« 赤いシグナル非常のサイン | トップページ | 魔竜の騎士 »

2015/09/05

その名はレオニダス

Asx_5616
レオニダス」だからねっ!
ビースト・マッスル」だからねっ!

ラ・・・とかウォ・・・とか言い出したら、承知しないんだからっ!

Asx_5603
PE-DX05、BEAST MUSCLEレオニダス
Perfect Effectという(たぶん)海外メーカーの製品で、全高25cm弱。各所にダイキャストやABS素材が用いられた、ハイブリッドアイテムです。

Asx_5607
専用台座と武器が付属します。
武器はいずれも複雑な変形ギミックを持っており、どれか一つだけでも結構遊べるお買い得感。
本体も、ずっしり重い手応えとしっかりした関節、シャープなフォルムと、非常に好感が持てます。なんかオラワクワクして来たぞ!

Asx_5604
マスクのデザイン自体はエルガイム的なんですが、なんでしょうねぇ、この非常に司令官らしい頼もしさは(白々しい

Asx_5605
コッチから見ると、もう喉元のココまで「ラ・・・」(黙りなさい
なお肩のアーマー、獅子の顔に付いているバイザーですが、どうにもやっつけ感が出っぱなしです。もしかしたら、何かに似ているもんだから自粛して後付けしたんじゃないかと(ヤメロ

Asx_5612 Asx_5611
フル武装状態。余剰パーツはなく、すべての武器を背後に装備しておけるのは実に合理的。良いですねえ、こういう心配り。海外メーカーにしておくのは勿体ないぞ!(おい

Asx_5610
腰の後部アーマーは、両脇に剣、背部に2門の銃を装備しているだけでなく、内部にパワーウィップをくねくねと収納することが可能です。余った部分は、そのまま尻尾になります。よく考えていてはる!

・・・しかし良いことばかりじゃなくて、なぜかこのパワーウィップの関節、非常に脆弱です。はめるだけで2個折れたよ(号泣)。急激にテンションダウン。
そしてまるでそれを予測していたかのように、ちゃんと予備パーツで関節が2個付属しているという、気が利いているのかどうなのか分かりづらい仕様。ここらへんはさすがに、日本の百戦錬磨のメーカーに一日の長があるなぁ。

Asx_5615
気を取り直して、武装で遊びましょう。
まずはレーザーガン。何かというと「良い考えがある」人が持っていたものを彷彿とさせますが、気のせいでしょう。
関節は非常にしっかりしており、ダイナミックなポーズ付けもバッチリ。肩のアーマーも、背中から独立した軸で保持されているので、可動を妨げません。
(またテンション上がってきた

Asx_5620
両腰のデッドカタナは、なんとちゃんと内部に刀身が仕込まれており、引き抜くことも居合斬りのようなポーズも可能です。

Asx_5619
いやー良いなぁ、このハッタリ感!もはやキャラ的に何だか分かんないけど!

Asx_5622
背部パワーウィップは、そのまま手に持たせて武器として使うことも出来ますが・・・。

Asx_5623
先端だけを取り外し、二刀流のダガーとして構えるのもカッコいい。

Asx_5632
レーザーボゥを持たせることも可能。両翼のジョイントにはデッドカタナを付けることも出来るので、背部に装着するバリエーションも豊富です。

Asx_5630

さらに、胸部アーマーを展開すると・・・。 Asx_5631
なんか叡智の結晶が耀き・・・いや違うよ!こっからビーム出るんだよ、きっと!(大慌て

Asx_5618
さらにこのアイテム、パッケージの謳い文句には「合金×可動×変形」とあります。
そう、なんとさらに変形機能まで搭載されているのです(白々しいにも程が
さぁ行っちゃうよ!

Asx_5629
トランスフォ・・待て待て!

しかし意外にも、変形した後の物は!

Asx_5626
ビーストウォ・・・とかじゃなくって、ゾイ・・・ド・・・だった!(おい
でもカッコ良いぞ、このライガーゼロ!(伏せ字をする気はなくなった

Asx_5625
背部の武装は、すべて独立して動かせます。デッドカタナをレーザーボゥに装着、展開すると・・・。

Asx_5628
フル砲撃状態も出来ます。
パンツァーとかシュナイダーとかいう単語も脳裏をかすめますが、こっちはまぁ大丈夫でしょう(何が

Asx_5614
そういうわけで、なんかもの凄く堪能しました。

以前、韓国の製品で
「ゾイドと戦隊ロボが大好きなので、頑張って作っちゃった」
ような物をご紹介しましたが。

このアイテムは、なんというか、
「ビーストウォーズ2とゾイドとガンダムOOが大好きなので、頑張って作っちゃった」
ような気がしますが、さてどうでしょう。

何で名前がアレじゃないのかは知りませんが、出来映えは素晴らしいから良いんじゃないかな。尻尾だけ、リボルバージョイントで作り直そう。

|

« 赤いシグナル非常のサイン | トップページ | 魔竜の騎士 »

それでこそ勇者だ」カテゴリの記事

コメント

> 冥府丸・浄土丸

敵を物理的に地獄の底にたたき込む実体剣と、邪悪な心のみを成仏させるエネルギー剣とか楽しそうですね。厨二魂満載ですが。
どっちにしても、ゾ○ドもラ○オ○○ボイも全然関係ないけどなっ!
ってか、剣を持っている時点で何にも関係ないので、やっぱこれ、「作った玩具を最強メカにしたかった」ので放り込んだんでしょうね。やっぱあっちの人も厨(略

投稿: 腰原仁志 | 2015/10/11 09:33

そう言えばデス・カタナというネーミング、何とかしたいな~と思いつつ尊重した結果。
冥府丸・浄土丸ではどうだろう?などと思ったんですけどどうでしょう?
しかしデスなんて付ける辺り、向こうの人も厨二気味ですよねえ。

投稿: 銀河寒風サムイガー | 2015/10/10 14:12

> 補強したのは肘や二の腕

そうだったんですねー。私のは幸いにして、腕とかはなんともありませんでした。がしかし

> 軸の摩擦が部品の強度を上回っているんでしょうかね

そういうことでしょうね。関節部品の材質の問題が大きいと思います。ちょっと回転方向と違うところから力を加えたら、もう簡単にポッキリいきました。
逆に、関節の軸は非常にキツいので、回って力を逃がすこともできなかったようです。まぁ直しちゃったけどね・・・。

投稿: 腰原仁志 | 2015/09/22 06:22

補強したのは肘や二の腕で、そのままではラ○ガーモードでずっこけまくりでした

しっぽは運よく?まだ壊れていません
メーカーのフェイスブックを見ると動かし方の補足がありましたが、軸の摩擦が部品の強度を上回っているんでしょうかね?
軸がゆるゆるでポーズつけられないのも困りますけど

投稿: 環境介 | 2015/09/21 22:00

> 関節の補強

やっぱりしっぽは直されました?これだけ妙に壊れやすいのは何ででしょうね。

> ビーストモード時の肩はたたむように書かれていますが

あ、ほんとだ(汗 全く気がつきませんでした。わははは。情報ありがとうございます。
でもめんどくさいので撮り直しはなし(え

投稿: 腰原仁志 | 2015/09/21 00:17

我が家のも関節の補強が終わってブンドドできるようになりました!

ビーストモード時の肩はたたむように書かれていますが、開いたままもマッシブでカッコいいですね!

投稿: 環境介 | 2015/09/13 18:58

この微妙な線引きというか、いやいやこれはアレじゃないですよ?と門外に匂わしている(しかしどう見てもアレ)姿勢、何ともいえませんな。すげぇ格好いいんだけど。
そういう意味で

> 命名:ライガー司令官

いいですねえ、このどこにも迷惑かけていないギリッギリな名前(お

投稿: 腰原仁志 | 2015/09/12 18:35

命名:ライガー司令官(オィ

投稿: 山平(Sanpei) | 2015/09/11 07:19

タカラとトミーの魂が一緒になったと見ると感慨深いですね……というのはさすがに無理があるかw
四肢がそのままとはいえ、複雑な変形機構はなくてもここまで両形態かっこよくできるんですね。

投稿: TANAKA | 2015/09/08 01:29

おっ!ライオコンボ………い?
え、え~と…何故にゾイド風味?ビーストウォーズの無版権とか?
本家よりクオリティ高いなぁ。
ひょっとすると同社からハイクオリティだけど名状しがたいガルバトロンのようなモノがリリースされてはおるまいか…やっぱり目がキャノピーみたいな、ゾイドのごときドラゴンに変型する。
あとは一部パーツの耐久性でしょうねえ。

投稿: 銀河寒風サムイガー | 2015/09/06 11:18

レオニダスといえば300!
そういえばプライム王朝の王子様に似ているなァ。

投稿: 黒竜王V | 2015/09/06 01:37

なんかスッゴイですね。なんかを再現したわけでもなく、モチーフにしただけというか、こういうのネタ元知らない人に売れるんだろうか?いや、逆に引き付けられて買っちゃうか。
メタルのボディに変身だ~♪な感じはカッコイイですね。
刀持ってるとGOあたりの師匠キャラも混ざってるのかな~とも。

投稿: ズッツトン | 2015/09/05 22:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59744/62223855

この記事へのトラックバック一覧です: その名はレオニダス:

« 赤いシグナル非常のサイン | トップページ | 魔竜の騎士 »