« 極付派手ミニプラ | トップページ | 突撃ラブハート »

2011/05/20

炎と書いてファイヤー

Asa00298 カイゼルファイブレード!

Asa00295 ヴァリアブルアクションカイゼルファイヤー「VS騎士ラムネ&40炎(ファイヤー)」に登場した、炎を操る神霊騎士です。
番組では、かなり悲劇的な宿命を背負い続けるメカだったのですが・・・、非常にスタイリッシュなデザインを再現、純粋にカッコ良い立体ものとしてになっています。流れるような先鋭なライン、尖りまくった四肢、うーむたまらん。

Asa00297 アイテムとしての第一印象としては、もうとにかく発色が綺麗。この写真では全然伝わっていないんじゃないかと思いますが、白いボディのつややかさ、そして青と赤、金のメタリックな輝きが、もの凄く高貴なイメージを振りまいています。

Asa00296 左肩に装備されたカイゼルファイブレードは、取り外して右手に持たせられます。普段は襟(というか紋章?)のように装備しているというのも、斬新なデザインでした。
本体の可動範囲も非常に広く、膝などはほぼ180度曲げられるほどです。

Asa00294 背部の翼は、パーツを一部交換して、飛行形態を再現し、また上部はクランクによって自在に可動、翼を大きく広げることもできます。

Asa00304 「VS騎士ラムネ&40炎」は、前作ののーてんきな雰囲気を受け継いだギャグアニメ・・・かと思いきや、どんどん雰囲気が変わっていき、シリアスで壮絶な「伝説」へと変わっていきました。終盤の衝撃的、絶望的な展開は、今でも印象に残っています。もちろん、最後はハッピーエンドにはなるのですが・・・。
メインヒロイン・パフェにとって、ハッピーエンドだったかというと全然そうではない、それどころか、パフェはヒロインの座から蹴落とされちゃった(^^;)という、凄いアニメでした。いや、アレはビックリしたなぁ・・・。

Asa00307 本編のそんな雰囲気はさておき。
このカイゼルファイヤー、とにかく立体ものとしては素晴らしくカッコ良く、まさしく「ヒーローロボット」という感じです。
何せ、全然映像を知らないマブが見て
「かかっか、カッコ良い!」
と、いろんな角度でポーズを付けて、眺め続けていたくらいですから。

やっぱりトリコロールカラーは良いよね。ヒーローの鑑だよ。

|

« 極付派手ミニプラ | トップページ | 突撃ラブハート »

鋼鉄の凱歌」カテゴリの記事

コメント

> 「ラムネ」と聞いて参上しない訳がありません。

お待ちしておりました。当然これも買われただろうなぁと思っていたところです。

> あ~そりゃ、15で熱血するのは照れるよなぁ。

今更ながら、ああそうだよなぁ、それで毎回言っていたのか、と思う次第。いやこういうのって、年を食えば食うほど、何の照れもなく言えるよね!(お前だけだ

> こうして設定とオチが分かった上で見直すと、これはこれで良い話だったと思います。

私もね、今でこそ「そうだったか!」と、その工夫に膝を打つものですが。放映当時は、当然リアルタイムで見ていたので、パフェが置き去りにされてしまうのが、どうにもたまらない気持ちでした。誰だって、最初から出ていて主人公を世界に誘った女性が、まさかヒロインになれないとは思いませんからね・・・。

> 素立ちや飛翔ポーズがとにかく美しいです。

そうそう、このカイゼルファイヤーの「ただ単に、まっすぐ立っただけ」なのに凄くカッコ良い、これは(変な話だけど)新たな発見でしたね。まぁとにかく綺麗で。

> 我が家の押入れには、当時のプラモデル(LIMITED MODEL)が、組み立てられる事なく仕舞われています。

ありましたねーLM。改造前提、一色成型という、当時の流れにすら逆らったプラモでしたが、神霊騎士全員出たし、今となっては貴重品ですよね。3機とも買っておけば良かったなぁ。

投稿: 腰原仁志 | 2011/06/05 20:07

「ラムネ」と聞いて参上しない訳がありません。
ご無沙汰していますが、いつも楽しく拝見しています。
「NG~」の時は掲示板に書き込みをしましたが、今回は写真を撮る余裕も無くて、こちらにお邪魔します。

我が家にも届き、他の積みを差し置いて、早速開封。
ポーズ参照もかねて久しぶりにDVDを倍速再生させて――「炎」全26話に加え、「FRESH」全6話を見直しきってしまいました。

放映当時は、TV版「炎」1話目で3代目は2代目の息子なのが分かりきっていましたから、「ダ・サイダーと3代目は親子ほど歳が離れている」と解釈していましたし、「勇者が熱血してテレるな!」とか「ダ・サイダーも3代目にしておけよ」と思ったものです。

今回の視聴に前後して、DVD同梱のブックレットで「20歳のダ・サイダー」という文章を見かけたのでWikiで調べなおしたら、3代目は15歳だとか。
時間軸上、「3代目が未来から」呼ばれていたのだと、今更ながらに知ったり。――いや、各所で解釈はマチマチですが。
それにしても、あ~そりゃ、15で熱血するのは照れるよなぁ。


私も「個人的にはNG騎士が至高!」という人です。
しかし、こうして設定とオチが分かった上で見直すと、これはこれで良い話だったと思います。
……予備知識無しの初見で楽しめないのは、致命的に辛いですが;
先程も少し触れた「賛否両論の否」は、ブックレット中でスタッフの皆さんも無念がっていました。

> OVA

ブックレット中にも「そういう時代だった」とありましたが、時期的にも「ダーティーペアFLASH」のパロディだったのですよね。
最近の作品にもある傾向ですが、「レイティングされていないのに、子供と一緒に見れないじゃないか!?」とあきれたものですが、毒食らわば皿まで。
――こちらも話自体は結構面白かったと思います。4代目の活躍も見てみたかったですし。
……私も歳とったからかなぁ;


カイゼルファイヤー……というか神霊騎士は、その撫肩や長すぎるスソの所為で、ハッタリの効いた動きのあるポーズが決まりにくいのですが。
素立ちや飛翔ポーズがとにかく美しいです。
専用の手首が無いのは残念でしたが、召喚時に印象的な「腕組み」ポーズも、辛うじて様になりますし。
当時は気がつきませんでしたが(それともアレンジが加わった所為か?)、その頭部はキングスカッシャーや同・EXの流れを受け継いでいる感じですし。
がしがし動かして遊ぶ、というより、ポーズが変えられる彫像、といった印象。

我が家の押入れには、当時のプラモデル(LIMITED MODEL)が、組み立てられる事なく仕舞われています。
1色成型で塗装が必要なうえに、当時の模型誌の作例で全身にボールジョイントが組み込まれていたりで、自作を断念していました。
近いうちに、このクオリティで、3体の神霊騎士が揃ってほしいと願います。


コミック版も小説版もきちんと追いかけたはずなのですが、また読み直したいものです。何処に仕舞ったかなぁ……?;

投稿: 玖珂隆輝 | 2011/06/05 00:24

続編って、パフェとカカオがラムネス4代目との恋を熱望していたら、4代目は女だった(笑)というあれでしたっけ。

カイゼルファイヤー自体はカッコ良いんですよね。まさに王道の尖りロボ、という感じで。
どうやっても負けることを宿命づけられているというのが、ううう。コミック版はちょっと違うそうですが・・・。

投稿: 腰原仁志 | 2011/05/23 20:25

カイゼルファイヤーが凄いスタイリッシュに造形されてることにまず驚き。
そして今このときに発売されたことに二度驚きました(苦笑)。

VSは、作品的には旧作からのファンの賛否両論があって
成功とは言いがたい続編でしたもんねえ。
個人的には、ラムネたちだけ年取って、旧作ラムネとダサイダーの黄金コンビが
無くなってしまい、こちらのラムネはいまいち盛り上げが悪かったことが残念でした(=ω=)
・・・ラムネシリーズ的には、ラジオドラマで他作品のパロばかりやってた
旧作最後期から怪しい感じはしてましたけど(汗

>OVA未見なのでなんとも。
続編のOVAは、パフェとカカオの百合Hとサービスが売りですから、
未見なままのほうが良いかも知れません・・・ラムネの最終作品としては
期待しないほうが(^^;)

投稿: バウンゼル | 2011/05/23 04:20

個人的にはNG騎士が至高!という人なのでVSはちょっと。
多分ちゃんと守護騎士とかが出てれば気にしなかったんでしょうけど。
無理に2としてやらなくてもなぁ。

いや嫌いじゃないんです。ええ嫌いなんかじゃないよー。

小説展開とかも含めて、大風呂敷広げていった『ラムネ』の世界に区切りを付けた作品でもある『炎』。
吉崎観音先生の描く漫画版はさらに暗い。暗すぎる!?
つーか黒い……。守護騎士とか出てくるんであっちのほうが好きですけど(そこか)。

マブ君にはそっとOPを。
「やられメカどうしようか」→「三体位出そうか」→「ゲッター?」→「そりゃいいや、んじゃゲッターで」と言う経緯であのもどきメカになったとか。いいのか?いいのか。

メカデザインも昭和→平成への以降っぽくて好きです。いやラムネはどっちも平成だけどな!
レスラーの名を冠した母艦なしとか寂しい限り。
他の神霊騎士も欲しいな……。並べてー。


>パフェさんヒロイン降格説
一見そうですが実は違う!ちゃんと説明しろよ○かほり!
小説の続きはどうした○あかほり!
は、ともかく、実はVSはラムネス伝説の終焉の話。
なので「部外者」のパフェ&カカオさんは除外されてます。
過去の因縁断ち切って(初代ラムネスが完全に死んでない&邪神のせいで輪廻転生が完全ではない)無限ループから脱出した事でラムネス伝説は完結、新しい物語へ。
その新しい物語の新しい「勇者」がパフェ&カカオです。もう一人増えるみたいですがOVA未見なのでなんとも。

やっぱ写真見るといいですねぇカイゼルファイヤー。
買おうかなーでもまだ実写TFの多々買い真っ最中だしなー。ラムネ信者としては義務が責務がッ!

「取り合えずニコ動でOP見てきます」ていむ

投稿: ていむ | 2011/05/21 01:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59744/51724457

この記事へのトラックバック一覧です: 炎と書いてファイヤー:

« 極付派手ミニプラ | トップページ | 突撃ラブハート »