« ユナイト&ユナイト! | トップページ | 50th Anniversary »

2016/07/17

一つの命を救うのは

Dsc_8011
無限の未来を救うこと!
素晴らしい言葉だが、番組が違ったりする(おい

Dsc_7999
トミカハイパーシリーズ・ホワイトホープ
NEXT STAGEと銘打たれた、新たなシリーズが始まりました。

今回は今までのトミカとはちょっと離れ、町に「ウォーカービークル」と呼ばれる、「人型ロボットに変形するのが当たり前」の車が存在する世界のお話・・・のようです。
ホワイトホープの前面にいるパトカー、ホープバイパーは通常のトミカサイズ、分離して普通に走らせることができます。

個人的にですが、今回コレ、何が一番気に入ったかというと。
以前のシリーズは、
「全高数センチ可動ミニフィギュアと、その基地(もしくはそれが乗れるビークル)」、「通常サイズのトミカ」が、同じ世界で暮らしていた(笑)んですよね。
それはそれで、遊びとしては面白いんですが。

なんせスケール統一が全くできていなかったので、じゃあ通常サイズのトミカには、いったい何が乗っているんだ?という、なんか謎めく世界観が出来上がってしまっていました。

今回、そのミニフィギュアを排したことで(今のところ)、よりリアル(というか当たり前)の世界観が復活した、って言いますか(大げさ

Dsc_8001
余談はやめて、本来の玩具としての遊びへ。
合体したまま立ち上がり、各所を動かすと・・・。

Dsc_8012
ホワイトホープ・ウォーカービークルへと変形!
普通にヒーローメカっぽい端正なたたずまい、いや十分カッコいいんじゃないの。

Dsc_8003
大型の注射器銃(!)を持たせ、ポーズを付けられます。可動範囲もかなり広いのに、関節もしっかりしているので、安心して立たせておけます。
首だけ可動域がないので、上下・・・せめて左右には動いてほしかったのですが、これだけ残念。

Dsc_8000
各所のパーツは、このように分割可能。ほらね、これで終わりのわけないよね。
ところでどうでもいいけど、ホープバイパー(パトカー)は、どうやって合体位置に乗り上げるのかな・・・。

Dsc_7998
それはともかく。
こちらは、ホープと同時発売だったレスキューヘリコプター。

Dsc_8004
ホワイトホープとほぼ同感覚の分割機能を持ち、各種装備を交換して、ホープを援護します。
もうこの写真だけで、何ができるかはお分かりとおもいますが。

Dsc_8007
手足パーツを交換し、ホワイトホープに飛行(ホバリング)機能を与える「シンクロ合体」が可能です。両手には、プロペラを分割したシザーブレードを装備できます。

Dsc_8010
余剰となるホワイトホープの手足は、ヘリ部分にも交換合体が可能。とは言え、色合い自体が変わっていないので、これ普通に救急車だよね・・・。

Dsc_8006
なのでこのシンクロ合体の場合は、手足交換してもあんまり印象変わらない・・・っていうか、「ふーん」で終わっちゃうレベルのような気がするね(お
そこだけは、絶対に残念。

もっと色合いとか機能とかハッタリ具合とか、印象が劇的に変わってくれた方が面白いのに。

Dsc_7996
ところがですね。
そういう気持ちを分かっているのか、追加となるサポートビークルが発売されました。
まずはハイパーブルドーザー。大きなクローが良い感じ。
上部の作業車、ビルダーイエローハイパーは、もちろん分離と単独走行が可能です。

  Dsc_7997
そしてハイパーチェーンソー。本体よりアームの方が長いという。

Dsc_7994 Dsc_7995
この2機は2つで1つ、合体して大型重機になります。トミカと言えば、こうやって合体するのはもうお約束だよね。
しかし、このチェーンソーでいったい何を斬るんでしょう。ビルでも真っ二つにするのかなぁ(汗

Dsc_8013 Dsc_8014
両機とも、立ち上がって作業モードに変形が可能です。作業だかジェノサイドだかわかんない気もしますが。
そしてこいつらも、ホープとの合体互換性能があります。また、コントロールするイエローハイパーも付け替えられるので、ホワイトホープと「シンクロ合体」すると・・・。

Dsc_8016
新たなイメージの合体が可能です。
前のヘリ合体とは大きくシルエットが異なり、色合いも変わるので、いや素直にカッコいいよコレ。とにかく、顔が男前だしね。

Dsc_8018 Dsc_8019
3体のパーツをがっちりくっつけた「ヘヴィーブレードストロンガー(説明書のまま)」にしてみると。
うわははは!なんか燃えてきたぞ!

そうそう、やっぱ強化合体は「ガラッとイメージが変わる」コレでないとね!

Dsc_8020
パーツ交換すると、「チェーンソー両手持ち」って感じの、燃える男の熱いシチュエーションも再現可能。
もっとも、このチェーンソーでいったい何を斬るんでしょう。ビルでも真っ二つ(以下略

たぶんここで終わりではない・・・というか終わってもらったら困る・・・シリーズなので、ぜひ次は「右手にドリル」と、「背中に梯子車(バズーカになる)」を!
(もう用意できてるような気がする

|

« ユナイト&ユナイト! | トップページ | 50th Anniversary »

ノンジャンル」カテゴリの記事

コメント

>ドリルタンクとパワーアップ合体

次のやつは、パトカー系と飛行機がパワーアップ合体?らしいです。これはホントにグレート合体とかまで持っていってほしいですが、対象年齢考えると、多重合体は無理なのかなあ。

投稿: 腰原仁志 | 2016/08/21 00:15

>「な、なぜボンネットにライオンの顔が!」
>「カッコいいからだ!」
そしてドリルタンクとパワーアップ合体ですね?
・・・ホントにやったりして(  ̄▽ ̄)

投稿: 銀河寒風サムイガー | 2016/08/19 14:52

>ボンネットにライオンの顔がついてるトミカ

ボンネットひっくり返ると、エンジンルームからライオンの顔が出てくるんですね。
「な、なぜボンネットにライオンの顔が!」
「カッコいいからだ!」
っていう理由で採用されないかなあ・・・。

は出てこないだろうなぁ

>これで5ミリジョイント穴がもう少し多くあれば

そうなんですよね。せっかく既存のシリーズがずっとあるんだから、もっと遊びがワイドにできたと思うんですが。

あと、違うボディが早く欲しいです。まずは消防車とかかな?

投稿: 腰原仁志 | 2016/07/24 10:13

ビルダーが加わってプレイバリュー広がりましたね。
これで5ミリジョイント穴がもう少し多くあれば他のハイパーシリーズで武装強化できるんですけどねぇ。
変形の都合とはいえ、腕可動は本当に「よくやった」と言いたいです。
ディテールや手足換装といい担当者さんの並々ならぬ愛を感じますよね。

投稿: 猫丸公園 | 2016/07/18 16:59

さすがにボンネットにライオンの顔がついてるトミカは出てこないだろうなぁ……w

投稿: ぱ | 2016/07/17 22:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59744/63928978

この記事へのトラックバック一覧です: 一つの命を救うのは:

« ユナイト&ユナイト! | トップページ | 50th Anniversary »