« 伝説の新破壊大帝 | トップページ | 巨大な敵を »

2016/08/06

輝け!不死身のライディーン

Dsc_9010
まぁ、見たまんまのタイトルですね。

魔窟をひっくり返していたら出てきた、超合金GA-09RG・ゴールドDX勇者ライディーン。
超合金初期の名作・勇者ライディーンの、ゴールドメッキバージョンです。

Dsc_9013
フェイスガードを開いて、ご尊顔を拝見。もう、ほんとに仏像だなコレ。
しかし、エジプト的な古代文明テイストと、日本の烏帽子や兜をうまいこと融合させたデザインは、今見ても確かに美しい。

Dsc_9011
変形機能は原典と全く同じなので、もちろんゴッドバードに変形します。スタイルが時代を感じさせるとはいえ、あの頃、武器を外すだけで完全変形というのは衝撃的でした。
なお、大きな鳥の目はシールで再現するようになっていますが、もったいなくて貼れない(小心者

Dsc_9012
両腕にゴッドゴーガンとゴッドブレイカーを付けることもできます。できますが、傷が付いたり金色がこすれたりしたらどうしようと思うと・・・怖くて武器、付けられないよ!

人としての器の、メッキがはがれたね!(誰が上手いこと言えと

Dsc_9014
背面には、Ⓒ東北新社の刻印が見えます。もうホントに懐かしいねぇ。

Dsc_9015
こういったゴールドメッキバージョンの玩具はいろいろありますが、何も考えずにガシガシ遊べないという点では、玩具としてどうかという気もします(何を偉そうに
そうは言っても、「見惚れる」力は圧倒的。やっぱり、黄金の魅力ってのは捨てがたいですからね。

というわけで、なんとか「指紋や傷がつくのを心配しなくていいゴールドメッキ」とかできないですかね。

何?本物の金で作ればいい?それは名案だ!

アホかー!!!

|

« 伝説の新破壊大帝 | トップページ | 巨大な敵を »

鋼鉄の凱歌」カテゴリの記事

コメント

>メッキ処理は部分メッキ以外はほとんど記念品扱い

もともと、トロフィーみたいなもんですからね>限定品。遊ぶことは二の次っていうかね。
その意味じゃ、金色のモビルスーツを出したメーカーも凄いっていうか、そういうものを出そうと言い出した監督もアレっていうか(おーい

投稿: 腰原仁志 | 2016/08/21 00:23

ライディーンは金メッキよりは聖霊光線ゴッドアルファをイメージしたグリーン系の成型色バージョンが欲しいですよねえ。
メタリックかクリアかはともかく。

投稿: 銀河寒風サムイガー | 2016/08/19 14:35

全メッキ仕様は記念品とかシクレとかででますが、正直遊びずらい。
まぁ成形色仕上げだから良いかと言うと白化した時処理に困るし、塗装も退色した時・・・
結局どれもなんらかの問題あったりしますね。
まぁメッキ処理は部分メッキ以外はほとんど記念品扱いですね。

投稿: ズッツトン | 2016/08/07 20:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59744/64018610

この記事へのトラックバック一覧です: 輝け!不死身のライディーン:

« 伝説の新破壊大帝 | トップページ | 巨大な敵を »