« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017/02/26

唸れ中国戦隊・2

Dsc_1536
というわけで、やっと超救号の出番がやって来たのでした。

Dsc_1550
巨神戦撃隊・旋天戦撃王。今度は、空の救助隊のようですね。
大型の青い機体は、各所にジョイントやラチェットがあり、これから起きることに期待を持たせてくれます。

Dsc_1546 Dsc_1548 Dsc_1551
前後に分離し、旋鷹機?・・・いつものようにFメカだ!と、天翼機??・・・Gメカでいいわ!になります。後方から見ると、いかにもなパーツが普通に出ていて、ああこれがそれか、と何かを予想させます。

この2機が再度合体し・・・。

Dsc_1556
誕生!旋天戦撃王!
腕のクローが目新しく、またスマートなフォルムもいい感じです。

Dsc_1557
ロボになる際は、顔のバイザーが上がり、中からゴーグルをつけた顔が現れます。
お前、なぜそんなに目を大切にしてるんだ?という仕様。

Dsc_1559
断然、バイザーを閉めたままの顔の方がカッコいいので、うちではこうして飾っています。

Dsc_1555
パーツ分割は凄まじいものがありますが、そのおかげで、俺合体には事欠きません。

Dsc_1545
まずはFメカの鳥形態。翼の可動箇所が多いため、羽ばたいているような状態がつけられるのが楽しいです。

Dsc_1549
Gメカは、どこかの火星で発掘されたようなモビルアーマーみたいに。

Dsc_1547
そして立っただけのロボ(捻れ

しかし一番すごいと思ったのは。

Dsc_1544
どう見てもグロイザーX!
この形態だけで、20分くらい遊べましたよ。

さて、やっと3体揃い、そして今まで暇そうにしていた超救号・・・Cメカの出番がやって来ました!


続きを読む "唸れ中国戦隊・2"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017/02/19

唸れ中国戦隊・1

Dsc_1539
日本の誇るスーパー戦隊の、最新ロボの後に、どっか他の国のものを見ると、いろいろと感じるものがあるなぁ(意味深

今回、なんせ元の字がさっぱり読めません。
合体説明どころか、名称すら合ってるのかどうか定かでないので、そこらへんは諦めてください。

Dsc_1524
巨神戦撃隊・衝鋒戦撃王。
もともとは中国の簡体文字で書かれていますので、そちらの製品(番組?)じゃないでしょうかね。
一応英訳?はついていて、「RESCURE FIGHT GIANT SAVER」って書いてあるんですが、これはいったいどこの部分の訳なのか。

タイトルからだと内容も見当つきませんが、説明書の端々にも「超救」の文字が見えることから、どうやらレスキュー戦隊のようです。

大型消防車(消防列車?)みたいな、○○号・・・ええーい字が分からん!ので、Aメカでいいや! と、未来救急車みたいなBメカで構成されます。

Dsc_1520 Dsc_1519
Aメカは、はしご車っぽい部分が伸縮・・・するんですが、別に先端に放水装置があるわけではなく、下部にミサイルが搭載されています。ずいぶんと物騒なレスキューですね。
デザイン自体は割とカッコよく、未来的なフォルムは結構好みです。ただ、消防車だか列車だかわかんないのがなぁ・・・。
前部と後部で分離するギミックがあるので、やっぱり列車なのかな?という気もしますが、それにしては後輪だけが大きいというのも変。

Dsc_1521
Bメカ・・・風磁号?は、それに比べると、まだ救急車っぽい感じがします。

Dsc_1522 Dsc_1523
車体左右からは、ミサイルランチャーっぽいものが展開します。ホントに救急車なのか、自信がなくなって来た。
また上部は自在に可動、展開して剣とか盾になるようです。各部のクリックは割としっかりしていて、かなりちゃんと遊べます。

Dsc_1529 Dsc_1530
Aメカの先端は二つに割れて肩になり、中から頭部が出てきます。その頭部も、最初はガスマスクをかぶった虫みたいな状態なのですが、それがさらに開いて、ロボットの顔が現れます。
Bメカが左腕に、Aメカが右腕と胴体を形成し・・・。

Dsc_1531
合体完了!衝鋒戦撃王!
中国語表記だと、いや、日本の感じに直しても、どういう立ち位置のロボなのか、ニュアンスが分かりません。のでもう、名前に関しては放置。

全高は約30㎝、一般的な日本のDX1号ロボと同等のサイズです。各部合体ジョイントは、まぁスポスポ取れない程度にはしっかりしています。

Dsc_1532
胸のマトリクス(違う)は、スイッチでLEDが点灯します。ロボットの表情が、そんなにお前の人生はつまらないのか?と聞きたくなるような造形なのですが、・・・まぁいいや。まだマシな方なんですよ、こいつ(もっとアレなのがあるのか

Dsc_1533
可動箇所は肩のみ、それも肩の大型アーマーに引っかかって、大してポーズは取れません(汗
しかしまぁこれは、元祖我々の国のものも似たようなもんだから。

Dsc_1518
さて、さっき「AメカとBメカで構成される」と書きましたが、実は同じパッケージにもう1機、Cメカ・・・超救号って読める・・・も入っています。
しかしこのCメカ、戦撃王の合体には、何の関係もありません。ギミックも全くありません。

Dsc_1525
一応、Aメカと合体して、・・・なんだこれ。ラッセル車か?になることはできます。が、意味が分からない。

我々、日本文化に染まり切った人間からすると

「これってもしかして、最終合体の巨大ロボの胸パーツ(にしか使わない部品)じゃねぇ?」
などと想像するところですが、まさかそんなもの、最初から1号ロボに入れるはずないよね?

・・・そして、そのまさかだったりするあたりが、さすがは中国戦隊なんですがね!

というわけで、これで終わりではありません。
 

続きを読む "唸れ中国戦隊・1"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017/02/12

SAY・THE・ドッキング!

Dsc_166a
九人の究極の救世主!

この記事は2月12日現在、「宇宙戦隊キュウレンジャー」のネタバレを含みます。本編を楽しみにされている方は、ご注意ください。

Dsc_1699
キュータマ合体01.03.05.07.09、DXキュウレンオー。
「宇宙戦隊キュウレンジャー」の1号ロボ、5機のキュウボイジャーと、5つのキュータマで構成されます。

Dsc_1701
今年のアイテムの中核となる、キュータマ。「球玉」と書くと、なんか「丸い円」みたいで、ワケがわからなくなります。
地球儀のような本体に、クリアパーツの半円球が重なっています。それぞれ謎の模様が印刷され、このままでは何だかわかりませんが。

Dsc_1702
片方を180度回転させることで模様が重なり、シシキュータマの場合、獅子をイメージした星雲のような模様が出来上がります。今年は宇宙戦隊、それぞれを守護する星座のモチーフになっているのです。シシキュータマはもちろん、獅子座です。
ここで「獅子座って、地球から見るからそうなるだけで、宇宙全体では全然別の方角にある星なんだよね」とか言い出すと、この番組の根底を否定しているも同然なので、大人は黙っていてください。

Dsc_1698
まずは、シシレッドの乗り込むシシボイジャー。他のボイジャーとは異なり大型で、ライト&サウンドギミックを持っています。

Dsc_1663
カジキイエローのカジキボイジャー。割とまともなSF宇宙船っぽいですね。
しかしいきなりカジキ座なんて、ドマイナーな星座もいいところ。この番組で初めて知った子供も多いでしょうが・・・。

Dsc_1664 Dsc_1672
カメレオングリーンの、カメレオンボイジャー。とたんにワケが分からないメカになった。
口を開けて、劇中でもやっていた「舌を伸ばしてロッド攻撃」もできます。まぁ伸びる長さは、気持ちの問題程度ですが。

Dsc_1671
オオカミブルーの、オオカミボイジャー。これも口が開けられます。
ブルーの「戦隊のスーツがもふもふ」ってのは斬新でしたね。

Dsc_1670
オウシブラックの、オウシボイジャー。口、首、角が動きます。ブラックの「筋トレするロボット」ってのも斬新(以下略

Dsc_1662 Dsc_1666 Dsc_1665
それぞれに合体のための変形。カジキとカメレオンは、ほとんど変わらないので省略。

Dsc_1675
合体!キュウレンオー!
全身のキュータマが印象的、割とまともな1号ロボですね。好感が持てます。
なんせこのところ、戦隊ロボ好きには、辛い年だったからねぇ(意味深

可動範囲は肩だけですが、いつも通りなのでまったく問題ありません。

Dsc_1676
顔がちょっと平べったいのですが、まぁ我慢しましょう。なんせこのところ、戦隊ロボ好きには(以下略

Dsc_1674
スイッチを入れると、さまざまな発進・合体音声とともに、全身のキュータマが美しく輝きます。LED自体は白のみですが、キュータマ本体がカラフルなので、それに合わせた色に見えるのですね。

Dsc_1679
さらにシシボイジャー以外の4体は、手足・左右を自在に交換でき、かなり違ったイメージでの再合体も可能です。ボリューミーな上半身も面白いですね。

いや、いいんじゃないのコイツ。なんせこのところ、戦隊ロボ(以下超略

しかもね、まだ続きがあります。最初から9人戦隊を明言しているこいつら、ただの1号ロボ合体で終わりじゃないんですよ。

続きを読む "SAY・THE・ドッキング!"

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2017/02/04

超合体大作戦

Dsc_1634_2

偉大なる西部と宇宙の王!(なのかどうか知らん

Dsc_1615_2

超合金・バズ・ザ・スペースレンジャーロボ。
「TOY STORY 超合体大作戦」のもう一つの雄、バズとゆかいな仲間たちが発売されました。もちろん最初からネタバレしていたように、ウッディロボ・シェリフスターと合体します。

Dsc_1613_2

まずはバズご本人。
ライト・サウンドギミックなどはありませんが、フードが可動、また手足もよく動きます。ただ肘だけ、この角度で固定されているので、腕をまっすぐにすることはできません。(関節を横ロールさせて、ある程度角度を変えることはできます)
ザ・ビッグワンも付属し、背中にしょわせられます。シールも貼れますが、めんどくさいので放置。

Dsc_1614_2

愛機・スペースシャトル。合金のズッシリした手ごたえがあり、なかなかカッコいいんじゃないでしょうか。ただサイズの違いもあり、中にバズが乗ることはできません。(ハッチを開けて、上からバズを乗せておくことはできます・・・今回こんな記述ばっかだな)

Dsc_1611_2

三つ目がラブリーな、エイリアン1号と2号。口元とベルトで判断できますね。

Dsc_1612_2

そして合体。 スペースシャトルが胴体になり、バズはその下からくっつきます。バズがいようがいまいが、合体には関係ありません(えー

Dsc_1610_2

エイリアンたちは、非常にエイリアンっぽい変形をして、両腕になります。立てないので撮影していませんが、この後足の裏から拳が出てきます。

Dsc_1606_2 Dsc_1608_2

完成!バズ・ザ・スペースレンジャーロボ!
とてもエイリアンとは思えない両腕とか、ズッシリした足首とか、割といい感じですね。
正面にはドヤ顔のバズ、実は胴体むき出しです。

Dsc_1607_2

でも本人、とても嬉しそうなので、まぁこれはこれでいいんじゃないですかね。

Dsc_1609_2

ウッディロボと違って(え)合体がしっかりしているので、割と普通にロボット玩具っぽく遊べます。ちょっとベルトが外れやすいくらいかな、難点は。


続きを読む "超合体大作戦"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »