« 2018年4月 | トップページ

2018年5月

2018/05/12

熱い心に不可能はない!

Pgfc
誰もが輝く、命一つ!
 

Dsc_5036 Dsc_5044
トランスフォーマーアンコール、カーロボットサイバトロン総司令官・ゴッドファイヤーコンボイ。
写真のファイヤーコンボイと、下のゴッドマグナス、そして全長60㎝のスーパーゴッドソードのセットです。
 

Dsc_5037 Dsc_5033 Dsc_5034
十数年前のアイテムの復刻版ですが、それぞれ玩具としての楽しさは、当時から超一流。今回はそこにさらに磨きをかけ、新規録音のサウンドや当時キャストのセリフまで収録された、決定版として帰ってきました。

はずだったんですが。

パッケージや音声ギミックの欠陥、さらに各部パーツの様々な組み立て間違いなど、なんか驚くほど不具合が多発。とうとう返金処理対象となってしまいました。
うちのも実は、マグナスの蓋がちゃんと閉まらないという不具合がありましたが、ゴッドファイヤーコンボイの頭部を組み立てなおしたら直りました。
 

Dsc_5031
それ以前に、元々の玩具自体も、「単体だと素晴らしく楽しいんだけど、超巨大合体をするとトホホ」な部分がありました。
なんせ合体後は・・・。
 

Dsc_5022
・胸部にボリュームがありすぎる
・反対に、腰が貧弱すぎる
・腕が長すぎる
・相対的に、腿が細く、足が短く見えてしまう
・肩が脇の下から生えているように見えてしまう

など、プロポーション的には今一つ二つ三つ四つ、残念な部分が多いのです。

Dsc_5023
また合体後、腹部の隙間が大きく、巨大な胸の装甲を支えきれずにパーツが取れやすかった、などの難点もあります。 「ファイヤーコンボイと、ゴッドマグナスが、本当に握手をして合体する」のを再現した合体システムは、実に素晴らしいんですけどね。

いやそんなことより!
 

Dsc_5025 
・超巨大合体後は、ファイヤーコンボイのトランスリベア部分が、丸ごと余る

これが一番の問題でしょう。何のための強化パーツだ、って話です。

この問題については、番組放映当時から言われており、何とかして全パーツをくっつけようとする方も大勢いました。もちろん、私もその一人です。
しかしちゃんとくっつく機構なんかもちろんないので、ただ載せてたり、両面テープで張り付けたりして「俺合体」をしていました。

今回の返品・返金騒ぎがあった際、私の中の眠っていた「やっちまエース」が目を覚ましました。

「返すくらいなら!」
「やっちまえー!」


というわけで、本体全部に合体ジョイントを新造、さらに補助パーツを作成し、トランスリベアなどすべてのパーツを組み合わせた
「パーフェクト・ゴッドファイヤーコンボイ」
を作ってしまうことにしたのです。
 

Dsc_5026
まずは脆弱な腹部と腰、腿をどうにかするため、レゴで変形ジョイントパーツを模索します。
 

Dsc_5027 Dsc_5028
ヒンジで畳んだ腹部補助パーツに、リベアパーツの一部(ファイヤーコンボイの両腕)を展開、合体させます。こういう機構を考えるとき、レゴは本当に便利ですね。
 

Dsc_5029
腹部に取り付けてみたところ。
単にヒンジで曲がっているだけで、特にジョイントで固定していませんが、この後ゴッドマグナスの胴体パーツが上からかぶさりますので、そのまま十二分に保持できます。
また通常のファイヤーコンボイ状態でも、この補助パーツを取り付けたままで、問題なく運用できます。(撮影忘れた)
 

Dsc_5041
マグナスの膝裏(ゴッドファイヤーコンボイの足裏)には、こちらもレゴとジャンクパーツで作った、合体ジョイントを埋め込んでいます。凸ピン部分は2重関節で、普段は足裏に畳んでおけます。
ここにそれぞれ、ファイヤーコンボイの両足首パーツを合体させようというわけです。
 

Dsc_5038 Dsc_5024
さらにマグナスの翼部分に、3mmの穴をあけます。車状態だと、ほとんどわかりません。
そこに、ヘキサギアの5mm→3mm変換ジョイントを付け、改修完了。
言い忘れましたが、先ほどの腹部補助パーツは、合体時以外はマグナスのトレーラー部分に放り込んであります。こういうとき、運搬系のトランスフォーマーは便利(笑)

さて!

これで合体させてみると、どうなるのでしょうか!
 

Dsc_5017
完成!
超弩級合体パーフェクトゴッドファイヤーコンボイ

見たかデストロンガー!
これが本当の、サイバトロン総司令官の姿だ!(知らんけど

貧弱だった腰、腿をカバーし、さらに腕の長さに釣り合う脚部を確保しています。また肩アーマーが大型化されたことで、脇の下から生えてるように見えていた腕も、なんだかちゃんと付いているように見えます。場所は全然変わってないので、ただの錯覚なんだけどね!


Dsc_5020x
比べてみると一目瞭然!
プロポーションはもう雲泥の差だと思うのですが、いかがでしょう(ドヤ顔
まるで、最初からこういうプロポーションを想定して、設計されていたかのようですね!(有頂天

肩のアーマーは、ファイヤーコンボイの肩アーマーを、90度倒してはめ込んだだけです。腰は先ほどの補助パーツセット、脚部は、マグナスの足の下にファイヤーコンボイの足をジョイントで合体させています。
「長靴を履いた上から、また下駄を履いている」ようなもんですが、カッコいいから別にいいよね!いいよね!

Dsc_5049
さらに、全合体する上での最大の難物・・・どうにも余剰パーツにしかならなかった、ファイヤーコンボイの胸と頭とはしごを、マグナスの翼部分に、先ほどのジョイントで強固に接続できるようにしました。本体のつっかえ棒代わりにもなるので、安定して立たせておくことができ、一石二鳥です。
 

Dsc_5021
はしごキャノンは、前面に展開することもできます。この状態でも(意外なことに)しっかり自立できます。
それにしてもデカい!60㎝のスーパーゴッドソードとほぼ同じサイズになりますので、自分で言うのもアレですが、圧倒されます。撮影台の天井、突き破ってるからねぇ・・・。
 

Dsc_5021x Dsc_5020
GW潰して、改造し続けた甲斐があり、自分の中では一、二を争う満足玩具になりました。返金しちゃうなんて勿体ないよ!こんなに遊べる玩具なんて、そうそうないんだから!
さあ皆さんご一緒に!

「ファイヤー!」

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018/05/03

輝く未来を~~~~~~、抱きしめて!

Dsc_4938a
「知恵のプリキュア!
 キュアアンジュ!」

Dsc_4931
プリキュアスタイル・キュアエール&キュアアンジュ。(それぞれ別売)
いわゆる、リカちゃん人形タイプのドールです。

Dsc_4929 Dsc_4930
以前のキュアソードたちより一回り小さくなっていますが、その分格段に可愛くなっています。エールが似てるかと言われると首をかしげますが(どっちかというと、セーラーちびムーンみたいな気もする)、可愛いことだけは断言。
そしてアンジュは、可愛い上によく似ています。
どっちも、こうやって棒立ちしている分には、まぁふつーのお人形さんです。

しかし!
うちに来たからには、さっそくアレやってもらうぞ!
そう、SUGEKAEだっ!

というわけで、エールはピュアニーモ素体、アンジュは一回り大きいなんかの可動素体(忘れた)に、お着替えをしてもらいました。
するってぇと。

Dsc_4933 Dsc_4941
ななななんじゃと!
なんか突然、可愛さ天元突破!
なんかこう、ズギューンと来たぜズギューンと!

やっぱドールは動きが付くと、全然違うね・・・。

Dsc_4936 Dsc_4940
エールの元気らしさ、愛らしさも実にいいのですが、このアンジュのズギューンさっていったら、もうどうしたらいいんでしょう?アンジュたんマジ天使。

Dsc_4935 Dsc_4937 Dsc_4943
こうやってみると、もう、とにかく私のバカさ加減を呪わずにはいられません。
「なんでエトワールも買わなかったんだよ!」

Dsc_4938
はいすいません、すぐ買ってきます。
それにつけても、アンジュたんマジ天使。癒されたー。癒されたー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2018年4月 | トップページ