« ゴーオンで全開っっ | トップページ | ぼくの心が »

2011/11/05

不死身のアスカ

Asa01642 ダイナー!

Asa01638 PROJECT BM!、アスカ・シン。
「ウルトラマンダイナ」の主人公、自称「不死身のアスカ」が、ようやく1/6アクションフィギュアになりました。今度ウルトラの新作映画にもダイナが登場する、良いタイミングです。

Asa01639 演じるつるの剛士さんは、このフィギュアではまだかなり若い面持ちで、今のつるのさんを見慣れていると、少々違和感があるかも知れません。しかし、がむしゃらで無鉄砲、でもとても優しいアスカのフィギュアとしては、結構似ているんじゃないでしょうか。

Asa01640 背中にネームが入った、平成ウルトラらしいユニフォームは、質感もバッチリ。スニーカーのようなシューズも、ショックアブゾーバー部分がきちんと多色で塗り分けられています。

Asa01650 ガッツブラスターとスーパーGUTSメットも付属。
ヘルメットは、頭部のカツラ部分を丸ごと外し、差し替える方式を取っています。おかげで、装着前後の大きさのバランスも良く、プロポーション向上に役立っています。

Asa01653 最近のこの手のアクションフィギュアは、可動域も上がり、またスーツの材質もかなり良くなってきました。膝立ちのシューティングポーズも楽々。

Asa01644 変身アイテム・リーフラッシャーは、先端部が収納されたものと展開したもの、2種類が付属します。ウルトラマンの顔がそのまま彫られている変身アイテムって、斬新だったなぁ。斬新すぎたのか、その後続かないけど・・・。

Asa01647 アスカの中の人・・・つるの剛士さんの人気は言わずもがなですが、ダイナ、いやアスカの魅力を覚えている人も多いからこそ、十数年経ってからも、こうやってフィギュアが出るのでしょう。
映画『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』で再登場し、「まだ旅の途中だ」と言い残していた彼ですが、無事に過去(?)というか、リョウと同じ時代に戻れたのでしょうか。アスカのことだから、またどこかの時代で迷子になっているような気もするのですが・・・。

|

« ゴーオンで全開っっ | トップページ | ぼくの心が »

特撮コレクション」カテゴリの記事

コメント

> 後ろ姿

このユニフォームは独特ですが、イメージはピッタリですよね。良くできてます、これ。

そう言えば、今年の映画は、コレをある新人隊員(出も有名な人)が着るそうで・・・。以外と似合いそうな気もしますが、さて。

投稿: 腰原仁志 | 2011/12/10 19:07

リアル~後ろ姿までそっくり(>_<)

投稿: K | 2011/12/07 10:07

> 若っ!!

全くです(笑)。
でもこの若さ、無鉄砲振りがアスカなんですよね。

> いい意味で熱血バカな物語

率いている隊長自体が熱血バ○でしたからね。いや良い人なんです。

> メットをかぶってるほうが似てるかな?

そうなんですよ、髪型なのかなんなのか、撮影してから「こっちの方がイメージ近いな・・」と悔やみました。

> やっぱりこのシリーズ、表情差分があとひとつだけでも欲しいですねー。

ねぇ。キバの渡君とか、顔が2個付いてましたし、商品として決して不可能ではないと思うのですが。

投稿: 腰原仁志 | 2011/11/13 02:08

メットをかぶってるほうが似てるかな?とシリアス顔自体に
違和感を感じてしまいましたw

私のアスカのイメージって、年齢より考えが幼いというか、
子供のような(失礼ですがちょっとバカっぽく見える)
「ニカッ」とした笑顔が一番印象に残ってるんです(^m^;)

やっぱりこのシリーズ、表情差分があとひとつだけでも欲しいですねー。

投稿: バウンゼル | 2011/11/06 02:31

若っ!!
と思ってしまいました(笑)
「おれはただ、君だけを守りたい!!」とか
「本当の戦いはこれからだぜ!!」とか
ホント、アツくてかっこいいセリフが多くて大好きです。
要所要所で野球になぞらえたセリフでアスカの成長を描いたり、いい意味で熱血バカな物語でしたね。

投稿: 猫丸公園 | 2011/11/05 09:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59744/53165558

この記事へのトラックバック一覧です: 不死身のアスカ:

« ゴーオンで全開っっ | トップページ | ぼくの心が »