« THE SECRET OF BLUEWATER | トップページ | 驚異のロボット誕生 »

2018/10/03

鋼獣の王

Dsc_5818z
Dsc_5794

なんだこのカッコ良さ・・・。

 

Dsc_5785

トランスフォーマー POWER OF THE PRIMES、プレダキング。
サイバトロンの前に幾度も立ちはだかった、最強合体兵士の獣王が、完全リニューアルされて帰ってきました。

かつての商品は、そのボリュームと遊び甲斐から、プレ値キングと呼ばれるほど人気がありました。しかしこの新作は、それをはるかに上回る出来の良さと遊びやすさ!ちょっと今回感動しましたのよ。いやマジで。

 

Dsc_5800 Dsc_5806

まずは航空部隊、ダイブボム。カラス(?)から人型に変形します。原典よりもかなり翼が大きくされ、また「箱!」という感じだったロボットモードも、かなりヒロイックになっています。ちょっと胴が長いけどね(禁句)。

 

Dsc_5803 Dsc_5811

続いてヘッドストロング。サイから変形します。かなりずんぐりむっくりなサイですが、それはお腹に、合体時の腿と腰になるパーツを畳んでいるためです。今回のこいつは、「膝から下」じゃなくって、「右の腰から下」全部を形成するのです。
ビーストモードの背中のパーツは、合体時に足首と手首を形成するのですが、ロボットモードの時は肩に担いで武器にします。なんだか、海岸でラジカセ担いでる、陽気な外国の人みたいね。

 

Dsc_5801 Dsc_5807

ランページ。ヒョウ(?)から変形しますが、ビーストモードの時、うつむき加減なのが気になります。なんか内気な獣だねぇ。
彼もお腹には、合体時に肩になる関節を、丸ごと抱えています。

 

Dsc_5797

先ほどのヘッドストロングの武器ですが、足首パーツの中に、手首が収納されるようになっています。同様のパーツは後述のトロックスと1個ずつ分担、他の連中は純粋な武器だけを携行します。
この足首パーツですが、おのおののロボットモードでは、肩に武器として取り付ける以外の個所はなく、いつも肩から担いでいないといけません。

 

Dsc_5812

・・・のですが、実は背中に回した「合体時の腿と腰」のネジ穴に、セットしておくこともできます。説明書には書いてないし、正規の遊び方ではないので、破損しても責任取れません。お試しは、自己責任でお願いします。
後ろにつけると、重すぎて自立が難しいですしね。

 

Dsc_5814

しかしそれを逆手にとって、
「俺が持つ!ぶっ放せストロング!」
「頼むぜランページ!うぉぉぉぉ!」
砲撃時には味方に支えてもらうという「戦隊バズーカ」ごっこもできます。

 

Dsc_5799 Dsc_5810

他の連中の紹介に戻ります。
合体時に中核をなす、レーザークロー。鋼鉄のライオンから変形します。やっぱり胸ライオンは、ヒーローっぽい感じになりますねー。

 

Dsc_5809

このライオンヘッドの中に、プライムマスター・オニクスプライムが入っていて、マトリクス部分は人型にも変形します。

 

Dsc_5802_2 Dsc_5808

最後はトロックス。牛から変形し、合体時は左腰以下全部を担当します。構造は、ヘッドストロングとほぼ同じです。

 

Dsc_5804

さていよいよ合体。
貴様らにも味わせてやるぜ!プレダキングの恐ろしさをなぁ!

 

Dsc_5798

ダイブボムは、翼と本体を取り外します。この翼部分は、お腹と腰中央も担当しています。
レーザークローの方は、たてがみと頭部を展開します。腹部両横に機銃が配置されますが、このサイズでも、「サイバトロンの雑魚どもを薙ぎ払う」には十分なんでしょうね。

 

Dsc_5795

ダイブボムの残りとランページは、それぞれ肩から先を担当します。合体ジョイントは、肩の可動関節とは別個なので、合体後も非常に強固に接続され、安心して動かせます。

 

Dsc_5796

ヘッドストロングとトロックスは、腰から下の半分になります。こちらも、腰の可動関節は非常にかっちりしており、5体合体後も全く不安なく動かせます。

 

Dsc_5792

そして完成!プレダキング!
全長約45㎝、超巨大でヒロイック、痺れるほど素敵!

 

Dsc_5786

なんじゃこいつ!主役メカか!と思えるほどのカッコ良さ。やっぱ胸ライオンはヒーロー(略

 

Dsc_5791 Dsc_5790 Dsc_5788

他のスクランブル連中と異なり、手足担当を固定することで、合体時の安定性・可動の信頼性は格段に上がっています。かなり無茶なポーズを付けても、分解しそうな恐れは全くありません。
また変形・合体時に、様々なジョイントで形態を維持するのですが、それがまた上手いことモールドに擬態しているので、「ええっ、ここジョイントだったの?」みたいな発見がいくつもあります。

 

Dsc_5827

だいたいね、登頂45cmに届くような「合体ロボ」が、こんなポーズ付けても全く破綻しないどころか、このままきちんと自立してるなんて、もう常識のアウトオブ眼中ですよ。
サイコーだぜアンタ!

Dsc_5784

「デカいのにバラけにくく、安心して遊べる」ことが、こんなに気持ちいいとは!
個人的には、数あるトランスフォーマーの中でも、5本の指に入る傑作だと思います。

 

追記:

コメントにもありましたが、こいつが持てる剣が付属しないのだけは、とっても残念。
というわけで巨大剣を探し、ゴッドファイヤーコンボイのアレを持たせたところ。

Dsc_5819 Dsc_5815 Dsc_5821

もうお前が主役メカでいいわ。

|

« THE SECRET OF BLUEWATER | トップページ | 驚異のロボット誕生 »

合体魂」カテゴリの記事

コメント

家族が寝静まった夜 こっそり箱を開けてると
とても凄い ものを 見たんだ

大人はみんな笑いながら なんかを捨てろというけど
僕は絶対に 絶対に そんなこと できない

いかんシャレにならん(笑)

投稿: 腰原仁志 | 2018/10/08 20:21

憧れのキャラだったのでお迎えしましたが、やヴぁいですね
かっこよすぎます
なにより……

店「置き場が無い(オキバガナイ)」
ユーザー「置き場が無い(オキバガナイ)」
店&ユーザー「ホントのこーとさー」

なそのサイズが魅力的すぎます

やはりロボットおもちゃは、
デカイっ重いっ邪魔っが最大のステイタスですな

投稿: カーネル大佐 | 2018/10/08 01:27

>デバスターの時以上にワクワク感が半端ない

とにかく遊んで安心、見上げてうっとりな設計がたまりませんね。特にデバスターもそうでしたが、肩の合体部分と可動関節が別物なので、安定感があるのが非常にうれしいです。

>あちこちで「ラジカセ」に引っ掛けられてますね(笑)

やっぱみんな、そう思うんですね(笑)

>ウチのカミさんの計らいのおかげで購入する事が出来ました。

なんと理解度ある奥さん!羨ま(略

そしておっしゃるとおり、剣がないのは寂しすぎたので、あの例の一番でかい剣を持たせてみました。もう、サイバトロンの雑魚どもがコイツに勝てるわけない、という感じになりました。

>ミラクルビッグブロー!

ノックアウトだぜ!

>「COOL!COOL!COOL!!」

YO!YO!

投稿: 腰原仁志 | 2018/10/07 05:15

ラジカセ担ぎというと「COOL!COOL!COOL!!」って浮かぶ。

投稿: ズッツトン | 2018/10/06 20:24

ガチでデカさが半端ないですね(感嘆)
ヘッドストロングとトロックスのラジカセに他の誰かを跨がらせてブレー…プレーダーカノン♪波動砲♪いや違う(汗)
ラジカセコンビだけで合体してミラクルビッグブロー!いやこれも違う(汗)
ホント、最高に置き場に困る逸品ですよね。

投稿: 銀河寒風サムイガー | 2018/10/04 10:29

早速レビュー拝見いたしました。

トロックスとヘッドストロングの武器担ぎは
あちこちで「ラジカセ」に引っ掛けられてますね(笑)

自分も購入できたのですがシール多かったり
手首のトゲや合体時の手持武器(剣!)が無い等の
気になる点はあるものの
タイタンクラスというサイズからくる圧倒的な存在感。
適度な変形難易度、そして合体ロボとは思えぬ可動範囲と
自分の中では今年No.1ともいえる大満足の玩具ですね。

で、実は自分は購入断念してたんですが
ウチのカミさんの計らいのおかげで購入する事が出来ました。
もう感謝しかなく足向けて寝れません(笑)

投稿: ウィンド | 2018/10/03 22:06

レビューお疲れ様です
ウチにも届きました!
今までは中華産のやつで満足してましたが、やっぱ本家は違うなー
もう可動範囲がどうとか、脚組が背中にデカイ腰から太腿にかけてのパーツ背負ってるとかそんなんどうでもよくなる圧倒的存在感!
ある意味デバスターの時以上にワクワク感が半端ないです

投稿: アイドルマスターガンダム | 2018/10/03 21:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59744/67234060

この記事へのトラックバック一覧です: 鋼獣の王:

« THE SECRET OF BLUEWATER | トップページ | 驚異のロボット誕生 »