« 立て!ダルタニアス | トップページ | 派手に行くわよ! »

2011/05/06

ウルトラの星が瞬く時

Asa00221 新しい光が現れる!

Asa00218 PROJECT BM!ウルトラマンダイナ(フラッシュタイプ)。
1/6アクションフィギュアのウルトラシリーズに、平成ウルトラマンの2番手、ダイナが加わりました。
体型は女性的ですらあったティガと比べ、その名の通りダイナミックなプロポーションを、ちゃんと再現しています。素体とスーツの間に、スポンジ状のものを入れて、体型を調整しているようです。 

Asa00211 流れるような頭部のデザインや、鮮やかな胸元のラインなどもきちんと表現され、ボリュームあるフォルムを形作っています。

Asa00217 このサイズのアクションフィギュアですと、どうしてもスーツのテンションでポーズが制限されてしまいますが、このダイナはかなり頑張っていて、いわゆるスペシウム光線ポーズくらいまでなら、なんとか腕のポーズも維持できます。

Asa00214 ただ、やっぱり下半身の可動はきつくて、このくらいが精一杯(膝はもう少し曲がりますが)。柔軟性と耐久性、そして見栄えを両立できる素材があればいいのですけどね。

さて。

ティガが、そのストーリーからも「平成のウルトラセブン」的な面を備えていたとするなら、ダイナは初代ウルトラマン、ストレートでより分かりやすい展開を狙っていたように思います。主人公を取り巻く人たちの雰囲気からしても、繊細なGUTSに対し、アバウトというか大雑把な(おい)SUPER GUTSというか。

「遙かなるバオーン」なんて、そのアバウトさが耀く名話でした。
怪獣バオーンのその鳴き声を聞くと、人間だろうがウルトラマンだろうが、即座に眠りについてしまうのです。誰も全く抵抗できません。ある意味最強怪獣だよなぁ、バオーン。
そして、そのバオーンと普通に平和に共存できる村人たち。ネオフロンティア時代のどこに、あんな村が残ってるんだ(笑)という感じでしたが、そういった大雑把ゆえの引き出しの多さが、ダイナの魅力だったのです。

Asa00220 最終回で光の中に消え、生死不明となっていたダイナですが、映画「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説」で正式に還ってきてくれたのは、非常に嬉しいことでした。

新たな映画の噂もあるダイナですが、現在のその人気の一端は、変身前のアスカ・シン隊員=つるの剛士さんが担っているのは、誰もが認めることでしょう。「不死身のアスカ」の新たな活躍が、また劇場で見られるのかな?

|

« 立て!ダルタニアス | トップページ | 派手に行くわよ! »

特撮コレクション」カテゴリの記事

コメント

> メビウスがまんだらけで¥7000切ってた

ああ、そいつはお買い得!シリーズ通して脚部の可動は今ひとつなんですが、造形の確実さは定評があるので、素立ちで十二分にカッコ良いですから。

> 一枚目のお写真

お喜びいただけて幸いです。火星からスタートする物語というのも、ネオフロンティアの幕開けという感じで新世代でしたね。

> チームワークもとことん体育会系

隊長からしてアレでしたからね(笑)。後日のティガ&ダイナの映画で、イルマ隊長はどうやらダイナの正体に気づいたみたい・・・というか「何でアンタ(ヒビキ隊長)は分からないの?」というような感じなのが笑えました。

> っていうかガラオンって本当は「ホントにそこそこ強い」んだろうなぁ(笑)

まさに「そこそこ」で、いつも詰めが甘いところが良かったですよね。予算がないからサイズが小さくなるとか、切ねぇ・・・。

> ライダーのほうは動くということは、黒い下地素材ならもういけるということでしょうかね?

カブト系、電王系の質感でなら、かなり動かせるみたいですね。オーズはどうなるか分かりませんが・・・。
同じライダーでも、W系はまだキビシイので(スーツの模様が複雑なせいもあるでしょうが)、やはりまだまだ検討の余地があると思われます。

> つるの氏は、私的にはアスカまんまだと思ってるんですけど、それを言うと結構ダイナファンの方から非難されるんですよ(汗)。

えー。私も本当に、ご自身に合ったキャラだと思います。
まだガイアが放映中の頃かな、つるのさん自身が雑誌でエッセイを連載していて(B-CLUBだったかな?)、その中で、メーカーにアスカのフィギュアを作ってはどうか?とプロモーションした話が載っていました。
どこのメーカーかは忘れましたが、こう言われたそうです。

「うーん、やはり劇中に登場したキャラでないとねぇ」

『登場してるだろ!主役だよ!』

って怒ってらっしゃいましたっけ。ご本人は大好きな役柄だったそうです。

投稿: 腰原仁志 | 2011/05/10 21:08

このダイナ、頭と胴体がちょっと大きい感じがしますが、
造形は特徴をよく掴んでますねー。
可動は相変わらず残念・・・ライダーのほうは動くということは、
黒い下地素材ならもういけるということでしょうかね?
銀色は確かに素材が難しそうですもんね・・・(=∀=;)

つるの氏は、私的にはアスカまんまだと思ってるんですけど、
それを言うと結構ダイナファンの方から非難されるんですよ(汗)。
まあ正確には「つるの+英雄的行動=アスカ」だとは思うんですが。
新しい映画やるなら、「ゼロ&ダイナ」でやればいいのになー。

投稿: バウンゼル | 2011/05/10 19:37

一枚目のお写真
火星の大地に現れた新たな光の巨人!
「ティガ?」「いや違う、だがあれもウルトラマンだ」

ダイナミックのダイナ、ダイナマイトのダイナ、大好きなダイナ!

ホントにかっこよくて強いマイヒーローです。
アスカの成長に合わせて要所要所で野球ネタ持って来たり、チームワークもとことん体育会系でしたね。

スタッフの方が言っていたアスカとリョウの「ルパンと不二子のようにくっつかない関係」ってのも好きでした。

数年後に作られたOVも当時の雰囲気そのまんまで良かったですね。あのチームワークは憧れます。
っていうかガラオンって本当は「ホントにそこそこ強い」んだろうなぁ(笑)


投稿: 猫丸公園 | 2011/05/07 23:03

どうもこんばんはー、最近妙にウルトラづいてるみんちですw

いいですねぇダイナ。かなり女性的な体系ながら何故か力強さを感じます。project BMやるなぁ。。。こないだメビウスがまんだらけで¥7000切ってたので買えば良かった(/_<。)

しかし>怪獣バオーンのその鳴き声を聞くと、人間だろうがウルトラマンだろうが、即座に眠りについてしまうのです


こんな怪獣、どこぞの勇者にもいませんでした!?w

投稿: みんち。 | 2011/05/06 22:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59744/51597641

この記事へのトラックバック一覧です: ウルトラの星が瞬く時:

« 立て!ダルタニアス | トップページ | 派手に行くわよ! »