« 超・宇・宙・剣 | トップページ | 「Mon amie」 »

2012/05/05

宇宙の戦士

Asa03433_2 初めてこれを読んだ時から、もう何年経ちましたかね。

Asa03427 特撮リボルテック・No.037、機動歩兵
映像として登場したのはほんの数作・・・ダイコンのOPとかまで入れて(笑)・・・にもかかわらず、今の時代に、これが製品化されることの素晴らしさ。この嬉しさをかみしめられるのは、やっぱり私たちの世代(より上)なんでしょうね。

Asa03430 あらゆる条件下で長時間活動し、中の人を守り、かつどんな状況でも使命を全うする。まさに「人が着る戦車」としての存在感、それを十二分に再現しています。

サイズとしては、リボルテックのラインナップの中でもかなり小さい方に入ります。また、両肩は2つの直角軸で構成され、リボルバージョイントは使われていません。

Asa03428 キャノピーはいったん上に持ち上げてから前に倒れる開閉式、中にはパイロットのフィギュア(上半身のみ)も内蔵されています。操作系への接続や効率、清潔面などを考慮して、パイロットはスキンヘッドが基本、「センサー系の切り替えは顎で押す」とかの真面目な設定にも唸ったなぁ。

Asa03431 有名な「卵を掴む」ポーズも、専用の卵付き手首で再現できます。繊細な動きもきちんとこなせるという証明ですね。

さて、せっかくのリボルテックですから、シリーズの他のラインナップと組み合わせて遊んでみましょう。

Asa03437 まずは、適当にでっち上げたエイリアンと対決。雰囲気がさすがに似合ってますね。

Asa03438 背部ロケット砲を、他の重火器に換装。銀色だと違和感ありますが、もう全然気にしない。

Asa03440 「虫どもめ!一泡吹かせてやるぜ!」
対要塞爆弾を接地、という感じ。数体集めて、一個小隊を並べてみたいところ。

Asa03441 ついでに脚部まで換装。中の人の脚がどうなってるのか、考えただけでも恐ろしい。

Asa03432 この商品、実はパッケージのどこにも「宇宙の戦士」という表記はありません。「ハインライン」の文字もありません。「米国のSF小説に登場する強化服」という記載があるのみです。理由は知りませんが。

私たちが衝撃を受けた登場から幾星霜、時は巡り、こうして掌の上で強化服で遊べる時代がやってきました。
うちのマブは、この強化服=パワードスーツの名称が、モビルスーツの由来になったことを知らず、教えてあげたら、心底驚いていました。彼ですら全然知らなかったんですよ。

にもかかわらず、立体物を見た瞬間に
「カッコ良い!」
と叫んで、いろんなポーズを付け、様々な角度から眺めていました。
やっぱり、エポックメイキングなものには、存在の過程や世代を超えて伝えられる力があるのです。もう間違いなく。

|

« 超・宇・宙・剣 | トップページ | 「Mon amie」 »

特撮コレクション」カテゴリの記事

コメント

> MSの語源というよりガンキャノンのデザインの参考になってたというのに

関節とかキャノンとか、ガンキャノンが影響を受けたのがバリバリですね。目もバイザーだし。確か当時のプロデューサが「こんなのがあるよ!」と(パワードスーツのデザインを)見せたとか。
まぁ、それをちゃんと日本のアニメに落とし込むのも凄いデスが。

> 勝手にカッコイイ強化服の絵を描いたとかの話も聞きますし。だからアメリカはこのデザインを知らないのだとか。

大本の出典は同人誌だそうですしね。でもちゃんと日本語翻訳版にはでてるんだし、もっと世界でメジャーになっても良いと思うんですが。

> このオトコ心をガンガンくすぐるデザイン

こう、体の全てを守ってもらえるとか、ブッ叩いても絶対壊れないような装甲とか、もうたまらんですよね。いや原作だとひしゃげたりしますが。

> ぬえ繋がりということで、やまとのVFシリーズと一緒に飾ってありますが

ああ!良いですねぇ。あれは大きさが何ともシビレますよね。私も欲しかったけど見送ったので、羨ましいです。

> 最近のロボはどれも同じで

このエポックメイキングさを見てしまうと、確かに今のロボは飛び抜けていない、と言われても仕方ないです。

投稿: 腰原仁志 | 2012/05/09 21:05

マブさんが「カッコ良い!」と叫んだのが嬉しいですね。

当時の宮武さんが神懸ってたんでしょうけど、
最近のロボはどれも同じで格好よくないと密かに思ってるのは私だけじゃないはず。

投稿: mechpalace | 2012/05/05 20:19

以前、海洋堂から発売されたものは持ってましたが、
リボルテック版は、つくりがかなり違うのでしょうか。ぬえ繋がりということで、やまとのVFシリーズと一緒に飾ってありますが、不慮の事故で股間接が折れてしまい、ポーズは固定です(苦笑)それにしても、ほんとうにかっこいいデザインですね。サンライズ版OVAバージョンより、やはりオリジンのコレでしょう。安彦良和氏がラフを描いたガンキャノンとの類似性は、当時よく言われましたが(ようするに、サンライズがパクッた)、ぬえは文句言わなかったんでしょうか??スタッフとして参加した松崎健一氏が抑えたのかな?そのあたり、今もとても気になります・・・

投稿: 光明寺雅人 | 2012/05/05 18:48

GW、いかがお過ごしですか?

この商品、特リボシリーズがスタートするとアナウンスがあったときからサンプル画像で上がっていました。

作品は未見ですが、このオトコ心をガンガンくすぐるデザインがずーっと気になっていたのですが、今回の記事をみてなるほどーって感じです♫

素敵ですねー、パワードスーツ。さて、俺もアマでポチろうか。

投稿: みんち。 | 2012/05/05 06:17

なんだっけ、本場アメリカじゃこの強化服のデザインとか知らずにいて、結果があの映画だったとか。まぁあの時代にカッコイイ強化服がCGで再現できるのかは疑問ですが。強化服版の映画って最近つくられたんだっけ?

日本のSF好きなら作品知らなくてもこの強化服は知ってる人多いのにね。まぁ自分もその1人です。さわりは知っていても内容はまったく知りません。

原型発表から長い事ほったらかしでしたが、やっとの発売ですね、なんかめんどくさい権利関係ですかね。勝手にカッコイイ強化服の絵を描いたとかの話も聞きますし。だからアメリカはこのデザインを知らないのだとか。

自分としてはMSの語源というよりガンキャノンのデザインの参考になってたというのに驚いてました。

投稿: ズッツトン | 2012/05/05 06:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59744/54633720

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙の戦士:

« 超・宇・宙・剣 | トップページ | 「Mon amie」 »