« 絆の力 | トップページ | L・B・X »

2012/08/18

一緒に燃える火の鳥だ

Asa04168 科学忍者隊!出動せよ!

Asa04162 EX合金シリーズニューゴッドフェニックス
「科学忍者隊ガッチャマンⅡ」に登場した、ガッチャマンの新たな翼です。

Asa04184 初代ゴッドフェニックスの、実にタツノコメカらしいSFチックなデザインも大好きでしたが、このニューゴッドフェニックスもかなり好きでした。
最初見た時はたまげましたが。あまりに路線が変わっていたんで。まるでタイムボカンかと(禁句)。
なんせ、鳥の目玉どころか、眉毛まである機首ですからね。

Asa04164 後ろから見ると、明らかに鳥・・・というかツバメをモチーフにしていると思われる尾翼周り。
製品本体はずっしり重い合金製ですが、スタンドは更に重く、ラチェットで角度を変えてもびくともしない堅牢ぶりです。

Asa04177 機首のランディングギアはかなり良くできてきて、機体下部のハッチを開き、車輪部を展開すると。

Asa04178 シリンダーが連動し、駐機状態になります。

Asa04179 後部ハッチの6輪タイヤは、展開してからステアリングシリンダーを差し込むと。

Asa04180 きちんと鳥の脚のような着陸状態が再現できます。

Asa04165 そして、ガッチャマンおのおのの個人機・5台のGメカも付属、各格納庫にディスプレイできます。
いずれも綺麗に彩色されて、細かい部分も結構良くできています。ちょっとサイズ比がヘンですけどね。

Asa04169 まずはG-1号、イーグルシャープを収納する機首。先端が持ち上がり・・・。

Asa04171 機首が90度展開し、カタパルトデッキが現れます。このギミックはかなり好きで、プラモデルも作ったなぁ。

Asa04172 Asa04173 G-2号・コンドルアタッカーと、G-3号・オートスワンを格納する翼の付け根。
主翼の基部が上に上がることで、ハッチが開きます。

Asa04174 G-4号・スワローヘリコは、機体後部のハッチから発進。このG-4号も好きで、プラモ作っ(略

Asa04176 そして、前作まではお留守番をさせられていた「みみずくの竜」が、晴れて乗り込めることになったG-5号・ホーンドタンクは、機体上部のエレベータハッチから発進します。

Asa04175 エレベータにはスプリングが仕込まれていて、機体下部のスイッチを押すと、勢いよく上昇します。勢いが良すぎて、G-5号は遙か上空にすっ飛びますが(笑)。 

さて、ここまで雰囲気出ていて大満足だった私の目に、説明書のある一文が飛び込んできました。

「Gメカは収納できませんのでご注意下さい」

・・・はぁ?

何とこの製品、せっかくミニメカが付属するというのに、ニューゴッドフェニックス内部に収納できる仕様ではないのです。さきほど、「(Gメカは)各格納庫にディスプレイできます」とだけ書いたのは、そういうわけだったのですね。

Asa04183 実際やってみたところ、G-1号は問題なく格納できました(内部スペースが広いので)。
しかし、G-2号とG-3号はかなりムリヤリ、上下左右がひっくり返ったような形で放り込むのがやっとです。
そして、G-4号とG-5号は全然無理。G-5号なんか、せっかくエレベータが降下するというのに、そこに入れたら蓋が閉まりきらない、と来たものです。せめて、もう一回り小さいミニメカにしてくれれば良かったのに・・・。

本体の出来映えは素晴らしく、ずっしり重い手応えも大満足!・・・だったのに。
画竜点睛を欠くというか、火の鳥作って目玉を塗ってないような、そんな勿体なさが漂う夏の終わり。

|

« 絆の力 | トップページ | L・B・X »

ノンジャンル」カテゴリの記事

コメント

> マシンのサイズを確保した状態では無理って事だったんですかね。

ミニメカ、おのおののスケール自体は合っていませんので(バイクがデカ過ぎ)、何でこんな中途半端な大きさにしたのか不明です。
彩色した綺麗なものを並べたかったなら、無彩色でちょっと小さくても良いから、収納できるGメカを同梱してくれれば良かったのに・・・と、残念感が拡大します。

> (そしてやってみたかった事を某板にペタリ。)

どちらの板かは分かりませんが、おそらく間違いなく、2機の火の鳥そろい踏み!なんでしょうね。うーむ羨ましい。

> 後はスパルタン、待ってるぜぇ~

そうそう!スパルタンは是が非でも欲しいですよね。
当時の玩具としても良くできていましたし、ギミックに関してはガッチャマンシリーズ1です。

> 映画2772の何とかシャーク

スペースシャークでしたっけ、あれも良いデザインでしたよね。SFマインドが溢れていて。

投稿: 腰原仁志 | 2012/08/21 20:26

私も購入致しました。
そして同じくがっかり致しました…でも、ここに来て出してくれただけでも嬉しかったです。
(そしてやってみたかった事を某板にペタリ。)
後はスパルタン、待ってるぜぇ~

あ、「火の鳥」で思い出したけど、映画2772の何とかシャークも何処かで出ないかなぁ…

投稿: 越後の縮緬問屋 | 2012/08/19 22:40

えぇーーーー、ここまでやって収納できないの?すんげーガッカリポイントだ。
やろうとしたけどマシンのサイズを確保した状態では無理って事だったんですかね。ソレぐらいギリギリのアウトな残念ポイントです。

昔のアニメだし色々無理なところあるんでしょうね。

じつに勿体無い。

投稿: ズッツトン | 2012/08/19 00:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59744/55451668

この記事へのトラックバック一覧です: 一緒に燃える火の鳥だ:

« 絆の力 | トップページ | L・B・X »