« お宝発見 | トップページ | ウマオイのなく頃に »

2011/10/20

Nobody's Perfect

Asa01502 「男の仕事の8割は決断だ。
そこから先は、おまけみたいなもんだ。」

Asa01509 PROJECT BM!鳴海荘吉
仮面ライダーダブル」に登場し、あまりに鮮烈かつカッコ良すぎる存在感で、私たちのハートを鷲掴みにした「男の中の男」が、1/6アクションフィギュアになりました。

鳴海荘吉は、初代鳴海探偵事務所の所長で、いざというときは仮面ライダースカルに変身します。常にハードボイルドな雰囲気で固めていますが、このフィギュアも、白いスーツ、エナメルの靴がもう決まりすぎ。

Asa01499 無精ヒゲやホクロなど、演ずる吉川晃司さんの顔もバッチリ再現。トレードマークの帽子はフェルト製で、割としっかり被せておくことができます。

Asa01507 素体もバリバリ動くので、映画「MOVIE大戦CORE」などで見せたアクションも楽々。それにしても吉川さん、良く脚伸びるよね。さすがと言うかなんと言うか。

Asa01500 「ガイアメモリを仕事に使わないのが、俺のポリシーなんだがな」
ロストドライバーに、メモリも付属します。

Asa01510_2 さらに、交換用・クリスタルスカルのヘッドも付いてきます。・・・しかし実際取り付けてみたら、白い服に半透明な骸骨顔が「あれ?」と思うくらい似合わなかったので(^^;)、仮面を持っているという感じで撮影しました。

Asa01508 通信用スタッグフォンも付属。本来なら、翔太郎とフィリップにも付けて欲しかったなぁ。

Asa01505_2 鳴海荘吉は、TV本編ではすでに本人は退場した後で、その生き様は、翔太郎の思い出や、番外編の映画などでしか語られませんでした。
にもかかわらず、「男なら誰も憧れる」生き方を貫き、常に翔太郎に進む道を示してくれている、この存在感。また、演じた吉川晃司さんの似合うこと!あぁかっちょええ!

仮面ライダーダブルは、登場人物全てが非常にキャラが立っていましたが、中でも鳴海荘吉は、ひときわ印象に残るキャラクターだったと言えましょう。それこそ、スカルに変身しなくたって十分なくらいに、ね。

|

« お宝発見 | トップページ | ウマオイのなく頃に »

仮面の系譜」カテゴリの記事

コメント

> すかんぴんウォーク

はいはい懐かしい!
こっちでも、ビューティフル・ドリーマーと併映だったせいで、私も3回くらい見ましたからね。今でもストーリー、だいたい覚えてるなぁ。

しかしまさかあの時は、あの青年が仮面ライダー、しかも「おやっさん」になるとは、全く想像もしていませんでしたね。

> 似てるなんてもんじゃなく、オーラまで再現してる凄い出来ですね!!

なんか本気で凄いんですよね、このフィギュア。指先の角度とかもう、気合い入りまくり。

> それにしても、顔が似てる似てないの差がキャラによって非常に大きい気がするのですが(苦笑)、何が明暗を分けてるのでしょうねえ

愛(おい

ではなくて、私たちが馴染んでいるキャラの「いつ」を切り取るか、じゃないですかね。おやっさんは、この表情と衣装がまさにそれなんです。
誰とは言わないけど、普通に凛々しい顔より、ニヤリ顔付けた方が印象深いんじゃないか、ってキャラもいましたからね(^^;)。

投稿: 腰原仁志 | 2011/10/23 10:17

似てるなんてもんじゃなく、オーラまで再現してる凄い出来ですね!! Σ゜゜( ◇ ;)ノノ
ヒーローのスーツで可動させる技術を積み重ねてるおかげか、
もう素体に普通の服着せたくらいでは、可動の妨げにならないみたいですなw

それにしても、顔が似てる似てないの差がキャラによって
非常に大きい気がするのですが(苦笑)、何が明暗を分けてるのでしょうねえ(=ワ=;)ハハハ。

投稿: バウンゼル | 2011/10/23 02:32

///・・・言葉足らずですみません。うる星やつら2劇場版と、同時上映、のすかんぴんウォーク・・・でしたw

投稿: 海♪ | 2011/10/21 08:36

あ~ぁ、もう!なんでこうもツボなアイテム出ますかねぇ。
センクス×3、モ~二カ♪が印象的だし、うる星やつら2劇場版のすかんぴんウォークが印象的でしたけど、20数年経って、再び銀幕でお目見えするとは・・・感慨深いなぁ

投稿: 海♪ | 2011/10/20 21:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59744/53042187

この記事へのトラックバック一覧です: Nobody's Perfect:

« お宝発見 | トップページ | ウマオイのなく頃に »