模型道限りなく

2022/03/02

太陽の翼

 

Dscn2471_20220302134101

悲しみ砕く 太陽の鼓動!


Dscn3502

SMPグレートファイバード。「太陽の勇者ファイバード」の最強の姿で、ファイバードとグランバードが合体して完成します。ミニプラですが非常に当時玩具と映像イメージとをリスペクトしており、堅実な設計に感動すらします。


Dscn2457_20220302055401

まずは最初の翼・ファイバード。メリハリの効きまくったスマートな姿が実にカッコいい。結構目立つ場所に分割線があるので、いろんなところを合わせ目消し・塗装しています。


 Dscn2451_20220302055401Dscn2450_20220302055401

飛行形態ファイヤージェットと、強化支援機フレイムブラスター。2機で合体もできます。(本編では一度限り)


Dscn2460_20220302055401

当時玩具(パチモンだけど)との比較。フォルムがもう全然別物、カッコいいファイバードになっています。当時品(パチモン)も変形自体は面白かったんですけどね。


Dscn2466

変形合体して、武装合体ファイバードに。一転してボリュームあるスタイルになります。脚部フレアミサイルも展開できます。

Dscn2469 Dscn2470_20220302055401

引き出し関節のおかげで、フレイムソードを構える姿もバッチリ決まります。頭部は差し替えで、見栄え優先パーツと交換できます。


Dscn3492

続いてグランバード。ファイバードが一時大破した際に宇宙エネルギーを注入、代わって戦闘を行うようになりました。機動力ならドライアスにも引けを取りません。

 Dscn3487

肩の引き出し関節はこちらも凄いので、グランキャノン両手持ちも難なく行えます。


Dscn3471

大気圏外航行用形態のファイヤーシャトル。ちょっとオリジナルから形状が違っていますが、まあ合体後の体型維持のためにはしょうがないでしょう。しょうがないと言えば、なんと下部に腰部品をもう1個搭載しており、グレートファイバードの際にはそっちを使います。合体用パーツを背負うのは2号ロボの宿命ですね。


Dscn3493

ブレスタージェットと合体して、ジェット合体グランバードに。大きなミサイルランチャーが特徴です。よく見ると腰の後ろになんかありますが、これはグレート後に手首となります。

Dscn3497

そしていよいよグレート合体!当時玩具とは異なり、グランバードだけでなくファイバードも、かなりの部分をバラバラにしてから組み替えます。


Dscn3499

グレートファイバードの完成!ファイバードの腰の上から、先述の「2個目の腰」パーツを取り付けるようになっています。また手首(グランバードの胴体)は、後ろに回してあった部分を戻して伸ばすため、長さが拡張され、バランスよい腕になります。

当時玩具通りの合体だと、いかにもグレートな合体形式で、重武装のフォルムが出来上がりますが。


Dscn3502

いろんなパーツを外したり組み替えたりして、プロポーション重視に組み替えることもできます。かなりのパーツが余りますが、映像のグレートファイバードは確かにこうでした。また腿には、延長用のマッシブなパーツを挟み込み、長さと逞しさを確保しています。


Dscn3506

こちらも引き出し関節がどうかしてるくらい伸ばせるので、グレートフレイムソードもバッチリ構えられ……


Dscn3510

大張先生一刀流!もできます。

最近のSMPは、当時玩具を彷彿させる合体遊びもでき、映像イメージのフルアクションもでき、もうほぼ文句なし!という段階に来ていて感動します。また材質的に、ガンプラなどに用いられるものよりもたぶん弾性の高いものが使われているので、変形合体をさせても壊れにくいのもありがたいです。そこがあくまで「ミニプラ」にこだわる理由なのでしょうか。

| | コメント (8)

2022/01/16

ダブルオー再起動

Dscn3079_20220116110001

13年くらい経ってようやく完成した……


 Dscn3156

1/60Scale PG ダブルオーライザー(ダブルオーガンダム+オーライザー)。買ってから長い事経過しましたが、ようやく完成しました。初回限定のカラークリアパーツと、通常装甲をミックスして製作しています。なんとなく「粒子励起直前」なイメージで塗装しています。


Dscn3084Dscn3098

まずは基本となるダブルオーガンダム。頭部のLEDが発光、また両肩のGNドライヴは押し込むことで回転、発光、明滅します。


Dscn3104_20220116105901 Dscn3111_20220116105901

巨大なGNソードⅢは、ガンモードからソードモードに変形。緑色の部分はクリアパーツです。腰の2本のGNソードⅡも、ほぼクリアパーツを使用、裏から銀を吹いたりして立体的に見せています。


 Dscn3089Dscn3096

GNシールドはGNドライヴ下部に接続したり、上下で合わせて巨大な盾にすることもできます。先端が伸長、格闘戦にも使えます。これも先端部分はクリアパーツの方を採用。


Dscn3109Dscn3115

各部の可動域はさすがにPG、やたら広い上に、重量のかかりそうな膝やひじ・肩などには、GNコンデンサ内部にプッシュ式ラチェット機構が組み込まれています。普段はロックがかかっており、コンデンサ部分を押し込むまでは回転しないようになっています。これはなかなかいいシステム、特に全身が重いPGでは効果的。

……と思ったんですが、これが意外と面倒くさくてね。特に、他の部分はまだしも、肩の左右方向への回転は大変です。というのも、もともと肩アーマーで回転部が覆われている上に、ダブルオーはその横にツインドライヴがついていますから……。肩を動かすためには、まずGNドライヴを後ろに避けて、さらに肩アーマーを跳ね上げて、コンデンサ部分を押し込んで、ようやく回せるようになるのです。ちょっとここらは設計が古いせいか、難儀な点です。


Dscn3121

またそれだけでなく、GNドライヴ接続部分にもちょっと問題があります。割と重い太陽炉を支えているのは薄いアームですが、ここの中心部の材質が金属パーツではなく、薄いABSが採用されています。これはいつか割れるんじゃないか?と思っていたら、案の定砕けました。真鍮線で修理しましたが、やっぱりちょっと可動には不安が残ります。


Dscn3167

続いて支援機・オーライザー。武装以外はほぼカラークリアパーツを使いました。シャープなシルエットがカッコいい。


Dscn3166

各種武装は左右のバインダーにジョイントでしっかり搭載、いい感じで飾っておけます。

そしてこの2機が合体したのが……


 Dscn3142

最強のダブルオーライザー。綺麗だなクリアパーツ!(自賛


Dscn3128 Dscn3132

背部にオーライザーの本体が背中合わせに合体、バインダーは分離して、GNドライヴ部分に装着されます。


Dscn3150

しかしそのために、先ほどの薄いアームにさらに負荷がかかるため、折れそうで心配。ヒヤヒヤしながらポーズ付けをしています。カッコいいんだけどね!動かすだけでストレス(アームにも私の心臓にも)かかるよ!


Dscn3164 Dscn3163

結局一番安心して遊べるのは、GNドライヴ部分を排除した状態。いやこのエクシアカッコいいな!(違)
やっぱシンプルなのが一番だ(ひどい


Dscn3169

何にしてもようやく、デカい箱が片付いて良かった良かった。まあこれを完成させる前に、積みプラは数十個増えたけどしょうがないよね!

| | コメント (0)

2021/10/23

さあ!さあ!逆転!

Dscn2567_20211023183201

ここから悪は通さない!


Dscn2549

SMP(SHOKUGAN MODELING PROJECT=もうスーパーミニプラじゃないのね)・トッキュウザウルスセット。「逆転イッパツマン」の逆転王と、リリーフドンが作れるセットです。かなりの部分を合わせ目消し、塗装をしていたので、結構時間がかかってしまいました。そしてトッキュウザウルスの頭部はクリアパーツが汚れそうだったので、何もしていません。


Dscn2555

タイムリース社のランやハル坊が危機に陥るとき、弾丸ヘッド号が飛来し、逆転王が登場します。このアイテムでは、手首以外は完全変形、合体変形をきちんと再現しています。


Dscn2560

トッキュウザウルスのボディが分離、畳んでいた両足を伸ばします。


Dscn2561

両腕を開き、ボディが展開するスペースを確保、前面が開いて背中に回ります。


Dscn2563

背部に回った部分は大型のブースターとなり、中から翼とバーニアが回転して現れます。


Dscn2564

後ろに「TZ」の文字が残りますが、この部分は取り外して上下回転させることで、エンブレムを隠すようになっています。


Dscn2565

弾丸ヘッド号の噴射エフェクトは付属しますが、残念ながらスタンドはありません。この写真では他の物(ダグオンのやつ)を流用しています。


Dscn2566

逆転王の完成!実にタツノコメカらしい、ヒロイックで迫力のスタイリングです。


Dscn2559

トッキュウザウルスの残った部分は、カーゴを中に取り込み、リリーフドンとなります。その名の通り、逆転王を助ける・・・ことも時々あった・・・サポートマシンです。上に逆転王を乗せることもできます。玩具オリジナルだったような気もするけど。


Dscn2571

正義刀と逆転シールドが付属、強靭な保持力でポーズ付けができます。この大型の逆転シールドは、全部パーツが色分けされており、組み立てるだけでほぼバリ部分が隠れてしまう、モデラーに優しい設計。


Dscn2568

SMPの名に恥じない、広い可動域と引き出し関節を持っている上、変形の都合により翼は非常によく動くので、本編ではやらなかったようなダイナミックなポーズも付けられます。

Dscn2573_20211023161401

いかにも動きそうにないデザインなのに、腿なんか腰より上にあげられますからね・・・。


Dscn2575 

魔伸棒は殴打用の短いものと、鞭のようにしなった2種類が用意されています。至れり尽くせりですね。


Dscn2569

時間がかかってしまいましたが、それだけの手間をかけた価値があったなという気がします。合金トイももちろん大好きですが、何より「SMPにタイムボカンシリーズが選ばれるとは思わなかった」ものでね。もともとバンダイさん扱いでなかった勇者ロボが参戦した今、三冠王、そして大馬神も期待しています。

| | コメント (4)