« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014/05/24

Lonely Chaser

Asx_2363
Runaway、Runaway ♪

Asx_2347
Valiable Action Hi-Spec、ガルビオン。
80年代のアニメ「超攻速ガルビオン」に登場した可変メカです。スタイリッシュなメカとキャラ、バリバリのオープニングは非常にキャッチーでした。
本編はおいといて(おい

040417
今でもカルトな人気を誇り、好きが高じて、ダイヤブロックで完全変形版を勝手に作成した人もいましたよ(笑)。
なんせ、当時は完全変形どころか、ちゃんとした玩具が一般販売されたかどうかも疑わしい状態でしたからね。

しかしさすがに、この21世紀のガルビオンは、再現度抜群!素晴らしいギミックを盛り込んで、完全変形を成し遂げました。

Asx_2349
当時としては斬新な4つ目の主役メカ、頭部や背中も細かく再現されています。頬のガードは可動、閉じて下の目を隠すこともできます。

Asx_2343
可動域も、変形ギミックを兼ねた 引き出し関節によって割と広く、アクションポーズをつけることができます。

Asx_2341
オープニングで有名な、肩のマイクロミサイル発射口の開閉も再現。さすがに、パネル一枚ずつばら蒔いていくアレはできませんが。
というか当初、ガルビオンって、武装はこれしかなかったよね?

後に追加された武装の銃と縦は、それぞれに変形可能なものとプロポーション重視の2種類があり、好きな方を持たせられます。

Asx_2353
頬のガードを閉め、背中のウイングを展開。さらに脇腹のバーニアと爪先のウイングパーツを付け足すと、浮遊飛行形態も再現できます。
ガルビオンの世界では、異星人の干渉によって高度を飛行することが制限されたため、代わりに車社会が発展したという設定になっています。そのため、僅かとはいえ浮遊飛行機能があるガルビオンは、他の戦闘メカよりも有利・・・だったはずなんだけど、あんまりそんな感じがしなかった(おい

Asx_2356 Asx_2357
さて、それではこのアイテムの真骨頂、完全変形を堪能しましょう。各所のヒンジを展開、複雑怪奇なパーツの移動を行うと・・・。

Asx_2366
まずは強行突破形態、ロードアタッカーの完成。
本編では見た覚えがないけどな!あの頃は、とにかく何でも3段変形しないといけない時代だったのさ!(実も蓋もないことを

Asx_2365
しかしこうやって見ると、かっこいいなぁロードアタッカー。時代は一回りしたかも。そこからさらに、もっと複雑怪奇な上半身の変形を行うと・・・。

Asx_2360 Asx_2361
スポーツカー形態、サーカス1の完成!薄いボディと、面一になる装甲が実に見事でスタイリッシュ。あのオープニングがリフレイン!

Asx_2348
番組としては、もったいないお化けが出そうな味わいの作品(おい)でしたが、このアイテムの完成度は一級品!もう涙が出そうです。
愛がなきゃ到達しないよね、この完成度は。

040419
しかしまあ、愛だけなら私も、結構負けてなかったなぁ・・・
と、変な感傷に浸る若葉の候。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014/05/17

昂弐病

Asx_2323
今日は、ちょっと時期遅れちゃったけど、ゴールデンウィークの過ごし方のお話。

Asx_1415 うちのマブは、GW中は部活とテスト勉強で忙しかったはずですが、なんか暇があるとコレでカチャカチャ遊んでいました。何のかんのいっても、列車は男の子の心をくすぐるナニカがあるのでしょう。

そうしていつの間にか、組み上がっていたのがこちら。

Asx_2318 
「トッキュウ3!」

おお、確かになぜか「3」をイメージさせる体型だ。

続いて

Asx_2320
「トッキュウバード!」


ああ、なんかいかにもやりそうだ。
変形としては、ただバンザイしてひっくりあおむけになっただけだけど。

Asx_2322
『第37話のみに登場。
 ライトの、トッキュウオーで空を飛びたいというイマジネーションが暴走し、飛行形態を作り出した。
 放映された時期的に、その上に赤い服と白いヒゲのおじさんが乗って、子供たちにプレゼントを配る手伝いもさせられた。
 後に、劇場版にも1カットのみ登場。』


・・・という設定はどうかしらん」
「あるある絶対」

と、マブは私と脳内設定を熱く語りました。
何やってんだ大型連休。

厨二(ちゅうに)病じゃなくって、昂弐(こうに)病ってところかなー。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014/05/10

チェンジ!ゲッター!

Asx_2313
スイッチ・オン!

Asx_2309
ダイナマイトアクション・新ゲッター1。
マグネットで脱着するギミックを持つこのシリーズに、ある意味非常にふさわしいキャラが登場しました。

Asx_2310
フォルムは尖りまくってメリハリが効き、実にかっこいいゲッターが出来上がっています。各種間接は伝統の引き出しギミックを持ち、かなり広い可動範囲を持ちます。

Asx_2312
付属するゲッタートマホークは、両手にそれぞれ装備することもできますが。

Asx_2316
繋げて巨大なダブルトマホーク!にすることも可能です。全長30cmほどの巨大な武器、どこもかしこも尖っていて痛いほど。

そして、先述した「マグネットにふさわしいギミック」はこれ。

Asx_2297 Asx_2298 Asx_2299
各パーツを取り外し、ゲットマシン状態にすることができるのです。
ちょっとデフォルメ入ってるとはいえ、3機並べて発進ごっこをするには十分でしょう。もちろん余剰パーツは出ますが。

さらに、機体だけでなく、なんとゲッター1への変形途中パーツも同梱されています。これらを順次組み合わせることによって・・・。

Asx_2301 Asx_2303
チェンジ!

Asx_2304 Asx_2305
ゲッター1!

Asx_2306 Asx_2308
スイッチ・オン!
の、変形過程のシチュエーションが再現できるのです。
旧ゲッターロボの超合金魂版でも、同様のコンセプトでパーツが多数付属していましたっけ。

Asx_2311
このアイテム、なぜか肩のアーマー部分だけがちょっと取れやすいですが、それ以外はかなり満足しています。

私は、この世で一番嫌いな言葉は「余剰パーツ」
二番目は「差し替え変形」という人間ですが。
こういう、「脳内再生補完のためのパーツ」は大好きです。
だって、愛があるじゃんな?!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »