鋼鉄の凱歌

2020/12/27

みんなの笑顔ももう近い

Dscn0906

ボルテーーース、ファーイブ!


Dscn0841

DX超合金魂・ボルテスⅤ。ついに私たちのうちにも、憧れのボルトインボックスがやってきました。完全変形合体に、合体サウンド・ボイス付きのフルボリュームセットです。またこの箱が泣ける・・・。うちの元祖DX超合金は、箱は残ってないですからねぇ。


Dscn0842

内箱も憧れの詰まり切ったギフトセットです。ではさっそく開封して遊びましょう!


Dscn0845 Dscn0844

しかし、とりあえず内容品を組み立てて電池を入れるだけで、30分以上かかりました。もう凄まじいボリュームです。
スタンド下部にある1~5のボタンは、それぞれを押すとBGMが流れます。1はもちろん、堀江美都子さんの歌うあの主題歌です。
ボルテスⅤにすべてを賭けて!

涙腺が弱いので、もうここで決壊です。


Dscn0846

ビッグファルコンを模した頂上部分には、指令室からの発進をイメージしたコクピットカプセルをセットできます。盛り上がってくるねテンション!


Dscn0847

これ以外に、鷹メカとボアザン星円盤が付属。鷹メカはいざ知らず、ボアザン円盤には驚かされました。またわざわざ、周りのトゲトゲが回転する仕組みになってるこだわりよう。

ではボルトマシン、各機を紹介しましょう。


Dscn0848

まずは1号機・ボルトクルーザー。司令塔となる長男・剛健一の乗り込む戦闘機です。


Dscn0849

コクピット内に、先ほどのカプセルをセットすることができます。


Dscn0850

鋭角が美しいフォルム。個人的にこの機体は大好きなんだよねぇ。


Dscn0851

翼部分を交換し、クルーカッターも装備できます。本当は機種のクルーブーメランも交換できるのですが、なんかヒンジが固くて怖かったので今回は止めました。


Dscn0855 

続いて2号機・ボルトボンバー。峰一平の乗り込む爆撃機です。健一と一平は毎回、OPで喧嘩してたな・・・。


Dscn0856

こちらもカプセルをセットできます。ボルトボンバーは、ほぼ同じ役割のバトルクラッシャーと違って、非常にコンパクトにまとまっているのがいいですね。


Dscn0859

3号機・ボルトパンザー。剛家の次男・大二郎が乗り込み、マッハ15で飛行する重戦車です。なんか言ってることがおかしい気がするがしょうがない。


Dscn0858

これはカプセルを収納する際、コクピット内部の台座が斜めになって、システマチックに収納するギミックがあります。


Dscn0860 

パンザーアームも可動、短い手で奮闘する絵面はちょっと楽しいです。


Dscn0863 

4号機・ボルトフリゲート。三男・日吉(8歳!)が操縦する潜水艦です。


Dscn0864

噴射口が見えると、実在しそうなメカニックに思えますね。両足の中央には形態を保持するためのバーがあって、合体の際には分離して内部に畳めます。


Dscn0867

最後は、岡めぐみが乗り込む5号機・ボルトランダー。めぐみさんは、怒るとすぐ手裏剣を投げつける、割と辛抱の効かないくノ一です。


Dscn0869

車体前面からドリルが展開するギミックがあります。やっぱ足のメカにはドリルだよね。


Dscn0870 

他のマシンと異なり、ランダーにのみ、コクピット部分に独自のギミックがあります。ボルテスⅤへの合体の際は、足首が左右に倒れるのですが、そうするとめぐみさんは真横の状態で乗らなければならないため、映像ではコクピットが回転して、ちゃんと正面を向いていました。


Dscn0868

なんと、このアイテムでもそれは再現されており、ダイヤルを回すことで内部のコクピット部分が回転、合体時もちゃんとめぐみさんが前を剥けるようになっています。(写真はよく見えるよう、ふたを開けています)

それでは、いよいよボルテスⅤに合体!

まずは台座の3のボタンを押すと、BGM「ボルテス・雄姿の出現」より「レッツ・ボルトイン」の部分が流れはじめます。


Dscn0852

クルーザーのボタンを押すと、健一の声でコールサインが始まります。
「V・トゥゲザー!」
そして絶唱
「レェェッツ・ボルトーーー・イーーーン!」

余談ですが、本編ではみんなそうやって長い決め台詞を言ってましたが、第1話のお母ちゃんだけ「レッツ・ボルトイン」って短く言うのがカッコ良くてねぇ(落涙)。

 

 Dscn0854_20201227130801 Dscn0853_20201227130801

この機首から顔が立ち上がる仕組みは大好きでした。変形途中は、ずっと合体待機音が流れています。

Dscn0857 Dscn0907_20201227130801

ボンバーを変形させ、クルーザーと合体!スイッチが入り、合体音が響きます。

 

Dscn0861 Dscn0862

続いてパンザーの変形。キャタピラを上下反対に回転させ、中央のジョイントで閉じます。


Dscn0874

上半身を合体させると、今度はパンザーから合体音がします。

Dscn0865 Dscn0866

フリゲートのブリッジ部分は、ソナーを倒して中に押し込むと、両脇のスライドスイッチで固定でき、腿の中に綺麗に収納されます。

 

Dscn0875

腰は負荷のかかる部分なので、合体後に腰脇を押し込み、幅を縮めることでロックがかかります。

Dscn0871

ランダーの足首を展開し、先ほどの通りめぐみさん部分も回転させます。

Dscn0876

合体させると、今度はフリゲートの両脚から合体音が流れます。

Dscn0882

腕の内部から手首を引き出します。(待望の可動手首)

Dscn0883_20201227131201

頭部のスイッチを押すと、健一の

「ボールテース・Ⅴ!

の叫び声と共に、目が発光します。ただ前のコンバトラーと違って、点灯時間が短く、割と早く光が消えてしまうのはちょっと残念。


Dscn0909

全長30数㎝、巨大な超合金魂の完成です。


Dscn0912

腰の引き出し関節や、合体ギミックのための肩や足首の関節により、思った以上にダイナミックなポーズがつけられ、しかも安定してます。また胸(肩)の赤い部分を押すと、健一が武器の技名を叫び、胸中央のランプが発光します。
「グランドファイヤー!」「チェーンナックル!」

これなら各種武装も映えそうですね。


Dscn0887_20201227131501

というわけで、まずは両腕のガトリングミサイル。可動手首は腕の中に収納し、その上から手首ジョイントをはめる方式です。


Dscn0888 Dscn0889

独特な名乗りが懐かしい、ボルテスバズーカ。映像では右手首を下に折ると、内部から砲身が出てくるという仕掛けでした。このアイテムでは、右手首を動かすと中のバズーカ弾を発射するというギミックがあります。


Dscn0890_20201227131501

両腕のチェーンナックルは、この写真の純粋なチェーン以外に、ロッドとなった部分も付属します。

 


Dscn0886_20201227131501

ベルトのバックルを開くと、グランドファイヤー発射口が展開します。これは面白いんだけど、両脇のベルト部分が、超電磁ストリングになるために外しやすくなっており、バックルを開くと一緒に外れてしまいがちなのが難点。

 


Dscn0892_20201227131501 

そしてそのベルト部分を使った、超電磁ストリング。もちろん、超電磁ゴマをセットできます。ムチや持ち手を含め、24個もの部品が入っており、まるでプラレールで線路を組み立てるかのように、自在なフォルムを模索できます。


Dscn0894_20201227131801

物凄い長さのストリングも作れます。このムチを組み立てる工程がなんか楽しくて、30分以上はこれだけで遊んでましたよ。


Dscn0899_20201227131501

そして、ロボットアニメに「剣戟による必殺技」を初めて導入した画期的な発明、天空剣。本来は胸のマークを取り外し、そこから柄と剣が生えてきますが、DX超合金魂版では純粋な大型剣として立体化されています。超合金魂版の「胸と腹部にきちんと内蔵されている折り畳み剣」も凄かったのですが、今回は音声ギミックとか入ってますし、しょうがないでしょう。


Dscn0900_20201227131501

先ほどのサウンドボタンの組み合わせで

「天空剣!」「Vの字斬り!」


Dscn0903_20201227131501

「一文字斬り!」「唐竹割り!」などのバリエーション、さらに超電磁ボール発生音も入っています。
「天空剣!二段斬り!」


Dscn0879 Dscn0877

さらに、映像未登場のボルテス重戦車形態も再現。玩具だけの特別形態でしたが、今はなんか、これ再現するのが当たり前になってしまいましたね。まぁコンバトラーと違って、基本的に体当たり攻撃はしないので、ただの移動形態なのでしょうが。


Dscn0905_20201227131501

本当は大型商品だし、じっくり遊んでから来年最初にご紹介しようと思っていたのですが。

台座の1番・主題歌「ボルテスⅤの歌」を聞いていたら、あんなにいろいろなことがあった今こそ、この歌を流さなければならないような気がして、大急ぎで撮影しました。

「地球の夜明けは もう近い」

きっともうすぐだ!みんなの笑顔もうもう近い!

| | コメント (3)

2020/12/05

負けてたまるか!俺たち人間だ!

Dscn0779

撃てよジミー!


Dscn0785

CARBOTIX CX-003、合身戦隊メカンダーロボ。5PRO STUDIOという海外(中国?)メーカーの製品です。
え?海外?しかも何でまたメカンダーロボ?と驚愕を覚えたのは、私だけではないはず。

しかしこれがまぁ、恐るべきカッコよさとギミックと愛情が積み込まれ、思わず脱帽してしまうような出来栄えだったんですよ。それこそ旧玩具はもちろん、日本のCS’M版まで霞むほど・・・。


Dscn0784

背後にはメカンダーマックスが合体し、本体の分離合体機能はありません。ということは初期型ですね。


Dscn0775

細部まで、原典の味を残しながら、まるでなんとかinfinityみたいな装甲分割のデザインがされています。各部のバランスもアニメ版から変更されていますが、全く違和感なく、超絶カッコいいメカンダーロボに仕上がっています。

可動に関しても非常によく考えられ、膝関節を曲げると内部フレームが現れ、腰の前後スイング以外に、胸の左右スイング機構まであるというこだわりようです。


Dscn0795

武装として、大剣・メカンダーフェンサーが付属します。


Dscn0796 Dscn0799

またこれが似合うこと!何だコイツ!こんなカッコいいメカンダーロボはメカンダーロボじゃねぇ!(酷


Dscn0791

他にも、手首を取り外し、ぐるっと基部を回転させることで・・・。


Dscn0793 Dscn0792

メカンダーロケットガンを発射!スモークエフェクト付きなのが、実に雰囲気出ていていいです。


Dscn0783

つま先には、ジョーズミサイルをセットできます。原典では、バク転しながらつま先から発射するという設定・・・ええっそうだっけ?全然記憶にない・・・のようですが、ちょっとカッコ悪い気もしなくもない。


Dscn0777

なのでこう、回し蹴りしながら発射する感じで撮影しました。この状態でも、全く不安なく片足立ちができます。

なお飾るためのスタンド用コネクタが付属しますが、肝心のスタンドは入っていません。何に対応してるんだコレ。


Dscn0788

そして、メカンダーロボ最大の特徴であるメカンダーUFO盾は、映像よりも少し大きめに設計されています。迫力あってこっちのほうがいいよね。


Dscn0789

トゲ部分を回転させることで、連動して周囲の刃がガシャッ!と開きます。おおお気持ちいい!


Dscn0790

もちろん両方を合体させ、投擲ポーズも取れます。すんげぇ痛そうな武器!


Dscn0802

注がれた愛情は、本体にだけではありません。こちらがパッケージデザイン。凄くPOPでCOOL!よく見ると「合身戦隊」の「戦」の字が旧字体になっています。海外製ですからね。しかし驚くことは他にもあって・・・。


Dscn0803

なんと梱包用のビニール袋にまで、メカンダーロボのロゴが入っています。わざわざ!このために!何でしょうこの愛の溢れ方!


Dscn0787

いやいやいや。凄く気に入ったんですけどコイツ。両足首のパーツが取れやすい以外は、関節の固さも十二分だし、部品の品質もいいし。それにまさか海外から、我が国のおそらく誰よりも愛に溢れまくった製品がやってくるとは、心底ビックリです。しかも何でメカンダーロボ!いや大変に失礼だが!

このところとみに、この国以外から愛に溢れたロボがやってくることが多くなってきた気がしますが、本当にいい時代になったものですね。政府どうしはどうか知らんが、こういうものの愛については、国境なんか関係ないのです。

| | コメント (2)

2020/06/27

M.O.S.P.E.A.D.A.

Dscn2806a

男は誰も Lonely Soldier Boy


Dscn2789 Dscn2790

千値練RIOBOT、「機甲新世紀モスピーダ」・レギオス(エータ)。地球降下作戦の主力戦闘機が、製品の完成度で定評のあるRIOBOTシリーズに導入されました。アーモファイター、ダイバー、ソルジャーへの完全変形はもちろん、意欲的な新ギミックを搭載しての登場です。


Dscn2808

スタンドが付属し、ファイター形態でディスプレイできます。その際には下部にアダプターを取り付けるのですが、これがまた「次もあるんじゃない?」と勘繰らせる意味深なデザインをしています。
が、まずは完全変形を楽しみましょう。


Dscn2791 Dscn2792

まずはアーモダイバー(形態A)。腕を出していない状態です。
レギオスはその人気から、今まで多くの完全変形玩具が発売されましたが(私も個人的には、バルキリーよりも好きです)、この製品はその中でも至高の完成度、そして複雑さを備えている気がします。一番の特徴は、「機首とコクピットが一体化しておらず、それぞれ独立したアームで移動する」ことでしょうか。これは驚きの新解釈のためなのですが、それはまた後程。


Dscn2793 Dscn2794

続いて、腕を出したアーモダイバー(形態B)。背部センサーポッドのアンテナは格納時は2重に折りたたまれ、長さを確保しています。


Dscn2796 Dscn2797

そこから、実に多くのヒンジを展開、また股関節もいろいろ回転したりスライドさせたり、複雑な過程を経て・・・。


Dscn2799

レギオス・アーモソルジャー形態の完成!


Dscn2802

背部は翼と機首が綺麗に折りたたまれ、きちんと装甲の役目を果たしてい(るかのように見え)ます。またファイター時は足首を引き込んでいるために見えない腿の内側の装甲は、ソルジャー時にはきちんと展開され、脚部を保護しています。


Dscn2800

もちろんスタンドに搭載でき・・・。


Dscn2801

全身のミサイルポッド展開も可能!

そして、このアイテム最大の新解釈というのは・・・。

Dscn2803 Dscn2804

ソルジャー時のコクピットの状態です。

今までのどの玩具も、ファイター時の機首とコクピットは一体化していたため、ソルジャー形態には「パイロットが真下を向く」状態になっていました。たぶん原典の設定では、ソルジャー時にシートが90度回転して前を向くとかいう機能があるのでしょうが、それをギミックとして仕込むには、ちょっとサイズが無理です。変形させてしまえば外からは見えないので、今までの玩具では、そこらは黙殺していたのでしょう。

しかしこの製品では、実際に運用する際の立場になって考えられたのか、「機首とコクピットは分離し、コクピットは水平になったままで、パイロットの姿勢と視線を確保する」ように設計されています。これは実に合理的だし、「コクピットの上に頭部メインカメラが載る」というのも、ロボ者としては燃えるシチュエーション!いいじゃないですかねコレ!

まぁこれだと、原典でやっていた「いざとなったら本体捨てて、機首を後方に射出して脱出する」って技が使えないんですが、どのみちレギオス放棄するようじゃ勝てないしね!


Dscn2807

さて、完璧無比のこの製品・・・かと思いきや、意外なところに残念ポイントがありました。それは、付属してくるパイロットの可動フィギュアです。

全長約4㎝、ダイアクロン隊員並みに関節が動き、ちゃんとバイク搭乗もできる優れもの・・・なんですが。


Dscn2812

実は全身の接合部がユルユルで、もうほんと、すぐに腕や腰や膝がポロポロ取れてしまいます。材質が全身で同じ、少し柔らかめの塩ビ?なのもいただけないと思いますが・・・せめていくつかの部品をABSにすればまだしも・・・、とにかく、ちゃんとポーズをとることすらできません。
腰は持ち上げただけで取れますし、腕に至っては、動かしてもいないのに、コクピットの中でいつの間にか外れています。いったいどうしたことでしょう。いつもの千値練さんのクオリティとは思えない・・・。

憮然としていてもしょうがないので、毎度のことながら

「どうせなら!」
「やっちまえ!」

全部関節作り直しだ!


Dscn2813

まずは膝の内側から、外側にまで達しないよう注意しながら、ピンパイスで穴を開け、金属パーツの軸に置き換えます。1.2mmの被覆針金を、外のビニール剥いたらちょうどいいくらいでした。


Dscn2815

軸をほんの少しだけ、左右の腿の長さより短めにしておくと、すべて中まで押し込めて綺麗に見えます。かなり手頃の渋さの関節になったので、この後瞬間接着剤で外側だけ埋め、抜けてこないように(そして間違っても関節を固めてしまわないように)します。


Dscn2817

腿の内側から穴を開けたので、外側からは軸が見えません。ウェーイ。
股関節は特に何もしなくても、強度と保持力がよさそうでしたので、そのまま使います。腰と胴体の接続部は、腿と同じように金属軸に交換しました。

そして写真撮ってから気が付いたけど、やべぇ!右足2本作っちゃったよ!(笑)

この後大慌てで直しました。瞬着流す前でよかった・・・。


Dscn2818

まぁそれはともかく。
一番の難関は、両肩です。ダイアクロン隊員やマイクロウォーズなどいろいろ試したのですが、いずれも微妙に径が違い、良い感じに強度を持ったボールジョイントは見つかりませんでした。そこでDIY店に赴き、虫ピンを見繕ってきました。


Dscn2820

虫ピンは非常に固いので、普通のご家庭の工具では加工は困難です。うちは農具を研ぐグラインダーがあるので、それで虫ピンをちょうどいい長さに調整、肩と本体に差し込みます。これも削りすぎるとアウトなので、慎重すぎるほど慎重に。


Dscn2821

ここまで来たらせっかくなので、足の裏にミニミニネオジム磁石を仕込み、鉄板の上なら自立できるようにします。後はヘルメットをはめなおして・・・。


Dscn2823

御覧の通り!
絶対安心のフル可動と、片足立ちすらできる安定性を確保した、Lonely Soldier Boyの完成です!


Dscn2824

琥珀色の男の夢が蘇りました。よかったよかった。
まあ次のロットか、次のゼータかイオタ(あるのかな?)では直ってるんじゃないかという気もしますが。
それでもやっぱ、欲しいものが欲しいときにこの掌にある、ってことは大事なので・・・。


(6月28日追記)

まぁ上記のようなことをしなくても。

Dscn2810 Dscn2811

ダイアクロン隊員でも十二分だということに(今)気づいた。

| | コメント (4)

2020/06/14

SPACE RUNAWAY

Dscn2728a

Dscn2738n

みんな星になっちゃえーー!


Dscn2730

超合金魂GX-92、伝説巨神イデオンF.A.。
すでに完全変形合体を行う機体が超合金魂化されていますが、「敢えて」変形機構を外し、フルアクション仕様でバリバリ動いき、あの頃のイメージをそのまま再現できる優れものです。
この写真で、「腰から脚にかけて、S字立ちしている」のがお判りでしょうか。設定書こうだったよね。

Dscn2731

全長は肩まで入れて20㎝程度、手ごろなサイズです。背部も実にスマートに設計されています。

ではさっそく、その脅威の・・・いや驚異の可動をさせてみましょう。


Dscn2734

ロゴ・ダウの大地から立ち上がり・・・


Dscn2733

いきなりガタッカ(だか何だったか(洒落))を撃墜!


Dscn2732

う、動いた、巨神が動いたぞ!


Dscn2735

重機動メカも蹴り上げる、巨体に似合わず意外と敏捷な動きもばっちり。この状態で自立していますから驚きです。
ダイモスでこれやるんだったらまだしも、105mのイデオンですからね。


Dscn2729

おお何だこの子、物凄く楽しいぞ!もう写真撮ってるだけで聞こえるか、聞こえるだろう、遥かなとどろき!


Dscn2728

首の後ろに可動軸があるので、ぐっと上を向くこともできます。大きな肩はスライド機構があり、上にずらせるので、左右の可動の妨げになりません。さすがに角にはひっかかりますが。

さらによーく見ていただくと分かりますが、肘の部分の2重関節は、下腕部との接続部分がボールジョイントなので、アニメらしい「微妙にカーブを描く腕のライン」が再現できるのです。


Dscn2737

付属品は、全方向ミサイルのエフェクト。肩の装甲を差し替えて再現します。


Dscn2738

カミューラ・ランバンの仇ごっこ(ひどい遊び)をする際、前かがみにしたくなりますが、その際は背部のランドセルが中間から折れ曲がり、背中のラインに合わせてカーブを描かせることができます。なにこの子ホント凄い・・・。


Dscn2739

そしてもちろん、全てをブラックホールの因果地平に飲み込む必殺兵器・波動ガンも付属します。残念ながら、イデオン本体からエネルギーを経由するチューブは付属しません。まぁアクションの邪魔なんでしょう(あっさり)。


Dscn2740

付属のスタンドと、可動手首でがっちり保持。波動ガン本体は軽いので、この支柱だけでも十分支えられます。

しかしせっかくフルアクション仕様ですから、「今まで見たこともない波動ガンアクション」をさせてみても、バチは当たらないでしょう。


Dscn2741

というわけで、波動ガンをぶんぶんと振り回し・・・。


Dscn2743

ガトリングガンみたいに乱射しながら・・・。


Dscn2744

「あばよバッフクラン!」

みたいな、あり得ないポーズも非常に楽しい!


Dscn2745

いやこれ最高じゃないの。合体しないイデオンに何か意味があるのか?と思っている方は、遊びだすと目から鱗が落ちます。
あの頃のアニメのイメージを再現どころか、およそイデオンらしからぬアクションでも遊べます。
アレだよ、「明るいイデオン」だと思えばいいんだよ!「あの頃のイメージ」ってそっちかよ!

| | コメント (2)

2020/04/05

羅刹鳳凰変化

Dscn2350 

108の宿星のもとに!

・・・っていうような設定らしいんだけど、中国語全く分からんので適当書いています。ご容赦ください。


Dscn2311 

MNQ02・CAO REN SKYSPEEDSTAR JADEROCHA。
英文映しているだけなんで、詳細は全然知りません。しかしデザインをみて惚れこんでしまい、本当に衝動買いをしてしまいました。


Dscn2353 Dscn2354

どうやら中国製ハイブリッドロボ玩具のようで、パッケージには「天逆星 玉羅刹 曹仁」みたいな漢文が読めますが、それがこの玩具の名前なのかどうかもわかりません。そもそも名前は何、いやこの漢字のどれがロボの名前なの(笑)

しかし・・・

Dscn2310

まぁとにかく、超カッコいいんですよコイツ!
デザインだけで「今度始まる新ガンダムの主役機」と言われたら、小学生は狂喜乱舞して喜ぶに違いありません。もちろん、精神年齢が小学生の私も同様です。名前がわかんないので、一応「CAO REN」と呼びます。まぁこれ以降、一度もその名前で呼ばないけどね【酷い

全身はシャープな造形、金属製のフレームに、非常に頑丈な材質の装甲で覆われ、玩具的なイメージとしては「外国製のMETAL BUILD」という感じです。台座やスタンドの仕組みなどからも、METAL BUILDシリーズからとても影響を受けている気がします。

Dscn2312

背部には巨大なバックパックを取り付けられ、翼部分は基部もかなり角度を変えられます。膝裏のスラスターも可動します。

Dscn2313

可動域は十二分に広く、また関節もやたら固いので、ポーズ付けは安心・・・というよりも、関節曲げるのに一苦労するほどです。この写真だと、足首が地面にきちんと接地する左右ロールができていませんが、可動軸はあります。あまりに固いので、シリコンスプレーを噴いてから慎重に動かしたら、ちゃんとできました。

手にする前は、「はっきしいって、面白カッコいいぜ!」とでも言おうかと思っていましたが、実物を見るとそんなに龍神〇(ああっ伏字になっていない)という感じではありません。
どっちかというと、「ウイングガ〇ダムにゲ〇ター線を当ててみた」ような感じですかね。いろんなところからインスピレーションを得たのでしょう(大人の発言

Dscn2351

背部の噴射口は差し替えで、鳳凰の尾羽のようなパーツを取り付けられます。これは各部がボールジョイント・・・などというヤワなものではなく、全部のパーツが、1本の固いアルミ線のようなもので繋がっています。そのため自由に動かせ、かつ強度もばっちりです。少なくとも、パーツごとにぽろぽろ取れたりはしません。

さらに、背中の翼にエフェクトパーツを付けると・・・。

Dscn2317

CAO RENの強化形態(たぶん)の完成!
光の翼(らしきもの)を付けた縦・横の長さは50cm以上になる、超!巨大ヒーローロボの登場です。

Dscn2318

うわクッソカッコええ!なんじゃこいつ!
ほんとにアニメやってくれよ!いや、納期指定してくれれば俺がやるぞ・・・。

Dscn2315

背中には盾を取り付けたり、ウェポンラックで武装を取り付けたりもできます。しかし実体剣3本って、腕2本なのに何欲張ってるんだろう。せめて銃持たせてれば。


Dscn2355 Dscn2322

GreatLan Swordという武器は単品で装備可能。保持する手首はフル可動仕様なので、そのまま持たせることもできますが、専用の持ち手も同梱されています。しかし、専用持ち手に装備させるためには、柄部分のパーツを取り外さなければならない(そしてそのことは説明書には書いてない)・・・。まあ、こんな玩具買う人ならすぐ想像つきますが。


Dscn2320

盾は専用の接続パーツを用いて下腕部に装着しますが、その際には肘の鳥のツメを1個外すよう記載があります。しかし、これがどうやって外したらいいのかさっぱりわかりません。しょうがないから、邪魔にならないよう曲げたまま装備させましたが、特に問題はありません。


Dscn2324 Dscn2326

Doble ended Gun・・・ええっGun?これが銃だったの?・・・は、それぞれ左右に装備、自在にポーズを付けられます。


Dscn2329

さらに柄尻を連結し、両刃の長刀みたいにも使えるようです。なんかもう、テッカマンブレードみたいになってきたな。カッコいいからいいけど!

では、記事のタイトルである「鳳凰変化」を行いましょう。


Dscn2336 Dscn2344

日本の玩具だったら、まずは完全変形をするフレームを作るどうか検討しそうなものですが、このアイテムではそんなこと、最初から切り捨てています。
股関節にトリの首、曲げた足に翼基部のパーツを取り付け、手首は外して肘のツメを展開します。そして光の翼を、別の位置につけなおすと・・・。


Dscn2338 Dscn2337

超巨大な鳳凰・・・Phoenix Rochaの完成!

翼長なんと80㎝、もうとにかくド迫力。撮影台なんか、縦も横も全然っ入りません。この写真は、なんとか入ったように修正かけています。


Dscn2339 Dscn2340

あまりにもでかいので、庭で撮影。やっぱ自然光はいいな。ってか隣の家の犬が、これ見て吠えた。


Dscn2342 Dscn2343

光の翼を外すと、普通にモビルアーマーみたいに見えます。鳥の首さえ後付けでなければ、変形させてのブンドドも楽しいんですが。


Dscn2348

ロボ時の頭部にはLEDが内蔵され、首の下に電池を入れると目が緑に点灯します。ただなぜか、スイッチをオンにしてもオフにしても点灯し続けるという謎仕様なので、いつもは電池を外してあります。

この点に限らず、さっきの信じられない関節の固さとか、あるパーツを外さないと取り付けようがない部品があるとか、説明書が大雑把すぎて変形が良くわからないとか、そもそも変形後の画像がほとんど載ってないとか、細かい問題はあることはあります。


Dscn2328

しかし、

そんなことが一体何だってんだ!

と一喝したくなるほどのカッコ良さ、そして品質その他の出来の良さ。
中国の開発の人たちもみんな、シンギュラリティに目覚めたんじゃないかと勘繰ってしまうほどの気合の入れ方です。(なんだそれ
でもこれ、実物見ると惚れ惚れしますよ。しばらくというか、ずーーーーっと飾っておきたい気になりますもん。

最近は海外メーカーが、「日本のロボのスピリットをわかってくれた、凄いロボ玩具」を出してくれるになりましたね。その心意気だけで、我々玩具スキーは号泣しちゃうんだよ!いやマジで!!

| | コメント (4)

2020/01/19

合身GO!

Dscn2051b_20200119115602

赤いボタンを知ってるか!


Dscn2040

P+03、戦国魔人ゴーショーグン。
以前のバクシンガーと同じ、香港のメーカー・POSE+の製品です。全高約38cm(ゴーフラッシャー展開時)、ずっしりした合金の手応えがワクワク感を引き立てます。

ゴーショーグンは、進化するエネルギー「ビムラー」を原動力とし、ビムラーの秘密を守る組織「グッドサンダー」のメインロボとして活躍しました。デザインや名前から、戦国武将の鎧などをモチーフとしているのは想像がつきますが、「グッドサンダー」の語源が「真田幸村の『九度山』」だというのは、この製品の解説書で初めて知りました。そうだったんだ!
香港の方から、日本アニメの設定をご教授いただく日本人・・・。


Dscn2038 Dscn2037

あの頃のロボの箱体型ですが、メリハリのついたプロポーションでデザインされ、素立ちでもポーズを付けても実に素敵。各関節はクリック入りで安定した可動、また各部のスライドギミックやヒンジによるアーマー接続などによって、かなりの可動域を誇ります。腕のアーマーは回転し、可動の妨げにならないよう考慮されています。

 

Dscn2027

各種武装もばっちり。まずは印象的なゴーサーベル。
肩の関節が、胸の前にまで動かすことができるため、両腕で構える「大張一刀流」も難なくこなします。

 

Dscn2022

投擲武器としても使えたゴースティック。(スティック?)
ハルバード部分はオマケみたいな考え方なんですかね・・・。


Dscn2033

ほぼ唯一の実体弾兵器、スペースバズーカ。私はスーパーロボット大戦では、ゴーフラッシャーとともにほぼメイン武器として使っていました。
肩のアーマーには、ヒンジと共にスプリングが仕込まれており、これを構える際にも、全く支障がないよう設計されています。また非常に広い可動域のおかげで、膝立ちシュートも非常にカッコよく決まります。


Dscn2031 Dscn2026

これだけよく動いて安定し、カッコいいゴーショーグンですが、このアイテムの凄さは、これだけではないのです。


Dscn2041

ゴーショーグンは、その指令塔でありエネルギー源でもある小型ロボ「トライスリー」を内蔵することで、本来の力を発揮します。もちろんこのアイテムにも、キングアロー、ジャックナイト、クイーンローズの3機のメカが付属、変形合体してトライスリーになります。


Dscn2043

このトライスリーは、合体しても全高8㎝程度なのに、差し替え全くなしで完全変形合体!細かいヒンジの塊ですが、緩い部品や関節などはなく、きちんと合体するのは感動ものです。

カッコ良さもまあ、差し替えなしで棒立ちならこんなものか、という気もしますが・・・。


Dscn2045 Dscn2047

動かしてみるとあらビックリ!
とんでもなくカッコいいトライスリーが、大・登・場!します。
腕部は可動・プロポーション重視のものと交換することができ、脚部はこのサイズながら足首の傾きまで再現。

何だコイツ!まるでメインメカのような扱いじゃないか!ゴーショーグンどころか、こっちが本体でもおかしくないぞ!前座ロボだとか思っててごめんよぉ!


Dscn2021

そして、胸と両脚のハッチを展開し、各部にトライスリーを内蔵します。
合身GO!


Dscn2050 Dscn2053

放て、ゴーフラッシャー!
うおおぉぉぉ超カッコいいぞ!(今回こればっか


Dscn2054

背部のバックパックに電池を入れることで、ゴーフラッシャー部分が発光、ビムラー第2段階発動を再現できます。余談ですが、ビムラーは成長すると、敵のロボとかそんなのに自我を芽生えさせ、自らの罪を反省させて自壊させ、最終的には全ての兵器を無効化するという、まぁとんでもないシロモノでした。神様とかそういうんじゃなく、人類を新たな段階へといざなう存在だったので、どっちかというと「鏑矢」ですかね。戦国的には。

ではその発光シーンを見てみましょう。


Dscn2049

といいたいところですが、実は指定されている電池は「LR726」という、なんか日本のそこらの電気屋さんではほぼ売ってない謎の型番。どうも海外では多く使用されているようですが、こちらではそれこそ、密林から輸入してもらうくらいしか手がなさそうです。というわけでお預け。トホホ。


Dscn2061

しかし、もうそんなことはどうでも良くなるくらい素敵!もうひたすら遊び倒していました。

海外製品なのに、日本のアニメ、しかも本放映わずか26話の作品!をこれだけ愛してくれてる証拠を突き付けられると、もうこっちまで嬉しくて泣きそうです。解説書の変な日本語や誤植もちょっとありますが、そんなのは愛の前では許容範囲です。
まぁさすがに、電池の問題までは気付かなかったようですが・・・。

| | コメント (5)

2019/12/22

神にも悪魔にも

Dscn1881

もはや何にでもなれるんだ!


Dscn1861

RIOBOT・マジンガーZ。千値練の「新しい」マジンガーです。
腕まわりや装甲の分割パターンなど、デザイン的に、以前発売されたグレンダイザーを彷彿させるものがありますが、まさしくあの系統です。それは追って説明するとして。


Dscn1863 Dscn1862

ホバーパイルダーは翼幅3㎝未満ですが、ちゃんとローターを畳んで合体形態になります。またマグネットが用いられ、頭部にきちんと収まります。


Dscn1864 Dscn1865

回転できる胸部放熱板と相まって、腕の可動範囲は非常に広いです。また腰には装甲が跳ね上がるギミックが、膝には装甲が沈み込むそれがあり、立ち膝ロケットパンチのポーズも楽々こなします。


Dscn1866

アイアンカッターの刃もあり、自由に取り付けられます。ここまでは、いつもの見慣れたマジンガーZなのですが。


Dscn1858 Dscn1860

明らかに違和感を放つ、漆黒の翼が付属します。今回のZの肝である、ダイナミックスクランダーです。


Dscn1859

コクピット部分には別の装甲も取り付けられ、なんか今までのZのアイテムとは一線を画す気配がしてきます。


Dscn1867_20191222140601

そしてスクランダークロス!すると・・・。


Dscn1868

内側が、胸部放熱板と同じようにクリアレッドで形成される、異形の翼を背負ったZが登場します。


Dscn1869

先ほどのスクランダーのコクピットパーツは、分離してパイルダーガードになります。マジンガーZ最大の弱点であるパイルダーのガラス部分に、とうとう装甲が追加されたのです。まぁ上は空いてるんですがね。

デザインは違和感なく、新しいZの頭部だといわれれば納得してしまいそうです。


Dscn1874

スクランダーは、関節を引き出したうえで前部に回すと、シールドモードにもなれます。まさに黒鋼の城、という雰囲気ですね。
そしてここから、翼を大きく展開すると・・・。


Dscn1871

必殺のダイナミックファイヤー!(という名前かどうか知りません)
面積としては、通常のブレストファイヤーの10倍以上はありますので、威力ももちろんそれ以上なのでしょう。なんか楽しいぞコイツ! 


Dscn1875

さらに、翼についているジェットエンジンは、それぞれが腕としての可動域を持ち、先端をアイアンソードや手首などと交換することができます。するってぇと。


Dscn1876

今まで誰も見たことのない、新たな「マジンガーZ」の誕生です!


Dscn1878 Dscn1877

翼の基部や先端も自在に回転するので、もうやりたい放題。説明書には、「何が公式設定」とか書いてないので、本当に自分の好きなようにしていいようです。


Dscn1884

防御しながら6本の腕で殴り合いとか。


Dscn1885

全力砲撃モードとか。うわ楽しいわコイツ。

Dscn1879

「神にも悪魔にもなれる」どころか。
アシュラマンにも、ダブラスM2にも、死神と呼ばれたガンダムにも、衝撃!Z編にもなれる、
そんなZが登場しました。

もちろん玩具オリジナルなのですが、以前のグレンダイザーに通じる「俺ならZをこう強化する!」という姿勢がはっきり出ていて、私は好きですね。だって楽しいじゃん!玩具は楽しさが一番だよ!


Dscn1887 

唯一残念なのは、飛行形態で飾れるスタンドが付属しないことですね。(写真は別のもの)
せっかく、いろんな角度に可変する翼なのに、勿体ない。

もしかしたらこのスクランダー、空を飛ぶつもりはないんじゃ(え

| | コメント (0)

2019/09/29

ドーマ・キサ・ラムーン

Dscn1383

光いでよ!


Dscn1377

VALIABLE ACTION HI-SPEC、スーパーグランゾート。光の魔導王最強形態が、がっちりした手応えのフィギュアとなって蘇りました。


Dscn1378

眼にはLEDが搭載され、頭部の角…ガイアヘイザーを前に倒すと、緑色に点灯します。これがもう、とにかくカッコいい!やっぱロボは「眼が光る」のが大事!


Dscn1379

もちろん大地からの登場形態、フェイスモードにもなります。変形はほぼ見てのとおりなので、説明は省略。
両肘のアーマーが、ちょっと綺麗にはまらないのが残念ですが、それ以外は各種ジョイントでかっちり保持されています。


Dscn1385 Dscn1384 

召喚時のエフェクトを表示する、大きな台座も付属します。いや、付属っていうか、今回これがメインじゃないのか?というほどの凄まじい出来栄え。
これに乗せて下から煽ると、脳内であの召喚BGMがかかります。♪ デッテッ デッテ デーレレッテ~ 


Dscn1352

スイッチを入れると、円周の魔法陣がぐるっと回りながら描かれるように点灯し、最後に中央の六芒星が輝きます。なんだこれ、いかし過ぎてる!当時見ていた子なら、みんな思わず叫ぶよ、「ドーマキサラムーン!


Dscn1353

色も何種類も変化し、ボタンを押すことで任意に変えられます。これ一つで、水や風や炎の魔導力が使い放題!
またモードを切り替えることで、グランゾートご本人(新録!)のセリフが流れ、ランダムに切り替わります。
「来るぞ、大地!」
「目を閉じるな!心に魔法陣を描くんだ!」
さらに「音声モード」から「発光モード」に切り替えると
「さらばだ」
ちょっと泣かすんじゃないよ魔導王!


Dscn1361

台座の上に乗せ、召喚させると、うわかっこええ!

手首は、指のフル可動タイプ以外に、7つの交換パーツが入っています。どれもいいんですが、やっぱり・・・。


Dscn1367

スーパーエルディカイザーを構える手首が一番でしょうね。


Dscn1370 Dscn1369

可動域はかなり広く、腰関節をぐっと前に出すことで、踏み込むポーズも決まります。また、可動の際に大きな妨げとなる両腕の大きなアーマーですが、長いヒンジと、肘から上にさらに回転関節が設けられて、そこに基部が接続されているため、邪魔にならない方向に逃がすことができ、ポーズ付けに一役買っています。

ただヒンジの回転軸がちょっと緩いため、アーマーの位置自体がきちんと保持できなくて、そこだけは残念です。ちょっときつめに調整するかな。

Dscn1371 Dscn1376  

今年は、グランゾート放映30周年だそうです。ええっもうそんな?(じんわり
年を取るわけだよね、私たちゃ!

| | コメント (0)

2019/06/20

THE IRONFIGHTER

Dscn1005

正義は燃え立つ!
 

Dscn1008

HEAVY MRTAL SERIES、太陽の使者 鉄人28号。
ACTION TOYS社製、とさか部分まで全高38.5cmの、超巨大フィギュアです。
 
 
Dscn0993

全身のかなりの部分が金属製、塗装が非常に美しく、うっとりするような出来栄えです。胸部に電池を入れ、発光用の透明な瞳と交換すると、モニターアイも輝きます。
また物凄い重量とド迫力のアイテムでもあり、最初箱が届いたとき、小型冷蔵庫でも買ったのかと思ったよ。いやマジで。
 

Dscn0988

なんせ、本体重量が驚異の2.6kg!2.6kgと言われてもピンときませんが、生まれたばかりの赤ちゃんと同じくらいの重さの鉄の塊、みたいなもんです。これね、もし名探偵コナンか金田一少年の事件簿に出てきたら、絶対に凶器に使われますよ。
 

Dscn0991

バカみたいな重量を支えるため、専用スタンドの棒部分も金属製、保持ジョイントはねじで締めこむ仕様になっています。ある程度の高さと角度を変更できるよう、さらに別のねじで締め付けるという念の入りよう。
 

Dscn0996

全身の関節はほぼ全部にクリックが入っており、動かすのにも力が必要なくらいがっちりしています。可動範囲はだいたい写真が目安、膝はもう少し曲がりますが、引き出し関節などという軟弱な機構は使っていないため、このくらいが限度です。
 

Dscn1001_20190620191201

また、以前のスーパーメタルアクション版のように、全身の装甲が展開して・・・などというギミックはありません。本体前部の装甲が開き、内部メカが見えるだけです。
 

Dscn1007

だが、それが何だというのだ!
この凛々しさ、逞しさ、そして美しさ!いいんだよこれだけで!
もうほんと惚れ惚れ。カッコいい、カッコいいよ鉄人!
 

Dscn1006

交換用に、フル可動指の拳が付属します。関節1個1個曲げられるので、つかみかかるポーズとか・・・。
 

Dscn1003

正太郎君を乗せた、クリッパーを持つこともできます。正太郎君の顔が邪神っぽいのが、このアイテム唯一の欠点じゃなかろうか。
 

Dscn1000

背部ブースターは脱着可能、中央のスイッチで翼が展開します。しかしこの鉄人は、首は左右に回るだけで、飛行形状態で「頭部が上を向く」ことはできません。
まあ、2.6kgを飛行状態にしようとしたら、大惨事になるのは目に見えてますから、これはしょうがない。
 

Dscn1009

このアイテム、ギミックとしては事実上、

「重い!でかい!カッコいい!」

しか搭載されていない、と言っても過言ではありません。
だが最高だ!重さこそ至高の武器なのだ!
 

Dscn0995

なお余談ですが、本来の映像での太陽の使者鉄人28号は、設定では「身長20m・体重24.8t」とされています。このアイテムは身長38.5cmですので、比率からすると、もし本物と同じ身長になったとしたら、体重は約364tという計算になります。
本物の鉄人は、全身がバカ重い金属ではなく、よっぽど軽量・強化された複合素材で作られているのでしょうな。知らんけど。

話を戻して、364tといえば、ゴライオンの100トンパンチを3.6発分、同時に命中させた威力に該当します。そんなもんで重力下にフライングキックされたら、耐えられるロボットなんて、この世にそうそういないでしょ。重さこそが、まさに至高の武器なのだ!鉄人が最強と言われる所以だ!(えー

まぁ、364tを自在にぶん回せるロケットブースターがあれば、の話ですが。ロケット開発の方がむしろ、独立連動装置作るよりも難しいんじゃないのか?(身も蓋もない

| | コメント (0)

2019/05/05

幻の流星

Dscn0628

夜の銀河を 滑るようだね

 

Dscn0624

魂SPEC・レイズナーMARKⅡ。プレミアムバンダイ限定品で、かなり前の発売ですが、今紹介しているのに特に理由はありません。単に、GW中に倉庫の片づけをしていたら出てきた、というだけです。

 

Dscn0633 Dscn0632

レイズナーMARKⅡは、「蒼き流星SPTレイズナー」の新型主役メカ・・・になるはずだったんですが、諸般の事情で見送られた「幻の2号ロボ」です。そんなものを立体化する方々も剛毅ですね。まぁ付いてくる人がいる、と判断したのでしょうけど(そして付いていった)。

大破した旧レイズナーを元に、地球の技術で復元され、さらに新機能=V-MAXIMUMの発動と変形を可能にした後継機種。アニメ雑誌などでは紹介されていたため、登場が破棄されたのは非常に残念でした。各所にレイズナーの趣を残しながら、よりシャープで戦闘的なフォルムになっています。

 

Dscn0626 Dscn0625 

印象的な頭部は、もちろん綺麗に塗装されたエイジが乗っており、コックピットも開閉可能。フォロンももちろん、引き継がれているそうです。まぁ、スパロボとかでしか見たことないから、詳細は知らんけど!

 

Dscn0629

レーザードライフル、スタンド、交換用の手首が付属し、射撃ポーズも再現できます。また実は、変形機能の都合から、本来は胸と腰が一体化していて、腰をひねることはできないようなのですが。

 

Dscn0627

ジョイントを外すと、ちゃんと腰が回転します。そういう演出されるのかどうか、知らないけど!見たことないから(しつこい

 

Dscn0634 Dscn0635

それでは変形開始。
頭部を押し込むと、連動して機首が持ち上がり、胴体内部に頭が半分まで入ります。もちろん、コクピットはそのまま、飛行形態のキャノピーになるのです。そして胴体を引き出すと・・・。


Dscn0636

何と、後はただ倒れこむだけ(語彙力)で、飛行形態の完成。

 

Dscn0637 Dscn0639

頭部や背部スラスターなど、まるで最初から戦闘機に変形する前提で作ってあったかのように、意匠が統一されているのは、当時も結構驚きました。まぁ見たことはな(もういい

 

Dscn0640_1

着陸脚も展開、ちゃんと地球の大気圏内運用を前提にされています。変形はほぼ差し替え不要、脚部の左右ジョイントパーツのみ使うようになっていますが、なくても大して問題ありません。

 

Dscn0631

幻の機体が、限定とはいえ、ちゃんと立体化されるとは、この機体を待ち望んでいた人も多かったということでしょうね。まぁ、待ち望みすぎて、ダイヤブロックで作っちゃった人もいるくらいですからね・・・。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧