« ひみつの図書館 | トップページ | 夜と昼の間で »

2012/06/23

ペダン星の卵

Asa03775 キングジョーの玩具は、なぜか傑作が多いという不思議な法則があります(言ってるのは私だけですが)。

Asa03786 ウルトラエッグ
その名の通り、卵(形のオブジェ)からウルトラ怪獣に変形するという玩具です。
この春から展開を始め、写真以外にも、ゼットンやゴモラ、ダダなどが既に発売されています。

Dsc02901 卵形から他の物に変形する玩具は昔からあり、「タマゴラス」とか「ちゃ卵ぽ卵(ちゃらんぽらん)」とか、世代や種類を変えて、いろんなアプローチがされてきました。昔のものは見ての通り、変形前後で卵形のフォルムを踏襲していて、変形自体も卵のガワを開いて頭部や四肢を出すだけのものがほとんどでした。

しかしさすがに21世紀、ウルトラエッグは一味違います。

Asa03776 まずは第1期の傑作、バルタン星人。このシリーズでは、卵形の状態を「EG(エッグ)モード」と呼びます。
バルタン星人って、卵から生まれるの?などという疑問はおいといて。

Asa03781 変形は結構複雑、真っ二つにした卵の上下をひっくり返すように組み合わせ、ボディを形成します。殻の両横を伸ばして、角度を付けると。

Asa03783 バルタン星人=AT(アタック)モードのできあがり。卵の殻部分の丸みが、うまくハサミやスカート(?)に見立てられ、ちゃんと宇宙忍者のフォルムになるのは感動的。

Asa03778 続いてエレキング。クリーム色の成型色が綺麗です。

Asa03779 こちらは、変形は割とオーソドックス。もう見たまんまです。

Asa03784 しかし割とリアルな頭部や長い尻尾によって、こちらもあまり元の卵形を意識しない、怪獣らしい雰囲気を醸し出します。

Asa03777 その次はガラモン。
怪獣の姿を知っていると、変形パターンは容易に想像が付くのですが。

Asa03780 まさかこれで終わりじゃあるめぇ、と思っていると。

Asa03785 そのまさかさぁ!(笑)
まぁ、可愛いから良いけどね。

Asa03766 そして、そもそもこの記事を書こうという気にさせてくれた新参アイテム、キングジョー。
他の連中と異なり、EGモードでも、かなりメカニカルな感じです。
異なるのは外見だけではありません。

Asa03767 何と、変形時には4つのパーツに分解され・・・。

Asa03768 分割したパーツはそれぞれ、キングジョーの飛来形態になるのです!
特に頭部と碗部は、あの独特な「頭から腕が生えている状態」をきちんと再現できます。
なんだコレ!楽しすぎるぞ!

Asa03774 そして合体し、セブンすら苦しめた最強ロボ・キングジョーに。
良い感じにデフォルメされているので、最強とかいう以前に、非情に可愛いです(笑)。
可動部はほとんどありませんが、そんなこと気にならない設計の妙。

Asa0377a ただ卵から変形するだけなら別に驚きませんが、それをまた劇中通り(?)に変形合体できるようにしてくるとは、いやお見それいたしました。
この発想には、ペダン星人もビックリだ!

|

« ひみつの図書館 | トップページ | 夜と昼の間で »

特撮コレクション」カテゴリの記事

コメント

お役に立てて良かったです。なんか楽しいんですよね、こいつ。気配りが効いているというか。

> メトロン星人

なんですと!というわけでググってみたところ、わはは!ほんまや!ちゃぶ台、内蔵してるぜ!標準装備なのかこれ(笑)。

他にもガンQとか、楽しそうな連中が続くみたいですね。シリーズ継続のようで嬉しいです。

投稿: 腰原仁志 | 2012/10/13 07:55

こんばんは(・ω・)ノ先日、秋葉原に遊びに行った際、腰原様のこちらの記事を、思い出しジャンクの山からキングジョーを救い出して参りました。

一応男のロマン、三段変形ですよね!?笑
出張先の机の上に置いてカチャカチャいじる毎日であります( ^ω^ )

どうやらこのシリーズ、まだまだ続くようで、年末にはメトロン星人がラインナップされています。

驚きです、なんとあのちゃぶ台付きです。

投稿: みんち。 | 2012/10/12 22:46

> ガッツ星人さんもきっとビックリ

ガッツさんなんて、このシリーズにはピッタリだと思うんですよね。卵本体を、あの頭部にして、中から胴体と手足、クチバシを出せば良いんだから・・・。

> なんか、キングジョーにかかる費用の分、ガラモンがあおりを食らった感が・・・

ガラモンの、あまりにシンプルな設計の分、キングジョーに時間をかけました!と言われても納得の差、ですよね(^^;)。
つーか、何でガラモンをラインナップにチョイスしたんだろう(禁句

投稿: 腰原仁志 | 2012/07/01 00:42

なんか、キングジョーにかかる費用の分、ガラモンがあおりを食らった感が・・・(滝汗)(^^;)
ガラモンは卵の側面に、ひっくり返すとトゲトゲが見えるパーツを
配置するくらいは本来出来たはず、と考えるのは野暮でしょうかw

バルタンはなかなか、エレキングはグレードが高い印象。
しかしキングジョーの胸の塗装(シール?)だけで何がメインなのか
はっきりわかってしまいますね(苦笑)。
何色使ってるんだコレ・・・ここの美しいグラデーションがあるかないかで、
存在感そのものが変わりますから開発者様の気合がわかろうってもんです。

いや、決してガラモンの出来に「ひでぇ・・・」とうなったわけでは(ry


投稿: バウンゼル | 2012/06/25 20:37

ごふぅ。

「いかなる戦いにも負けたことのない」ガッツ星人さんもきっとビックリしています。

いえ、ガッツさんとかメトロンさんのこれはきっともうそのままなんでしょうが。

投稿: 黒竜王V | 2012/06/24 11:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59744/55036280

この記事へのトラックバック一覧です: ペダン星の卵:

« ひみつの図書館 | トップページ | 夜と昼の間で »