« 涙背負って宇宙の始末 | トップページ | Complete Modification »

2015/03/23

サイバトロンばんざい

Asx_4137
スターセイバーも くいしん坊ですか
オネショして 叱られましたか

「んなわけあるか!」 

Asx_4125
トランスフォーマー・マスターピースMP-24、スターセイバー。
トランスフォーマーシリーズの最高峰ブランドに、宇宙最強と名高い総司令官が加わりました。
ボリューム満点、当時品DX玩具とほぼ同じ大きさで、それ以上の変形合体ギミックを楽しめます。

Asx_4102
まずは本体であるセイバーのビークルモードと、小型ロボ・ブレイン。
飛行機になる司令官は珍しい存在だったので、当時も人気がありましたね。

Asx_4103
コクピットを開けて、ブレインを乗り込ませます。

Asx_4104
うーむ素直にカッコ良い。当時玩具のワクワクが蘇ります。

Asx_4105
さらに機首を分離、ロボット形態にトランスフォーム。

Asx_4107 Asx_4108
ブレインは、今度は展開した胸部に収納されます。蓋を閉めると、自動的にブレイン収納部がせり上がり・・・。

Asx_4109
セイバーの頭部が現れます。当時玩具では、ブレインそのものがセイバーの頭部に変形していたのですが、このアイテムでは解釈を変え、セイバー頭部は本体の中から押し出されてくるようになっています。
サイズやバランスを考えると、実に良いアレンジだと思います。

Asx_4111
セイバーの完成。すっくと凛々しく立つ姿は、まさに頼れる総司令。

Asx_4112
しかもそういう変形システムなのに、ちゃんとセイバーの首は左右に曲がるというビックリ構造。もうお見事としか、言うことがないな。

Asx_4114
支援機・Vスター。スターセイバーのボディになります。
写真撮り忘れましたが、スターシールドを組み合わせたスタンドで保持することが可能です。

Asx_4116
劇中でも良くやっていた連係攻撃。

Asx_4118
そして、ジェット機モードになったセイバーと合体すると・・・。

Asx_4120
大型ジェットモードの完成。そう言えば、この形態って正式名称はなかったんだっけ?

Asx_4122
そしていよいよ、スターセイバーへの合体。

Asx_4123
Vスターを変形させ、胴体部分に畳んだセイバーを取り付けます。
背部からバトルメットを展開し・・・。

Asx_4124
セイバーの頭部に被せます。
「バトルアップ!」

Asx_4126
さらに、バトルメットを保持していたアーム部分のクリップを開き、アームからヘルメットを外します。アームはそのまま背部に収納、さらに背中のパーツを持ち上げて隠します。
当時品だと、このアームはくっついたままだったので、合体後に首は動きませんでした。また背中パーツも特に動かすわけではなかったので、腰の裏に残ったままで、いくぶん腰回りのフォルムがもっさりしていました。
ここらへんをちゃんと解決してしまうとは、さすがに21世紀の総司令官。

Asx_4128
スターセイバーの完成!
なんかムチャクチャカッコ良いよ!総司令!
プロポーションも抜群、非常にヒーローらしい体型です。

Asx_4133
シールドとセイバーブレード(大)を装備。デザイン上あまり動かないように見える両肩ですが・・・。

Asx_4139
引き出し関節が各所にあるので、かなり自在にポーズを付けることが出来ます。胸の前での、セイバーブレード両手持ちも可能。

Asx_4127
また背部には、セイバー機首を取り付けられるだけでなく、ブレード本体も2本収納できます。こういう、余剰パーツを出さない心意気には頭が下がりますね。
当時品でもブレード収納は可能でしたし、あの頃は感動したなぁ。

Asx_4119
このスターセイバー、MP化に際してのアンケートで堂々の一位を取ったそうですが、実に納得の順位です。それに答えるかのように出来映えも素晴らしく、当時玩具の楽しさを、現在の技術でブラッシュアップした、傑作と呼んで良いんじゃないでしょうか。
21世紀まで待っていた、価値があるというものです。

|

« 涙背負って宇宙の始末 | トップページ | Complete Modification »

それでこそ勇者だ」カテゴリの記事

コメント

某合体メカと被ったので総司令官の方をずらして発送してもらいました。 
いや、いっぺんに来られてもひろげる場所ないし。
それはさておきスターセイバー、当時は予算無くておもちゃ売場でいじってたんですが
それがついに手許にと思うと感無量。 
フィニッシュデザインが大河原邦夫さんだけに膝周りのデザインが後のファイバードを彷彿とさせますね。
ブレインギミックも楽しいし言うことなしですが、
ここまでくるとテックスペックオール10になってほしい所。
一応足裏にソレっぽいものはあるので期待していいのかしら。

投稿: Sad | 2015/03/25 18:47

スターセイバーを初めて見た時は
「あー、トランスフォーマーもこーいうヒロイック路線に行っちゃったのかぁ」(意訳)
とか思っていたのですが、今見ると意外にトランスフォーマーしてますね。

当時はΖガンダムみたいに見えてた御尊顔も、コンボイっぽく見える不思議。

投稿: k | 2015/03/25 01:52

スターセイバー来ましたか。
企画開発に関わった方が何処かのホビー誌で
「名前はスカイコンボイとかジェットコンボイの方が良かったかな?」
とか仰有ってましたが…いやいや、スターセイバーで大正解でしょう。
当時、近所に住んでた甥っ子に頼まれてテレビマガジンの付録を作ってあげたりしてましたが本誌に連載されていた、まがみばんの筆によるトランスフォーマーVのコミカライズがどうやらマスターフォースと話が繋がっていたらしく、テレビとはヘアスタイルの異なるジャンの仲間としてヘッドマスターJr.の三人は出て来てたわ何故かミネルバが他のメンバーよりお姉さんぽかったわ、デストロンは家族(非戦闘員)を養う為に略奪を繰り返していた衝撃の事実が判明し和解して終了するわと独自の展開を突っ走ってました。
デスザラスの妻、レオザックの妹(それぞれのコスプレをしたアーシーを想像して下さい。略奪を諫め共存を提案してはいたそうです)、恐竜戦隊の子供達(まんまSDぽいのが「父ちゃ~ん」って駆け寄ってました。嫁さん達は残念ながら未登場。気になる…)が登場してましたっけ。英訳して海外TFファンがどんな感想抱くか知りたい気もします。

いや~それにしても。
コレはいいモノだ…

投稿: 銀河寒風サムイガー | 2015/03/23 17:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59744/61323833

この記事へのトラックバック一覧です: サイバトロンばんざい:

« 涙背負って宇宙の始末 | トップページ | Complete Modification »