鋼鉄の凱歌

2020/01/19

合身GO!

Dscn2051b_20200119115602

赤いボタンを知ってるか!


Dscn2040

P+03、戦国魔人ゴーショーグン。
以前のバクシンガーと同じ、香港のメーカー・POSE+の製品です。全高約38cm(ゴーフラッシャー展開時)、ずっしりした合金の手応えがワクワク感を引き立てます。

ゴーショーグンは、進化するエネルギー「ビムラー」を原動力とし、ビムラーの秘密を守る組織「グッドサンダー」のメインロボとして活躍しました。デザインや名前から、戦国武将の鎧などをモチーフとしているのは想像がつきますが、「グッドサンダー」の語源が「真田幸村の『九度山』」だというのは、この製品の解説書で初めて知りました。そうだったんだ!
香港の方から、日本アニメの設定をご教授いただく日本人・・・。


Dscn2038 Dscn2037

あの頃のロボの箱体型ですが、メリハリのついたプロポーションでデザインされ、素立ちでもポーズを付けても実に素敵。各関節はクリック入りで安定した可動、また各部のスライドギミックやヒンジによるアーマー接続などによって、かなりの可動域を誇ります。腕のアーマーは回転し、可動の妨げにならないよう考慮されています。

 

Dscn2027

各種武装もばっちり。まずは印象的なゴーサーベル。
肩の関節が、胸の前にまで動かすことができるため、両腕で構える「大張一刀流」も難なくこなします。

 

Dscn2022

投擲武器としても使えたゴースティック。(スティック?)
ハルバード部分はオマケみたいな考え方なんですかね・・・。


Dscn2033

ほぼ唯一の実体弾兵器、スペースバズーカ。私はスーパーロボット大戦では、ゴーフラッシャーとともにほぼメイン武器として使っていました。
肩のアーマーには、ヒンジと共にスプリングが仕込まれており、これを構える際にも、全く支障がないよう設計されています。また非常に広い可動域のおかげで、膝立ちシュートも非常にカッコよく決まります。


Dscn2031 Dscn2026

これだけよく動いて安定し、カッコいいゴーショーグンですが、このアイテムの凄さは、これだけではないのです。


Dscn2041

ゴーショーグンは、その指令塔でありエネルギー源でもある小型ロボ「トライスリー」を内蔵することで、本来の力を発揮します。もちろんこのアイテムにも、キングアロー、ジャックナイト、クイーンローズの3機のメカが付属、変形合体してトライスリーになります。


Dscn2043

このトライスリーは、合体しても全高8㎝程度なのに、差し替え全くなしで完全変形合体!細かいヒンジの塊ですが、緩い部品や関節などはなく、きちんと合体するのは感動ものです。

カッコ良さもまあ、差し替えなしで棒立ちならこんなものか、という気もしますが・・・。


Dscn2045 Dscn2047

動かしてみるとあらビックリ!
とんでもなくカッコいいトライスリーが、大・登・場!します。
腕部は可動・プロポーション重視のものと交換することができ、脚部はこのサイズながら足首の傾きまで再現。

何だコイツ!まるでメインメカのような扱いじゃないか!ゴーショーグンどころか、こっちが本体でもおかしくないぞ!前座ロボだとか思っててごめんよぉ!


Dscn2021

そして、胸と両脚のハッチを展開し、各部にトライスリーを内蔵します。
合身GO!


Dscn2050 Dscn2053

放て、ゴーフラッシャー!
うおおぉぉぉ超カッコいいぞ!(今回こればっか


Dscn2054

背部のバックパックに電池を入れることで、ゴーフラッシャー部分が発光、ビムラー第2段階発動を再現できます。余談ですが、ビムラーは成長すると、敵のロボとかそんなのに自我を芽生えさせ、自らの罪を反省させて自壊させ、最終的には全ての兵器を無効化するという、まぁとんでもないシロモノでした。神様とかそういうんじゃなく、人類を新たな段階へといざなう存在だったので、どっちかというと「鏑矢」ですかね。戦国的には。

ではその発光シーンを見てみましょう。


Dscn2049

といいたいところですが、実は指定されている電池は「LR726」という、なんか日本のそこらの電気屋さんではほぼ売ってない謎の型番。どうも海外では多く使用されているようですが、こちらではそれこそ、密林から輸入してもらうくらいしか手がなさそうです。というわけでお預け。トホホ。


Dscn2061

しかし、もうそんなことはどうでも良くなるくらい素敵!もうひたすら遊び倒していました。

海外製品なのに、日本のアニメ、しかも本放映わずか26話の作品!をこれだけ愛してくれてる証拠を突き付けられると、もうこっちまで嬉しくて泣きそうです。解説書の変な日本語や誤植もちょっとありますが、そんなのは愛の前では許容範囲です。
まぁさすがに、電池の問題までは気付かなかったようですが・・・。

| | コメント (5)

2019/12/22

神にも悪魔にも

Dscn1881

もはや何にでもなれるんだ!


Dscn1861

RIOBOT・マジンガーZ。千値練の「新しい」マジンガーです。
腕まわりや装甲の分割パターンなど、デザイン的に、以前発売されたグレンダイザーを彷彿させるものがありますが、まさしくあの系統です。それは追って説明するとして。


Dscn1863 Dscn1862

ホバーパイルダーは翼幅3㎝未満ですが、ちゃんとローターを畳んで合体形態になります。またマグネットが用いられ、頭部にきちんと収まります。


Dscn1864 Dscn1865

回転できる胸部放熱板と相まって、腕の可動範囲は非常に広いです。また腰には装甲が跳ね上がるギミックが、膝には装甲が沈み込むそれがあり、立ち膝ロケットパンチのポーズも楽々こなします。


Dscn1866

アイアンカッターの刃もあり、自由に取り付けられます。ここまでは、いつもの見慣れたマジンガーZなのですが。


Dscn1858 Dscn1860

明らかに違和感を放つ、漆黒の翼が付属します。今回のZの肝である、ダイナミックスクランダーです。


Dscn1859

コクピット部分には別の装甲も取り付けられ、なんか今までのZのアイテムとは一線を画す気配がしてきます。


Dscn1867_20191222140601

そしてスクランダークロス!すると・・・。


Dscn1868

内側が、胸部放熱板と同じようにクリアレッドで形成される、異形の翼を背負ったZが登場します。


Dscn1869

先ほどのスクランダーのコクピットパーツは、分離してパイルダーガードになります。マジンガーZ最大の弱点であるパイルダーのガラス部分に、とうとう装甲が追加されたのです。まぁ上は空いてるんですがね。

デザインは違和感なく、新しいZの頭部だといわれれば納得してしまいそうです。


Dscn1874

スクランダーは、関節を引き出したうえで前部に回すと、シールドモードにもなれます。まさに黒鋼の城、という雰囲気ですね。
そしてここから、翼を大きく展開すると・・・。


Dscn1871

必殺のダイナミックファイヤー!(という名前かどうか知りません)
面積としては、通常のブレストファイヤーの10倍以上はありますので、威力ももちろんそれ以上なのでしょう。なんか楽しいぞコイツ! 


Dscn1875

さらに、翼についているジェットエンジンは、それぞれが腕としての可動域を持ち、先端をアイアンソードや手首などと交換することができます。するってぇと。


Dscn1876

今まで誰も見たことのない、新たな「マジンガーZ」の誕生です!


Dscn1878 Dscn1877

翼の基部や先端も自在に回転するので、もうやりたい放題。説明書には、「何が公式設定」とか書いてないので、本当に自分の好きなようにしていいようです。


Dscn1884

防御しながら6本の腕で殴り合いとか。


Dscn1885

全力砲撃モードとか。うわ楽しいわコイツ。

Dscn1879

「神にも悪魔にもなれる」どころか。
アシュラマンにも、ダブラスM2にも、死神と呼ばれたガンダムにも、衝撃!Z編にもなれる、
そんなZが登場しました。

もちろん玩具オリジナルなのですが、以前のグレンダイザーに通じる「俺ならZをこう強化する!」という姿勢がはっきり出ていて、私は好きですね。だって楽しいじゃん!玩具は楽しさが一番だよ!


Dscn1887 

唯一残念なのは、飛行形態で飾れるスタンドが付属しないことですね。(写真は別のもの)
せっかく、いろんな角度に可変する翼なのに、勿体ない。

もしかしたらこのスクランダー、空を飛ぶつもりはないんじゃ(え

| | コメント (0)

2019/09/29

ドーマ・キサ・ラムーン

Dscn1383

光いでよ!


Dscn1377

VALIABLE ACTION HI-SPEC、スーパーグランゾート。光の魔導王最強形態が、がっちりした手応えのフィギュアとなって蘇りました。


Dscn1378

眼にはLEDが搭載され、頭部の角…ガイアヘイザーを前に倒すと、緑色に点灯します。これがもう、とにかくカッコいい!やっぱロボは「眼が光る」のが大事!


Dscn1379

もちろん大地からの登場形態、フェイスモードにもなります。変形はほぼ見てのとおりなので、説明は省略。
両肘のアーマーが、ちょっと綺麗にはまらないのが残念ですが、それ以外は各種ジョイントでかっちり保持されています。


Dscn1385 Dscn1384 

召喚時のエフェクトを表示する、大きな台座も付属します。いや、付属っていうか、今回これがメインじゃないのか?というほどの凄まじい出来栄え。
これに乗せて下から煽ると、脳内であの召喚BGMがかかります。♪ デッテッ デッテ デーレレッテ~ 


Dscn1352

スイッチを入れると、円周の魔法陣がぐるっと回りながら描かれるように点灯し、最後に中央の六芒星が輝きます。なんだこれ、いかし過ぎてる!当時見ていた子なら、みんな思わず叫ぶよ、「ドーマキサラムーン!


Dscn1353

色も何種類も変化し、ボタンを押すことで任意に変えられます。これ一つで、水や風や炎の魔導力が使い放題!
またモードを切り替えることで、グランゾートご本人(新録!)のセリフが流れ、ランダムに切り替わります。
「来るぞ、大地!」
「目を閉じるな!心に魔法陣を描くんだ!」
さらに「音声モード」から「発光モード」に切り替えると
「さらばだ」
ちょっと泣かすんじゃないよ魔導王!


Dscn1361

台座の上に乗せ、召喚させると、うわかっこええ!

手首は、指のフル可動タイプ以外に、7つの交換パーツが入っています。どれもいいんですが、やっぱり・・・。


Dscn1367

スーパーエルディカイザーを構える手首が一番でしょうね。


Dscn1370 Dscn1369

可動域はかなり広く、腰関節をぐっと前に出すことで、踏み込むポーズも決まります。また、可動の際に大きな妨げとなる両腕の大きなアーマーですが、長いヒンジと、肘から上にさらに回転関節が設けられて、そこに基部が接続されているため、邪魔にならない方向に逃がすことができ、ポーズ付けに一役買っています。

ただヒンジの回転軸がちょっと緩いため、アーマーの位置自体がきちんと保持できなくて、そこだけは残念です。ちょっときつめに調整するかな。

Dscn1371 Dscn1376  

今年は、グランゾート放映30周年だそうです。ええっもうそんな?(じんわり
年を取るわけだよね、私たちゃ!

| | コメント (0)

2019/06/20

THE IRONFIGHTER

Dscn1005

正義は燃え立つ!
 

Dscn1008

HEAVY MRTAL SERIES、太陽の使者 鉄人28号。
ACTION TOYS社製、とさか部分まで全高38.5cmの、超巨大フィギュアです。
 
 
Dscn0993

全身のかなりの部分が金属製、塗装が非常に美しく、うっとりするような出来栄えです。胸部に電池を入れ、発光用の透明な瞳と交換すると、モニターアイも輝きます。
また物凄い重量とド迫力のアイテムでもあり、最初箱が届いたとき、小型冷蔵庫でも買ったのかと思ったよ。いやマジで。
 

Dscn0988

なんせ、本体重量が驚異の2.6kg!2.6kgと言われてもピンときませんが、生まれたばかりの赤ちゃんと同じくらいの重さの鉄の塊、みたいなもんです。これね、もし名探偵コナンか金田一少年の事件簿に出てきたら、絶対に凶器に使われますよ。
 

Dscn0991

バカみたいな重量を支えるため、専用スタンドの棒部分も金属製、保持ジョイントはねじで締めこむ仕様になっています。ある程度の高さと角度を変更できるよう、さらに別のねじで締め付けるという念の入りよう。
 

Dscn0996

全身の関節はほぼ全部にクリックが入っており、動かすのにも力が必要なくらいがっちりしています。可動範囲はだいたい写真が目安、膝はもう少し曲がりますが、引き出し関節などという軟弱な機構は使っていないため、このくらいが限度です。
 

Dscn1001_20190620191201

また、以前のスーパーメタルアクション版のように、全身の装甲が展開して・・・などというギミックはありません。本体前部の装甲が開き、内部メカが見えるだけです。
 

Dscn1007

だが、それが何だというのだ!
この凛々しさ、逞しさ、そして美しさ!いいんだよこれだけで!
もうほんと惚れ惚れ。カッコいい、カッコいいよ鉄人!
 

Dscn1006

交換用に、フル可動指の拳が付属します。関節1個1個曲げられるので、つかみかかるポーズとか・・・。
 

Dscn1003

正太郎君を乗せた、クリッパーを持つこともできます。正太郎君の顔が邪神っぽいのが、このアイテム唯一の欠点じゃなかろうか。
 

Dscn1000

背部ブースターは脱着可能、中央のスイッチで翼が展開します。しかしこの鉄人は、首は左右に回るだけで、飛行形状態で「頭部が上を向く」ことはできません。
まあ、2.6kgを飛行状態にしようとしたら、大惨事になるのは目に見えてますから、これはしょうがない。
 

Dscn1009

このアイテム、ギミックとしては事実上、

「重い!でかい!カッコいい!」

しか搭載されていない、と言っても過言ではありません。
だが最高だ!重さこそ至高の武器なのだ!
 

Dscn0995

なお余談ですが、本来の映像での太陽の使者鉄人28号は、設定では「身長20m・体重24.8t」とされています。このアイテムは身長38.5cmですので、比率からすると、もし本物と同じ身長になったとしたら、体重は約364tという計算になります。
本物の鉄人は、全身がバカ重い金属ではなく、よっぽど軽量・強化された複合素材で作られているのでしょうな。知らんけど。

話を戻して、364tといえば、ゴライオンの100トンパンチを3.6発分、同時に命中させた威力に該当します。そんなもんで重力下にフライングキックされたら、耐えられるロボットなんて、この世にそうそういないでしょ。重さこそが、まさに至高の武器なのだ!鉄人が最強と言われる所以だ!(えー

まぁ、364tを自在にぶん回せるロケットブースターがあれば、の話ですが。ロケット開発の方がむしろ、独立連動装置作るよりも難しいんじゃないのか?(身も蓋もない

| | コメント (0)

2019/05/05

幻の流星

Dscn0628

夜の銀河を 滑るようだね

 

Dscn0624

魂SPEC・レイズナーMARKⅡ。プレミアムバンダイ限定品で、かなり前の発売ですが、今紹介しているのに特に理由はありません。単に、GW中に倉庫の片づけをしていたら出てきた、というだけです。

 

Dscn0633 Dscn0632

レイズナーMARKⅡは、「蒼き流星SPTレイズナー」の新型主役メカ・・・になるはずだったんですが、諸般の事情で見送られた「幻の2号ロボ」です。そんなものを立体化する方々も剛毅ですね。まぁ付いてくる人がいる、と判断したのでしょうけど(そして付いていった)。

大破した旧レイズナーを元に、地球の技術で復元され、さらに新機能=V-MAXIMUMの発動と変形を可能にした後継機種。アニメ雑誌などでは紹介されていたため、登場が破棄されたのは非常に残念でした。各所にレイズナーの趣を残しながら、よりシャープで戦闘的なフォルムになっています。

 

Dscn0626 Dscn0625 

印象的な頭部は、もちろん綺麗に塗装されたエイジが乗っており、コックピットも開閉可能。フォロンももちろん、引き継がれているそうです。まぁ、スパロボとかでしか見たことないから、詳細は知らんけど!

 

Dscn0629

レーザードライフル、スタンド、交換用の手首が付属し、射撃ポーズも再現できます。また実は、変形機能の都合から、本来は胸と腰が一体化していて、腰をひねることはできないようなのですが。

 

Dscn0627

ジョイントを外すと、ちゃんと腰が回転します。そういう演出されるのかどうか、知らないけど!見たことないから(しつこい

 

Dscn0634 Dscn0635

それでは変形開始。
頭部を押し込むと、連動して機首が持ち上がり、胴体内部に頭が半分まで入ります。もちろん、コクピットはそのまま、飛行形態のキャノピーになるのです。そして胴体を引き出すと・・・。


Dscn0636

何と、後はただ倒れこむだけ(語彙力)で、飛行形態の完成。

 

Dscn0637 Dscn0639

頭部や背部スラスターなど、まるで最初から戦闘機に変形する前提で作ってあったかのように、意匠が統一されているのは、当時も結構驚きました。まぁ見たことはな(もういい

 

Dscn0640_1

着陸脚も展開、ちゃんと地球の大気圏内運用を前提にされています。変形はほぼ差し替え不要、脚部の左右ジョイントパーツのみ使うようになっていますが、なくても大して問題ありません。

 

Dscn0631

幻の機体が、限定とはいえ、ちゃんと立体化されるとは、この機体を待ち望んでいた人も多かったということでしょうね。まぁ、待ち望みすぎて、ダイヤブロックで作っちゃった人もいるくらいですからね・・・。

| | コメント (2)

2019/04/29

真・宇宙の王者

Dscn0578a

ただ一言の 愛のために
デュークフリードは 命を燃やす!

 

Dscn0606

RIOBOT グレンダイザー&スペイザーセット。
千値練の合金ロボに、宇宙の王者が仲間入りしました。しかも、驚くべき新解釈でもって!

 

Dscn0600

まずはグレンダイザー本体。割とマッシブなデザインで、特に両方の二の腕がかなり太目、かつ拳が小さめに感じられます。それには理由があるのですが後述。

 

Dscn0602 Dscn0603

フェイス部は角がクリア素材、ちゃんと上下で色感を変えてあります。また内部には、放電装置らしいモールドも見える芸の細かさ。

 

Dscn0551 Dscn0553

反重力ストーム発生装置は、背中内部のボタン電池で発光。こちらも裏側にモールドがあり、紋章のようなものが見て取れます。また写真お分かりのように、両肘は120度以上曲げられます。スクリュークラッシャーパンチの肘部分にも可動域があるのですが、そこはクラッシャー部分をうまく避けて設けられているため、より深く曲げることができるのです。

 

Dscn0561 Dscn0562

スクリュークラッシャーパンチは、クラッシャー部分を外して前後入れ替え、再現するようになっています。このために、手首が小さめ、そして腕は太目になっていたのですね。膝や腰も大きく踏み出してポーズをとれるよう、装甲が沈んだりスライドしたりします。

 

Dscn0597 Dscn0594 Dscn0570

ダブルハーケンも再現。おっと1枚目と2枚目、ショルダーブーメラン外すの忘れた。

 

Dscn0593 Dscn0592

そして、なぜか付属する腕ドリル。ドリルスペイザーのオマージュでしょうか。しかし全く違和感なく、いい感じの突貫攻撃ポーズができます。

 

Dscn0571 Dscn0572

続いては、付属のスペイザー。各種モールドが非常に未来的です。両翼には、先ほどのドリルアームを吊り下げることもできます。ドリルソーサー・・・にしては巨大すぎますが、このくらいの方が破壊力はありそうですね。

 

Dscn0574 

そして、グレンダイザーとの合体。前部と下部の装甲を外し、左右を展開してから行います。前部の装甲は余剰パーツとなります。

 

Dscn0575 Dscn0576

グレンダイザーは、付属の追加装甲を両腿と足首に装着、手首も合体の平手に差し替えます。
背部にスペイザーの金属ジョイントを接続、形を整え、下部装甲を戻すと・・・。

 

Dscn0577 Dscn0578

宇宙の王者の完成!
首部分にも引き出し関節があり、きちんとグレンダイザーが正面を向けるようになっています。下からのアングルが、無茶苦茶カッコいい!

 

Dscn0580

もちろん、ドリル懸架も可能です。両脇円盤部分は変形・脱着しないので、ドリルの方を発射して操るのでしょうか。それもまたいかしてますね。

 

Dscn0607 Dscn0608

スペイザー上部に乗って、ダブルハーケンを構えるのも(何とか)可能です。しかし別にジョイントなどあるわけでもなく、ただ乗ってるだけですので、真似は自己責任でお願いします。なんせ、狭い!滑る!揺れる!の三拍子ですしね。しかし乗ってるとやっぱ、かっこいいんだ・・・。

 

Dscn0581 Dscn0582

そしてここからが、驚愕の一手!
スペイザーを再び分離、下部装甲を外して展開していくと、なんかでっかい指が出てきます。この形にしてから、グレンダイザーに合体させると・・・。

 

Dscn0584

グレンダイザー・強化装甲モードの完成!
原典だと、グレンダイザー(ロボイザー)分離後のスペイザーは、そのまま空中で待機しているだけで(時々援護とかしたけど)、まぁほとんど余剰パーツも同様でした。今だったら、AIというかサポートNAVIでも搭載して、自動援護をしてくれるかもしれませんが。

そこが残念だったのか、このアイテムでは、両肩から延びる大型のアームに変形できる機能を搭載、まさに地上でも宇宙でも、グレンダイザーをサポートする装甲にしたのです。

 

Dscn0590

背部から見ると、円盤獣グレグレ。

 

Dscn0589 Dscn0586

どうすかこのド迫力!
指は関節で自在可動、また写真だと見づらいですが、指先にはそれぞれビーム砲らしいクリアパーツが埋め込まれています。どうやって戦わせようか、ワクワクしてきちゃいます。想像力から始まる 今!今!今!イマジネーション!

 

Dscn0585

余っていた下部装甲は、組み替えて大型の盾になり、どちらの腕にも装着できます。良いですね、この方向性。前部パーツもなんとかどっかにくっつけられれば、もう最高だったのですが。

 

Dscn0609

なんとか付けられないかやってみましたが、ちょうどいい場所がありません。まぁこのくらいで我慢するか。

 

Dscn0591  

グレンダイザーの両腕は丸ごとフリーなので、ドリル付けたり、ダブルハーケンで牽制もできます。ドリルはいざ知らず、ダブルハーケンは装甲腕を振り回すのに邪魔そうですが。

 

Dscn0604

METAL BUILDのグレートマジンガーと握手。ちょっと縮尺おかしいですが、映画「マジンガーZ infinity」の世界は、対ベガ星連合軍戦を乗り越えた後という設定らしいので、こういう風景もあったのかもしれません。

 

Dscn0583

いつもですと、余剰パーツや補助パーツが多い玩具はちょっと残念に思う私ですが。このアイテムに関しては、もう素直に拍手を送ります。
何といってもね、制作者の方々の「俺ならグレンダイザーをこう強化する!」というポリシーと愛がぎゅんぎゅんに伝わってきて、しびれちゃいましたから。やっぱね、はた目から見ても「愛が入ってる」ってわかる物は違いますよ。うんうん。

| | コメント (3)

2019/03/03

鋼のエヴァンゲリオン

Dscn0217

 

例の雰囲気で。
真ん中に橋が欲しかったかな。ちゃんとLightWave起動して、普通に3DCG作ればよかった(めんどくさかった)。

 

 

 

Dscn0214

 

 

 

METAL BUILD、エヴァンゲリオン初号機。「ヲ」でなく「オ」なので、新劇場版ではないのでしょう。
初号機が鋼のボディを持っていたら・・・という設定のようで、全身が綺麗な金属装甲に覆われています。

 

 

Dscn0220

 

Dscn0222

 

 

 

 

 

鋼の装甲であっても、エヴァらしい筋肉表現は健在。背骨とか実にいい感じです。
なおアンビリカルケーブルは付属しますが、エントリープラグ射出機能は省略されています。

 

 

Dscn0223

 

 

 

口はもちろん開閉、叫び顔にできます。ただこの時、喉の装甲が顎に連動するため、それが干渉して、頭部自体はほとんど左右に回すことができません。

 

 

Dscn0230

 

Dscn0226

 

 

 

その代わりといっては何ですが、他の関節はもうバリバリに動きます。それこそ「人造人間」の名にふさわしい可動っぷり。
股関節は左右に開くと、アスリートの太もものような金属筋肉が連動して現れます。なんかむっちむちだよ。

 

 

Dscn0232

 

 

 

全力疾走・大ジャンプも、可動範囲と強固なスタンドのおかげで、この通り。劇場版思い出しますねぇ。
なおポロリ部品が少ないこのアイテムですが、かかとの装甲のみ、うかつに足首を動かすとすぐどっかへ飛んでいきます。

 

 

Dscn0231

 

 

Dscn0228

 

 

 

膝裏装甲は膝を曲げると自動的に沈み込み、スプリングで元に戻ります。Wエヴァンゲリオンキーック!
もやりたいなぁ。たぶん出るでしょうが。

 

 

 

 

 

Dscn0235_2

 

 

Dscn0236

 

 

 

そして各種武装を取り付けるための、追加装甲も付属します。腿部分は、通常装甲を展開し、隠されていたジョイントに取り付ける仕様。また目の部分を守るため、追加バイザーも交換できます。目つきがさらに悪くなりますが。

普通のアニメだったら、この姿も後半に登場して、スーパーエヴァンゲリオンを名乗ることになったのでしょうね。普通のアニメじゃなかったけど!

 

 

 

 

Dscn0218

 

 

 

 

台座に各種武装を取り付けたところ。マゴロク・エクスターミネーターソードがいかしてます。

 

 

 

Dscn0237

 

 

Dscn0238

 

 

 

本体追加装甲には、可動ジョイントを用いて、好きな位置に武装を取り付けられます。やっぱナイフは右肩、拳銃はすぐ使えるように右腰、でもカウンターソードと干渉しないように・・・などと考えながらつけていくのが、実に楽しい!

 

 

Dscn0239

 

 

Dscn0240

 

 

 

ハンドガンやナイフも持たせられます。プログナイフは迫力を優先したためか、肩アーマー内部に収納することはできません。

 

 

Dscn0244

 

 

 

マゴロク・エクスターミネーターソードと、カウンターソードの二刀流。それほど重さがないこともあり、ぶん回して見得を切らせても、スタンドなしでポーズ保持できます。

 

 

 

Dscn0252

 

 

パレットライフルは、グレネードパーツや銃剣パーツなど、先端を交換、3種類に組み替えができます。かなり無理のある状態でも、ちゃんと両手持ちができるところは感動。

 

 

 

Dscn0249

 

 

 

エヴァンゲリオンが「金属製の体」というのは、最初はしっくり来ませんでしたが、遊びだしたらむしろ、金属製だから安心してブンドドできる、よい選択だった気がします。なんせ動かしてて楽しいからね。
他の2機も期待したいところですが、・・・変な転売とかされないといいんだけどね・・・。 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2019/02/03

猛牛と暴象

Dscn0061

今回も説明書から何から全部韓国語なので、相変わらずサッパリわかりません。
しかし前のアレよりは、ずーーーーーーーーっと遊べる楽しいものになっています。

 

Dscn0031

BIG TRAIL。なんちゃらVだかファイブだかわかりませんが、なんかその一派です(適当過ぎる説明)
胸に大きな猛牛のシルエット、腕にはなんかバカでかい文字付きの武器を持っています。

 

Dscn0025 Dscn0028

その名の通り、巨大なトレーラーから変形します。変形パターンはシンプルですが、各部の合いはよく、きれいにきちんと変形できます。
  

Dscn0029 Dscn0030

変形後は割と、いやかなりカッコ良く、渋くてヒーローロボットらしいフォルムをしています。各関節、材質もかなりしっかりしており、クリック機構でポーズの保持も十二分。 色合いもいいし、これはこれで非常に気に入りました。 

 

Dscn0032

また、凄まじくでかい武器・・・ハンマーなのかコレ?を持たせることができます。かなり大型なのに、ちゃんと腕で持てて立たせてられるのは凄いですね。さすがに、肘を途中の角度で保持させるのは無理ですが。
 

Dscn0045

続いてTROLL。
胸に、象だかマンモスだかのシンボルが見えます。
 

Dscn0048

緑色の、トレーラーだかダンプだかそんなような車に変形します。
というか、いったい何のための車なのか、全く活動場所が見えない・・・。
 

Dscn0046

こっちも関節はがっちりしており、ポーズ保持力は十分です。まぁデザインの関係で、そんなに可動範囲が広くないですが。
腕とか足も、象のそれをイメージさせ、パワフルな雰囲気は出ています。

 
Dscn0049 Dscn0050

2機は、車状態での合体が可能です。TRAILの方は後部を展開、TROLLは操縦席をぐっと前に伸ばします。
このまま接合すると・・・。


Dscn0051

超大型トレーラーの完成。実用上の意味があるのかどうかわかりませんが、こういう合体仕様はいいですね。
欲を言えば、後ろのTROLLは自分の腕を運んでいるだけなので、なんかこう、もうちょいやりようがなかったのかと。


Dscn0053 Dscn0052

そしてこの2体は、合体して大型ロボになります。TRAILの方は左右真っ二つになり、TROLLは腕を外しておきます。

 

Dscn0054 Dscn0055  
TROLLはその足に、自分の腕を合体させて脚部を延長。肩に、分断したTRAILを腕として合体させます。 

 

Dscn0057 

胸部に牛の顔・・・TRAILのものがそのまま・・・合体し、象の顔は回して冠?にします。TRAILの巨大ハンマーを持たせて・・・。

 

 Dscn0060

超巨大合体・猛牛象王の完成!
(なお韓国語読めないので、名前は今勝手につけました)。
おおお結構かっこいい!

関節はラチェットでがっちり、保持力も高く、デカいくせに結構動かして遊べます。なかなかいいんじゃないのコレ?

 

Dscn0056_2 
・・・しかし冷静に見ると、面白いんだけど、何というのか、こう、勿体ない。せっかく巨大合体したのに、プロポーションや胸部分のボリュームに変化がなく、肩が上に伸びただけって、残念過ぎるだろ。
私だったら、この上に伸びた変な肩は、肩関節にして、胸の左右の幅を広げて迫力だしますがね・・・。
そんなこと言っても、仕様がそうじゃないのだから、しょうがない(しゃれ

いや?
もしかして、少し工夫したら、何とかなるか?
 

 
Dscn0062 
なので、少しフォルムをいじってみたのがこちらです。
あほらしいほど上に伸びていた肩を降ろし、ボディ全体の横幅を伸ばしてみました。フォルムが逆三角形っぽくなるので、迫力も増します(自画自賛
 
 

Dscn0066 Dscn0067

このフォルムのいいところは、普段だと邪魔くさい巨大ハンマーも、後ろに回したTRAILの腕で持たせることができるので、普通に殴り合いする時でも、ちゃんと武器を装備したまま戦えることです。
自分で言うのもアレだけど、こっちの方が絶対かっこいいよね。

ね!  

Dscn0027 Dscn0047

また、他にも 「惜しい!」点はいっぱいあります。

とにかくこいつら、どういう理由があるのか知らないけど、
「ビークルモードで頭部が余る」
のです。

正直、余剰パーツ出す時点で「バカかこいつら」と思ってしまうのは、私のいけない癖ですが。
それにしても、日本のアニメとか特撮とかトランスフォーマーを見てきた人間なら、「余らしちゃダメだろ、頭・・・」って思うよね。それが単独で活動するとか、普段はバッジになってるとかならまだしも。(もし本当はそうだったらすいません)

 

Dscn0069

特に牛の頭は、 本来のロボ頭部の裏に、なんか小型ロボの頭部っぽいディテールがついてます。しかし、私の知る限り、今のところ何にも使わない!

「バ・・・(こらえた)」

まぁそれはおいとくにしても。

日本の子供が遊んだら、誰も想像する機能がついていません。

これだけ動物らしいモチーフを選んで、デザインして、わざわざそれに模した頭部を付けて。車に変形して終わりって、お前らほんとうに「バ・・・(こらえた)」

普通・・・アニマルモードつけるだろ?!
というわけで、ねつ造したのが下の写真です。
  

Dscn0070

まずは、バッファローキャノン! もちろんオフィシャルじゃないし、載せてるだけで、まったく部品はくっついていません。
でも、あとジョイント2個新設するだけでできるんですよ?
 
 

Dscn0073 Dscn0072

続いて、エレファントタンク!
こっちは普通に変形させるだけでできます。まあちょっと、鼻と牙と耳のボリューム不足ですか!(全部足りない

いやでも、こんな形態さあ、我が国のスーパーヒーロータイムに慣れた子供にちょっと触らせれば、ものの数分で思いつくよ?ちゃんとリサーチしてるのかな・・・。
 
 

Dscn0080 Dscn0065

いうわけで、カッコいいし遊べるし、にもかかわらず凄く残念過ぎる、あちらの玩具のお話でした。

別に私や、その大きいお友達の知恵を借りろとは言わないが。
日本の子供に30分遊ばせるだけで、改良点数十か所見つけてくれるんじゃないかな。そうしてよ次は。お願いだから。勿体なさすぎるんだよォォォォォ!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2019/01/19

F.A.

Dsc_6358

ファイナルアンサー? フリーエージェント? ノーノ―、フルアクション!

 

Dsc_6340

超合金魂 ボルテスⅤ FA。「FA」は先述の通り、フルアクションの意味です。発売はちょっと前なのですが、本来今日あたり到着し、バリバリに動かして撮影しようと思っていた闘将ダイモスが、まだ届かないので・・・。
とりあえず代役で遊ぶか、などと思って開封したら、代役どころか今日の主役になってしまいました。

 

Dsc_6341

「ボールテース、ファイヴ!」

まぁなんせ、とにかくよく動く!
体中に引出し関節があり、劇中のファイティングアクションを再現するために、あっちこっちがものすごい勢いで曲がります。

 

Dsc_6342

 ボルテスバズーカ!
 
 

Dsc_6343

ガトリングミサイル!

 

Dsc_6344 Dsc_6347 Dsc_6346

超電磁・ゴマ!

 

Dsc_6352

天空剣!

 

Dsc_6350

V!

 

Dsc_6351

の字!

 

Dsc_6364

斬りぃぃぃっ!

 

Dsc_6337

あー遊んだ遊んだ。
本来ならこういうポーズは、ダイモスの分野なんですが、まだ来てないので(以下略
しかしこんなに遊べるアイテムだとは気が付きませんでした。もっと早く開封して遊べばよかった。この海のリハク、一生の不覚(30回目くらい

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2019/01/01

マクロの空を貫いて

Dsc_6251

新年 明けましておめでとうございます。

 

Dsc_6249

DX超合金 バルキリーVF-1J。
初代マクロスの主人公、一条輝が乗るカスタム機がついに「DX超合金ブランドで」登場しました。出来栄えはもう、さすがとしか言いようのない、難癖付けるところが全く見当たらない、凄いアイテムです。

 

Dsc_6250 Dsc_6260

1/48サイズ、翼幅は約30㎝。シャープなフォルムに細かいモールド、そしてほんとに「美しい」レベルのマーキング。そして何といっても、その大きさによる存在感と、実機もそうなんだろうなぁという各部の「薄さ」!翼のタラップが可動するのには、ほんとにタマゲました。

 

Dsc_6248

コクピットには、輝のフィギュアを乗せられます。なんかどっかで・・・つい昨日見たような気がするサイズなものですから・・・

 

Dsc_6246 Dsc_6247

1/60であるダイアクロン隊員を乗り込ませてみると、あらまぁピッタリ!オープニングの整備兵みたいにディスプレイするにも最適です。

 

Dsc_6262 Dsc_6261

3段変形用のスタンド(写真上)が付属し、好きな形態で飾っておけます。が、せっかくだから初回限定の「ファイター専用台座(写真下)」で飾るのが、粋ってもんです。ファイター専用台座は、3段階に横ロールの角度を替えられます。

 

Dsc_6265

倉庫の片づけ中に出てきた、同スケールのやまと版と比較撮影。写真右がやまと版、左が今回のDX超合金です。
当時あれだけ凄まじいと思ったやまと版ですら、DX超合金を見てしまうと、「なんかもっさりしてる」と思ってしまいます。DX超合金の方が、各部が薄くて情報量が格段に多いからですね。

 

Dsc_6263

名誉挽回のために、やまと版のスーパーパック装備状態も置いておきます。当時は(今でも)凄かったんですよ。まだDX超合金は、アーマードもスーパーパックもないからね?

 

Dsc_6266 Dsc_6268

さらについでに、かつての玩具版とも対比してみました。輝機が倉庫の奥底だったので、たまたま見つかったマックス機とミリア機です。いや・・・今遊んでも、全く遜色ない楽しさなのって、ほんと凄いね。

 

Dsc_6269

さて、本来の目的、今回のDX超合金紹介に戻りましょう。まずは当然の如く、ガウォークへの変形です。
説明書には「上部エアブレーキを展開します」と書いてありますが、、ここは全く変形させる意味がありません。しかし、大気圏内で航空機が秒速変形するためには、絶対必要なんですよ(たぶん)。単に説明書上の記述の話なんですが、ここら辺のこだわりも、実に素晴らしいところ。

 

Dsc_6270

ガウォークの完成。旧玩具などと異なり、肩関節のヒンジをいったん機体後方にスライドし、展開後に再び既存の位置へと戻すようになっています。変形時の破損防止とフォルム再現で、うまくバランスをとった、いいギミックです。

 

Dsc_6272 Dsc_6271

腕にしまわれていた手首は、指の関節まできちんと動く上に、手首自体もかなり大きめです。このままガンポッドを保持させ、見得を切らせても、全く問題ありません。

 

Dsc_6273

そしてバトロイドへ変形。いろいろカバーパーツの変形などがあるとはいえ、なんせバルキリーの変形なので、マニュアルとか見なくてもそれなりになんとか出来てしまうのが、業というか経験というか。

 

Dsc_6274

Dsc_6275

長らく鬼門だった股関節の移動方法は、やまと版と同様、金属シャフトでスイングするようになっており、変形時もポーズ付け時にも、強力に関節を維持します。
これだけでも、もう十分な気もするのですが・・・。
  

Dsc_6276

実は股関節の金属シャフトは、途中から外せるようになっています。また変形の都合上、どうしても隙間が空いてしまう脇腹部分にも、専用パーツをはめ込むことができます。するとどうなるかというと・・・。

 

Dsc_6278

股関節の金属シャフトの背中からの接続を外すことで、「綺麗に腰が捻れる」わけです。力強いポーズも十分だぜ!
脇腹部分も専用パーツのおかげで、ちゃんとロボットらしい胴体に見せかけることができます。

 

Dsc_6277 Dsc_6279

ハッタリ多めなポーズをとらせてみてもバッチリ。控えめに言って、最高じゃないの?これ!
少なくとも、今まで出たVF-1Jの立体ものの中で、最も男前なデザインがします。
「完全変形する上に」「バリバリなポーズが取れ」「心底かっこいいと思える」VF-1Jに出会える年が来るとは!

 

Dsc_6281

これが本当に、DX超合金で3機並ぶ日は来るのでしょうか。来たらホントに泣いちゃうぞ(財布的な意味でも)。
などと未来に夢を馳せつつ、今年もよろしくお願いいたします。

 

続きを読む "マクロの空を貫いて"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧