« 超合体大作戦 | トップページ | 唸れ中国戦隊・1 »

2017/02/12

SAY・THE・ドッキング!

Dsc_166a
九人の究極の救世主!

この記事は2月12日現在、「宇宙戦隊キュウレンジャー」のネタバレを含みます。本編を楽しみにされている方は、ご注意ください。

Dsc_1699
キュータマ合体01.03.05.07.09、DXキュウレンオー。
「宇宙戦隊キュウレンジャー」の1号ロボ、5機のキュウボイジャーと、5つのキュータマで構成されます。

Dsc_1701
今年のアイテムの中核となる、キュータマ。「球玉」と書くと、なんか「丸い円」みたいで、ワケがわからなくなります。
地球儀のような本体に、クリアパーツの半円球が重なっています。それぞれ謎の模様が印刷され、このままでは何だかわかりませんが。

Dsc_1702
片方を180度回転させることで模様が重なり、シシキュータマの場合、獅子をイメージした星雲のような模様が出来上がります。今年は宇宙戦隊、それぞれを守護する星座のモチーフになっているのです。シシキュータマはもちろん、獅子座です。
ここで「獅子座って、地球から見るからそうなるだけで、宇宙全体では全然別の方角にある星なんだよね」とか言い出すと、この番組の根底を否定しているも同然なので、大人は黙っていてください。

Dsc_1698
まずは、シシレッドの乗り込むシシボイジャー。他のボイジャーとは異なり大型で、ライト&サウンドギミックを持っています。

Dsc_1663
カジキイエローのカジキボイジャー。割とまともなSF宇宙船っぽいですね。
しかしいきなりカジキ座なんて、ドマイナーな星座もいいところ。この番組で初めて知った子供も多いでしょうが・・・。

Dsc_1664 Dsc_1672
カメレオングリーンの、カメレオンボイジャー。とたんにワケが分からないメカになった。
口を開けて、劇中でもやっていた「舌を伸ばしてロッド攻撃」もできます。まぁ伸びる長さは、気持ちの問題程度ですが。

Dsc_1671
オオカミブルーの、オオカミボイジャー。これも口が開けられます。
ブルーの「戦隊のスーツがもふもふ」ってのは斬新でしたね。

Dsc_1670
オウシブラックの、オウシボイジャー。口、首、角が動きます。ブラックの「筋トレするロボット」ってのも斬新(以下略

Dsc_1662 Dsc_1666 Dsc_1665
それぞれに合体のための変形。カジキとカメレオンは、ほとんど変わらないので省略。

Dsc_1675
合体!キュウレンオー!
全身のキュータマが印象的、割とまともな1号ロボですね。好感が持てます。
なんせこのところ、戦隊ロボ好きには、辛い年だったからねぇ(意味深

可動範囲は肩だけですが、いつも通りなのでまったく問題ありません。

Dsc_1676
顔がちょっと平べったいのですが、まぁ我慢しましょう。なんせこのところ、戦隊ロボ好きには(以下略

Dsc_1674
スイッチを入れると、さまざまな発進・合体音声とともに、全身のキュータマが美しく輝きます。LED自体は白のみですが、キュータマ本体がカラフルなので、それに合わせた色に見えるのですね。

Dsc_1679
さらにシシボイジャー以外の4体は、手足・左右を自在に交換でき、かなり違ったイメージでの再合体も可能です。ボリューミーな上半身も面白いですね。

いや、いいんじゃないのコイツ。なんせこのところ、戦隊ロボ(以下超略

しかもね、まだ続きがあります。最初から9人戦隊を明言しているこいつら、ただの1号ロボ合体で終わりじゃないんですよ。

Dsc_1680
別売のキュータマ合体02.サソリボイジャー。もちろん、さそり座モチーフです。攻撃的なフォルムが面白いですね。

Dsc_1682
04.テンビンボイジャー。いきなり人型、しかも意外によく動きます。まぁ体型はちょっとアレですが。

Dsc_1683
06.ヘビツカイボイジャー。テンビンとほぼ同型、変形も同様です。

Dsc_1684
08.ワシボイジャー。ワシだか変なオウムだか悩むところですが、まぁ味方のバリエーションが多いに越したことはないでしょう。
このように今年は、いきなり9人全員の専用メカが同時発売という、まぁ豪勢な仕様になっています。さすがは究極の救世主、販売方法も究極です。

Dsc_1685 Dsc_1686 Dsc_1689
これらも思い切った変形をし、新たなキュウレンオーのフォルムを形成します。特に名前があるのかどうかは、まだわかりません。

Dsc_1687
しかし、これが正義の1号ロボの絵面か?と言いたくなるような、攻めてるデザインですねぇ。

Dsc_1692
また、他の連中と同様、手足の入れ替えは自在に行えます。

Dsc_1694
右手がサソリのスティンガーになるのは、結構カッコイイのですが、まさかワシがそのまんまだとは思わなかったぜ・・・。

Dsc_1678
なおワシボイジャーのみ、普通に背中に取り付けられます。説明書には記載がないですが、まぁ当然この後も、何か続いていくのでしょう。

Dsc_1697
個人的に、バランスがとれていると思う感じにしてみました。もちろんオフィシャルではありません。

Dsc_1677_2
いきなり開始から、商品が多くて撮影が大変でした。しかしかなり面白かったので、今年はロボ的に期待が持てます。

しかし去年がとことん四角、そして今年は球にこだわる年のようですね。
こりゃ来年は絶対に、三角錐が来るな。ピラミッド戦隊だな。(知らん


|

« 超合体大作戦 | トップページ | 唸れ中国戦隊・1 »

合体魂」カテゴリの記事

コメント

>コンセプトはビリヤード

なるほど!するとボールが台上で跳ね返り、軌跡を描く、あれこそが星座の星と星をつなぐ線!

・・なのか?(笑)

投稿: 腰原仁志 | 2017/02/18 18:44

>>わからないのは「9」という数字
1話でヒントが出てましたね
色とりどりの球と9、つまりナインボール
コンセプトはビリヤードですよ
そのうちキューロボとかビリヤード台ロボとか出るんじゃないですかね

投稿: 雀好き | 2017/02/18 07:52

>途中で誰か抜けたり戻ったりしそう

9人もいれば、3~4人里帰りしてたって、普通に戦隊ものとしてやっていけますからねぇ。

それにしてもわからないのは「9」という数字で、星座なら12じゃないの?とか、なんで区切りのいい10にしなかったの?とか、理解できないことはいっぱいあるのですが。
・・・何にも考えずに語呂合わせ、だけのような気もするなぁ。

投稿: 腰原仁志 | 2017/02/16 23:48

しかし、これだけ腕脚の補充が効くと、途中で誰か抜けたり戻ったりしそうな展開もあり得ますね。

投稿: Nucky | 2017/02/16 17:19

>家族の目の問題が

大丈夫、こいつ結構サウンドもうるさいので、目どころか耳も大問題です(大丈夫じゃねぇ

>ピラミッドロボはオーレンジャーにありましたな

ああ・・・キングピラミッダーですな・・・
まさか本当に来年が三角だったら、夏の映画には絶対客演するだろうなぁ。

投稿: 腰原仁志 | 2017/02/15 20:21

ピラミッドロボはオーレンジャーにありましたな
ピラミッドをそのまんま立てただけのシュールデザイン

投稿: トム | 2017/02/15 19:00

素直に格好いいと思えるデザインなのが本当に嬉しいですね。
最近で初見から格好いい!と思える戦隊ロボって、個人的にはゴーカイジャー・シンケンジャー辺りまで遡らないといけませんので。その二作も既に6年くらい前という現実…。

久しぶりに戦隊ロボの玩具買いたくなったのですが、結構マッシブな感じなので飾るスペースと、あと家族の目の問題が(苦笑)。
ミニプラも出来が良さそうなのでそちらで妥協するか、でもやっぱりDXも欲しい…という悩ましいジレンマと戦っています。

投稿: ヘチ | 2017/02/15 07:16

>設定身長46㍍

えええっ?なんかパイロットとロボの比率から言って、どうやってもおかしいような・・・。
ああ、そうか、あいつら宇宙人だからきっと、身長は3mくらいあるんだ、みんな(投げやり

投稿: 腰原仁志 | 2017/02/14 23:53

前回書き込んだ後で気になって調べたらキュウレンオーは設定身長46㍍だそうです。
つまりキュウレンオーに合体する際に各ボイジャーが、あるいは各ボイジャーにドッキングする際にキュータマがブライサンダー→ブライスターてな感じに「シンクロンアルファー‼」してる事になります。
デザイン関連を「ノブナガン」の作者が担当という辺り、ラプター283やオリオン号、敵キャラを見る限り成功してるのでは。

投稿: 銀河寒風サムイガー | 2017/02/13 21:54

本編も面白かったですね。いやー、何にも考えずに見ていられる番組は、気持ちがいいなぁ。
1話は特に、これからいったい予算どうするんだ?と思わせる豪快っぷりでしたね。(余計なこと考えているぞ

>キュウタマの中に人が乗っていた

玩具的には後日、パイロット入りのキュータマが別売になるそうです。上手いな商売!そんなの、買わないわけにいかないじゃんねぇ。

>ひょっとしたらモビルスーツくらいか下手するともっと小さいんでは・・・・?

シシボイジャーはいざ知らず、他の連中は、人との対比から言って、良くてオーラバトラー並でしょうかね。するとだいたい8メット?合体しても、14~5メットの気がします。(地上の物差しで語れ

投稿: 腰原仁志 | 2017/02/13 19:16

1話面白かったですねー!
キュウレンオーに関しちゃ
上半身のみ=3機合体の戦闘がガンダムスカイかドラッツェか、という
地上戦じゃできない挙動で新鮮でした。

ま、ああいう事は予算的にも演出的にも1話くらいなんでしょうが(汗)

投稿: マトイ | 2017/02/12 19:04

番組中でキュウタマの中に人が乗っていたので、メカ好きには操縦感のあるコクピットがツボでした。玩具でもその辺ダイアクロンみたいに再現来るかと思いましたがそこはちょっと残念。番組としては結構いけそうな感じで期待です。

投稿: メカ・パレス | 2017/02/12 18:27

>なおワシボイジャーのみ、普通に背中に取り付けられます
知らなかったそんなの・・・
とりあえずキュウレンオーのセットだけでいいかなーと思ってましたけど買うしかないじゃない!
光る!・鳴る!でクリアパーツも多くて綺麗でかっこいいです

投稿: kaichi | 2017/02/12 14:25

キュウキュウ詰めでてんこ盛りな第1話でした。
しかしラッキー、先祖は「宇宙ぅぅぅ・・・キタ━(゚∀゚)━!」とかやってたんじゃ?
チャンプは擬人化したらアゴがしゃくれてるんだろなあ・・・
キュウレンオー、素直にカッコいいですがひょっとしたらモビルスーツくらいか下手するともっと小さいんでは・・・・?
キメ技見て腕に装着するカジキが欲しくなっちゃったじゃないですか!

投稿: 銀河寒風サムイガー | 2017/02/12 12:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59744/64883364

この記事へのトラックバック一覧です: SAY・THE・ドッキング!:

« 超合体大作戦 | トップページ | 唸れ中国戦隊・1 »