« 鋼獣の王 | トップページ | 争いはSTOP IT »

2018/10/14

驚異のロボット誕生

Dsc_5852

いつでも彼は やってくる

 

Dsc_5858

超合金魂GX-70SP、マジンガーZ D.C.Anime Color。
もうとにかく、この色合いだけで、すべてを物語っています。 付属武器とか説明するより、とにかく雰囲気を味わっていただきましょう。

 

Dsc_5851 Dsc_5854 Dsc_5855 Dsc_5857 Dsc_5856 Dsc_5859 Dsc_5861 Dsc_5863

各種武装はほぼ網羅、安定の可動と遊びやすさを誇ります。また顔パーツと腰前部パーツは差し替えで、それぞれ起動前を再現したり、可動域を広げることができます。

 

Dsc_5869 Dsc_5871

玩具としても非常によく考えられていて、ネジ穴とかほとんど目立たないよう、一個ずつパーツで隠されています。その上、ジェットスクランダーと合体する背中のジョイントは、穴をふさぐパーツなどありません。スクランダーの凸ジョイントを押し込むと、自動的に装甲が引っ込むようになっているのです。なんでしょうこの気配り(落涙

 

Dsc_5867
「スーパーロボットらしい超合金」は、今までもいっぱいありました。
「アニメ放映当時の玩具」らしいマジンガーも、たくさんありました。
しかしこの色合いとスタイルで、実はちゃんと超合金というものは史上初!(たぶん)
ずっしりした手応えと、マットな質感のギャップにくらくら来ますが、「あの時の色・スタイル」を忠実に再現したその姿は、本当に心を打たれます。

この気持ち、っていうかこの記事ね、もしかしたら、あの時代を通過した人間にしか分かんないかもしれません。でも、それでも全然かまわないとおもいます。
だってこの雰囲気こそがね、「僕らのロボットなんだ」よ!
今でもこの胸に、ロケットパンチが刺さったままの、「僕らが憧れたマジンガー」なんだよ!

|

« 鋼獣の王 | トップページ | 争いはSTOP IT »

鋼鉄の凱歌」カテゴリの記事

コメント

時速60㎞の疾走を見て気づいたんです。
腕の振り方がルパン三世を追い走る銭形まんまだと。
ジェットスクランダー開発を巡る攻防は燃えますよね。
光子力研究所のプール、本来は浄化槽なのを作画陣が勘違いしたんだとか。
などと蘊蓄ホザきつつ、これはよいものだ・・・・

投稿: 銀河寒風サムイガー | 2018/10/16 22:10

自分も買いましたよこれは!
まあイベントでなくプレバンの先着販売ですが
ともかくこれは素晴らしいですわ
元のやつのいかにも超合金らしい輝きも良いですがね
なんにせよ何でこの発想がもっと早く出なかったかなーと
個人的にはグレートマジンガーやグレンダイザーのアニメカラーより“この”色のマジンガーZで前にプレバンで出たダメージバージョンが欲しいです

投稿: アイドルマスターガンダム | 2018/10/14 22:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59744/67274224

この記事へのトラックバック一覧です: 驚異のロボット誕生:

« 鋼獣の王 | トップページ | 争いはSTOP IT »