« GET WILD | トップページ | VISUALSHOCK! »

2014/11/16

恐竜対大猿

Asx_3368
どうやら海中用らしいけど、そんな描写は今のところないので、全く分かりません。

Asx_3371
Metamor-Force、ダイノゲッター3。
恐竜の力を得たゲッターも、ついに第3形態が登場しました。
もちろんオリジナルのゲッター3の意匠を用いながら、うまいこと恐竜っぽくアレンジされています。

Asx_3375
両腕の関節は自在に動き、かつ保持力も結構あるので、ぐにゃらぐにゃらと動かして遊ぶのが、なんか非常に楽しいです。
オリジナルだとキャタピラだった脚部は、バーニアなどを備えながらも4本脚になり、こちらもアクティブに動きます。

話はずれますが、下半身がほぼ固定状態のゲッター3に柔道技を出させていた武蔵って、凄い達人ではないのだろうか(汗

Asx_3374
背部のミサイル、そして尻尾のマシンガンなどを前方に向けて一斉発射!
なんかホントに、今までのダイノゲッターシリーズで、一番恐竜に馴染んでるんじゃないでしょうか。

Asx_3376
胴体の口は開くことができ、鋭い牙が覗きます。イーグル号のデザインを、恐竜の頭部・・・まぁボディだけど・・・にしてしまうのって、凄いセンス。

そして、他の2体がそうだったように、このダイノゲッター3も、恐竜形態への変形機能を備えています。

Asx_3365 Asx_3370
双頭の首長竜に変形!・・・は良いのですが、これで変形が合ってるのかどうか、実は良く分かりません(おい
WEBマンガでも良く分からないしね。

Asx_3367
しかし、関節がしっかりしているのと、変形過程が単純なおかげで、純粋に動かして遊ぶ玩具としては結構面白いです。
それに、原典の縛りがあんまりないということは。

Asx_3379
逆にこうやって
「ぼくのかんがえた海中巡航形態(なんかカワイイ)」
で遊んでいても、別に全然問題ないということで(そうか?

|

« GET WILD | トップページ | VISUALSHOCK! »

鋼鉄の凱歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59744/60661826

この記事へのトラックバック一覧です: 恐竜対大猿:

« GET WILD | トップページ | VISUALSHOCK! »