とか「コブラのエイリアンにいそうな顔」などと言われてましたが、こうして見るといいじゃない、なかなか。


20240414_122103_392

膝も140度程度曲がるので、膝立ち射撃もこなせます。サスライガーは原典が「80日間世界一周」と禁酒法時代のアメリカをオマージュしているらしいので、剣でなく銃がメイン武器なのも納得ですね。


20240414_121822_408

しかし令和に「かっこいいサスライガー」がやってくるとは!しかも海外メーカー品!
バクシンガーの時も思いましたが、最近とみに海外メーカーさんの日本ロボは出来が格段に上がってきています。まさに「黒船襲来」って感じだよね。

【以下は関連商品をAmazonで購入するためのリンクです】
【アフィリエイトを利用しています】

Nowprinting_20240309120601

ZOIDS ゾイド

AZ-07 デスザウラー

Nowprinting_20240309120601

SMP

勇者警察ジェイデッカー

| | コメント (0)

2024/03/17

お姉さま、あれを使うわ

20240307_205112_568

よくってよ!


20240316_175016_521

鉄魄・ガンバスター。全身のかなりの部分が合金製、重くてでかくてカッコいい人類の切り札です。


20240307_070214_974

合体機構はオミットされていますが、各部関節は引き出し可能でかなり良く動き、しかもしっかりしています。例の腕組みポーズですらなんとか可能です。可動指の手首が付属するため、微妙な感じの開き手ができるのもありがたいです。


20240307_071049_407 20240307_071108_950

両肩にはそれぞれLEDユニットが内蔵、「努力」と「根性」の文字が輝きます。いやべつにこんなことできなくても誰も怒りはしないと思いますが、実にその心意気が素晴らしい。


20240307_074606_383

バスターシールドは全身を覆えるほどの大きさ、背部ユニットに接続して装備します。右半身のみ、手首の部分に差し込んで前面を覆えるパーツが付属します。


20240308_182118_491

装甲を展開、パーツを差し込んで、ド迫力のバスターコレダー全開!

短い放電棒は装甲内部から展開、長いものと電磁エフェクトはマグネットで装着できます。見えにくい部分に差し込むので普通ならストレスマッハですが、マグネット装着式なので全然大丈夫です。なんせエフェクト1個1個にまで、磁石ついてますからね。この計らいは粋!


20240307_073330_121

そして最後の切り札、縮退炉の自爆シーンも再現可能。よく見ると縮退炉が光っていますが、胴体内部の電源ユニットから本当にコードを伝い、縮退炉のLEDを光らせているという凝りよう。普通だったら縮退炉自体に電池まで仕込んだ方が設計が楽そうですが、それをしないところがまた粋!


20240307_071742_608

合体システムを排除したことで、全身のバランスもよく、安心して遊べ、しかもカッコいいガンバスターの登場となりました。いや凄いね、ここのところの海外勢は。日本製はみんなお値段が爆上がりしてしまってね……。

2024030038

CCSTOYS 鉄魄 [MORTAL MIND] シリーズ 『トップをねらえ!』 ガンバスター

Nowprinting_20240317121501

SMP [SHOKUGAN MODELING PROJECT]未来ロボ ダルタニアス

 

| | コメント (0)

2024/02/04

超弩級戦艦

20240203_162654_927

美しき空へはばたけ!


20240203_151550_718

AMAKUNI機神・キングジェイダー。ホビージャパン通販限定の製品です。注文したのはもう1年半くらい前だったかな?宇宙の王者がようやく降臨しました。全高20数cmの巨体は、とにかくド迫力!かっこええ!


20240203_152034_190

フレームなどにふんだんに金属パーツが使用され、非常に重量感があります。そのためポーズを付けても安定し、丈夫なスタンドが付属しますが、なくてもほぼ問題ありません。


20240203_152709_722

指は1本ずつ全関節が動く上、それぞれ根元から水平方向にも曲げられます。右手のジェイクォースは鳥の翼のように全身を展開することもできます。


20240203_153624_835

また頭部にはLEDが搭載、スイッチで目と口内がピンク色に輝きます。キングジェイダーの咆哮はやっぱりこの色だよね。


20240203_152517_982

背部はバーニア部分も含めてすっきりまとまっており、スマートなラインになっています。また脚部のミサイルハッチは、前後ともに開閉できます。


20240203_151737_261

実にいい感じのパワフルボディを楽しんだ後、いよいよJアークに変形を始めます。原典通り、腕と頭部を分離させて再合体させますが……。


20240203_154500_546

Jバードにする際、頭部はそのまま取り付けるのではなく、写真のボリュームアップパーツに内蔵して合体させます。キングジェイダーの頭部のままだと(つけることもできますが)小さすぎて映像に近づかないためでしょう。もともとキングジェイダーの変形は、そのままだと無理がありますのでね。
がんばって完全変形版を作っちゃった人もいますが!


20240203_155313_296

話がずれたので、Jバードのディテールアップに戻します。手首を取り外してジョイントを収納すると、プロポーション重視形態の完成です。


20240203_155551_673

続いて胴体の方ですが、こちらは原典とかなり変形方法が変わっています。驚くほど胴体を伸ばして、各種装甲を展開するのです。背骨のようなフレームは金属製なので、変形前後もとても安定しています。またこのフレームは、キングジェイダーの時も可動域を広げるのに役立っています。

また背中にあったバーニアは、ぐるっと下部に回し、変形のために空いた胸の穴をカバーするようになっています。ここはとてもいいアレンジですね。


20240203_161011_197

Jキャリアーの完成。写真はちょっと胸が曲がっていますが、本当は綺麗に赤いラインが繋がります。また艦首はキングジェイダーのプロポーションに合わせているため、少々短めです。


20240203_161651_865

そのため、艦首と上部装甲にボリュームアップパーツを付けることで、Jキャリアーもバランスよくすることができます。上部装甲は、キングジェイダーの手首パーツを隠すためのものですね。


20240203_161753_929

Jアークの完成!
♪ 超弩級戦艦~ ♪ の曲が聞こえてきそうです。お前と共に戦う!


20240203_161808_561 20240203_161819_563

ド迫力のフォルム、これは文句なしの宇宙の王者ですね。後ろも細かいディテールやバーニアが綺麗に再現されています。


20240203_172029_147

なおJアークの機首パーツは、付けたままでもキングジェイダーにできます。肩の可動域(前に曲げる)が少し制限されますが、正直このままでも全く問題ありません。むしろ原典のDX玩具に近づいたフォルムなので、こっちの方が好きなくらいです。


20240204_110933_45720240204_111012_398

またJアークも、ボリュームアップパーツを使わず、純粋にそのままキングジェイダーになれるパーツだけで構成すると、こうなります。艦橋が見栄えがしないかと思ったのですが、全然そんなことはありません。元々、艦橋が異常にデカかったのがわかりますw

また手首パーツを隠していませんが、そもそも主力である指先からの5連メーザー砲がJアーク時に使えないのはもったいないし、この方が火力上がるはずですからノープロブレム。

20240204_111143_350

分離してJバード単体にしても、艦橋と全体のバランスはむしろこのくらいの方が良いくらいです。出たままの手首はちょっとどうかという気もしますが、こういう合体ロボは普通にいるしね。


20240203_162612_569

ただジェイダー自体は、もうバランス的に全く別物と割り切っているらしく、キングジェイダーの頭部に独立した別パーツの下半身を取り付けて再現されています。つまり製品的には「Jアーク」と「ジェイダー」が並び立っちゃうわけですねw まあご褒美みたいなものです。

というわけでこの製品は、キングジェイダーからJアークにするのであれば完璧!でかい!強い!凄いロボットだ!を心から堪能できるものだと思います。
まあ完全変形版を作っちゃった人もいますが!(何度でも言う)

【以下は関連商品をアマゾンで購入するためのリンクです】
【アフィリエイトを利用しています】

Nowprinting

超合金魂 勇者王ガオガイガー GX-109 超竜神

Nowprinting

超合金 ZOIDS新世紀/ZERO RZ-041ライガーゼロ

| | コメント (2)

2024/01/01

50th Anniversary

20231231_064653_847

新年あけましておめでとうございます。


20231231_064729_002

DX超合金魂・マジンガーZ(50th Anniversary ver.)。なんか数年前にも同じようなこと書いた、と思ったら2012年でした。前作はもうそんな前か!手前に置いてあるのが、音声・BGM・LEDをコントロールするリモコンです。


20231231_064925_17020231231_070331_696

全高約30㎝、全装甲が脱着、気持ちよくセットできるのは受け継いでいます。いくつかのパーツは新造され、細部も異なっているそうです。リモコンで4種類のBGMを選択できますが、この写真見ていると、その音なくても脳裏に勝手にエンディングテーマが流れてくるよね。


20231231_074731_718

パイルダーはホバー、ジェットの2種類が付属。いずれも翼を畳むことができ、そのまま合体します。


20231231_074849_364 20231231_075112_949

パイルダー・オン!

実際には合体時には目は光らず、光子力ビームを撃った時だけ光ります。そのため、通常時は目が黒いままです。これは前もそうだったのですが、やっぱ何もしなくても目は黄色にして欲しかったですね。


20231231_072942_919

黒鋼の城が完成!

可動域は、さすがに普通の超合金魂などに比べれば狭いですが、さすがに大きくて重いので、これだけ動けば十分だと思います。各関節はクリックを使用している箇所が多く、スタンドなしでこのポーズで立てるほど、自重をきっちり支えています。


20231231_073508_216

ロケットパンチ(写真は合成)は、従前のものと異なり、脱着がとても簡単になっています。ここは非常に嬉しいところ。写真では見えませんが、ロケットパンチの後ろ……ジョイント部分は、噴射口を模したモールドがあります。


20231231_073814_674

また装甲を付け替えて、アイアンカッターも再現。長い刃は見栄えがします。


20231231_073253_282

ドリルミサイルは、肘のさらに後ろから展開するようになっており、ギミックがあると腕が長くなりがちな仕様のバランスを取っています。ただきっちり180度は曲げられず、このくらいが限度です。


20231231_075222_282

光子力ビームはリモコンでLEDが反応、甲児くんのセリフとともに発光します。セリフは常に、武器の名前を叫ぶ前に「これでとどめだ!」とか「くらえ!必殺の……」などの前振りがあります。


20231231_075319_894

ブレストファイヤーは、従前のものより段違いに綺麗、発光シートというものを内蔵しているようです。通常のものと発光用のもの、2種類が付属します。


20231231_074113_146

また今回、従前は別売だったジェットスクランダーも同梱されています。割と長めでいい感じの翼のバランス、私は好きですね。翼を左右入れ替えて、発進体制にもできます。


20231231_074138_730_20240101144001

スクランダーの基部は、マジンガーと格納庫を接続するキャットウォーク風ジョイントと同じ場所を使用し、がっちり合体できます。またアンテナも内部に収納できます。


20231231_074302_618_20240101144001

さすがに重いので危ないのか、飛行状態のスタンドは付属しません。また頭部がそんなに上を向けないので、飛行状態でマジンガーの顔が正面を向くこともできません。まあこれはしょうがないか。


20231231_070506_822

スクランダー自体も内側装甲をはずし、中のサザンクロスナイフの収納状態などを見ることができます。

やっぱり内部構造を見るとテンションが上がってきますね。そこで……。



せっかくなので動画を作りました。素材はすべて、本体から発せられるBGMと音声・SEのみです。アニキの歌声に涙がこぼれる……。

今年は何と、グレンダイザーの新作TVアニメ(!)が放映されるようですね。しかも甲児くんと彼が乗るZが登場するとか。50周年の記念すべき年に、また黒鋼の城が帰ってくるとは!未来も捨てたもんじゃないね。

今年もよろしくお願いいたします。


【以下は関連商品をAmazonで購入する場合のリンクです】

BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ) DX超合金魂 マジンガーZ 50th Anniversary Ver.  

BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ) 超合金魂 天元突破グレンラガン GX-107 完全変形合体グレンラガン&大回転ギガドリルセット 

| | コメント (2)

2023/12/24

黒い猛牛

20231223_173216_944

令和にこの両雄の光景が再現できるとは!


20231220_161930_824

RIOBOT・ブラックオックス(鉄人28号FX版)。同シリーズの28号FXのライバルにして最強の友、後の鉄人29号OXの復活です。


20231220_162155_473

デザインライン的にRIOBOTのシリーズとは相性が良く、アニメ的なポーズも非常に決まります。可動範囲も広く、とんがって干渉部分が多そうに見えますが、全く問題ありません。


20231220_164200_701

必殺のジェノサイドバスターは、差替えなしで再現可能。いかにも全力砲撃、という感じですね。

20231220_164222_116

背部の巨大な砲門を倒す際、頭部の角が邪魔にならないよう、首は引き出して伸ばすことができます。もちろんポーズ付けの際にも、引き出し首の機能は役に立ちます。


20231220_165405_348

そして飛行形態にも変形!28号FXが17号フェニックスと合体しなければ飛べなかったのに、単体でそれらを上回る機能を持つのは燃えますね。


20231220_165430_773

写真だと機首が少し隙間ができてしまってますが、本来はちゃんとくっつきます。着陸脚などはありませんが、大きな膝の突起がたぶんその役目を果たすのでしょう。


20231223_172524_617

翼を並べて飛ぶ図。かつての強敵が味方になるというのは、永遠の憧れですね。


20231223_173020_278

他の多くの物語では「強力な敵は、味方になると、なぜかあんまり強く思えない」ものですが、ブラックオックスはどの鉄人シリーズでも常に「味方になるとこの上なく頼もしい」のが嬉しいところです。

【以下はAmazonで購入する場合のリンクです】

 

| | コメント (0)

2023/11/25

熱風!疾風!

20231118_143819_701

だれにも止められないぜ!


20231118_144347_263

鉄魄・サイバスター(精霊憑依Ver.)。全高20数cmの合金製、ゲーム「スーパーロボット大戦」シリーズを発祥とする、ずっしり重い風の魔装機神が登場しました。海外メーカー製なのに、日本のゲーム発祥のロボを立体化してくれるとは、なんという熱いスピリット!


20231118_145447_079

美しいまでの塗装は感動的、そりゃあ大抵の魔法攻撃は装甲に撥ね付けられるのも納得の仕上がりです。剣を大地に突き立てたまま飾れる、風のエフェクトが付属します。


20231118_144011_934

関節は海外メーカーらしくやたら固く、独特のとんがったデザインと相まって動かすと指が痛いです。まあヘタレてくるよりマシですが。そして精霊憑依Ver.なので……


20231118_143348_142

お供のハイファミリアを引き連れ、全身の装甲を展開して、精霊憑依の状態を再現できます。肩の内部装甲を引き出し、青いエフェクトを装着します。エフェクトの脱着はすべてマグネットなので、ストレスフリーなのが非常にありがたいところ。


20231118_141659_881

背部から見ると、スラスターが何層にも重なっており、ゲーム中のフォルムを再現しているのがわかります。膝の裏にもエフェクトを取り付けられます。


20231118_151355_094

そしてサイバードへの変形!

と言っても正直、膝と肘を少し曲げて首をすくめ、尻尾(サイバードの頭部)を前に伸ばして寝転がっただけですが。まあ、ゴッドバードさんだって文脈的には似たようなもんですから!


20231118_142348_049

また全身にLED発行ギミックがあり、おのおののクリスタル部分を押すとスイッチが入って輝きます。見えづらいですが頭部にもLEDがあり、角を倒すと目が光ります。いちいちパーツを外して電源オン、とかしなくていいのはとてもありがたいです。

 

発光ギミックは台座にもあり、スイッチで点灯→明滅→消灯を繰り返します。やっぱ魔法陣は明滅して欲しいよね。


20231118_141742_801

このシリーズは日本メーカーなどがなかなか手を出さないキャラにも、全力で技術をぶち込んでくれるので感動します。特にこのサイバスターは、造形も塗装もギミックも実に素晴らしい出来栄え、超一流!の仕上がりです。
お値段も超一流ですが……円安!円安うぅぅぅ!

【以下はAmazonで購入する場合のリンクです】

 

| | コメント (0)

2023/11/18

ブラックジャガー三変化

2023110033

この写真は同じ製品を撮影しています。って言われたって、車と豹はともかく、戦闘機は違うだろ?って思いますよね。私も手にするまでは半信半疑でした……。


20231112_214618_755

TRANS AGE CANG-TOYS CT-DF-01 HUNTPOW 影豹?
正式名称がわかりません!なんせ中国製らしく、雰囲気はわかるけど本体の名称がどれなのか、見当が付きません。

全長十数㎝のカーモデル、あちこちに分割線があります。実際に中国には「影豹」という名の実車があるそうです。


20231112_214641_600 20231112_214629_816_20231118073101

前後のディテールも素晴らしく、塗装も美しい仕上がりです。私のは購入時からフロントに傷がついていましたが(意気消沈

しかしこんな綺麗な車が、本当に完全3段変形とかするんでしょうか?


20231112_214557_287

ひっくり返してみると、ああ本気だ!やる気なんだ!ってのがわかります。

では実際に変形を始めましょう。


20231112_215201_691 20231112_215251_636

変形過程は奇妙奇天烈摩訶不思議。あっちこっちに薄いヒンジがこれでもかと詰まっています。変形難易度は、私が今まで触った玩具の中でもトップクラスの難しさ!まあこれには理由もあるんですが後述。


20231112_215437_810

だんだん形になってきました……。


20231113_001836_995

ちゃんと黒豹?が完成!車から変形したにしては、結構いいプロポーションです。

20231113_001942_233


各パーツはさほど固くはなく、変形に力は要りません。コツは要りますが!なんせ「このパーツを回すためには、先にこちらのパーツを畳まなくてはならず、そのためにはこのパーツを避けておかねばならない」という、パズルのような手順が発生しますので。


20231113_002435_297

一部を展開すると、飛行能力も持った黒豹にもできます。いかにも機械生命体という感じでいいですねー。この形態はお気に入りです。


20231113_064148_33520231118_065247_382

さらに変形を続けます。豹の頭の中からは、着陸脚が出てきます。その頭を戦闘機の機首に突っ込んで、車のガワを下に畳み……。


20231113_181616_328

戦闘機モードの完成です!ほんとに完全変形しちゃったよ!ちょっと、いやかなり感動。

なお、ここまで2時間かかりました!(本当
慣れればそんなに難しくはないんですが……。


20231115_162738_883

丈夫なスタンドも付属、飛行状態で飾れます。スタンド内にはミサイルやフロートなども仕舞っておけます。この状態では、車から変形したなどとはそうそう気づきません。


20231115_162748_278

横から見ると、さすがにいろいろしわ寄せがきているのがわかります。それでもカッコいいのが凄いですわ。



20231113_181725_237

またひっくり返すと、車のガワを全部下にまとめているのがわかります。車の時は戦闘機の、戦闘機の時は車のガワを、見えない方に畳んでおり、中に黒豹の部分を収納している感じですかね。

変形はパズルではありますが、過程がわかりさえすれば、それほど難しいものではありません。飲み込みに時間がかかったのは、主に説明書のせいだと思います。


20231118_065802_128

上の写真は、私たち(日本人)が一般的によく目にする感じの説明書。これはトランスフォーマーのアーシーのものです。変形過程がわかりやすく、特に変形時の「前後の絵が」書いてあります。


20231113_230728_049

しかしこの製品では、「変形前の絵」はあるんですが(ここをこう回せっていうのは、中国語でも何となくわかります)、「変形後の絵」がほぼ載っていません。そのため、変形させてもそれで合ってるのかどうかがわからないんです。これは文化の違いなのかもしれませんが、ちょっと我々には理解しづらくてね……。


2023110022

しかし傑作なのは事実、材質のチョイスやパーツの合いが素晴らしいのは驚きです。今後の製品が楽しみですが、できれば日本語の説明書は欲しいなぁ……。


【以下はAmazonで購入する場合のリンクです】
【アフィリエイトを利用しています】

2024010026 CANG-TOYS 変形ロボットJ-16

 

 

| | コメント (6)

より以前の記事一覧