« 蘇る稲妻 | トップページ | 野生開放 »

2016/03/27

驚き桃の木山椒の木

Dsc_6979
「あの偏平足がさぁ」

「・・・何か言ったか?」

コエェんだよこの人!( ;∀;)

Dsc_6969
ダイナマイトアクション!No.33、大巨神。
「ヤットデタマン」に登場した主役メカ・・・というかお仕置きメカ(おい)が、マグネットジョイントで再構築されました。

Dsc_6971
マグネット着脱で、飛来時の巨神号への変形もスムーズ。ただ、変形時には肩を胸の前に持ってくるのですが、この関節がなんか妙にふにゃふにゃで緩いです。巨神号の時はいいのですが、大巨神の時は、肩が固定しづらくて困ります。そこだけちょっと残念。

Dsc_6970
引き出し関節でバリバリ動かせます。可動範囲はいつものようにかなり広いので、思い切ったアクションポーズを決められます。
また、待望の可動手首が付属し、手首パーツの差し替えをしなくても武器を持たせることができます。両ひざから取り出す二本の剣を持たせてみました。

Dsc_6964 Dsc_6965
ピンチに呼び出す大天馬。「あの頃」のデザインを忠実に再現していますね。
ゴールドの塗装が非常に奇麗です。

Dsc_6962
パーツの組み換えで、大天馬戦車にもなります。いかにもオモチャ的な組み替え変形ですが、前足の肘についてる丸い楯が前輪になったりと、結構面白い構造をしています。

Dsc_6973
そしてクライマックスに登場する、大巨神と大天馬が合体=スーパードッキングした、大馬神。ケンタウルス型の主役メカは当時珍しかったので、ちょっと感動した記憶があるなぁ。

Dsc_6978
160度くらい曲がる肘と、交換手首で、必殺の弓矢を発射する姿も再現。実は右手では、ほんのわずか矢じりを持っているだけなので、非常にギリギリなバランスで支えているんですけどね。

Dsc_6961
先ほどの大天馬戦車と合体し、大馬神戦車となることもできます。遊び甲斐があるなぁ、このアイテムは。

Dsc_6966
大巨神は、ヤットデタマン(時ワタル)と姫栗コヨミが呼び出すと、時空を超えて大馬神殿から飛んでくる、謎の存在でした。結局、いったい何なのかの説明もなかったんだっけ?

さらに、いちおうヤットデタマンが操縦している(はず)にも関わらず、自我を持ち、敵の三悪のメカを倒した後は
「罪を憎んで、人を憎まず」
と諭して、去っていこうとします。

・・・そこで済んでれば普通のアニメなのですが、さすがはタイムボカンシリーズ。いつもいつも、やられた三悪はついつい
「何よアレ、偉そぶっちゃってさ、ガッチガチの石頭のくせに」
などと悪口を呟いてしまい、
「何か言ったか?」
と振り返る大馬神に、
「言ってませーん!偏平足だなんて言ってませーん!」
「大・激・怒!」
と怒りを買い、コテンパンにやられる、というのがパターンでした。この大巨神が主役メカなのに、お仕置きメカも兼ねているというのは、そういうことです。

このくだりもワンパターンでありながら、毎回手を変え品を変え、とばっちりや言いがかり、さらにまるで関係ないのに大激怒される、というのもありましたね。いや面白かったよアレ。

「ギャグの王道は繰り返し」「そして忘れたころにパターン破り」
ですねえ。

|

« 蘇る稲妻 | トップページ | 野生開放 »

鋼鉄の凱歌」カテゴリの記事

コメント

>逆ケンタウルスみたいなメカ

さっそくチャレンジしてみました。・・・が、実は大天馬頭部にはマグネットジョイントがなく、単に胴体に差し込んであるだけなんです。そのため、馬の首から腰が映えたようなものは、残念ながら作成できませんでした。

ちぇっ、せっかく、南国少年パプア君に出てきた「半人魚(魚の頭から人間の足が生えている)」ができるかと思ったのに。

投稿: 腰原仁志 | 2016/06/22 18:42

このダイナマイトアクションの大巨神は、
マグネットで大天馬と合体して、
ケンタウルス型の大馬神に出来るという事は、

大天馬の頭部パーツと、
大巨神の足パーツを合体させて、
逆ケンタウルスみたいなメカにも、
出来るという事なのですね。
一度やってみてはいかがでしょうか。

投稿: 名無し | 2016/06/19 11:44

>大巨神の足の裏

これがなんとですね、つま先の機首を伸ばすために、足の裏には広めな隙間があり、そこのつまみで機首を引っ張り出すようになっています。
つまり!この人がさんざん気にしていた「偏平足」は解消されているんですよ!な、なんだってー!
ってかソッチの方が面白いんだから、記事に書けよ!(セルフツッコミ

>今年は、タイムボカンのアニメも復活

なんですと!それは楽しそうですね。しかし良く何度も蘇るなぁ。三悪の声がそろわないのは残念ですが、それすらネタにするかもしれませんね。

>大天馬の丸い盾がついているそこ、前足の「肘」ではなく「手首」にあたったりします…

最初「なんのこと?」と思ったのですが、ああそうか!馬は哺乳類の骨格的には、あそこは手首で、そこから先が指でしたっけね!
つまり、あれだけの高速ランニングを、指先立ちだけでやっているのか!空手家も真っ青だね!(そういう話じゃない

> 英語圏では「カレンダーマン」のタイトルで放送され好評だったとか。

コヨミと二人、心合わせて呼ぶからなんでしょうね。しかしなんかスゲえタイトル。「ヤットデタマン」も負けず劣らず凄いですけどね。

投稿: 腰原仁志 | 2016/04/02 08:33

おお、罪を憎んで人を憎まずと言いながら思いっきり人を憎みまくりの大巨神さんじゃないですか♪
英語圏では「カレンダーマン」のタイトルで放送され好評だったとか。
大巨神さんは「キングスター」と呼ばれてたそうです、ハイ。

投稿: 銀河寒風サムイガー | 2016/04/01 22:32

非常にささいなツッコミで申し訳無いのですが、大天馬の丸い盾がついているそこ、前足の「肘」ではなく「手首」にあたったりします…

投稿: 暗黒物質 | 2016/03/30 04:43

さすがのデザインをまさに復活させた平成のモデルですね。

今年は、タイムボカンのアニメも復活とのことで、当時のフランス映画的なシュールさは、もはや現代的なかっこよさではないかもしれないのですが、往年のキャラもコラボ参加とのことで平成のタイムボカンにも期待してみたいです。

投稿: う | 2016/03/27 22:25

大巨神の足の裏、やはりペッタンコですか?
「言うまでもないでしょ?」と言われそうですが、念のため、と言う事で。

投稿: 440six | 2016/03/27 15:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59744/63400890

この記事へのトラックバック一覧です: 驚き桃の木山椒の木:

« 蘇る稲妻 | トップページ | 野生開放 »