« V!V!V!ビクトリー! | トップページ | スター登場 »

2018/01/08

絶叫・俺の腕を返せ!(追記)

さて。

先日発売された、天下無敵の頂上商品・DX超合金魂コンバトラーVですが、どうしても残念なことがありました。

・合体時の手首が差し替え
・可動指が付属しない

です。

だがノープロブレム!
ないものは作ってしまえ!
それがいつものポリシーですので、やっちまいましたよ!

Dsc_4328
合体から戦闘まで全てをこなせる、差し替えなしの可動手首だ!
みたかガルーダ、オレアナよ!これがコンバトラーVの力だ!

Dsc_4236
どうやって作ったのかというと、大して難しい加工はしていません。必要なのは根性と、ちょうどいいジャンクパーツだけです。

Dsc_4305
最初は、某ジェイダーの手首(写真下)を加工しようと思っていたのですが・・・大きさ的にはちょうどいいので・・・、これがまた、材質が凄く硬い!
凄く大きい、凄く硬い手首だ!

というわけでさっさと諦め、PG(パーフェクトグレード)のガンプラを試すことにしました。写真上の、ウイングガンダムゼロの手首です。

これをいろいろ試したところ、大きさとしても、可動の信頼度としても結構良さそうなので、この線で行くことにします。ゼロは指が白いので、実際に芯として使用するのは、ジャンクパーツが残っていた、初代RX-78ガンダムにしました。

Dsc_4308 Dsc_4309
ただしそのままでは、PGガンダムの手首を、コンバトラーの腕につけることはできません。そこで、コンバトラーの合体ジョイントと、ガンダムの手首に相当する部品をレジンで複製、差し替えて使います。極細のボルトとナットで 繋ぎ、さらに保持力を上げるため、中にスプリングを仕込んでいます。

Dsc_4310
試作品を試したところ、ちゃんと合体状態を保持でき、またポーズを付けてもしっかり維持できています。大きさもいい感じ。

さて、これからが一番、根性を必要とするところです。

PGガンダム・・・というか最近のロボの指はみんな、ほぼ四角柱です。しかし「あの頃」のロボはみんな、断面が丸い指でしたよね。
他のロボは我慢するにしても、コンバトラーの指先は丸、しかも銃口のようになった筒状です。やっぱここを再現しないと、超電磁ロボらしさが欠けてしまいますね。

Dsc_4311
そこで外径5㎜、内径4.2㎜程度のプラパイプを加工、小さく切り出して、指の1個1個の節にはめることにしました。指先にはさらに、MGザクの動力パイプを付け、ディテールアップします。
言うのは簡単ですが、これフル可動指なので、節は片手だけで10個、指先は5個必要です。全長わずか5㎜程度のものを、両手分だから全部で30個、切り出して加工し、両端をやすり掛けすることになりますね。

バカじゃねーの?やってられるか!!!!!

Dsc_4312
だがやっちまったよ!!

ついでに言うなら、どうせ塗装とか加工の段階で、数個どっかへ消し飛ぶのは火を見るよりも明らかなので、予備も入れて40個くらい作ったよ!
これを1個1個、両端をやすり掛けしたよ!
案の定、3個ほどどっか飛んでったよ!

Dsc_4314
そしてこれを塗装するよ!
案の定、4個ほどどっか落っことしたよ!

Dsc_4315
そしてはめ込んでみたよ!
案の定、3個ほど割れたよ!ほーら計算通り、40個ちょうどだ!(落涙

Dsc_4318
しかし、苦労しただけのことはありました。やっぱコンバトラーの指は、こうでないとね。
PGガンダムの手首は、縦の可動部があり、手のひらをほぼ正面に向けることができるので、つかみかかるようなポージングができるのも大きいです。

Dsc_4321_3
超電磁ヨーヨーも何とか持てます。ジョイントを付けて、きちんと保持できるようにもしようかな。

Dsc_4324 Dsc_4325
合体前も、ちゃんとそのままワンダーレスト内に収納できます。さすがに指を折り、握り拳状態にしないと全部入りませんが、これはサイズ的にしょうがないですね。指を伸ばしたままで収納するのなら、デフォルトの非変形手首があるわけだし。

Dsc_4323
変形後の大きさ的には申し分なし。ああ。3連休つぶした甲斐があったわ・・・。

Dsc_4329_2
ところでこの記事のタイトルですが。
もちろん、本編の第7話のタイトルに引っ掛けてあるのですが。

「・・・俺の腕を返せ・・・」
いやすまんすまん。テストに使って、そのまま戻してなかったわ>ゼロ手首。

|

« V!V!V!ビクトリー! | トップページ | スター登場 »

合体魂」カテゴリの記事

コメント

>可動指がないとの指摘が一番多かった

ですよねー。説明書の初期設定には書いてあるので、やっぱり諸事情で断念したようですね。
確かに「指を引っ張り出す」機構だからしょうがないんですが、じゃぁスプリング一発で手首が出るようにすればよかったんじゃ・・・とかも思ってしまいます。

>ボルテスも企画中

これやったら、次はもうしょうがないでしょうね。っていうプレッシャーが凄い、とも言われえましたね。

投稿: 腰原仁志 | 2018/01/28 11:41

今頃すみません。

むむ・・筆舌に尽くしがたい作業でしたね。私にはとても無理っぽいです。

公式見てみるとやはり可動指がないとの指摘が一番多かったらしいです。開発者談によると、バトルクラッシャーでの指をそろえた状態を優先した、収納することで指の関節が外れるのではないか?手首が出せなくなるのではないか?との懸念から見送ったそうです。ただ、「差し替えなら考えてもいい」とかコメントがありましたが、「マジか・・このコンバトラーを2個買いする人いないでしょ!」と思ってしまいました。ボルテスも企画中のようです。

投稿: メカ・パレス | 2018/01/23 21:41

MGジオングも考えたのですが、持ってないのでググってみました。
どうやら、指は動くけど握るまではいかないようです。
そして何より、完成したパーフェクトジオングがメガサイズガンダムとほぼ同じ大きさ(笑)だったので、これはオーバースケールかなと。

投稿: 腰原仁志 | 2018/01/16 05:34

スゲェな!(素直に感動)

ところで今思いついたのですが、MGジオングの手首なんか合いそうな気がしますね。(確か全関節可動だったはず)

まあジオングもこのコンVも持ってないので適当に言ってますが(笑

投稿: 腰原(弟) | 2018/01/13 21:44

 ああ、やはりガンダムの呪いの言葉がかけてあったのか……緑川さんの声で聞こえてきたw
 しかし大変な作業ですね。これはまねしづらい。どうしたもんかなぁ。キングジェイダーの手は考えましたが、確かに硬めですね。ってまんま切ったのか。もったいなくて私にはできない。凄いな。


 そうそう、あれから第7話調べたら、TVでは銃で撃たれたんですね、腕。切り落とされたのは漫画版だった。すっかり忘れてた。漫画では機械的義手だったけど、TVでは人工細胞で補完したみたいで、いまやそっちがSFぽいな。

投稿: やずみ | 2018/01/10 23:41

こうやって作りました!
もう2度とやりたくありません!(お

投稿: 腰原仁志 | 2018/01/10 22:13

ジャネラ・ワルキメデス・ダンゲル「…あの~(チラッチラッ)」
殊にワルキメデスと来たらガルーダと中の人が同じとは(ry
「無いなら作ろう」イイと思います!

投稿: 銀河寒風サムイガー | 2018/01/10 05:23

サイコガンダム系の手に見えるけど、GFFでもHGUCでもないですよね?メタコン?

投稿: L | 2018/01/10 02:03

 あ、今タイトルに気づいたけど、これ豹馬が腕切られたときのタイトルか。てっきりパーツ取られたPGガンダムの台詞かと思った。
 「絶叫」なんてわざわざ書いてたので変だと思ったわ。

投稿: やずみ | 2018/01/09 22:21

 私もザクパイプは連想しましたが、これ1/100でしょうか。

 一回り大きめになってるから、指折らないと収納できないのか。でも手が小さいと迫力にかけるし、難しいものですねえ。

投稿: やずみ | 2018/01/09 21:54

可動指が付いてないとは盲点でしたね。ムム残念。
で、関節が金属っぽく見えるんですけど、何を使って自作されたのですか?

投稿: メカ・パレス | 2018/01/08 23:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59744/66257150

この記事へのトラックバック一覧です: 絶叫・俺の腕を返せ!(追記):

« V!V!V!ビクトリー! | トップページ | スター登場 »