« 海へ征こうぜ | トップページ | スクランブル21 »

2012/11/14

漕ぎ出そう戦いの海へ

Asa04585 飛び込もう、戦いの渦へ!

DX超合金・ボルテスV(ファイブ)「ボルトインボックス」版。
ダイラガーと同様、先日のクイズ記事から引き継いでいます。

Asa04523 ボルテスⅤは、コンバトラーが魁の矢となった5体合体のシステムを、さらに洗練して完成度を上げたものと言って差し支えないでしょう。
プロポーションは、そりゃぁアニメ版とは異なりますが、合体時の余剰パーツの少なさと、何よりも「合体時の安定度」において、当時は非常にインパクトがありました。

Asa04586 まずは1号機、ボルトクルーザー。ボルテスの頭部と背中になります。
合体時に機首が折れ曲がり、同時に着陸脚部分が回転して顔が現れるというシステムは、当時画期的でした。アニメの演出も良かったしね。

Asa04587 2号機・ボルトボンバー。合体後は見ての通り、両腕を形成します。
コンバトラーのバトルクラッシャーと同じような構成でありながら、肩部分を畳み込むことで機体の幅をかなり縮めているのが特徴です。

Asa04589 ちょっと事情で3号機を飛ばして、4号機のボルトフリゲート。コンバトラーと違って、腰全部と脚部になるために、合体時の安定度と可動範囲は拡大しています。
翼を上から広げることで、横幅を大きく見せ、ロボ形態とイメージを変えています。

Asa04590 5号機・ボルトランダー。両足首を形成します。
今となっては信じがたいことですが、ボルトマシンとなる際に、接合用の別パーツを必要とします。ジョイント部分が左右で同じ形をしているため、そこにはめ込む凸部品がいるわけですね。もちろん、新時代の超合金魂では必要ないですが。
しかし、接合部が真横に90度回転し、その隙間から武器が出てくるというオモチャらしい楽しさは、いずれも代わりありません。

Asa04588 最後は3号機・ボルトパンザー。胸と胴体になる大型タンクです。
実は個人的に、この機体には思い出がありましてね。

このボルトインボックス、買ったのは20数年前だと思いますが、家の物置から発掘したのは10年ほど前でした。それまで結構遊び倒していたので、あちこち擦り傷があります。
中でもこのボルトパンザーは、傷もさることながら、長い間放置していたのでキャタピラのゴムが完全に劣化し、真っ白でボロボロになっていました。
他の機体は(今でも)十二分に遊べる状態だったのですが、このパンザーのキャタピラ部分だけは、単にコロが露出したみっともない姿なので、自分でもかなりガッカリ来ていました。

ところがそれから数年ほどしたある日、ふとおもちゃ屋さんに立ち寄ったら、そこでタミヤの工作セットが売っていたのです。夏休みの宿題とかで、簡単に戦車とかを作れるアレですね。
そのパッケージに載っていた、プーリーとキャタピラのパーツを見た瞬間、私の頭にはナニカが閃きました。
そして、それを買って帰って、タミヤ製のキャタピラをパンザーに履かせてみたら、あら不思議!
まるで特別にあつらえたかのように、サイズも雰囲気もピッタリ、新品の足回りが完成したのです。それが上の写真です。

この時ほど「俺って天才じゃね?」と思ったことはありません(笑)。まぁ頭の中が、そんなことだけで一杯だという証明にしかなりませんが。

Asa04525 天空剣を構えたところ。剣自体がかなり長いので、非常に見栄えがします。
ボルテスは、「剣を必殺技として使用した」(多分)最初のロボですからなおのこと。
各ボルトマシーンは単品売りもありましたが、その場合の天空剣は3号に分割して封入されていました。この長さの天空剣は、ボルトインボックス版だからこその醍醐味です。

Dsc04376 そして、触発されて超合金魂版を遊んでみると、その気配りとバランスの良さに、あらためて感動したり。 やっぱり良くできているんですよ、21世紀のボルテスは。

しかしこれもまた、当時の玩具とアニメに心惹かれ、そしてその良さを現代に蘇らせようとしてくれた開発者の心意気の賜でしょう。良いものは受け継がれていくものです。

|

« 海へ征こうぜ | トップページ | スクランブル21 »

合体魂」カテゴリの記事

コメント

> ボルトフリゲート

ああっ!大変失礼しました。さっそく直しておきました。ありがとうございます。
しかし1週間も気が付かんとは、ヤキが回ったなぁ私も・・・(^^;)

投稿: 腰原仁志 | 2012/11/21 20:31

いつも楽しみに拝見しております!
この手のDX超合金なんて我が家では買ってもらえず、
よく友人知人を垂涎のまなざしで見ていましたっけ・・・
(今でも貧乏なので超合金魂とかなかなか手が出ませんが)

ここで無粋なツッコミなのですが、
4号機はバトルフリゲートではなく、ボルトフリゲートでは?

投稿: 竜美ぷりん | 2012/11/21 04:33

> 「正義ノ値段8700円」のCM

な、懐かしい!言われるまですっかり忘れていましたが、ありましたよねそれ。
しかし今となっては、7800円って信じがたい値段ですね。当時の物価との違いをしみじみ感じます。
もし今復刻とかしたら、ボルトマシーン単体でも、そのくらいの価格になってもおかしくないような・・・。

投稿: 腰原仁志 | 2012/11/18 14:03

持ってましたよ、コレ。確か小学二年生のクリスマスプレゼントで買ってもらいました。「正義ノ値段8700円」のCMも懐かしいですね。本当によく出来たおもちあでした。

投稿: 光明寺雅人 | 2012/11/17 13:54

> 最後は近所の砂場に忘れてしまってさよなら

何という切ないお別れ!今頃どこにあるんでしょうね・・・。

OPとEDをご紹介頂いた関連でお話しすると。
この番組がフィリピンで大人気だったのは有名な話ですが、ちょっと前に、我が国(当時)の安倍総理がフィリピン入りした際、現地の方々が総理夫妻のためにと、ボルテスのエンディングを歌ってくれたそうです。もちろん日本語で。

> 分割式の天空剣はボルトパンザーにまとめて入っているのでは…?

おっしゃるとおり、ありがとうございます。さっそく直しておきました。

> ゴムキャタピラは見た目が良いし、可動に関して優秀なんでしょうが

超合金魂とかでも、ゴムキャタピラはよく使われていますしね。あとはプラで無可動、そして下に小さなタイヤ(笑)

> 可動式のプラ製キャタピラ

これもタミヤの戦車で試した記憶があるのですが、その頃の物は、1個1個はめられるためにサイズ調整が可能な反面、かなり取れやすくて、遊んでいるとポロポロ外れちゃうんで難儀しました。今のはどうなんでしょうね。

投稿: 腰原仁志 | 2012/11/15 20:49

懐かしいです。
当時品は今はなきダイエーに買いに行った時に展示品しかなくて箱なし/備品なしで買ってアンテナやミサイルはないし、ボルトランダーが合体できないという残念な記憶。

最後は近所の砂場に忘れてしまってさよならしたっけ・・・。

しかし、今見てもプロポーションは合体玩具ということを考えれば色褪せないですよね。
ほんと懐かしいです。
眼福です。

OP https://www.youtube.com/watch?v=GjPqFcQH3Ak
ED https://www.youtube.com/watch?v=CNBnxHCEViE&feature=related(音が大きいです)

CM https://www.youtube.com/watch?v=4trZ71e1GcA

投稿: えいしん | 2012/11/15 17:49

いつも拝見しております♪ すばらしいコレクションでうらやましいですね。

横槍で申し訳ないですが、分割式の天空剣はボルトパンザーにまとめて入っているのでは…? 私が所有している物はそうなっていますし、他のサイトでもそのように紹介されていますが…。
ちなみにウチのパンザーのキャタピラは健在ですw。

投稿: Ryou | 2012/11/15 13:14

ゴムキャタピラは見た目が良いし、可動に関して優秀なんでしょうが、時間経過と遊びによっての劣化がどーしても・・・
単品売りがたとえ存在しても後々の為に確保という事も結局劣化で・・・
なんかいい解決法ないもんですかね。

可動式のプラ製キャタピラかなー、やっぱり。
それはそれで強度がないような・・・

投稿: ズッツトン | 2012/11/15 07:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59744/56113937

この記事へのトラックバック一覧です: 漕ぎ出そう戦いの海へ:

« 海へ征こうぜ | トップページ | スクランブル21 »