« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013/05/26

サーキットの娘

Asa06137

「優勝した」ような感じを出したかっただけで、変なアングルから撮影したかったわけではありません。たぶん。

Asa06135

トランスフォーマーGT・MISSION GT-R。
30周年の記念に、モータースポーツイベント「SUPER GT」とコラボした新シリーズが登場しました。写真はGT-01 PRIME。
もちろん、オプティマスプライムが融合したキャラクターです。一緒にいるのは、パートナーのレースクイーン・GTシスターMISAKI(ミサキ)。

Asa06124 Asa06125 Asa06126

カーモードは、実車・MOTUL AUTECH GT-Rをモチーフにし、スポンサーロゴからキッチリ再現しています。ボンネットやドアも開閉(写真撮るの忘れてた)、普通に合金製ミニカーと言われても納得します。

Asa06127

そして主役の(ええっ)MISAKI。フルポーザブルのフィギュアで、一般的なミクロマンよりは一回り小さい9cm程度のサイズです。
車と並べると、ちょっと大きすぎるような気がしますが、まぁ良いや。

Asa06129 Asa06130

スカートのせいで腿こそそんなに開きませんが、他の部分は実に良く動き、キュートなポーズが取れます。
パッケージ写真見本の方が、顔は可愛かったような気がするけどな(お
さて、そろそろオプティマスを変形させるか(まだやってなかったのか

Asa06131

ロボットモード。
変形パターンはかなり複雑、説明書だけだと、何がどうしたらこうなるのか、良く分からないところもあったりして。

Asa06132

顔は、今までのオプティマスには珍しいパターンで、レーサーのヘルメットをモチーフにしたバイザーなどが印象的です。いや、カッコ良いと思うよ。

Asa06133 Asa06134

各箇所も良く動き、関節もしっかりしているので、トップヘビーなデザインにもかかわらず、安定して飾っておけます。

Asa06136

やっぱり「人間と絡めらる」のは、トランスフォーマーの特徴ですね。
機械生命体が「友」「仲間」なのを感じさせてくれるのは嬉しいですし、相棒がカワイイ女の子ならなおのこと。
まぁ、ちょっと不思議な方向に行ったシリーズもありましたが、アレはアレで好きだったり。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2013/05/19

白い変人たち

Asa06119

一見、ただの色違いのベルトみたいに見えますが・・・。

Asa06112

変身ベルト・DX白い魔法使いドライバー
仮面ライダーウィザード」に冒頭から登場していた、謎の「白い魔法使い」の魔法アイテムが、ついに発売されました。しかし「白い魔法使いドライバー」って、あまりと言えばあんまりな玩具名だなぁ・・・。

この手の色換え玩具だと、後発のものは、ちょっと音声が加工してあったり、色が変わったりする程度のものが多いのですが。
この「白い魔法使い以下略」は、それらのものとは一線を画しています。なんと、かなりの音声が新規録音(たぶん)、それどころか・・・
詳しくは記事の後半で。

Asa06114

付属する魔法の指輪は2種類、「チェンジ」と「エクスプロージョン」です。片方は変身に、もう一つは魔法攻撃に使うと思われます。
「白い以下略」では、ウィザードライバーの音声が「プリーズ!」だった部分が、全て「ナウ!」に変わります。
つまり「チェンジ」をドライバーにかざすと、「チェンジ!ナウ!」と鳴るわけですね。

いずれもウィザードライバーでも使えますが、その際の音声は両方とも「ジ・オリジン」と発声されます。

Asa06111

電源を入れたり、バックルを回転させた時の発光パターンは、だいたい同じようです。
しかし起動音や、変身の際にしゃべり出す「♪ シャバドゥビタッチ ヘンシーン ♪」は、音声や音程がウィザードライバーと異なっています。やっぱり「何が違う」ベルトであることを匂わせていますね。

Asa06115

びっくりするのはここからで。
ウィザードライバーで使える、ウィザードの変身用4種類の指輪・・・フレイムとウォーターとハリケーンとランド。
これらを「白い(以下略)」で読み込ませると。
それぞれ、
(フレイム)  → 「ボルケーノ!」
(ウォーター) → 「ハイドロ!」
(ハリケーン) → 「テンペスト!」
(ランド)    → 「ホライゾン!」
と、全く異なる音声を発します。同じ指輪を使っても、発現する魔法が異なる、ということなのでしょうか。音声どころか、セリフまで変えてくるとはビックリです。

なお、それぞれの発言の後の効果音・・・「ヒー!ヒー!ヒーヒーヒー!」などは同じようです。また、フレイムドラゴンなどの強化指輪だと、「フレイム!ドラゴン!」が部分的に「ボルケーノ!ドラゴン!」などと変化します。

Asa06116

魔法効果を発揮する指輪の方は、また別の音声が入っています。
基本的なエンゲージ、コネクト、ドライバーオンなどは、よく使うためか、しゃべり方と音声が変わっていますが、言葉自体に変化はありません。

Asa06117

しかし、発動する魔法のほとんどは、別のセリフに置き換えられています。
(バインド)   → 「チェイン!」
(エクステンド) → 「フレキシブル!」
(ドレスアップ) → 「コスチューム!」
(シールド)   → 「バリアー!」

など。よくまぁ考えたな(^^;)と思うようなセリフも多いですが、「メリークリスマス!」は不思議な効果音になっていたりと、非常に芸が細かいです。

Asa06118

そして、ウィザード(晴人)が自分で作り出した切り札・インフィニティは、「白い以下略」だと「オールマイティ!」と発音されます。あれは最初から予想の範囲だったのか、どうなのか。謎は深まるばかりでございます。

Asa06113

番組も後半、いろんな謎が少しずつ収束して行きつつあるところですが、ここに来てまたほぼ新作も同然の変身ベルトを出すとは、まぁ今年も力が入っていますね。最後までじっくり楽しませてもらいましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/05/12

驚きの白さ

Asa06086

写真は、記事の本編とは(あんまり)関係ありません。

Asa05735

以前、PROJECT BM!、仮面ライダーフォーゼ・コズミックステイツの記事の際に、先に出ていたベースステイツのスーツが赤くなってきてしまった、という事を書いたのですが。

その際、ある方から「『日光に当てれば』白が戻るらしい」という事を教えて頂きました。

えー、直射日光に当てたら、劣化しちゃわないのかな?という心配もなかったとは申しませんが、それでもものは試し。日差しが暖かくなったらやってみよう、と思っていました。
この頃すっかり天気も良くなり、それじゃ試してみるか!と思った五月晴れの朝。

Asa06096

まずは、慎重に各パーツを外します。ドライヤーで暖めたりとかしながら、スーツ以外のパーツはほぼ全て(背中のバーニア部分は外せません)。

Asa06088

日に当てないパーツは、うちのシームレス素体のフォゼ子さん(仮称)に着てもらいました。胸はまだしも、ベルトはさすがにサイズが合わないので、デフォルトでナデシコ状態になります。

そしていよいよ、スーツ自体に日光を当ててみます。
なるべく皺や影が出来ないよう、下に鏡を敷いてみました。どうせひっくり返したりしますけどね。
しかし、日に当てると言っても、どのくらいやればいいのか見当も付きません。やっぱり何日にも分けて、少しづつ変化させなきゃいけないんだろうな、と思っていた矢先。

Asa06097

日に当てて十数分した後、ちょっと様子を見てみると、あれ?
なんかもう、色変わってない?

Asa06090

何と不思議なことに、確かに、赤かった部分が薄らいで、いや、消滅しています。
ええ?マジ?まだほんとに、十数分しか当ててないのに?何で?
まさしく目から鱗です。

その後、全身がくまなく日に当たるよう、あちこちをひっくり返したりポーズを付けさせたりして・・・。

Asa05735_2 Asa06089_2

以前の写真と比べると、もうはっきり分かります。理論は分かりませんが、凄い!ほんとに白くなるんだ!ということだけは良く分かりました。
うっかり1日中日に当てていたら、どうなったのか、考えるのも恐ろしいですが・・・。

Asa06091

フォーゼの仮面部分は変色していなかったので、それと比べても、スーツが同等の白さに戻ったのが分かります。
何かスゲー!理論はサッパリ知らないが!
情報を頂いた方、ありがとうございました。

さて、ではさっそく元のベースステイツに戻しましょう。

Asa06095

・・・と思ったけど、フォゼ子さん可愛いから、当分このままでいいや(おい

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013/05/11

超獣武装

Asa06067

いや絶対、こんな映像じゃないと思うんだけど。

Asa06076

超獣終級合体・天元剣。らしい。
何で「らしい」かというと、このアイテムは、ちょっと前に中国で製作されたCGアニメ「超獣武装」の玩具「らしい」のですが、なんせ私は中国語なんか読めません。そのため、以降の記事はもうすべて「らしい」で片付けますが(おい)ご容赦ください。

玩具は2体のロボで構成され、いずれも人型から獣型、そして合体剣への3段変形を行います。

Asa06075 Asa06074

説明書だと、上の白いのが「虎?神」、下の黒いのが「狂豹神?」みたいに読めますが、なんせ良く分からないので、ここでは「白いの」と「黒いの」と呼称します(投げやり
ロボモードは、両方ともなかなかカッコ良く、メリハリの効いたプロポーションは勇者ロボ的というか、スパロボOG的というか。
腿の横になんか大きなパーツがせり出していたり、腕には巨大な盾が付いていたり、膝の上に大きな爪が付いていたりと、意味深な部品が目に付きます。また背中には、合体剣になる時の刃先がそのまま突き出ています。

Asa06077

可動範囲も広く、また白いのも黒いのも、関節も材質もかなりしっかりしているので、動かして遊んでいてもストレスを感じません。中国製にしては珍し(おい

それでは獣型へ変形させてみましょう。きっと、膝の上の爪が後ろ足になったり、腕の盾がアーマーになったり、腿の横のパーツがボディになったりとかするんでしょうね。

Asa06070 Asa06071

と思ったら。
全然、そんなことはなかったぜ!

腕の盾も、腿の巨大パーツも、膝の爪もそのまんま。
剣先が突き出しているのはアバンギャルドで良いですが(ええっ)、他のパーツは、なんという勿体ない構成。もうちょい何とかできなかったんかしら。

Asa06069

気を取り直して、合体剣モードに変形。この時初めて、腿の横の巨大パーツが役に立ち、コレを伸ばして剣の柄(らしい)にします。
なお、白いのも黒いのも、変形パターンはほぼ同じです。

Asa06066

天元剣の完成!(らしい
剣と言うにはあまりにバランスがアレですが、まぁ見えないこともないこともない(どっちだ
また、この時初めて腕の盾が役に立ち(こればっか)、左右を合わせてエンブレム(らしい)になります。膝の爪も、剣の飾り(らしい)になりますが、別になくても良かったんじゃ(むー

Asa06068

手に持つとこんな感じですが、正直、ロボモードさえあれば十分(おい

それでも玩具としての遊び甲斐はまぁまぁで、変形も合体も割とカッチリしていますし、特にロボモードのカッコ良さは中国らしからぬ(おーい)出来映えです。
しかし、とにかくパーツ構成が勿体なさ過ぎ。剣の時にしか意味のない柄とか腕の盾とか、もうちょい遊び方があるだろうに。
だって、我々日本人がこういう玩具を見せられたら。

Asa06073

こうやって巨大ロボの胴体パーツ」にするに決まってるじゃないですか!

うーむ。面白いけど勿体ない、誰か日本人が助言してやらなかったのか!と言いたくなる、不思議な玩具でした。

あ、一応CGアニメも見ましたが、えーとね、(国際問題になりかねないので削除

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/05/05

BLOCKFORMERS

Asa06036
せっかくなので背景もブロック調にしようと思ったのですが、ただモザイクかかっているようにしか見えませんねコレ。

Asa06027
KRE-O CREATE IT.・TRANSFORMERS
ブロックで組み立てられる、トランスフォーマーのメカニック群です。日本では現在のところトイザらス限定発売、私はオプティマスとメガトロンのセット「BATTLE FOR ENERGON」を購入しました。
まずはオプティマスのビークルモードと、ミニフィグのオプティマス。
オプティマスは379PIECESと表記があり、組み立てるのは15分もかかりませんでした。

Asa06025
内部には、実にオプティマスを乗せることもできます。ハンドルがある左側の席は、狭くて乗れませんが。

Asa06026

またブロックのパーツ群を生かし、ボンネットやドアも開閉自在。
ドアのバックミラー部分も、丸いジョイントパーツを使うなど、構成も良く考えてあります。

それではいよいよ、ロボットモードへトランスフォーム!

Asa06039

・・・と思ったら、なんと!
この玩具では、変形は全くしません。じゃぁどうやってロボモードになったのかというと、
ブロックをバラして作り替えたのです(笑)。
しかもパーツ群は、関節以外はほぼ使い回しなので、ビークルモードとロボモードを並び立たせることは出来ません。
まぁ、このパーツ数じゃしょうがないか。

Asa06038

全く作り替えるだけあって、可動範囲はかなり広く、また割と良い感じで、オプティマスしていますね。
ただ構造上、肩の上にアーマーが載って、その上に頭部ブロックを積むので、どうしてもなで肩気味というか、本来の腕の脇の下から腕が生えている(?)ような感じがします。惜しいなぁ。

Asa06031

こちらはメガトロンのビークルモードと、そのミニフィグ。

Asa06032

ハッチが開閉し、こちらも中にミニフィグを乗せることができます。

Asa06029 Asa06030

フォルムはかなり良い感じで、メガトロンタンクっぽく見えます。足回りの部品の細かい再現も良いですね。

Asa06040

メガトロンへ変形、もとい、組み立て直し。
オプティマスもそうですが、首から下がブロック然としていてドットが荒い(笑)のに、顔だけ造形が細かいので、何だかちょっと違和感がないこともないこともない(どっちだ

Asa06037

でもポーズを付けるとカッコ良く、破壊大帝らしさが出ます。子供が「俺のトランスフォーマー」を勝手に作り直して、脳内バトルをさせるにはもってこい、じゃないでしょうか。

Asa06041

ところで気になるこのブロックの種類ですが、ぶっちゃけた話、LEGOと完全な互換性があります。
いや、どこにもLEGOのブランド名は書いてありませんが、パッケージには
WORKS WITH MAJOR BRANDS
・・・まぁ、有名なブランドと一緒にしても作れる、ってな意味なのかしら・・・
と表記があります。
こういう割り切り方って凄いなぁ、と思います。
いや、私は好きですよ?貴重な形のパーツがあって嬉しいしね?(^^;)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »