超戦隊列伝

2024/03/20

気分はバクアゲ

20240317_073903_434

またこの季節が来ちまったなぁ!


20240306_055304_681

DXブンブンハンドル。爆上戦隊ブンブンジャーの共通武器、ハンドルでマシンをコントロールする以外に武器にもなる機能があります。


20240306_055147_186

変形してロッドモードに。第1話でブンレッドがブン回していたのは印象的でしたね。


20240306_055416_947

また中央にブンブンチェンジャーをセット、やかましいくらいにサトシ(違う)が喋ります。デザイン的にも、ハンドルの真ん中にメーターが来るのっていいよね。


20240306_055215_957

しかし毎度のことながら、ロッドモードは子供サイズ、全長30㎝に満たない長さです。いや、子供ですらロッドじゃなくってドライバーだろ?というくらい。これはやっぱ……やらねば、なぁ?


20240306_055904_042

検証のために分解してみると、先端部分がねじ止めされているだけです。基部から延ばしたいところですが、変形のためにかなり丈夫な材質が使われているので、ここをばらして作り直すと、耐久性に欠けるような気がします。


2024030047

そこで先端部以降を伸長できるよう、設計に入ります。最近はすっかりblenderばっかり使ってるなぁ。


20240316_071325_670 20240316_071315_236

基部に2段階の折り畳み部分を入れ、伸ばすことで長さを確保します。回転部にはロック機構があり(丸い部品)、押し込むことでロックが解除、戻すとしっかりラチェットで固定できます。


20240316_071351_680

他のパーツも超次元プリンタで出力し、磨いてからサフを吹き、メタリックブルーで塗装、仕上げにクリアコートします。


20240317_071333_641

組み立てて、正面から見たところ。ほとんど前と変わっていません(自賛)。しかし実は……。


20240317_071353_49920240317_071235_163

背部に2段階に折りたたまれ、さらに中央からスライドして先端が伸びるギミックがあります。そのため、実際に全部を伸ばすと……。


20240317_065111_077

とてもじゃないが、室内では撮影できないサイズになります。全長80㎝!しかも先ほどのロック機構に加え、本体をスライドさせて変形部をがっちりとホールドすることができるため……。

変形がとても簡単な上、大人が振り回しても全く問題なく遊べるほど、しっかりした……まあ気持ちの問題だけど!ブンブンハンドルが出来上がり!やったー!

2024030048

これでようやくこちらに本腰が入れられます。


【以下は関連商品をAmazonで購入するためのリンクです】
【アフィリエイトを利用しています】

2024030050

【初回限定特典付】
アクセル全開!!ブンブンジャー爆上スタートセット
withブンブンスーパーカー

2024030049

爆上戦隊ブンブンジャー DXブンブンハンドル

| | コメント (2)

2024/03/02

バクアゲ合体!

20240302_110016_952

バクアゲだぜ!

この記事は3月2日現在、「爆上戦隊ブンブンジャー」のネタバレを含みます。本編を楽しみにされている方はご注意ください。


20240302_105721_615

 アクセル全開!!ブンブンジャー爆上スタートセットwithブンブンスーパーカー。ブンブンジャーの変身アイテムと、合体ロボのセットです。写真右の黒い車は、初回限定のブンブンスーパーカー。


20240302_105742_806

まずは変身アイテム・ブンブンチェンジャー。写真右の銀色の部品がアクセル相当で、そこを押すことにより「ブンブンブン!」「バクアゲタイヤ!」などと台詞を発します。声はポケモンのサトシで世界的に有名なあの方。本当に楽しそうに話すので、こちらの気分もバクアゲです。


2024030001

続いてブンブンカーたち。写真上がブンブントレーラー、下が左からブンブンオフロード、ブンブンワゴン、ブンブンスーパーカー。現状はスーパーカーのみただのミニカーですが、他の連中はギミック山積みです。


20240302_110337_582

ブンブントレーラーは展開し、ゲートモードになります。開いたレールにブンブンカーをセット、台座ごと押し込んでゲートをくぐらせると。


20240302_110312_561

車体下部のスイッチが押され、アタックモードに変形します。オフロードからでかい剣(パイルバンカー?)が出てくるのは面白いですね。なお映像見たら、ドライバーでしたねここ。


20240302_110518_719

ピンクは大きな左腕みたいなものになります。


20240302_110629_024

ブンブントレーラーはそのまま左右の装甲を回転し……、


20240302_110724_212

立ち上がって、サイドカバーを倒します。


20240302_110900_903 20240302_110922_635

頭部は後輪が展開しますが、左右に分かれて片方のタイヤだけが前に来ます。ブンブンジャー本人たちと同様に、頭の正面に一輪のタイヤが来るデザインなのですね。

20240302_111019_739

こうしてブンブンジャーロボの基本形態になります。これだけでも十分ロボに見えますが、先ほどのアタックモードに変形した2機を両腕のレールにスライドして……。


20240302_111143_338

バクアゲ合体の完成!
要は両腕に武装しているだけですが、全体のバランスが良く、白いボディも斬新です。


20240302_111243_185

なお付属のブンボット……今の時点では何だかわかりません……には、ブンブンジャーロボのための別の顔が用意されています。


20240302_111336_704

どうやらこの顔は、戦闘状態ではない際の普段の顔らしいですね。なんでそれが別の小型ロボ(?)に内蔵されているのか分かりませんが、本編を楽しみにします。

20240302_111738_311

可動域はこのくらい。正直、ドンオニタイジンやキングオージャーの可動には全く足りません。しかし今回の方向性は明らかに「子供が楽しめる」方にギヤを入れていますから、これでいいんでしょう。


20240302_111809_277

またブンブンジャーロボ自体にも、ブンブンチェンジャーを合体させることができます。本編ではロボ自体がサトシの声でしゃべるそうですから、実にぴったりですね。


20240302_154056_294

なお合体レールは両脚にもあり、そっちは回転するので、こういう4連武装も可能です。


20240302_171701_837

また開いた下半身は、なんか合体用の上半身みたいにすることができます。いやこんな簡単だとは全然思ってないけど、こういういろんな合体パターンを想像できるのは、この時期だけの特権。また楽しい1年になると良いですね。


【以下は関連商品をAmazonで購入するためのリンクです】
【アフィリエイトを利用しています】

2024030003

DXブンブンジャーロボ

2024030004

DXブンブンチェンジャー

 

| | コメント (2)

2023/10/22

令和でも荒れるぜ!

20231021_120447_140

止めてみな!

この記事は10月22日現在、「王様戦隊キングオージャー」のネタバレを含みます。放映を楽しみにされている方はご注意ください。

まぁそもそも「なんでキョウリュウジンがキングオージャーのネタバレなんだ」という時点で相当ネタバレですが……。


20231021_114718_732

DXキョウリュウジン・FULL ACTION VER。「獣電戦隊キョウリュウジャー」に登場した主役機が、10年の時を経てフルアクションバージョンで帰ってきました。もちろん現行の「王様戦隊キングオージャー」に客演したからです。


Img_e7459

構成はいつもの初期3匹ですが、腕の2匹は小型化しており、ガブティラも細部が変更されています。

・合体ジョイントが従前の物から変更されている

・獣電池をガブリンチョすることはできない

・なので音声ギミックも省かれている

などです。あの熱いテンションの声を聞けないのは残念ですが、そもそも客演の立場だしね。


20231021_114035_930

合体してキョウリュウジンに。肘や膝に可動関節が加わり、足首はボールジョイントでしっかり大地を踏みしめます。背中にガブティラのしっぽが取り付けられているので、肩の可動域はほとんどない……はずですが。


Img_e7471

実は両肩は、前に引きだす可動軸が追加され、ぐっと腕を突きだせるようになっています。さらにガブティラのしっぽを本体に接続するジョイントにも可動軸があり、それを傾けることで、肩との干渉をかなり防いでいます。そのため、大きなガブティラの頭がある右肩でも……。


20231021_120802_628

大きく剣を振り上げても大丈夫!FULL ACTION VERの面目躍如ですね。

さらに、キングオージャーに登場していることからも分かるように……。


20231021_115331_981

なんと、クワゴンの代わりに他のシュゴッドと合体できます。両腕はガブティラの脚を取り外し、変形させています。また膝関節は、シュゴッドと合体できるジョイントに変更されています。


Img_e7467

ということは、同じジョイントを使っているゴッドキングオージャーにも(下半身だけ)なることができるわけです。バランスめちゃくちゃですが。

そこで、当時玩具のみなさんにご登場いただきました。今回のキョウリュウジンはジョイントの一部が省略されているため、プテラゴードンは合体できません。しかし、ほぼ乗ってるだけのプレズオンならどうでしょう。


Img_e7478

おお、バランスはよくなった。バクレツゴッドキングキョウリュウジンの登場だ!(長い

キョウリュウジンの首だけ取り外して乗せてるだけですが。先述した通りジョイントの一部が省略されているので、全く合体できず乗ってるだけです。ただ(たまたま)ゴッドキングオージャーの両脚サイドに、プレズオンの脚部が取り付けられたのは行幸でした。


Img_e7481

本編にまさか、キョウリュウジャーのオリジナルキャストが出てくれるなどとは思いませんでしたし、その上キョウリュウジンの新作玩具が発売されるとは、なんという豪快なブレイブ!長生きはするもんだね!

【以下はAmazonで購入する場合のリンクです】

 

| | コメント (0)

2023/09/09

宇宙の神秘が光ってる

20230903_081448_446

スペースパワーが溢れてる!


20230903_075347_129

SMP・ダイデンジン。電子戦隊デンジマンの主力ロボ。発売は結構前ですが、ちまちま作っていたら今頃になりました。背景のスタンドは付属せず、100均で購入したものです。


20230903_080422_405

ダイデンジンは、デンジファイターから変形します。当時玩具でも完全変形が再現されていましたが、SMP版はさらに進化しており、変形の際に頭部の角が畳まれたり、肩の軸が下にスライドするなどして、プロポーションと可動を両立させています。

20230903_080725_736

それを運ぶデンジタイガー。超巨大な母艦で、完成時は約33cmにもなります。艦橋とミサイル発射装置の合わせ目が目立つので消した以外は、墨入れとつや消し塗装のみです。それでこの完成度!


20230903_080946_833

背部からはスライド式のクレーンが展開し……。


20230903_080823_828

交換可能なアームが展開します。この紐は伸縮できますが、マイクロチェーンに置き換えても良かったかな。


20230903_081041_863

出撃時の、キャタピラを閉じて翼を展開したところ。潜水&飛行空母という感じでいいですねー。また艦橋横のミサイルは、当時玩具と同様、スプリングで発射できます。


20230903_080535_848

そして甲板が展開、デンジファイターの発進準備ができます。本体横のボタンで、デンジファイターの後ろにある発射スプリングが解放され、勢いよくデンジファイターをぶっ飛ばします。やっぱいいねぇ、発進シチュエーションは!


20230903_080642_489

また甲板は、劇中の2パターンの発進状態が再現できます。カタパルトも角度を付けて、空に向けることができます。この状態だとスプリングでの発射はできません。


20230903_080441_582

そして、発進したデンジファイターが変形し……。


20230903_075609_485

ダイデンジンの登場!もちろん銘入りのデンジ剣が付属します。

工作としては、目立つ太ももなどを合わせ目消ししたくらいで、あとは僅かな墨入れとつや消し塗装です。


20230903_075848_877

ダイデンジンブーメランも装備可能。箱ロボなのにさすがはSMP、可動域は広く、大きくブーメランを振りかざせます。


20230903_075734_885

また巨大なハンマー、デンジボールも付属します。ああ、いかにもあの頃のロボの武装だよなぁ……などと侮ってはいけません。体重5万トンの巨大ロボが、半径100メートル以上のハンマーを振り回すんですよ?先端が音速超えてもおかしくありません。おそらく質量兵器としてはとんでもない破壊力、正直「デンジ剣・電子満月斬り」なんかより、敵に与える衝撃はずっと上じゃないかと思います。知らんけど!


20230903_081910_364

これらの武器、さらに交換用の手首もすべて、デンジタイガーの裏面、さらに左右の装甲を外して収納できます。


20230903_081033_647

いやーいいなぁコレ。特にデンジタイガー、当時品よりもずっと出来がいい気がします。何でも超合金のデンジファイターも収納できるそうですしね。
♪ オー ビューティフル タイガー ♪

 

| | コメント (3)

2023/08/05

新たな伝説が始まる

20230805_112850_966

この記事は8月5日現在、「王様戦隊キングオージャー」のネタバレを含みます。本編を楽しみにされている方はご注意ください。


20230805_115153_110

DXキングコーカサスカブト ガーディアンウエポンヘラクレスアックスセット。ついにキングオージャー最大の謎が立ち上がりました。いやまだ全然他にも解決してない、大きな謎は山ほどあるけど……。


20230805_115320_273

キングコーカサスは、普段はその通りシュゴッダムの王城、コーカサスカブト城の姿をしています。しかしスズメちゃんが寝物語に聞き出したことによると(あんな色気もヘッタクレもない寝物語は初めて見ました)、巨大ロボットへの変形機能を備えているようです。


20230805_113213_055

まずはシュゴッド形態。クワゴンと並べると単体でこれですから、その大きさが伺えます。


20230805_113516_388

立ち上がって、腕に変形したガーディアンウエポン ヘラクレスアックスを持たせ、ロボモードの登場。足首が斜めに回り、迫力を出した立ち姿にできます。

そして絶対やってくれると思った、驚異のシュゴッド20体合体!


20230805_115609_265

全身はバラバラになり、胴体を真っ二つにして腕を外します。キングオージャーの方は、基本的にエクストリームキングオージャーの状態から始めます。


20230805_121707_552

胴体を折り畳んで脚部にし、その横にキングコーカサスの腕を取り付けます。


20230805_121759_721

その中にゴッドカマキリとゴッドハチを挟み込むようにし、巨大な脚部にします。カマキリとハチの裏側には凹ジョイントがあったので、どうせ何かくっつくだろうとは思っていましたが、こんなに強固に合体するとは予想外でした。


20230805_122058_891 

そしてエクストリームキングオージャーの腿に合体します。エクストリームキングオージャーの状態だと、上半身の重量に膝関節が負けがちだったので、こんな重い奴くっついて大丈夫か?と思いましたが……。


20230805_122038_854

実はこの時、ゴッドタランチュラの脚が後ろから膝関節に差し込められるようになっており、重い上半身をちゃんと支えられます。もちろん固定するために膝や腰は動かせなくなりますが、この上体を支えるためならしょうがないですね。


20230805_124345_261

また各種ガーディアンウェポンは、基本的にゴッドタランチュラの手足に片っ端からくっつけていきます。そのために8本手足があるクモが必要だったのか!(知らんけど


20230805_124710_148

最後に頭部に、キングコーカサスの頭部と前羽を取り付けます。


20230805_124817_072

その前羽部分を開いて、新たな胸部装甲にします。最後に、額にヘラクレスアックスの角を取り付け……。


20230805_125340_793

ゴッドキングオージャーの完成!

各部の金メッキがやたら綺麗、思わず拝んでしまいそうな豪華絢爛ぶりです。まあ神様だしね。


20230805_125450_277

頭部フェイス部分はキングオージャーと同じデザインですが、実は本来の頭部はパピヨンの一部として背中についているため、この頭はキングコーカサスの体内に入っています。


20230805_125405_051

背中もかなり凄いことになっていますが、このボリュームで安定して立っているのは凄いことです。少なくとも、エクストリームキングオージャーの状態よりはずっと安心して飾っておけます。


20230805_125620_506

いやー凄まじい。今年はほんと面白いなぁ……。


2023080007

で締めたいところですが、実はキングコーカサス、なぜかまだ脚部が分離するという謎のギミックがあります。ちゃんと中にスプリングが入った、しっかりしたジョイントです。単に破損防止なのか、それともまだ何か切り札があるのか……。なんせ8回に1回は最終回を見ているような気がする番組なのに、時機的にはまだ折り返し地点なので、もしかしたら……などと期待してしまいます。

 

| | コメント (4)

2023/06/18

行間を読め

20230617_120938_414_20230618064801

この記事は6月18日現在、「王様戦隊キングオージャー」のネタバレが含まれます。本放送を楽しみにされている方はご注意ください。


20230617_112946_762

DXタランチュラナイト 地底ガーディアンウエポンセット。クモオージャー・ジェレミーのシュゴッドたちです。しかしクモやムカデはともかく、セミって地底なの?まあ幼虫はそうか……。


20230617_113007_268

まずはゴッドタランチュラ。劇中の糸につり下がって登場するシーンが蘇ります。


20230617_113023_374

写真だと見えづらいですが、ちゃんと脚は8本あります。後ろ中脚だけ細く、ちょうど隠れる位置にあるので見えていないだけです。

ここから後部を取り外し、手足を変形させて……。


20230617_113928_082

タランチュラナイトの完成!

手足が細く、腰も括れているのでスタイリッシュ、色も差し色の金が良い感じです。


20230617_114103_240

各関節が良く動き、また胸と腰に関節があるので、体をかなり前屈させることができます。劇中のスパイダーマンアクションも結構できます。


20230617_120223_540

続いて地底のお供たち。写真左からガーディアンピード(ムカデ)、ガーディアンシケイダー(セミ)。シケイダーってスゲェ名前だな……。


20230617_120526_786

ピードは体をぐるっと回し、ピードチェーンソーになります。これはなかなか面白い見立て。自分の手首も斬ってしまいそうで怖いですが。


20230617_120757_934

シケイダーの方は、翅をぐるっと回してシケイダーブレードにします。この際、実は両目が回転関節になっていて、そこを中心に剣部分を前へ向かせます。


20230617_120938_414_20230618064801

両者とも軽いので、装備してアクションさせてもポーズはばっちり。キングオージャーほど虫の脚が多くないので邪魔にならない、というのも利点です。また脚部も腕と同様のはしご型ジョイント(?)なので、ここに武装をさせることも可能です。


20230617_122651_204

ここで終わりなのだろうと思っていたら、パッケージにはまだ記載がありました。

「極限14体合体!」

え?もうやっちゃうの?


20230617_123137_380

キングオージャーの背中に、逆さまになったタランチュラナイトを合体させます。その上から、トンボやパピヨンをつけるようになります。またタランチュラナイトの尾部(糸を吐くところ)は、タランチュラナイトの腕に持たせます。すると……。

 

20230617_124209_245

完成!エクストリームキングオージャー!

10体合体のキングオージャーに、3大守護神を追加、さらにタランチュラナイトの合体した姿です。


20230617_123606_966

背部に結構なボリュームが付くので、自立させるのは結構難しい。ちゃんと立つ関節の位置はあるんですが、なんせ重いのでそこら辺の調整が大変です。

あっ!この写真、ゴッドアリ付けるの忘れてた!13体合体だった!(てへ


20230617_124058_213

また頭部には、タランチュラナイトの尾部から取り外した王冠を取り付けます。やっぱ王様には王冠。


20230617_124136_38520230617_124024_882   

立たせるのに苦労した分、ド迫力には脱帽です。もう、ごちゃごちゃしてること自体が美学のような気がします。まだ始まってから十数話しか経っていないのに、この集合ぶり。本編と同じように密度の高いアイテムです。

本編は映像もそうですが、話の展開とキャラの立たせ方が非常に上手で、毎回「え?」とこちらを驚かせてくれるのがとても楽しみです。王様たちの関係も一筋縄では行かないくせに、ギラとヤンマとヒメノの「末っ子とお兄ちゃんとお姉ちゃん」にしか見えないやり取りがもう尊くて。ああ、推しはもちろんリタ様です。

| | コメント (0)

2023/04/23

伝説の王者

20230422_113424_810

ええもう出るの?てっきり最終回近辺かと思ってたのに……。


20230422_112124_193

DX3大シュゴッドセット。キングオージャーと合体し、レジェンドキングオージャーとなるための3匹のセットです。写真左からゴッドサソリ、ゴッドバッタ、ゴッドカブト。日本語と英語ごちゃごちゃですが、異世界「チキュー」の言葉だからしょうがない。


20230422_111119_283

まずはすでに単品では発売されている、ゴッドカブト。カブタンが変形してカブトキャノン、合体後の名称はカブトキングオージャーとなります。劇中では剣を銃の支えにして撃ってましたね。


20230422_112525_121

続いてサソリーヌことゴッドサソリが変形した巨大な腕。まるでキングギドラのような禍々しさと迫力です。サソリーヌの頭部右から巨大腕の親指に相当するパーツが展開しますが、それを気にしなければ、右腕に装着することも可能です。

ここにゴッドバッタが展開した胸アーマー(バッタの開き)、膝にバッタの後ろ足を取り付けて……。


20230422_113106_786

レジェンドキングオージャーの完成!

各パーツの金メッキが非常に綺麗で目を惹きます。またただでさえ多かった虫の脚がもっと増えたため、あっちこっちが引っかかりますが、この綺麗さと迫力の前には「まあいいかそんなことは」となってしまいます。


20230422_113352_149

キングオージャーはその映像美がよくもてはやされますが、個人的にはそれを踏まえた「脚本の省略」が凄くいい感じだと思います。

主人公・ギラが初めてゴッドクワガタを仲間に加えた時、ゴッドクワガタの言葉は我々にはわからないので、普通なら通訳の言葉でも出そうなものですが、この作品ではその時、ギラに

「そうか!俺様『も』お前のことが気に入ったぞ!」

と言わせることで、ゴッドクワガタ『も』ギラの事が気に入ったと言ったんだな、ということをすっと理解させてくれます。

こういう見事な省略は他にもたくさんあって、リタがギラのDNA鑑定をする際は「こうやって血を取った」などとは一言も言わせず……まあリタが余計な説明などするはずもないし……一連のカットだけで伝えたり。

全てのシュゴッドと心を通わせるギラに、なぜかサソリーヌだけは心を開いてくれなかったけど、それはギラにうっかり心情を話してしまうと

「そうか!サソリーヌはカブたんの事が好きなのか!」

と絶対みんなの前ででっかい声で言ってしまうから、というのをヒメノ様とのやり取りで気づかせたり。

脚本は言葉にするだけが脚本ではない、というのをひしひしと感じさせてくれます。いやーこの後も楽しみだなぁ。


20230422_141633_331

オマケ・

カブたんとサソリーヌの愛の結晶である、4番目のシュゴッド・サソリカブト(噓八百

 

| | コメント (4)

2023/03/26

真・王凱武装!

20230306_181627_486

「ヤンマ総長~!オージャカリバー買ってきたけど、やっぱりサイズが子供用だよぉぉ!」


20230326_074640_178

「このスカポンタヌキ!なきゃテメェで作れ!」


20230326_071922_877

というわけでやってしまいました。「王様戦隊キングオージャー」5人の専用武器・オージャカリバーを大人用に改造完了です。全長84㎝、たぶん劇中でもこのくらいかな?というサイズになっています。うあはははは!テンションMAX!


20230307_182647_8032

まずはその前に、本来のオージャカリバーの解説。5人の王様の共通武器ですが、どのレバーを最初に引くかで変身するキャラを選択できます。

 

音声&発光ギミックは非常に綺麗、またレバーを引いていくごとにBGMが豪華になっていくのが、いかにも「全員の力を合わせる」という感じでとても楽しい玩具です。

しかし!やっぱなぁ!大人が持つには短い!

特に今回、それぞれが肩に担いだり腰から下げたり背中から下げたり、地面に垂直に刺したりと、持ってるだけで絵になります。これはやっぱやってみたいじゃんね!大人だってさ!


20230307_183845_894

まずは本体の裏のねじを片っ端から外し、ブレード部分を慎重に引き抜きます。なるほどこういう仕組みなわけね。


2023030045

それを、基部だけ参考に、ブレードを大型したものを3DCGソフトで設計します。これを本物の刃先と交換するわけです。


20230326_091618_810

一発で出力するのは到底無理なので、いくつかの部位に分けて印刷します。なるべく軽く、かつ折れないよう、内部はかなり空洞になっています。これらを組み合わせて一繋ぎの剣先にするのです。


20230312_070646_770

仮組してみます。お、バランスはなかなかいい感じ。

 

その状態で先ほどの発光ギミックを発動すると、たまたま使ったクリアグリーンのパーツから光が漏れ、実に綺麗に見えます。完成してしまうと光は漏れないので、もうこの光景を見ることはできません。


20230326_060128_492

出力したものを接着、磨いていきます。どうしても反ったり繋ぎ目が見えたりしますので、ここからポリパテ埋めて削って磨いてまた埋めてと、地獄のような時間が発生します。

それらを乗り越えて……。


20230326_071922_877

見たか!オージャカリバーの威光を!
やっぱこのくらいのサイズでないとね!

2023030044

完成したものを比較すると、もう全然別物になっているのがわかります。ああ、ヤンマ総長の「クィクィッ」っていうあの構えで撮影すればよかった。


20230326_072024_148 20230326_072021_878

また発光ギミックは生きているので、そのまま使えます。もう光は漏れませんね。ちょっと残念でもあります。


20230326_074742_176

いやー満足満足。俺様は、邪悪の王となる男!です!

どうせ1年もしないうちに、CSMとかでちゃんとした完成品が発売されるような気がしないでもないですが!
良いんだよ!俺様は今、欲しいんだよ!
我がままに、自分の道を行くがよいって、ヒメノちゃんも言ってくれてんだよ!

| | コメント (2)

2023/03/05

王鎧武装!

20230304_125247_243

この記事は2023年3月4日現在、「王様戦隊キングオージャー」のネタバレを含みます。本編を楽しみにされている方はご注意ください。


20230304_132516_639

DXキングオージャー。今回はシリーズ初の「全員昆虫戦隊」です。ゴウライジャーは追加戦士でしたしね。そのため、登場メカ「シュゴッド」も虫がほとんどです。(違うやつもいる)

まずは主力となるゴッドクワガタ。あごと足、羽根が動かせます。


20230304_132439_164

続いてゴッドトンボ、ゴッドパピヨン、ゴッドハチ、ゴッドカマキリ。これらは王様戦隊のメインメンバーが操るシュゴッドです。ハチのみ自立できず、常に宙に浮いている状態のようです。


20230304_132639_840

最後は小さなシュゴッドたちで、左からゴッドアント、ゴッドクモ、ゴッドテントウ。クモは色違いで、テントウは全く同じ姿です。いきなりクモが入って、昆虫しばりから外れていますが。

これらが合体して、キングオージャーが登場します。なんと今回は、初手から10体合体!王様だけに兵士はたくさんいるのでしょう。


20230304_120135_988

ゴッドクワガタは胴体と腕になります。立ち上がって胸を起こし、羽根を開いて後部装甲にします。


20230304_120550_132

そこにカマキリとハチが脚になり、テントウが腕の装甲になって合体します。この状態でもなんか面白いね。


20230304_120820_420

パピヨンは分離し、脚部が頭と肩アーマーになります。羽根の方は後で剣になります。


20230304_121032_189

背部に、しっぽと分離したトンボの翅と頭部を合体させます。しっぽは、パピヨンと合体して巨大剣になるのです。剣にはゴッドアントも合体します。


20230304_121228_688

胸と腰に装甲として、クモが合体します。この時点ですでに、クモの足に凸ジョイントがあるのがわかります。


20230304_121446_679

胸部の角を開き、頭部の角を起こし、腕に剣を持たせて……。


20230304_121940_605

キングオージャーの登場だ!

あれほどたくさん合体したのに、意外なほどまとまっています。でかい剣も、いい感じにハッタリが効いています。


20230304_122232_322

各関節はかなり良く動き、保持力も十分です。あっちこっちから虫の脚や翅が生えているので、いろいろ引っ掛かったり、脚が取れちゃったりしますがご愛敬。虫の脚ってよく取れるし(げぇ


20230304_122336_556

背部はこんな感じ。背中に翅があると、昆虫ロボって感じがしますね。


20230304_122606_449 20230304_122519_922

剣は背中に装備させることもできます(説明書には記載はありません)。でもこれができるととてもありがたいのです。この後、いろいろ腕に武装させたりする際、剣が余ってしまいますから。


20230304_123022_371

なお初回特典として「ドンオニタイジンのお面」が貰えました。ドンブラザース本編に登場したアレです。もちろん何の説明もありませんでしたね。


20230304_130036_683

そして追加されるガーディアンウエポンシリーズ。今回の同時発売は、DXゴッドカブト、ローリングハンマー、スネイルガトリングの3体です。


20230304_123308_176 20230304_123633_426

ゴッドカブトの変形は、奇妙奇天烈複雑無比。体を前と後ろに展開して伸ばします。


20230304_124417_755

そして超巨大な砲塔になります。この際に右半身は、頭部の大型角と小型角の間に挟まれるという、かなり凝った変形をしています。これを強固なジョイントで、キングオージャーの右腕に装備させ……。


20230304_124810_577

カブトキャノンを武装!

その全長は約40cm。腕のテントウはいったん外し、再度キャノンに装着します。この装着方法ですが、腕やキャノンにはレール状のモールドがあり、そこを挟む形で合体しています。まだまだこの後増えるのでしょうね。


20230304_125014_228 

バスターランチャーみたいな砲撃シーン(があるのかどうか知らないが)。自分より大きな銃を抱えるのって燃えますね。


20230304_125906_277

打って変わって小型の、スネイルガトリングとローリングハンマー。どっちももう虫じゃないですね。まぁクモの時点で縛りを外れてたけど……。


20230304_125725_310

それぞれガトリング砲、金属チェーン付きのハンマーになります。小型メカの割にはパワフルな印象で良いですね。


 20230304_125044_618

 

今年もこの新玩具の時期がやってきました。本編は「あの」ドンブラザースの後ですから、いったい何がどうなるのか見当がつきませんが、
また楽しい1年になりますよう。

 

| | コメント (6)

2023/02/19

動くのです ムラサメ

20230218_143707_832

「はい、マザー」


20230218_143217_434

DXブラックオニタイジン ムラサメ。DXドンオニタイジンの色替えバージョンで、映像では「何故か」ムラサメが巨大化してドンオニタイジンと対峙していました。何故巨大化できたのかの説明は全くありません。まああの番組、そんなの今に始まったことじゃないが……。

通常のドンオニタイジンの部品はそのままに、マスク、胸飾り、ソーシャークソードが追加されています。


20230218_142939_072

WEB説明書は、いきなりドンオニタイジンの完成図から始まります。バラバラになって入っているくせに、どうやったらこうなるのかの説明は一切ありません。まあ映像だといきなり合体した状態から出現していましたから、合ってはいるんですが。


20230218_144321_918

もちろん個別のブラザーズになることもできます。色以外に全く変化はありません。


20230218_143444_405

と思ったら、なんと!実はロボタロウのみ、先ほど発売された可動増強版に仕様変更されており、股関節がより広がって腰アーマーも動くようになっています。さらに平手も付属、片足立ちで見得を切るポーズすら可能です。まあムラサメがこんなポーズするか……という気もしますが、マザーに言われれば何でもやるでしょう(投げやり


20230218_150832_437

他は普通のドンオニタイジンと全く同じなので、トラドラムラサメにも問題なく合体できます。当然いくつかパーツが余りますし、公式にそんなもの載ってないので、合体予想図は適当です。


20230218_150139_314

オニタイジンムラサメ極もなんとか行けます。腰アーマーが変更されているので、腰の裏にシールドをつけることはできません。

ドンブラザーズもいよいよ大詰めだというのに、いまだラスボスが何なのかわかんない(2月18日時点)ってのも凄い話ですな……。

 

| | コメント (0)