« レッツ武士道 | トップページ | 一狩り行こうぜ! »

2012/09/13

小さな超可動

Asa04332 普段はあんまりガシャポンの紹介とかしないのですが、これはちょっとワクワクしちゃったもので。

Asa04325 超可動合体グレートゴーバスター
全6種類のガシャポンで、写真はそのうちの3種類を使ったゴーバスターオーです。
可動に特化した、DX玩具ともミニプラとも違ったアプローチをしています。
なお製品にはシールが付属しますが、今後塗装をしたいので、写真は全てシール無貼付の状態です。

Asa04307 まずはゴーバスターエース。実にヒーローロボットらしい、素敵なプロポーションをしています。フォルムと可動にこだわるために非変形で、差し替えパーツもあります。

Asa04319 しかしおかげでこの通り、両手持ちでバスターソードを構えられるというビックリ仕様。ガシャポンなのに!
フロント・サイドの腰アーマーも動き、本気でカッコ良い「単体ロボットとしての」ゴーバスターエースができあがっています。

Asa04315 Asa04316 ゴリラ、ラビットそれぞれ別売。いずれもビークルモードには変形しません。
このシリーズは、すでに3種類で完成する「ゴーバスターオー」としても発売されていたのですが、そのバージョンよりも接続ジョイントの精度が上がり、しっかりくっつくようになったような気がします。

Asa04323 3機が合体、ゴーバスターオーへ。
エースの腕やゴリラの中心部分など、いくつかのパーツが余剰になりますが、ガシャポンのサイズですから許される範囲です。

Asa04324 何せ、ゴーバスターオーなのに、こんなに良く動きますから。もともと良く動くエースがパーツを付けているだけなので、当たり前ではあるのですが、これも非変形に割り切ったおかげでしょう。

Asa04317 さらにこのシリーズでは、フロッグも別売。もちろん合体できます。

Asa04327 なんと!ゴーバスターケロオーのくせにカッコ良い!(おい
剣などを持っていない分、純粋に「エースの強化フォルム」という感じがしますね。

Asa04329 どこの水中専用MSだ、という気もしますが。

Asa04308 さらに別売の(もういい)ゴーバスタービート
こちらも非変形、ロボ形態のみです。

Asa04318 映像やDX玩具のどっしりとしたイメージとは異なり、むしろスリムな感じになっています。
また一応、両脚の前面装甲が展開し、銃に変形するというギミック付き。腕には持てませんが・・・。

Asa04312 Asa04313 そしてスタッグビートル。
これのみ、ちゃんと差し替え無しでビークルモード=アニマルモードに変形します。

Asa04322 バスターヘラクレスに合体!
さすがに頭部は差し替えですが、2体集めるだけで十二分に遊べるという優れもの。

Asa04330 そして5体合体、グレートゴーバスター!

Asa04331 余剰パーツは出ますし、ちょっと緩いパーツもありますが、「動かして遊べる」グレートゴーバスターは、現在の所これとミニプラくらいのものです。DX玩具は「置物」ですからね・・・。

Asa04333 そんなわけで、割り切った非変形とプロポーション、そして可動へのこだわりが琴線に触れたのでご紹介してみました。
難点があるとすれば、「いくら出せば揃うのかは保証できない」ということでしょうかね。
結局、うちにウサギが5匹来ちゃったし・・・(^^;)。

|

« レッツ武士道 | トップページ | 一狩り行こうぜ! »

超戦隊列伝」カテゴリの記事

コメント

> ロケットおよび、ドリルが装着可能なんです!。

なんですと!そんなことって・・・

と、うちにあったロケットとドリルでやってみたところ。
ホントだ!素晴らしい!ちゃんとはまります!

ドリルはエースの脚のボールジョイントに、そしてロケットはウサギの腕のでっぱりに、まるで最初からそれを意図していたかのように、ちゃんとセットできますね。
ドリルのブースター穴ははまだしも、ロケットの方の凹部分なんて、他に使う用途が全くないので、本気で狙っていたとしか思えません。凄い情報ありがとうございます。

いかん、もう1セットなんとかゲットして、映画版のアレを本当にやりたくなってきたです。

投稿: 腰原仁志 | 2012/09/21 01:16

超可動合体いいですよね~。

ところで、これに更なる合体があるのはご存知ですか?
どちらのみにブックにもまったく記載がありませんが、フォーゼのガシャポンシリーズ「フォーゼドライバー&モジュールスイング」のラインナップにある、ロケットおよび、ドリルが装着可能なんです!。

そう!アストロスイッチS-3のあれが再現できますよ!

投稿: 春楡 | 2012/09/20 00:34

> ウチはウサギ一匹も出ず

これがキツいところですよね、ガシャの。揃うまでの予算が、下手するとガンプラMG並みになってしまうという。

> 全塗装ですが、やってみると分かりますが詰みます。

そうか!手首共用ですもんね。エースがもう1個あれば割り切れるのですが、「あと何かがもう1個」って言い出すと、他のが1セット揃うくらいお金がかかる罠。

> ビートはなんか謎造形

下半身は、なぜか腿が干渉してあんまり動きませんよね。銃の変形も意味が分からないし。まぁこういう謎も含めて、愛らしい商品なのですが。

投稿: 腰原仁志 | 2012/09/16 04:56

今頃気付いた、ウサギの耳銀色になってる。うわっ、もうちょい回さなきゃなのか俺。

投稿: ズッツトン | 2012/09/16 03:01

ウチはウサギ一匹も出ず。エースが3ゴリとビートが2ケロとクワが5ずつかな・・・・前段ではウサギ出まくりでゴリが出ずに難儀したのに。
もー塗ったり改造したりしまくりです。

全塗装ですが、やってみると分かりますが詰みます。エースとオーは手首共用なので色をどっかにしなければならないので。ウチではあとは顔と手首くらいになって放置して遊んでます。全塗装というよりポイント塗装になるんですかね。
んで、単体だとまったく問題無いエースも合体した途端足が長すぎるので腿縮めちゃいました。肉抜き分無くす感じで。形状の修正はほったらかしですが。
ビートはなんか謎造形ですよね、下半身はもう少し余剰無しの変形を考えつつ、強度を考えて没になったのかなーって感じですね。

ウサギとケロとクワはミニプラと同じ金・・・考えない考えない。

投稿: ズッツトン | 2012/09/14 03:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59744/55649123

この記事へのトラックバック一覧です: 小さな超可動:

« レッツ武士道 | トップページ | 一狩り行こうぜ! »