« 王者の四角 | トップページ | 驚き桃の木山椒の木 »

2016/03/20

蘇る稲妻

Dsc_6940
こういうメカメカしい背部は大好き。

Dsc_6927
1/60完全変形・VF-4G ライトニングⅢ。
「超時空要塞マクロス Flash Back 2012」などに登場した機体で、他のバルキリーとは一線を画す三胴形式を採用しています。

Dsc_6928 Dsc_6929
モールドも細かく、薄い翼が精密な出来栄えを感じさせます。 初登場時はバルキリー(戦闘機)形態のみで、バトロイドなどに変形したのは、約10年後のゲームになってようやくのことでした。

Dsc_6930
それにしてもカッコいいなあ、コイツ。機首からの流れるようなスタイルは最高です。
見ただけでは、どうやってバルキリーになるのか全然想像がつきません。だいたい、脚はどこにあるんだコレ?

Dsc_6931
というわけで、さっそく変形。
薄い翼の中に腿が入っていて、両翼端のブースターが、脚と腕になっているのですね。腿カバーは畳むとぴっちり機体と一体にできる上、破損防止のためか、独立して取り外すことも可能です。こういう気配りはありがたいですね。

Dsc_6933 Dsc_6932
ガウォーク形態。変形の際に差し替えが必要なのは、ブースターのインテーク(膝カバー)だけです。各翼も、付け根に可動部分があり、ある程度角度を変えられます。

Dsc_6934
そこからさらに、複雑怪奇な変形過程を経て・・・。

Dsc_6938
バトロイドの完成。
VF-4Gは、他のバルキリーと違ってガンポッドなど、交換可能な外付け武装を持ちません。そのためちょっと違和感がありますが、あの美しい戦闘機からここまで変形するとは驚きです。

Dsc_6936
独特な形状のため、肩の可動範囲はそれほど広くありません・・・っていうか、腕は上に上がらない・・・が、それなりにカッコいいポーズは付けられますので御の字ですね。

Dsc_6935
この春、また新しいマクロスが始まりますね。今度ももちろんバルキリーが登場するのですが、どういうデザインでどう変形するのか楽しみです。バルキリーは、変形の革命児ですからねー。

|

« 王者の四角 | トップページ | 驚き桃の木山椒の木 »

鋼鉄の凱歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59744/63370018

この記事へのトラックバック一覧です: 蘇る稲妻:

« 王者の四角 | トップページ | 驚き桃の木山椒の木 »