« 或る探偵の肖像 | トップページ | 路地裏の宇宙少年 »

2011/09/24

君たちにアテナを託す

Asa01315_2 翼は天を掛ける・・・。

Asa01280_3 ある日届いた、えらくでかいゴージャスな箱。高さだけで30数㎝はあり、写真の中箱はもーキンキラキン。
中に入っていたのは・・・。

Asa01285_2 射手座(サジタリアス)の黄金聖衣(ゴールドクロス)。
聖闘士星矢フィギュアの新ジャンル、「聖闘士聖衣皇級(セイントクロスクラウン)」、商品名は「サジタリアス星矢」です。
スケールは1/6、身長20数cmの人形がまとうサイズになっているので、箱も実物も巨大、うちの撮影ブースを楽にはみ出すこの威圧感。

Asa01286 サジタリアスの聖衣は、物語序盤からキーアイテムとして存在し、教皇との決戦では星矢たちに力を貸してくれた、作品を代表する黄金聖衣です。射手座(ケンタウルス)をシンボルとしてデザインされていますが、その美しく耀く黄金のフォルムが、実に見事に再現されています。

Asa01284 パーツ自体も、強化プラスチックなどを用いたハイブリッド素材で、特に肩や腰アーマー・矢などには金属部品が用いられ、質感たっぷりの仕上がり。っていうか重いです。聖衣だけで。

Asa01288 もちろん星矢の1/6サイズ・アクションフィギュアが同梱され、実際に装着させることができます。

Asa01293 装着のために、パーツをバラバラにしたところ。何ですかこの部品数。
しかもこれで、翼と弓矢は入っていないと来たもんです。翼だけで、あのパッケージの1/4を占めていましたのにね・・・。

Asa01313 そして、星矢が聖衣を来た姿。原作マンガで、初めてこれを見た時は感動したなぁ・・・。
各パーツの合いも良く、聖衣の最高峰としての威厳・・・いや小宇宙(コスモ)か・・・を感じます。

Asa01314 さすがにサイズがでかいだけあって、顔などの細かい造形・塗装も満足の仕上がり。通常の顔以外に、口を開いた叫び顔と、マスクを外した時の髪の毛パーツが付属します。

Asa01312 背中の翼は、驚いたことに、羽パーツだけで片側十数個あり、それぞれが別に可動します。翼を動かす際には、4個の関節軸をうまく動かすことで、プラ製の羽を干渉させることなく、フォルムを保ったまま、畳んだり広げたりできるのです。もうお口あんぐり。

Asa01318 オブジェ状態だけでなく、装着した星矢も、弓をつがえて構える姿勢を取らせられます。その際にも、各パーツがなるべく干渉しないよう、聖衣の形状はうまくアレンジされています。

Asa01322 黄金聖闘士の聖衣はほぼ全身を覆うため、本来なら下半身は(そのまま一体成型したら)ほとんど可動範囲はなくなってしまいます。しかしこのアイテムでは、膝裏の装甲部分に可動部を設けたり、腰アーマーの軸にスイング機構を入れたりして、その限界にチャレンジしています。そのため、このくらいまでは何とかポーズ付けもできます。

Asa01320 頭部別パーツとして、本来の持ち主・アイオロスの顔も付属。せっかくですから、赤ん坊のアテナも持たせてみました。・・・布の中身はティッシュですが・・・。

さて、冒頭に書きましたように、このアイテムのスケールは1/6です。すると、うちにある1/6サイズのフィギュアなら、彼らに小宇宙(コスモ)がありさえすれば、着ることができるのでしょうか?
さっそく、先日ご紹介したシームレス素体を使って、チャレンジしてみました。
君はコスモを感じたことがあるか?

(ちなみに説明書には、「他の商品には対応していません」と明記されていますので、決して真似しないで下さいね。)

Asa01324 あれ?割と似合ってる?
乙女座のシャカか、マーメイドスケイルかって感じで。
じゃあ、もうこれで良いじゃん(記事の根幹を否定する発言

Asa01316 まぁ余談はおいといて。

このアイテムは、少々はずれやすいパーツ、また取り付けにくい部品などがありますが、それを差し引いても十二分な満足感。もうとにかくゴージャス。お腹いっぱいになりました。

このシリーズが、果たして今後も続くのかどうかは知りませんが、お値段はともかく、飾っておく場合の置き場所を確保するのが大変でね・・・。商品自体は実に素晴らしい、と思うのですが、さて。

|

« 或る探偵の肖像 | トップページ | 路地裏の宇宙少年 »

ノンジャンル」カテゴリの記事

コメント

> 10万円のやつが販売中止になったけど

あれも大英断だったとは思いますが、さすがにね。
お値段はともかくとしても、アレを置いておける家を持っている人自体が少ないんじゃないかと(^^;)。

> 漫画ではすぐにどこか壊れたり

オリハルコンとかでできている割には、結構良くボロボロになりましたよね。ムウさんも大繁盛。

投稿: 腰原仁志 | 2011/10/01 02:56

10万円のやつが販売中止になったけどコレで十分ですよねw

漫画ではすぐにどこか壊れたり、吹っ飛んで無くなったりするクロスですが、手にとってじっくり見られるのはいいもんです。

投稿: 銀☆星 | 2011/09/29 19:58

> 1/6とはなかなかの大きさですね

実際飾ってみると、とにかく羽がでかくて、普通の1/6サイズアクションフィギュアより、もう一回り大きく感じます。またオブジェ形態のド迫力といったら・・・。

> PGウイングゼロの技術が下敷きになってるんだろうか。

構造とか、なんか実にそんなような気がします。途中の1本の羽根(表現難しいな)が良く動いて、開いても畳んでも、綺麗にラインが繋がるようになってるんですよ。

> 聖矢とアイオロスの顔

最初蓋を開けた時、アイオロスの顔だけが目に入ったので、

「うーん、この星矢、まるでアイオリアみたいだ。オトナになったってことなのかなぁ」

などとトンチンカンなことを考えました(^^;)。

> ヒドラとカシオス

そうそう、アレだって一応聖闘士(候補)なんですよね。クライマックスでちゃんと『良い奴』という表現をしてくれていたのは、嬉しかったです。
まぁ、カシオスがどうやってペガサスの聖衣を着るのかは、かなり疑問ですが。・・・カバーしている部分の面積の方が、少ないんじゃないか。

>> シームレス素体
> 南半球と絶対領域

実はこの子、はいてな(黙って

投稿: 腰原仁志 | 2011/09/29 04:05

ホント美しくてかっこいいですね♪
聖衣なしの星矢ボディも姫野美智さん作画のしなやかな細身を思い出させますね♪

>シームレス素体
南半球と絶対領域に絶大なる愛と信念を感じます・・・。

投稿: 猫丸公園 | 2011/09/28 22:29

「王用MHなんてつっ立ってだけいりゃいいと思ってた」なんて某アマテラスさんの言葉にあるようにマスクを小脇に抱えて立ってるお姿が似合うゴールドクロスがここまで動くのは見事なものですね(誉めてます。全力で

ヒドラもカシオスも「アテナの聖闘士」だけあって(カシオスは候補でしたが)、物語終盤の(まだ連載終わってないけど)「根はいいヤツ」って描写がとっても素敵でした(笑)。

投稿: 九太郎 | 2011/09/28 09:28

「選ばれ~た申し~子のように~♪」

星矢の素体のみの印象が、「なんか今風の細っこい体してんな?」でしたが
聖衣装着したときのバランスと、アイオロス頭部との
頭身の兼ね合いなんでしょうなw

こんなシリーズが発売されてるとは知らず驚きました。
デカいだけあって、羽がそこまで可動するなんてビックリですよ!
PGウイングゼロの技術が下敷きになってるんだろうか。

聖矢とアイオロスの顔がものすごく出来がいいのも嬉しいですねー。
古代ギリシャの遺跡写真と組み合わせたら雰囲気出そう。
「君、戦いは顔で決まるのだよ」ってヒドラのセリフが浮かんできますなw

投稿: バウンゼル | 2011/09/27 22:39

「空高く~掲げよ~♪」

いやぁサジタリアス星矢はかっこいいですなぁ(^o^)/

自分もセイントクロスマイスの分は持っていますがこちらは…

1/6とはなかなかの大きさですね、縦も横も場所をとりそうなw


投稿: みんち。 | 2011/09/24 21:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59744/52819937

この記事へのトラックバック一覧です: 君たちにアテナを託す:

« 或る探偵の肖像 | トップページ | 路地裏の宇宙少年 »