超戦隊列伝

2022/08/27

虎龍の剣 というおはなし

この記事は8月27日現在、「暴太郎戦隊ドンブラザーズ」のネタバレを含みます。

本編を楽しみにされている方はご注意ください。まあもうCMに堂々と出てるけどね……

Dscn5342

「タロウさん、今こそボクと合体しましょう!」


Dscn5343

「百年早いわボケェぇええ!」「ええっ?」

とマジでやりそうで怖い。


Dscn5312

DX虎龍攻神(トラドラゴンジン)。「暴太郎戦隊ドンブラザーズ」6人目(と7人目?)のドンドラゴクウ(とドントラボルト)のロボタロウ形態、2個セットです。まあ両方とも、ジロウの分裂した人格なのですが。


Dscn5311

ドンロボゴクウは黄金の龍、劇中の通り長く細長いボディです。手足はある程度動き、ポーズを付けられます。


Dscn5339

説明書にはありませんが、腰のところをこのように一段階曲げると、単調に細長いイメージを緩和することができます。


Dscn5313

ドンロボボルト。暴れん坊のトラのイメージです。背中に合体用ジョイントと、ツメ型の武器を装備しています。

この2体が合体して、トラドラゴンジンになるのですが……


Dscn5314

まずはドンロボボルトが立ち上がり、合体準備に入ります。ちょっとGGGのギャレオンみたいですね。あんなに理知的じゃないけど。


Dscn5315

続いてドンロボゴクウも立ち上がり、各部を分解します。胸部が展開して……


Dscn5316

そのフレームの中に、ドンロボボルトが収まります。脚部も拘束具が展開します。


Dscn5317

背中をぴっちりはめ込むと、連動してドンロボボルトの中から頭部が飛び出してきます。


Dscn5318

両腕をドンロボボルトのジョイントに取り付け……


Dscn5319

龍の頭部をかぶせます。


Dscn5320

最後にお約束のサングラスを展開し、両肩に合体ジョイントを開いた盾を装着します。


Dscn5322

トラドラゴンジンの完成!ドンオニタイジンにも引けを取らない、大型の2号ロボです。


Dscn5324

この簡易ゴーディアンみたいな合体システムにもかかわらず、両肩や肘、腰や膝がある程度動くのは驚きです。DX戦隊ロボなら、腰から下は棒立ちでも不思議じゃなかったのにね。


Dscn5325

また最初に情報を見たときははてっきり、「ドンロボボルトの強化装甲合体」だと思っていたのに、ふたを開けたら「暴れるドンロボボルトの拘束具」だったのは笑いました。この胸のフレームが、ドンロボボルトの檻だったとは!毎回律義に「ハウスハウス」ってやってるし。

この姿は、「暴れ者のもう一人の自分を抑え込むことに成功した、表のジロウ」の象徴なので、普通の戦隊ものなら「良く自分を抑え込んだな、ジロウ!」と言ってやるところですが。この番組、その表のジロウの方が「(使えないお供の)皆さんは処刑しようかなって」とか笑顔で言い出す奴だから……。


Dscn5340

それはさておき。

いよいよ、ドンオニタイジンとの超合体だ!


Dscn5327

まずは、ドンロボボルトと武器、そしてキジブラザーズロボタロウと合体用ジョイントで右腕パーツを組み上げます。


Dscn5326

左腕は、ドンドラゴクウの脚部とサルブラザーズ、そしてキジブラザーズの半身で形成します。


Dscn5328

ドンドラゴクウの腕は、キジンソードと組み合わせて……。


Dscn5329

以前からバレバレだった、ドンオニタイジンの両足裏に合体します。


Dscn5330

ドンロボタロウの肩を後ろに回し、強固なジョイントで両腕を取り付けます。


Dscn5331

ドンドラゴクウの胴体に裃パーツを取り付け、胸飾りにします。


Dscn5332

最後にド派手な兜をかぶって……


Dscn5334

トラドラオニタイジンの完成!

全長は約40㎝になり、飾っておくだけで「大丈夫かコレ?倒れてこないか?」と心配にすらなります。


Dscn5336

さすがに重量も半端なくなりますが、両肩のジョイントは非常に強固なので、腕を回しても安定しています。ただいろんなところが干渉して、このくらいまでしか腕は上がりません。


Dscn5337

それでもある程度足腰は動かせ、ド迫力で飾っておくことができます。なんかもう、言葉を失ったわ……。

本編ではまだ登場しませんが、そもそもドンオニタイジン自体が、強化する必要など全く感じられないほどの無敵ぶりなので、何のために合体するのか見当もつきません。ジロウが一人で気の毒だから合体してあげる、というのも考えられなくはないですが、ドンモモタロウがそんな殊勝なやつとも思えないしw


Dscn5335

そして呆れたことに、このトラドラオニタイジンの状態ですら、まだ未使用のジョイントがいくつかあります。ええっこれ以上どうすんの?まだ何かやるの?ほんとに掟破りな番組だな……。

| | コメント (8)

2022/05/28

よっ、銀河一!

Dscn4277_20220528181401

ドンブラザーズのお出ましだ!

なおこの写真は、玩具の両脚を外して曲げて置いてあります。脚が繋がった状態では「座る」ことはできませんし、推奨されている方法でもないので、もしも脚を外す場合は自己責任でお願いします。


Dsc_0347

DXドンオニタイジン。「暴太郎戦隊ドンブラザーズ」にすでに映像に登場し、合体している4人も見てる我々も「なんじゃそりゃー!」と絶叫している驚愕のアイテムが、遂に発売になりました。

まず驚くのはそのデカさ!身長約36cm、背中のキジンソードまで入れれば約50㎝の巨体は、「戦隊史上最大級!」とパッケージにすら書かれています。


Dsc_0340

5体の……いや5人か?ロボタロウが合体して完成しますが、そのメンツもバリエーション豊か。一体として同じような変形をするものがありあません。共通しているのは「みんなサングラスをかけている」ことくらいです。

Dscn4263

まずはご主人様のドンロボタロウ。ドンモモタロウがそのままロボになった感じです。大きな腕ですが、可動部は肘のみです。肩くらい動いても良いでしょうに、ここはちょっともったいないかな。


Dscn4268

続いてサルブラザーロボタロウ。ゴリラじゃないの?という気もしますがサルです。変形の都合上、左肩は動きませんが、それ以外の部位は動物らしく動かせます。


Dscn4270

意表を突く「桃色スーツの男性」のキジブラザーロボタロウ。クリアパーツが綺麗です。


Dscn4265

紅一点のオニシスターロボタロウ。腕は変形のために畳むだけで、可動部はありません。


Dscn4264

最後はイヌブラザーロボタロウ。4本の脚以外に尻尾が動き、けっこう愛らしいポーズが付けられます。そして……


Dscn4262

お供たち、手足となれ!大合体!大合体!

ドンロボタロウは肩を後ろに回し、変形したオニとイヌを脚にします。両腕と肩はキジとサルの担当です。


Dscn4269

キジは左右に分かれますが、正面から見て5人の顔が見えるように移動するため、ヒンジで繋がっています。


Dscn4267

同様にサルも分割しますが、一緒に腹筋パーツ(笑)も外します。

Dscn4256

ドンロボタロウの背部にあった兜をかぶせると、ちょんまげが押されてサングラスが兜のひさしになり、目が現れます。最後に腹筋パーツをはめて胴体を押し込むと、中央にドンブラザーズのマークが出現!


Dscn4260

ドンオニタイジンのお出ましだ!


Dscn4259

戦隊のDX1号ロボにしてはやたらと良く動き、特に両肩と肘、膝はアクションフィギュア並みに動きます。またサルの手首は可動指で、中にジョイントがあり、そこに差し込むことでキジンソードをしっかり保持します。いつもの「丸い柄を差し込む穴が開いてるだけの手」じゃないんです。


Dscn4257

翼部分もある程度動き、初登場時の「飛べる!」もある程度できます。ただ股関節のみ、左右に開くことはできず、また前後も装甲の関係でそれほど可動域は広くありません。しかしこれは……


Dsc_0344

腰にお約束の謎ジョイントがある以上、まだいろいろくっつくんでしょうね。重量を考えて股関節の可動域を狭めてあるのでしょう。

Dscn4258

ドンブラザーズの玩具は、今まであんまりぴんと来なかったのですが、これはホントにしてやられました。
鬼デカい!鬼動く!鬼カッコいい!
戦隊ロボ史上、個人的には物凄い上位に食い込んできています。「今までできなかったことをやろう!」という、開発者の方々の心意気がぐんぐん伝わってきますよ。

ところで、ドンブラザーズは最初……いや、前の番組の時点で既にDXエンヤラドンが登場し(それも凄い話です)、小さいアバターのロボみたいなのも出てるわけですが、このドンオニタイジンはいったい何号ロボと言えばいいんでしょう?……と思っていたら、どうも公式によれば「DX1号ロボ」でいいそうです。

DX1号!

なんか鬼かっこいいな!w

| | コメント (4)

2022/05/08

電撃合体!

2022050701

なぜ今こんなカタログを紹介してるかというと……


Dscn4107

連休中に懐かしいものが発掘されたからです。

電撃合体・DX超合金チェンジロボと、母艦のBIGSCALEシャトルベース。電撃戦隊チェンジマンの主力メカ群です。冒頭のミニカタログはそれに同封されていたもの。おそらく1985年当時のものだと思います。


Dscn4085

まずチェンジロボの頭部と腰を形成する、ジェットチェンジャー1。割と飛行機らしいフォルムで、言われなければすぐにはロボの腰になるとは気づきません。


Dscn4089

続いてヘリチェンジャー2。胸と腰になります。腕を90度曲げてる独特のフォルム、ローターは折りたため、拳にはミサイルを装備できます。


Dscn4086

最後はランドチェンジャー3。上部が開いてミサイルやドリルを発射するギミックがあります。


Dscn4084 Dscn4090

これらが合体!アースコンバージョン!


Dscn4095

電撃合体・チェンジロボの完成です。派手なカラーリングが印象的、スマートかつシンプルでかなり好きでした。


Dscn4096

母艦のシャトルベース。宇宙を駆けるスペースシャトルは、大星団ゴズマを相手取るにふさわしいデザインです。


Dscn4106

シャトルベース上部甲板は、一部を反転してそのままヘリを載せておけます。もちろん内部に3機を格納して…


Dscn4098

機首が右に展開、中からジェットチェンジャーが発進します。ここまでは普通の母艦なのですが。


Dscn4100

機体後部にはヘリチェンジャーがカタパルトにセットされており、赤いボタンを押すだけで…


Dscn4101

ガシャ!とエレベータが伸び、ヘリチェンジャーが発進状態に入ります。このギミックはかなりバネが強く、下手するとそのままヘリもすっ飛ぶくらい、気持ち良く展開しますw


Dscn4102

さらに驚くのはランドチェンジャーの発進。分離状態でコンテナ左右にセットされており…


Dscn4103

後部の噴射口がダイヤルになっていて、それを回すことでカタパルトがスライドし、左右の機体が中央に移動してきます。


Dscn4104

そのまま真ん中で一体化し…


Dscn4105

機首スロープから堂々の発進!

なお左右の合体は手動で行うことになっています。今ならマグネットで合体!とかもできるかもしれませんが、この頃はいつもの凸凹ジョイントですのでね。

戦隊の母艦からの発進はいろいろバリエーションがありますが、このシャトルベースの仕組みは歴代1、2を争うほど好きです。もうとにかく脳内ワンダバが滾るんですわ。まあ「この仕組みだと、ランドチェンジャーさんが帰宅しようとしない限り、他の2体はお外で待っていなければならない」とか制約デカいんですがw

オマケ:


2022050705

 2022050704

同梱のバンダイミニカタログ。なんとチェンジロボだけで7種類もの玩具がラインナップされています。謎の戦隊推し……今じゃ考えられないですね。

でもここに載ってる、チェンジガール(着せ替え人形)のフェニックスは買った覚えがあります。だって可愛いんだもん。このカタログの中では一番欲しかったし!(断言

| | コメント (5)

2022/03/06

よっ、アバタロウ

Dscn3537

この記事は3月5日現在、新番組「暴太郎戦隊ドンブラザース」のネタバレを含みます。放映を楽しみにされている方はご注意ください。

ドンブラザースなりきりセット。ドンブラスターと各種アバタロウギア、ドンブラバックルのセットです。


Dscn3538

ドンブラスターは昨年に引き続き変身銃、本体横にアバタロウギアをセットします。そのまま下の桃のマークのギアを回転させると、「どん!」「どん!」「どんぶらこ!」と声がして、変身準備に入ります。トリガーを引くと「ドンモモタロウ!よっ!日本一!」とセリフが入り、変身完了となります。


Dscn3539

ギアの交換は銃後部の黄色いトリガーを引くことで行い、銃の薬きょうを排出するようにギアが外れます。ゼンカイジャーのギアを使うと「よっ!秘密のパワー!」と(何言ってんだコイツ)な感じのセリフに変化します。
また上部には(明らかにまだなんかくっつく感じの)センサーとボタンがあり、そこを押すことで必殺技も発動します。


Dscn3543

続いてチェンジヒーローズ・ドンモモタロウアルター。
今回のドンブラザースは、自らの肉体にスーツを纏って変身するような他の戦隊と異なり、アルターという別の姿になって戦うようです。仮想空間のアバターみたいなもんですかね。ああっ!それでアバタロウなのか?


Dscn3544

各関節がかなり自在に動き、ポーズも付けられます。背中の大きな剣には保持するための部品が別にあり、合体時のジョイントとしても使います。

体の各部を畳むことで……


Dscn3545

モモモードに変形します。

はあ。

左様ですか。

としか言いようのない形状ですね(汗


Dscn3542

同時発売のトッキュウジャーアルター。レッドレッシャーと、なんか知らない烈車のセットです。いずれも当時品とは大きさも使用も異なるので、トッキュウチェンジすることはできません。

これらをバラバラにして、ドンモモタロウアルターと組み合わせると……


Dscn3541

ドントッキュウモモタロウアルターの完成。

はあ。

左様ですか。

いや何ですかコレ?


Dscn3546

各部はこのように分割が可能なので、組み替えれば色んなことができそうです。


Dscn3540

とは言っても現状、組み合わせてできるのはこの程度なので、今後の展開を待つしかありません。

うむ。

何というか。

番組本編はともかく、最初の玩具展開でこれだけワクワクしない戦隊は久しぶりだなぁ……
フィギュアはまだしも、変身アイテムが昨年とほぼ同コンセプトなのが残念です。「今年はそう来たか!」っていう新鮮味が薄いんですよ。うーん。うーん。この後どうなるのかな……


☆3月中旬追記

……などと言ってましたが、番組始まったら手のひら返しw

面白いとかつまらないとかそういう次元ですらなく、もうほんとに今後の展開が全く読めない意表の突かれまくり!こんなに毎週の放送が楽しみな番組は久しぶりです。玩具もフィギュアはいざ知らず、あのサングラスが欲しいんだけど……

| | コメント (6)

2022/01/08

ドンブラコ!

Dscn3038b

AKIRA滑りだ!

この記事は1月8日現在、新番組・・・いやまだ始まってもいないが・・・「暴太郎戦隊ドンブラザース」のネタバレを含みます。本編を楽しみにされている方はご注意下さい。


Fiiok12acaaqwb3

DXエンヤラドン。ドンモモタロウが乗り込む専用マシンです。前情報を全く入れずにお店に行ったので「え?何でもう発売してんの?」と心底ビックリしました。


Dscn3033Dscn3032

エンヤラドンは大型バイクで、左前方に新型のセンタイギアをセットできます。正確に言うと、左後方もたぶんジョイントが同じっぽいので、そちらにもセットできます。
このギアはゼンカイジャーのものとは形状が異なり、裏面には何もありません。凹ジョイントになっています。またそのため、ギアトリンガーにセットしても「セーン・バーン!(でいいのか?)」「ニュー・ヒーロー!」と言うだけです。


Dscn3031

別売のチェンジヒーローズ・ドンモモタロウを乗り込ませることができます。それにしても、来年もセンタイギアを継承するのはまだしも、セッちゃんの顔まで引き継いでいるのはなぜでしょう?なんかちゃんとした理由あるのかな?


Dscn3035

シート部分を開けて背もたれにし、ドンモモタロウを乗り込ませると、とてもヒーローらしくなります。ここんとこしばらくスーパー戦隊は、個々の街中での乗り物=バイクがありませんでしたからね。いつ以来だろう・・・。


Dscn3029

そしてこれで終わりではなく、バラバラになって合体準備を始めます。他のメンバーのメカがないのに?いったい何と?


Dscn3025

なんと、ゼンカイジャーのゼンカイジュランと合体し、ドンゼンカイオーとなるのです。音声ギミックはジュランのものがそのままなので、合体音は「スーパーゼンカイジュラン」となります。


Dscn3027_20220108155201

全身が赤いので、割とまとまって見えます。そして剣に盾と、オーソドックスな武装なので、割とマトモな1号ロボっぽくなります。いや、前の戦隊のロボと普通に合体する時点で、マトモな1号ロボじゃないけどな・・・。


Dscn3024

もちろんゼンカイブルーンとも合体できます。赤と青の左右半身で、ゼンカイオーにはなかったカラーリングなので新鮮です。


Dscn3028_20220108155501

ただ残念ながら、ゼンリョクゼンカイオーになることはできません。腕は径の大きさが異なりますし、脚部には合体時の音声チェンジのための突起が邪魔をして、はめることができません。まあ、デフォルトで前の戦隊ロボと合体っていう時点でおかしいからな!

なおこいつの足の裏には謎のジョイントがありますので、本領発揮はまだまだこの後ということでしょう。


Dscn3037

それにしても、本編放送開始前から玩具を発売するどころか、現行のゼンカイジャー自体がこの時期になっても、最終決戦のピリピリした雰囲気などカケラもない通常運転(いつもの大暴走)ですから。・・・スゲェな今年。たぶん来年もスゲェぞ。

 

| | コメント (6)

2021/10/10

全力全開!

Dscn2943a

この記事は10月9日現在、機界戦隊ゼンカイジャーのネタバレを含みます。番組を楽しみにされている方はご注意ください。っていうか、前回の予告で盛大にネタバラシしてたけど!


Dscn2513_20211010044201

DXゼンリョクゼンカイキャノン。主人公・介人の父が設計したものを敵・トジテンドが製作、それを奪って晴れてゼンカイジャーのものになった必殺武器です。上の状態は通常モード。もっともこの番組に「通常」なんて言葉は通用しませんが・・・。


Dscn2517

レバーを引いて銃身を展開すると、3連の銃口と45個の顔が付いた側面が現れます。


Dscn2516_20211010044201

開いた中には、スーパー戦隊歴代レッドの横顔がずらりと並んでいます。順番は単に登場順で、アカレンジャーからゼンカイジャーまで繋がっています。


Dscn2512

本体上部には、いろんなマークのついたギアがあります。このギアを、いつものようにくるくる回すと・・・。


Dscn2474

説明がめんどくさいのでそのまま張っておきますが、グループ分けされたスーパー戦隊のいろんなパワーをセレクトした音声が鳴ります。同時にキャノン後部のゼンカイジャーマークが、それぞれの色に合わせて発光します。割とはっきり色が変わるので楽しい。
発声順は「正義のシークレットパワー!」から写真の順番で、ギアをどれかに合わせたから任意の音声が鳴る、というものではありません。ギアを数回回すと、おそらく切り札の「燃やせ!スーパー戦隊パワー!」が鳴り、発光部も8色に「カラフルに」光ります。


Dscn2515_20211010044201

「ダーイゼンカイ!」「バキューン!」「ドカーン!」
音声も非常にやかましい。賑やかなゼンカイジャーにピッタリです。

劇中だと、選んだスーパー戦隊グループ・・・「ジュラシックパワー」とか「ビーストパワー」に該当する戦隊・・・に応じて、レッドの顔から顔へ光が繋がる「スーパー戦隊カテゴリー図鑑」みたいな表現があるのですが、残念ながら玩具には再現されていません。


Dscn2510Dscn2511

また、ひっくり返してジョイントを付けなおすと、ゼンリョクイーグルという戦闘機・・・なんだろうなこれ・・・になります。戦闘機ということは巨大化するんでしょうが、もうこの戦隊に関しては、多少のことでは驚きません。

・・・と思っていた私も、このゼンリョクゼンカイキャノンの登場した回の「次回予告」には本気で驚きました。多分、多くの方がそうだったでしょう。ゼンリョクゼンカイキャノンはなりきり武器であると同時に、スーパー全合体を行う巨大ロボの中核でもあったのです!


Dscn2509

まず、上下2個と左につけておいたジョイントを取り外します。銀色のジョイントは合体後の「膝」に、黒い方は武器をまとめるのに使います。


Dscn2508

そこにいつも陽気な他のメンバーを合体させますが、いずれも巨大合体モードにしてから行います。

ゼンカイジュランは腰から下を分離し、ジョイントを展開します。頭は出たまんまです。


Dscn2507

ゼンカイガオーンはジュランとほぼ同じ。いずれも武器は取り外しておきます。


Dscn2505

ゼンカイマジーヌは、いったん両腕(龍の首)を取り外し、膝のジョイントに付け直します。ブルーンのタイヤ部分はそのまま装着しておきます。


Dscn2506

ゼンカイブルーンも腕を外し、膝ジョイントに付け替えます。先ほどのマジーヌと一緒に、両脚になります。


Dscn2500

それぞれの武器は、黒いジョイントを介して合体武器にします。どう見ても余剰パーツの集合体ですがしょうがない。


Dscn2504

ゼンリョクイーグルを立て、下部両脇に、マジーヌとブルーンを合体させます。この時ゼンリョクイーグルのトリガーを長押しすると、合体待機音が始まります。しかしこの待機音が1分30秒でタイムアップとなり、また後半に行くと急かすかのように音楽が早くなるので、意味もなく慌ててしまいます(笑)。


Dscn2503

肩の部分に、ジュランとガオーンの胴体部分を合体させます。獣の顔部分が、合体後の腕となります。


Dscn2502

さらに肩の上部に、ジュランとガオーンの腕を、前面両脇にマジーヌの翼を装着します。先ほどの武器は、腰のジョイント(マジーヌの両腕が付いていた場所)に取り付けます。


Dscn2499Dscn2498

最後に顔の「45」マークを開くと・・・。


Dscn2496

ゼンリョクゼンカイオーの完成!
翼の先端まで、高さ約45㎝、幅約40㎝の超大型ロボです。


Dscn2497

翼が左右に大きく開いている上、背中はキャノンのグリップが突き出ているため、非常に場所を取ります。だがそれでこそDX戦隊ロボよ!

しかし残念なことに、先ほどの武器は腰に付けたままで、腕に持たせることはできません。ただの突撃装甲扱いです。本編だと腕に持ってたけどね・・・。


Dscn2493

なので、武器のジョイントとジュランの腕を使って、あたかも持っているかのように撮影していますが不安定です。玩具的安定度を優先すると、腰に付けたままがいいということになったのでしょうね。ミニプラなら腕に持たせるだろうと確信していますが!


Dscn2487_20211010045601

しかし、ゼンリョクゼンカイキャノンの発光ギミックはそのまま生きているので、ギアを回すと、ゼンリョクゼンカイオーの目が輝きます。そうです!遂にDX合体ロボ玩具史上初、最終合体ロボの目が光るという快挙を成し遂げたのです!いやーんもう最高!


Dscn2476

うむ!余は久しぶりに、本当に久しぶりに満足じゃ!これほど充実感のある全合体ロボはいつ以来でしょう・・・。

戦隊カテゴリー図鑑みたいななりきり武器というだけで、面白そうだから今回は買っちゃおうかな・・・などと思っていた放映直後!「次カイの~~~ゼンカイジャーは!」で、ゼンリョクゼンカイオーの雄姿を見たときの衝撃!ほんとに「おおお!」と声が出ました。

ゼンカイジャーにはいつもしてやられていますが、今回はまたとびきりでしたね。この情報過多の時代に、最後まで切り札を見せなかったスタッフの姿勢にも感謝です。やっぱDX戦隊ロボはこうでなくちゃ!

| | コメント (8)

2021/08/08

大カイジュウの大破壊!

Dscn2082

「ビルー!」(断末魔)

この記事には8月7日現在、機界戦隊ゼンカイジャーのネタバレを含みます。本編をお楽しみにされている方はご注意ください。

Dscn2073_20210808064301

DX超全界合体獣・ゼンカイジュウオー。スーパーゼンカイザーと、スーパーツーカイザーSDのセットです。


Dscn2075_20210808064301

まずは、「人間なのにロボットになっちゃった」スーパーゼンカイザー。確かに顔はゼンカイザーですが、要所に見て取れる部分はドラゴンシーザー、いや剛龍神をオマージュしていますね。


Dscn2074

肩のマークとか剛龍神の膝のマークと同じなんですが、おそらくこちらはゼンカイザーの「Z」なんでしょう。可動部は変形の都合もあり、足腰とか良く動きます。


Dscn2083

こちらはスーパーツーカイザーSD。あの粋なツーカイザーがSDになってしまうのはビックリですね。ゾックスの弟たちは喜んでいたようですが。

さてセットタイトルの通り、この2人(?)が合体して、ゼンカイジュウオーになります。

Dscn2076

スーパーゼンカイザーの足腰を畳み、ゼンカイテンランスを中央からくるっと回します。


Dscn2077

スーパーツーカイザーの方は、胸飾りを外して、ゼンカイジュウオーの頭にします。


Dscn2081_20210808064301

ゼンカイジュウオーの登場!


Dscn2080

ドラゴンシーザーがモチーフなのはもちろんですが、指先のガトリングミサイルや背部の大型キャノンなど、タイムレンジャーのVレックスも混じっていますね。「正義の怪獣ロボ」って久しぶりだなぁ。
あれ?スーパーツーカイザーSDはどこいった?と思っていると。


Dscn2078_20210808064301

背中におんぶされていました。
尻尾は中央で斜めに回転軸が入っているので、横に回した形にもできます。

しかしその尻尾の付け根を見ると、本体にもなんか謎の回転軸があるのがわかります。この正義の大怪獣は、まだ別の変形を残しているのです。


Dscn2072_20210808064301

まずはスーパーゼンカイザーから、キャノンと左のつま先、そして左肩を外します。
ええっ人間なのに、腕取っちゃっていいの?
いいんでしょうゼンカイジャーだもん!


Dscn2071_20210808064301

続いて腰をひねると同時に、右肩を軸ごと90度回します。ええっ人間なのに(2度目


Dscn2065

体を変な方にねじってまとめ、さらに外した左腕を右腕の裏に取り付けると、何かの右半身っぽくなります。外した一方のキャノンには、専用の接続パーツを取り付けます。


Dscn2070_20210808065101

左半身として、つま先とキャノンを取り付けたゼンカイジュランを合体させます。「スーパーガッシーン!」


Dscn2069_20210808065101 Dscn2068_20210808065101

顔を開くと、いつもとまた違った合体BGMが流れ・・・・。


Dscn2066_20210808065101

「ゼンカイオー・スーパージュラン!」
人間とキカイノイドの、驚異のコンビネーションが完成します。


Dscn2067

正面から見ると、ゼンカイオーの方が少し大きいのでバランスが変な気もしますが、まあこの番組いつものことだ。


Dscn2063

説明書にはありませんが、ゼンカイオースーパーブルーンになることもできます。ちゃんと専用音声も入っています。しかし、つま先や先ほどのキャノンをブルーンに取り付けることはできません。ゼンカイザー部分につけとけばいいのですが。

またここまで見ると、ゼンカイジュウオーの際に使っていたランスや、スーパーツーカイザーSDなどが余っていることがわかります。こいつらはどうするのかというと。


Dscn2084

ツーカイオーの方で使うわけです。

ツーカイオーの胸の炎のマークを取り外し(取れるなんて知らなかった・・・)、ゼンカイジュウオーの胸パーツと共に、ランスに合体させます。そしていつもの弟分(カッタナー)の代わりに、兄貴のスーパーツーカイザーSDを合体させます。


Dscn2086

スーパーツーカイオーの完成!
本体はあんまり普通のツーカイオーから変わった感じはしませんが、大きなランスの方は胸飾りを付けたことで、より剛龍神の武器っぽくなっています。


Dscn2087

またカッタナーと立場が入れ替わっただけなので、赤い方の弟は丸腰のまま余ります。どうするんだろうなぁこの子。

Dscn2089_20210808121101

なお、8日の放送で突然現れた「ゼンカイジュウドリル」の形態も、大体再現できます。ドリルの取付方向が先ほどとは反対のため、少々安定性に欠けますが、かなりカッコいいですね。なぜか、説明書に何の記載もありませんが!

Dscn2085_20210808073901 Dscn2079

ところで、話はゼンカイジャー本編に移りますが。

ゼンカイジュウオーの登場した話は、その一つ前の予告で、この正義の大怪獣がビル街を大破壊、どっかんばっかん爆破していました。やっぱり怪獣ロボット出したなら、そりゃあセットを派手にぶち壊したいよね。
とはいえ、正義の味方がビルをなぎ倒すのは心苦しいし、かといって操られたとか偽物のゼンカイジュウオーだとかでは、ビルを爆破されたら見てる方も悲しい気持ちになってしまいます。

そこで!

ゼンカイジャーでは、ビルを大破壊することに意義を与えました。そうです、たぶん特撮史上初の「悪いビル」(大笑い)の登場です!

この話では、コピーワルドという他のものをコピーできる能力を持った悪役が登場、ゼンカイザーとツーカイザーの偽物を出してみんなを苦しめました。最後に彼は、周りの建物などをコピーし、「悪いビル」「悪い歩道橋」「悪い信号機」を作って、ゼンカイジュウオーの行く手をふさぎます。そうするとどうなるかというと.

当然ゼンカイジュウオーは、ガトリングミサイルや大型キャノンを連射、片っ端からビルを爆破、歩道橋をなぎ倒し、信号機をテールスイングで吹っ飛ばすわけです。そりゃあもう気持ちいくらいに、ドッカンバッカンズバババーン!
まさに「セカイ全壊、オールオッケー」!

いやほんと、「悪いビル」って画期的な発明だよね!考え出した人天才だと思うわ・・・。

| | コメント (7)

2021/04/25

ユカイツーカイ海賊くんは

Dscn1602

機界戦隊の新キャラだい!

この記事は4月25日現在、「機界戦隊ゼンカイジャー」のネタバレを含みます。本編を楽しみにされている方はご注意ください。

ツーカイザー・ツーカイなりきりセット。「機界戦隊ゼンカイジャー」の謎の新キャラ・ツーカイザーが使う武器で、DXギアダリンガーと、ツーカイバックルのセットです。専用のセンタイギアが3個付属します。

Dscn1610

付属するのはこの3個、一つはNo.35(ゴーカイジャー)の顔が入っています。しかし後述しますが、どうやら本物のゴーカイジャーのではなく、ツーカイザー専用のギアのようです。
また残り2個も、No.33のシンケンジャーとNo.19のオーレンジャーの番号が入っていますが、いずれも見知らぬロボの顔・・・シンケンオーとオーレンジャーロボに似てはいますが、微妙に違う気がする・・・がついています。


Dscn1603

ギアダリンガーは通常はこのガンモードで、センタイギアNO.35をセットし、背部の舵輪を回転させて変身します。変身BGMが始まりますが、本体の中には振動センサーがあるようで、その最中に本体を振ると「ヘイ!」と合いの手を入れてくれます。踊って変身したり戦ったりするようですね。
この「ヘイ!」のタイミングは結構難しく、音に合わせてあの人のようにちゃんと合いの手を入れるのは、割と慣れが必要です。
引き金を引くと「ヨーソロー!ツーカイにレ~~~~ボリューショ~~~ン!」と叫んで、変身完了。

さらに、先ほどの残りのセンタイギアの表(ヒーローサイド)をセットすると、フォームチェンジを行い、別の姿に変身が可能です。33番でツーカイカッタナー、19番でツーカイリッキー。シンケンジャーでカタナ、オーレンジャーで超力なのでしょう。それらを使うと、変身BGMも変わり、さらに掛け声も「ソレ!」と「オーレ!」に変わります。「シ~~~ンケンに、レ~~~~ボリューショ~~~ン!」


Dscn1604

ギアダリンガーは、本体横の刃を起こすと、ソードモードになります。特に音が変わるなどのギミックはなく、この状態でも引き金を引くと、銃撃音が鳴ります。


Dscn1605

裏は確かに舵輪。ここが盾の代わりになるんだったら、攻防一体の武器なのですが果たして。


Dscn1609

さて、センタイギアをひっくり返して機界サイドにすると。ゴーカイジャーだと思っていた35番の裏には、海賊のマークではなく、ゼンカイジャーのマークがついています。海賊戦隊の海賊版なのでした。


Dscn1613

この35番を機界サイドでギアダリンガーにセットし、舵輪を回すと戦艦召喚モードとなり、「クロコダイオー!オペレーション!」とセリフが流れます。パッケージにはすでにクロコダイオーの写真があり、ワニ型の宇宙戦艦みたいなものが映っています。
さらに舵輪を回すとセリフが変化し、召喚名が「クロスカイオー」「クローリングオー」と変化します。別の機体なのか、クロコダイオーの別フォームなのか、現状ではわかりません。

また33番、19番の機界サイドを使うと合体指令となり、「ツーカイオーカッタナー!オペレーション!」「ツーカイオーリッキー!オペレーション!」と、それぞれ別のロボを呼び出すようです。写真見た限りだと、クロコダイオーが違うパターンで変形したのか、それともさらに何か合体ししたのか、まだ詳細は不明です。なんかスゲェな!どうなるんだコレ!


Dscn1612

しかしまだ始まって2か月だというのに、バトルジャパンをモチーフにした敵のライバル的新幹部は出る、かと思ったら翌週にゴーカイジャーをモチーフにした新ヒーロー?が出る、という怒涛の展開。いやホントに最初っから全力全開だな!

シン・ヱヴァンゲリヲンのネタバレが怖いために、初日1回目に見に行ったような私ですが、何故かゼンカイジャーのネタバレは許しちゃうんですね・・・むしろ「まさかそう来るとは!いいぞもっとやれ!」ってなっちゃうものだから。そしていつも、想像の遥か斜め上を全力で飛んでるわ、この番組・・・。

| | コメント (4)

2021/04/11

ブルとヌヌヌな大変形

Dscn1584

あの声が球場やリングアナウンスだとは思わなかった・・・。

全界合体・DXゼンカイオー マジブルーンセット。機界戦隊ゼンカイジャーの2号ロボです。ゼンカイと同様、2体のロボが左右合体します。

・・・はいいんですが、とうとうこのセットから、紙の説明書が完全になくなりました。全てwebを見る仕様です。うーむ。紙の説明書好きなんだけどなぁ・・・。


Dscn1580

さてまずはゼンカイブルーン。頭の固い知りたがり屋、しかも敵からの裏切り者という、デザインからは想像つかない生い立ち(?)が印象的です。轟轟戦隊ボウケンジャーの力を有しているので、例のピッケルを武器として装備しています。


Dscn1579_20210411050501

体をぐるっと畳み込んで・・・


Dscn1578

ブルーンダンプへ変形。
既存の2体と異なり、コンパクトな形に変わるのがとても愉快です。ピッケルは丈夫に装備し、サーチライトになっています。


Dscn1577_20210411050501 Dscn1576_20210411050501

両腕をばらして、体を伸ばし・・・。


Dscn1566_20210411050601

合体準備完了です。


Dscn1575_20210411050501

続いてゼンカイマジーヌ。両肩にマントのようなカバーがあったり、水晶玉を配した杖を持っていたりと、とても面白い良いデザイン。


Dscn1572Dscn1569_20210411050601

こちらの変形は非常にダイナミック、体を思いっきり開いてパーツをばらし・・・。


Dscn1570_20210411050501 Dscn1571

マジンドラゴンの完成。魔法戦隊マジレンジャーのマジドラゴンを彷彿させます。わずかですが口が開き、翼も角度を変えられます。


Dscn1568_20210411050601

さらに体を真ん中から畳み込み・・・。


Dscn1567_20210411050601

右半身の合体準備完了。ゼンカイブルーンと合わせることで・・・。


Dscn1558_20210411051301

完成!ゼンカイオー マジブルーン!

ジュラガオーンと比べ、両足に大きなパーツが付いたことで、上半身と下半身の見た目のバランスが非常によくなりました。空飛べるくせにタイヤで疾走するのもアリという、万能ぶり。


Dscn1559_20210411050601

ジュラガオーンと同様、顔の両端のカバーを開閉すると、それぞれの名前を呼んでくれます。こちらも、サウンドユニットは左半身のブルーンのみです。


Dscn1561_20210411050601

ただ翼が腕の真後ろに合体している都合上、腕を前に回すと翼が水平になってしまうというトンチキくん。まぁDXはしょうがないですかね。多分ミニプラならなんとかしてるんだろうなぁ・・・。


Dscn1563_20210411050501

こうしてゼンカイジャーの2大ロボが揃ったわけですが、当然、2体を入れ替えた交換合体も可能です。

しかし何と!

交換合体については、web上の説明書にすら載っていません。ええっ何だよそれ。CMでバリバリ流してるのに!


Dscn1585_20210411050601

なので想像だけで作っています。まずはゼンカイオー ブルガオーン!
ガオーンにあった謎のジョイントは、ここでブルーンのタイヤを装着することに使います。ただ、ガオーンの肩には先述した翼を付けるジョイントはないので、ブルガオーンは走ることに特化した仕様となります。


Dscn1587

ゼンカイオー ジュラマジーン!も可能です。あっ、2体とも持ってる武器違った(今気が付いた)。しょうがないじゃん!説明書ないんだし!
ジュランも足のジョイントはないので、ブルーンのタイヤを付けることはできません。

今回の2体は、先行したジュラガオーンと変形パターンが大幅に異なるので、遊んでいて非常に楽しい!合体遊びが全開になった感じです。

Dscn1590

それにしても、今まで
「戦隊ロボをそろえると、戦隊メンバーの相棒が揃う」
というシリーズはいっぱいありましたが、
「戦隊ロボを揃えると、そのまま(ほぼ)戦隊メンバーが揃う」
玩具というのは初めてですね。こいつらと肩を並べられる、フル可動のゼンカイジャーも並べたくなってしまいます。

| | コメント (2)

2021/02/20

ゼンカーイ!

Dscn1144_20210220054101

このポスターだけで先行販売に応募した意味があったよ・・・(感涙

この記事は2月20日現在、「機界戦隊ゼンカイジャー」のネタバレを含みます。放映を楽しみにされている方はご注意ください。


Dscn1158

全界合体DXゼンカイオー・ジュラガオーンセット。新番組「機界戦隊ゼンカイジャー」の1号ロボです。店頭発売は3月ですが、幸いにも先行販売に当選しました。


Dscn1154

まずは黄色いゼンカイガオーン。「百獣戦隊ガオレンジャー」のガオキングをモチーフにしているそうです。確かに顔や胸に面影がありますね。
変形の都合上もありますが、腕や足がちゃんと動き、それなりにポーズが取れます。


Dscn1155 

続いて赤いゼンカイジュラン。「恐竜戦隊ジュウレンジャー」の大獣神が元で、顔とかそっくりですね。大型の剣と小型の盾が付属します。


Dscn1160 Dscn1162

それぞれ体を開いて・・・。


Dscn1152

ゼンカイガオーンは、ガオーンライオンへと変形。なんせ放映前なので、通常形態がロボなのか獣なのかわかりませんが、説明書だとこういう手順になっています。すっごい顎野郎ですね。


Dscn1151

同様に、ゼンカイジュランはジュランティラノに変形。頭が出っぱなしなのはご愛敬。
それぞれ僅かですが両足が開くので、それなりにカッコいい・・・いいかコレ?まぁ可愛らしくはあるかも。


Dscn1153

ティラノは腹部に小型シールドを内蔵するのでまだマシですが、ライオンの方は横から見ると、お腹がスッカスカで、変形がこれで合っているのか心配になるレベルです。

まぁそんなこたどうだっていい!45周年だからな!全開だぜ!合体開始だ!


Dscn1169

合体開始にあたり、まずジュランティラノの口を開けます。すると

「ゼンカーイ!!!!」

という男性の荒々しい雄たけびと共に、ホイッスルでリズムを刻む合体ソングが流れだします。サウンドギミックはジュランティラノだけにあり、ガオーンライオンの方は音は鳴りません。


Dscn1164 Dscn1163

動物状態の後ろ脚をボディに畳み、両腕を構成します。



Dscn1150

顎の中から脚を伸ばして・・・


Dscn1148

左右から合わせます。すると

「ガッシーン!!!」

とまた叫び声が入った後に、なぜか事務的に女性の声で

「ゼンカイジュラン」「ゼンカイガオーン」

と冷静なアナウンスが入ります。あまりの温度差に腰が砕けました。


Dscn1165

最後に、それぞれの動物の頭部を開くと、内部から合わさった頭部が出現!

「ゼンカイオー!ジュラガオーン!」

と、決め台詞が合体完成のBGMとともに響き渡ります。


Dscn1166

完成!ゼンカイオー ジュラガオーン!

ロボット時の両腕が、胸のシンボルを形成しているのは面白いですね。


Dscn1145

フォルムとしては、ボリュームが上半身に集中しており、下半身がちょっと頼りなく見えます。左右合体ってこうなりがちですね。しかしどうせ「この後」があるのでしょうから、今後を楽しみにしておきましょう。


Dscn1147

後ろから見ると、ロボットの腕どころか頭まで露出していますがまぁいいや。


Dscn1168

そして当然のように、謎のジョイントも存在しています。両腕が外れるようになっているのは、破損防止か今後の合体用なのか、今のところ不明です。しかしガオーンライオンの脚部にあるジョイントは、かなり強固にできているので、なんか理由があるのでしょう。


Dscn1167

さあ、今年も始まりますよ新戦隊。特に今回は45周年ということで、他の戦隊とのコラボが実に楽しみです。昨年(今もですが)世界は本当に大変だったので、その鬱憤を晴らしてくれるような、全開の大暴れを期待してしまいます!

| | コメント (4)