« 月の光に導かれ | トップページ | 生命の咆吼 »

2014/07/19

雨上がりの空に

Asx_254x
「ここか、俺の死に場所は」
「違う違う」
毎度おなじみのやりとり。

この記事は、7月19日現在、「烈車戦隊トッキュウジャー」のネタバレを含んでいます。本編を楽しみになさっている方はご注意下さい。

Asx_2535
烈車合体・DXビルドダイオー
烈車戦隊トッキュウジャー」6人目の戦士、トッキュウ6号が運転する新型ロボです。

Asx_2531
合体・変形するのはビルドレッシャー。2両の烈車で構成されます。
1両目の上部には可動式のショベルが内蔵、動かして遊ぶことが出来ます。

Asx_2532
ビルドレッシャーは、2編成目のの上部レールを使って、その上に1編成目が乗り上げる、特異な形態にもなることができます。なんかカッコ良いんだよね、これ。

Asx_2533_2
さらにその状態から、取り外しなしで烈車を畳み・・・。

Asx_2534
ビルドダイオーが完成。
レインボーラインの線路保安要員でもある6号のイメージに合わせ、全身が綺麗なオレンジ色をしています。安全視認用の白いベルトなども、巧くデザインに組み込まれています。

Asx_2536
頭部にもミニクレーンがありますが、こちらは左右に回るだけで、伸ばすことは出来ません。しかしまるでカブトムシみたいな印象で、素直にカッコ良いいですね。

Asx_2537
ビルドダイオーは、5両が横に合体するなどという英断(?)はしていないので、こう言っちゃ何ですが、トッキュウオーよりずっ(略

ごほん。

さて、「いつものやつ」の時期が来ましたよ。
このビルドダイオーも、超トッキュウオーと合体して、新たなる巨大な力を得ることが出来ます。最終形態はいったい、どんな形になるのでしょうか。

Asx_2539
まずは本体を分離、4つのパーツに分けて変形させます。写真左の「コ」の字をしたものは、ビルドダイオーの下半身を変形させたものです。両腕(ビルドレッシャー1編成目の、全部と後部)は取り外し、再度それだけで合体させます。

Asx_2540
「コ」の字のパーツは、超トッキュウオーの両脚の下に合体、いわゆる「ゲタ」になります。
・・・って、え?
後ろ繋がってるんだよね、これ?
脚、動かなくなるんじゃね?(^^;)

Asx_2541
1編成目の全部と後部は、ジョイント(持ち手)を引き出し、シャベルで支える手持ち武器になります。その上部には、フミキリケンを合体させます。
・・・って、え?
いきなり武器か、これ?

Asx_2542
ビルドダイオーの胴体は、水平になって、大きな胸パーツを形成します。

Asx_2543
さらに、超トッキュウオーの頭部に、ミニクレーン部分が合体して・・・。

Asx_2544
完成!超超トッキュウダイオー
何とも言えないド迫力。

Asx_2546
超トッキュウオーの、細い脚の印象は(少し)緩和されましたが、何で脚の後ろが繋がってるんだろう、コレ。
もう、脚を動かしての歩行はしないで、車輪で走ってくるだけになるのかしら。

Asx_2548
そして、超トッキュウオーの合体時と、何故か肩と両腕は全く変わっていないので、なんだか非常になで肩な感じがします。
胸パーツが上に積み上がったのに、肩の位置が変わらないので、腕がかなり下から生えているように見えてしまう・・・いや実際そうなんだけど・・・んですね。

Asx_2550
そこで、超トッキュウオーの両肩より上に(何故か)使われないで残っている、肩と同じジョイント径のパーツを横に開き、そっちに腕を付け替えてみました。
ちょっと腕は短くなりますが、肩の位置としては良い感じ。
なお、両肩のディーゼルレッシャーのパーツは、肩の隙間を隠すために載せているだけで、固定は出来ません。

Asx_2553
今度は、肩の位置は原典そのままで、両肩の大型砲を横に回し、肩アーマーみたいにしてみました。肩の位置自体は全然変わっていませんが、肩アーマーから腕が生えているみたいに見えるので、前よりバランスは取れているように思えます。
まあ、両腕全然動かないけどな!

どっちももちろんオフィシャルではありませんが、こういう遊びもいいよね。
何せ「イマジネーションさえあれば、何とでもなる」んだからね、この世界!

・・・そしてこうやって遊んでいるうちに、いつの間にか、カーキャリアーレッシャーの赤い車がどっか行っちゃってたことに気が付いた(泣

|

« 月の光に導かれ | トップページ | 生命の咆吼 »

合体魂」カテゴリの記事

コメント

> なんか色々とサイレンビルダーとかぶる気が

やっぱり、子供(と大きい子供)に人気が出るものといえば、ラインナップがカブっちゃうのはしょうがないんじゃないですかね。そういう意味では、選択肢もそうそうない中で、よくいろいろ考えるよな・・・と、私としては尊敬してしまいます。

まあ、警察烈車って、レールの上しか走れないものが何を逮捕するのか・・・などと(野暮

投稿: 腰原仁志 | 2014/08/10 13:06

 なんか色々とサイレンビルダーとかぶる気が。
消防車だし、パトカーだし(じいちゃんに付くけど)、クレーンあるし、ビルドなんとかって名前だし。
 過去のヒット作に倣ったってことかしらん。プリキュアももろにハートキャッチの劣化コピー。バンダイ的には守りの一年なのかな?

投稿: L | 2014/08/05 00:00

> くっつけりゃいいってもんじゃない

まぁ全部、ほぼ同じフォルムの電車をくっつけて成り立っていますから、しょうがない・・・とは思うんだけどやりきれない(おい
でも、ビルドダイオーはカッコ良いんですよね。やっぱり、腰のくびれって大切なのな。

> どっか間違えた気がするけど分からないな

「な、なぜ胸に虎の顔が?」
「カッコ良いからだ!」

投稿: 腰原仁志 | 2014/07/26 19:36

ちっと泣きたくなる合体形態・・・くっつけりゃいいってもんじゃない。やっぱり2.4号の烈車になんかパーツかぶせないと色味も体型もマズイままだとおもうの。それこそフルアーマーパーツの烈車が出れば・・・無理か。色々問題ありすぎる。
自分はミニプラのみですが、改造して2.4号の烈車の股関節パーツを烈車時に車両に潜り込むようにしたらDX玩具並の体型になりました。やっぱりくびれか・・・

ビルドタイガーはクライナーロボに似せたイメージの変形ですかね、クライナーロボはなかなかにかっこいい変形ですが、やっぱ無理ありますよねアレ。変形玩具クライナーだけでも欲しかったな。プレバンのは人型限定。下手すりゃ固定なんですかね?
ん?どっか間違えた気がするけど分からないな。建機系だし、警戒色のオレンジだし、ビルドつくし・・・わかんね。

投稿: ズッツトン | 2014/07/22 11:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59744/60011327

この記事へのトラックバック一覧です: 雨上がりの空に:

« 月の光に導かれ | トップページ | 生命の咆吼 »