« おねがい超合金 | トップページ | 本能覚醒! »

2016/01/31

勇気をディスプレイ

Dsc_6604
♪ レーザー ブルー ホワイト ♪ (意味が分からん

Dsc_6597
ダイナマイトアクションNo.27、レザリオン。
80年代のアニメ「ビデオ戦士レザリオン」の主役メカが、自在組み換えを本領とするこのシリーズに投入されました。

Dsc_6587
レザリオンは外部フレームを転送・実体化、その後内部ユニットを合体させて完成するという、神出鬼没な瞬間移動が最大の能力でした。このアイテムでもそれを再現するため、多彩な付属パーツが搭載されています。

Dsc_6590
コアとなる、マグネットジョイント満載の内部ユニット。

Dsc_6593
これらは自在に組み替えが行え・・・。

Dsc_6617 Dsc_6618
最もよく使われた、移動用のレーザーファイターや。

Dsc_6619 Dsc_6620
砲撃・地上戦用のレーザータンクが再現できます。
これだけでもかなり遊べ、非常にお得感満載なのですが。

Dsc_6594
内部ユニットに、外殻フレームを装着し、再度合体させることで、レザリオンの戦闘形態が出来上がっていきます。

Dsc_6588
さらにコクピット部分は、手足のついたロボ形態になっています。これらを外して、レザリオン頭部に合体させると。

Dsc_6598
レザリオンの完成!
本体部分は超電送システムで転送されるため、最大で月までほぼ瞬時に到着可能。さらにいくら破壊されようが、材料さえ残っていれば再構築可能という、敵にしてみればとんでもないロボでした。

Dsc_6614
武装も豊富。まずは手首から出るレーザーカッター。

Dsc_6603
主力のビームバズーカも、もちろん付属。
しかしこのへんから、写真を見ていて、「あれ?」と思うことが出始めます。

Dsc_6608
「レザリオンって・・・
 こんなにカッコ良かったっけ?」(おい

当時のパンタグラフ変形玩具しか覚えていない人間が見ると、いや、何コレこのカッコ良さ。こんなアニメ、見た覚えないぞ(おーい

さらに、後半に強化されたレーザーバトルギアを装着すると。

Dsc_6613
いやいやいや。

Dsc_6609
別のロボだって、絶対(汗

Dsc_6610
とにかくもう、信じられないくらいイカしてるんですが、この子。映像とは、けた違いのカッコ良さ(あっ

またレザリオンの組み替え・外部装甲装着の設定と、マグネットアクションのコンセプトが実にマッチしていて、玩具としても遊びのワイドさが大爆発!
胸に勇気をインプットされたよ!

これならね、もう、「少し関節が緩い」とか「なんか関節が緩い」とか「妙に関節が緩い」とか、些細なことだぜ!(えー

|

« おねがい超合金 | トップページ | 本能覚醒! »

鋼鉄の凱歌」カテゴリの記事

コメント

レザリオン・・・何だろう、カッコいいかと言われれば即答に困るのに嫌いになれないレザリオン。
頭部ユニットのみのロボ形態がギャグでしかないが妙に愛くるしくアリだな、と納得した覚えが。しかも何気に宙明節。
側頭部に突き出したウイングパーツから連想したもんでレレレのおじs・・・いやレレレのレザリオンと揶揄してごめんねレザリオン。
何が言いたいかと言いますと。
見た途端に欲しくなっちゃいました、はい。

投稿: 銀河寒風サムイガー | 2016/02/29 20:46

>もっと四角四角して積み木状態ロボだった気がする……んだけど、大抵あの超合金のせいだよなー。

そうなんですよねー。私も、なんでこれこんなに見栄えがするんだろうと思ったら。
・手足の接続がマグネットジョイントのため、少ししなって見える
・同じく手足のワイヤーフレームが別パーツのため、腿とすねとかで大きさが違っても大丈夫(すねの方を太くできる)

つまり、玩具のパンタグラフフレームが元凶(むー

>OP探してみてみたら、ものすごく動いてる

OPはかなり動いてますね。本編の30倍くらい(お
フレームが、クニャクニャした材質なんでしょうかね(えー

そういえば、金田さんは「この作品で、ロボットアニメの限界を感じた」とおっしゃっていたと伺いましたが、そうなの?まぁ分からんでもない(ヒドい

>ロボット大戦といえば、未だに採用されませんね。

シミュレーションゲームの枠をブチ壊してますからねー。どこにでも、次のターンに出現できるんだからな・・・。マッハビジョンが標準搭載されているうえに、やばくなったら、即撤退できるし。考えてみれば、無敵ロボじゃね?(汗

投稿: 腰原仁志 | 2016/02/13 06:28

うちにもありました。当時、我が家のロボット大戦では、剣がバビロス用になったりしていました…。

ロボット大戦といえば、未だに採用されませんね。
いわば『禁じ手』的なキャラクターなのでしょうね。
だって、やっぱり瞬間移動が・・・。移動力=∞?

投稿: う | 2016/02/03 20:49

 ご購入、おめでとうございます。

 いまだかつてこんなかっこいいレザリオンがいただろうか。いやな(以下略

 こんなのぼくのレザリオンじゃない(笑)。なんというかこう、もっと四角四角して積み木状態ロボだった気がする……んだけど、大抵あの超合金のせいだよなー。
 ノーマルはまだやっぱり野暮ったいきがするんですが、レーザーバトルギアを付けた時のかっこよさったら。まんま四角な手足にメリハリが付いて、良くなった気がするのかな。あと胸部の丸みが逆に凹むことで立体感が出て実にいいですね。昔の超合金ではそんなに思わなかったのにな。

 にしてもよく動きますよね。磁石なので保持力が弱いのはいたしかたないところでしょうか。これまた自分のイメージじゃないんですが(超合金のせいだ)、そもそも歌以外全然覚えてないもんなー。第1話で飛行機が消えたりワイヤーフレームでロボが出てたりしたのはなんとなく覚えてるんですが。

 懐かしくなってYoutubeでOP探してみてみたら、ものすごく動いてる(笑)。え、こんなのだっけ……。腰原さんがかっこいいポーズを付けているのに、なんだか気まずくなるくらい思い切りのいい動きしてますよ、この積み木ロボ。軟体ロボかと思うくらい。まあ本編は静止も多用するアレな動画が多かったんだろうけど。

 最終回では金田さんが描いてるというので、ニコニコでちらっと戦闘シーン見ましたが、なるほどいいな。後年のガイキングLODのフェイスオープン戦闘の元ネタっぽいシーンでした。

投稿: やずみ | 2016/01/31 23:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59744/63145275

この記事へのトラックバック一覧です: 勇気をディスプレイ:

« おねがい超合金 | トップページ | 本能覚醒! »