« ビルドアップ! | トップページ | 復活のダイノベース »

2017/09/24

真・メカゴジラ1993

Dsc_3507
比率はこんな感じかな?

Dsc_3506
超合金・魂MIX・メカゴジラ(生頼範義ポスターver.)。
1993年の映画、「ゴジラ×メカゴジラ」に登場した、Gフォースの切り札です。

しかし映画をご存知の方なら、
「あれ?これ、あのメカゴジラとデザインが違うんじゃね?」
と思われることでしょう。 私は上で嘘つきました。

本当は
「1993年の映画、『ゴジラ×メカゴジラ』に登場しなかった」メカゴジラです。
当時の劇場ポスター(生頼範義先生画)に、どう見ても合体メカとしか思えないものが描かれていましたが、結局映画には出てきませんでした。製作の段階で、メカゴジラのデザインが修正されてしまったのですね。昔はそんなこと、よくありました。

Dsc_3479
ところがあれから20数年を経て、その「出てこなかった」メカゴジラを、設定も新たに立体化してしまったのが、このMIX版なのです。
当然変形合体が用いられ、3機のメカに分離して梱包されています。

Dsc_3486 Dsc_3487
まずは主力となる(んじゃないかな)空戦機、ガルーダ。
メカゴジラの首や翼、尻尾となり、翼部は2か所が可動、ローターも角度を変えられます。まるで空中要塞ですね。

Dsc_3480 Dsc_3485
続いて胴体と腕部、ガンダルヴァ。指のロケット砲が印象的です。
しかしケーブルとか露出してますが、こんなんでゴジラに立ち向かって大丈夫なんでしょうか。いや、この方がカッコいいけどさ!

Dsc_3483 Dsc_3484
最後は、下半身を形成するナーガ。後部に砲塔があり、たぶんメーサー殺獣光線が発射できます。膝の部分の砲塔も動きます。

Dsc_3490
ガンダルヴァは、下部のキャタピラ部分を折りたたむと・・・。

Dsc_3491
ナーガと合体することもできます。全力砲撃!な感じがいいですね。

Dsc_3492
少し角度を変えると、ガンヘッド的でこれもまたカッコいい!
なんかすごいな、このアイテム。 おらワクワクしてきたぞ!

それではいよいよ、メカゴジラへの合体シークエンス開始と行きますか。

Dsc_3493 Dsc_3494
ナーガは車輪を各部に収納、各種装甲を展開して、どっしりした下半身になります。普通に戦車っぽかったシルエットが、メカゴジラのフォルムになるのはちょっと感動。

Dsc_3495
ガンダルヴァはナーガとの合体モードのまま、さらにいろいろ装甲を回してきて、上半身に変形。

Dsc_3497 Dsc_3498
合体すると、武骨なウォーカーマシンみたいになります。これもこれで、かなり面白いフォルムですね。

Dsc_3496
さらにガルーダから、首と尻尾を展開、胸の装甲を前に回して3機合体!

Dsc_3499
真・メカゴジラ1993(そんな名前かどうかは知りません)の完成!
うわははは!これ凄い!なんか夢のアイテムだよ!

Dsc_3504
各関節は結構動き、メカゴジラらしいポーズなら十分に取れます。翼も基部から動くので、格闘戦の邪魔にはなりません。

Dsc_3508
さらにそのまま、飛行モードにも変形できます。首を差し替える必要もありません。
なんかコイツなら、ゴジラをコテンパンにできそうな気がするぞ!

Dsc_3503
思い起こせは20数年前。
私はこの「ゴジラ×メカゴジラ」を結構楽しみにしていて、前情報ほとんどなしで、劇場に向かいました。劇中、メカゴジラと人類は危機に陥りますが、私の頭の中には楽勝ムードが漂っていました。

「ふっふーん!へーきへーき!
これでメカゴジラ1号機が大破して、2号機が超然と登場!合体!って手筈だからね!」
と。
もちろん、例のポスターしか頭になかったので、完全にそう思い込んでいたのです。

そして結果は、上述の通り。
あの見終わった後の
「え? え? えええ?」
という気分は、エヴァの劇場版(最初のやつ)見た時と同じくらいだったな・・・。

Dsc_3510
しかしその「脳内にしかなかったメカゴジラ」、まさか今!現実のものとなろうとは!
そして多分、あの当時の脳内の予想を遥かに超えた、素晴らしいアイテムになって帰ってこようとは!

あの映画を見た後の、自分に囁いてあげたいです。

「大丈夫!信じて25年ほど待て!」

|

« ビルドアップ! | トップページ | 復活のダイノベース »

鋼鉄の凱歌」カテゴリの記事

コメント

やっぱり、皆さんの心にも刺さりましたかー。ご紹介してよかったです。
記事書いてるときは「これ誰か伝わるのかな・・・」とか思っていたのですが、みんちさんのリンク先の製作秘話とか、やっぱり「好きな人は好き」なのですね。
またそういう企画が通る時代になったことが、嬉しいじゃありませんか。

投稿: 腰原仁志 | 2017/10/09 13:47

 ご購入おめでとうございます。私も年末の予算と金額がネックで購入を断念しましたが、これは本当にいい出来みたいですね。デザインはもちろんのことギミックも。

 個人的にはVSメカゴジラは、あれ見た瞬間にこれはないわーと思ったくらい好きになれないデザインだったので(メカニコングといういい前例があるので丸みが悪いとは言わないが、あの頭部見ると納得はできない)、本当にこちらが出ていれば……と残念に思いますが、逆におかげで機龍が出来たのならそれはそれで良かったのか。

 やっぱり凶悪な面構えこそが、メカゴジラですね。昭和メカゴジラ1974のS.H.MonsterArtsの予約が始まってますが、あれも楽しみです。

投稿: やずみ | 2017/09/28 23:57

実際にゴジラと闘ったメカアーストロn・・・・いやメカゴジラはアレはアレで好きなんですよ。
しかしこの3機合体メカゴジラ。
格好好すぎるやろー!

投稿: 銀河寒風サムイガー | 2017/09/27 22:13

すみません、URLコピペし忘れていました汗


http://sp.tamashii.jp/t_kokkaku/91/

投稿: みんち。 | 2017/09/25 07:26

こんにちはおはようございます(めvめ)

最近これがすごくほしかったのですが諸々の事情(主に財政難)で機龍の超合金で気持ちを収めましたが…

素晴らしい出来ですね!余剰も差し替えも無くこのプロポーションはバンダイ脅威のメカニズム…(違) この記事に詳しい制作秘話とか載っていてより欲しくなりました…どうしよ…

投稿: みんち。 | 2017/09/25 07:19

変形も凝ってるし、付属のコミックも含め
買って良かったと心から思える大満足のアイテムでした。

こいつが映画に出ていたら…という妄想が捗りますね。

投稿: KK | 2017/09/25 01:14

分離体型の一機だけあってもオレ設定で
しばらく遊べそうなクオリティですね~スゴイです。

>>大丈夫!信じて○○年ほど待て!
先日、無責任艦長タイラーの再アニメ化で
同じくそう思いました(笑)
何が起こるか分からんオタク業界ですね・・

投稿: マトイ | 2017/09/24 17:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59744/65830969

この記事へのトラックバック一覧です: 真・メカゴジラ1993:

« ビルドアップ! | トップページ | 復活のダイノベース »