« 空飛ぶお巡りさん | トップページ | レッツゲーム »

2016/09/25

「Standing by」

Dsc_0458
「Complete」

Dsc_0446
Complete Selection Modification、ファイズギア。ライダーベルト史上、最も機能美に溢れたアイテムが、再び大人サイズのコンプリートセレクションに加わりました。
ファイズギアは、すでに一度コンプリートセレクションで発売されていますが、今度の品はさらにパワーアップしています。

Dsc_0441
まずパッケージだけで、私たち的には、もう何か変なスイッチが入ってしまいます。そして脳内に「Justiφ's」のイントロが再生されます。ますよね?

  Dsc_0438 Dsc_0439 Dsc_0442
一つ目の箱の、表と裏、そして中のパッケージ。高級感抜群ですね。

Dsc_0445
ファイズフォンとベルトバックル。付属のミッションメモリーは、金属製でずっしりした手ごたえがあります。細部の塗装もまた、非常に奇麗。
ファイズフォン自体は、単4電池2本を使用しますが、実はバックルにも電池を入れる必要があります。理由はまた後ほど。

Dsc_0447
ファイズフォンは、通常の変身機能・ガンモードの銃撃音のほかに、新たに多くのセリフが追加されています。
5821+ENTERで「オートバジン・カムクローサー!」
5826+ENTERで「オートバジン・バトルモード!」
3814+ENTERで「ジェットスライガー・ゲットイントゥディアクション!」
3846+ENTERで「ジェットスライガー・テイクオフ!」
など8種類。バジンはともかく、ジェットスライガー呼び出しコールまで入っているとはビックリ。

さらにそれだけでなく、乾巧本人の肉声が、約40種類入っています。
「乾巧だ」「戦うことが罪なら、俺が背負ってやる!」などの名セリフから
「俺は冷奴を食う。絶対にな!」などという、どこで使えばいいんだコレというものまでたくさん。

Dsc_0452
変形させ、フォンブラスターにすることもできます。その際の「103+ENTER」とか、マニュアル読まなくてもまだできた自分がいます。

Dsc_0456
そして、「変身!!」としゃべらせてから、おなじみの「555+ENTER」を入力すると、「Standing by」と変身待機音が鳴り始めます。
そのままバックルに差し込み、90度倒すと・・・

Dsc_0457 Dsc_0458_2
「Complete」
ファイズへの変身完了です。この時、単に音声が鳴るだけでなく、バックルの正面両脇、赤いフォトンストリーム生成器部分も、真っ赤に輝きます。このために、バックルにも電池が必要だったのですね。
初めて鏡に映してこれをやってみた時、思わず声を上げました。もう脳内では、フォトンストリームが全身に走っちゃってるよコレ!

Dsc_0440 Dsc_0437 Dsc_0443
もう一つのパッケージ、付随武器のファイズポインターとファイズショットの内容です。

Dsc_0449
ポインターの方は、ベルトにも装着できますが、必殺のクリムゾンスマッシュ発動状態用に、足首につけられるアタッチメントも付属します。
なおこの写真だと、もうシリンダーが伸びてしまっていますが、通常は短い状態です。

Dsc_0453 Dsc_0454
フォンブラスターに装着し、強化状態で使うこともできます。さすがに、大人が持っても十分なサイズですね。
なおこの写真だと、もうシリンダーが伸びてしまっていますが、通常は短(略

Dsc_0470
しかし、これだけではありません。このアイテムの真価はここからです。
ファイズフォンからミッションメモリーを外してポインターに差し込むと、シリンダーが伸び、「Ready」と必殺待機状態になります。

Dsc_0463
このまま、劇中通りにファイズフォンを開いて、ENTERキーを押すと、「Exceed Charge」の音声が流れ・・・。
自動的にポインターと連動、ポインターから必殺音が鳴り響きます。

Dsc_0464
同時に、ポインターの銃口部分からファイズのマークが投影され、ターゲットをぶち抜くあのシーンが再現できます。
このマークは結構明るく輝き、日中でも壁の色が暗めなら、2m以上離れても十分見えます。何じゃこりゃ!楽しすぎるぞー!

Dsc_0448
ファイズショットと、そのホルダー。細かい部分まで、実によくできています。

Dsc_0465
ミッションメモリーを差し込んで、攻撃用のナックルモードにします。こちらもポインターと同様の、連動機能があるので・・・。

Dsc_0466 Dsc_0468
Exceed Chargeをすると、ミッションメモリー部分が輝き、グリップのボタンを押すと、グランインパクトの発動発光が再現されます。

Dsc_0471
もう何というかね、装着しているだけで幸せというか、満足というか。当時の玩具もとてもよくできていて、延長ベルトさえ自作すれば大人も装着できましたが、やっぱり重量感が全然違います。
これをガシャッと締めて
「どけ!俺が歩く道だ!」
を再生し、再び前に進む(ような気になる)秋の午後。

|

« 空飛ぶお巡りさん | トップページ | レッツゲーム »

特撮コレクション」カテゴリの記事

コメント

やっぱ大人ですね。違いが判る大人用っていうか。
誰とは言いませんが、うちの弟(仮)は、この間遊びに来た時に、もう散々・・・いや書かなくてもわかるよね・・・でした。

投稿: 腰原仁志 | 2016/10/09 20:16

すごく・・・欲しいです。
これも乾巧ってヤツのせいなんだ。
次はアクセルフォームの為に(ry

投稿: 銀河寒風サムイガー | 2016/09/29 21:08

マジで凄え!
自分もようやく明日受け取れるので遊び倒す!!

投稿: アイドルマスターガンダム | 2016/09/25 23:07

ポインターの銃口部分からファイズのマークが投影とか、連動にフォトンストリーム発光とか脳内再生が止まらなくて泣けますね。(最近は何でも泣けるけど 笑)
555面白かったよ、ロストパラダイス最高でした。あの当時X-MENの上を行くアクション表現があって、話の密度も濃くて、あれが1時間強の映画だったなんて未だに信じられない。

投稿: メカ・パレス | 2016/09/25 21:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59744/64253229

この記事へのトラックバック一覧です: 「Standing by」:

« 空飛ぶお巡りさん | トップページ | レッツゲーム »