« スーパー戦隊伝説 | トップページ | こういう大人に »

2011/02/17

カイザの日

Asx09895 「お前、死にたいんだってなぁ?」

Asx09902 REAL ACTION HEROES・vol.509、仮面ライダー カイザ
仮面ライダーファイズに登場した2号ライダー、主に草加雅人が変身します。
この「主に」というところが、ファイズという番組が他のライダーと最も異なるところでした。次々と変わる装着者、仮面の下は誰だか分からない群像劇。それは、ファイズとて例外ではなかったわけですが。

Asx09894 黒と紫、金で縁取られた美しいコントラスト。体を走る2本線。そして、大きく「×」が描かれた仮面と胸元。
いやぁ、カイザはホントにカッコ良いなぁ。
黙って(ヘンなことを企まずに)立っていれば、だけど・・・。

Asx09897 腰の後ろには、閉じた状態のカイザポインターを装着できます。ポインターは伸びた状態のものも付属し、そちらはもちろん、右足に取り付けられます。

Asx09896 草加雅人おなじみの、変身直後に襟元を直すポーズも・・・と思ったけど、アーマーがぴっちりしているので、ちょっと難しかったです。誤魔化すために写真を暗くしてみたり。

Asx09903 最大の武器・カイザブレイガンは、腰のホルスターに装着でき、銃モードはもちろん、銃底部分を差し替えて剣モードにすることもできます。スーツがファイズと同様に柔軟性があるため、逆手に構えて低く腰を落とすポーズもバッチリ。

Asx09901 「自らの意図を隠すために仮面を被る」
その点において、カイザは最も有効な使われ方をしていたライダーでした。

草加雅人が、ああいう人間でなければ、カイザももっと正統派なイメージが残ったはずなのに、どうしても「いつも何か企んでるライダー」という印象が離れません。もっともそれだけ、草加くんが「記憶に残る」キャラクターだった、ということですが。

Asx09900 1号、2号ライダーがガッチリと握手!するのは、普通なら最も燃えるシチュエーションのはずなのですが。
この二人がやると、どうにも胡散臭さが漂ってしまうのが、何ともトホホ。

|

« スーパー戦隊伝説 | トップページ | こういう大人に »

仮面の系譜」カテゴリの記事

コメント

> 「探偵として断言する!

何という言霊、消えてく妖怪の方が気の毒だなぁ・・・。

> このゲーム、一応時代劇なのでガンダムもウルトラマンも仮面ライダーも再現できます。

もうそれ時代劇と言いません(笑)。

投稿: 腰原仁志 | 2011/02/22 21:55

>ホームズの探偵力
いやそれがですね、何しろプレイヤーがデモベの鋼屋ジン先生。
「探偵として断言する!妖怪とか天狗とか存在しない!これ即ち《破邪顕正(デモンベイン)》!!」
とかいうと、言われた妖怪や天狗が、
「そ、そうか、俺は存在しているはずがないのか……」
と、消え去ってしまうという……

あ、このゲーム、一応時代劇なのでガンダムもウルトラマンも仮面ライダーも再現できます。

投稿: 黒竜王V | 2011/02/22 10:33

> 魂WEBでサイドバッシャーとカイザセットで販売してくれないかなぁ…

フィギュアーツのシリーズなら、十二分に可能性がありますよね。まずはオートバジンですが。

> シャーロック・ホームズとスーパーロボットが組んで聖徳太子と戦うような時代劇

何という凄まじきカオス(^^;)。いや面白そうですな。ホームズの探偵力がバトルに何の関係があるのか、興味の尽きないところです。

> しかし、このシリーズのライダーは行ったり来たりでしたねぇ。スーツが。

中に入る人が変わるのはもちろん、中の人のやることも、行ったり来たりでしたねえ。一番は木場くんかなあ。
そういう意味では、草加くんは最後までブレませんでしたねぇ。悪い意味で。

> このカイザ、それっぽいポーズをとれば「本物」の質感がありますねー。

ホントに質感は最高、細かい部分までバッチリと、実に贅沢な仕様です。ブロックでサイドバッシャーを・・・とは考えただけで、やりませんよ?絶対?

投稿: 腰原仁志 | 2011/02/21 21:58

このカイザ、それっぽいポーズをとれば「本物」の質感がありますねー。
背景を合成したら、見分けがつきませんよ。

ファイズ・カイザ・デルタの中では、カイザのデザインが一番好きです。
サイドバッシャーに乗る勇姿は今でも平成ライダー中1・2を争うと思っております・・・
ほんと、草加君がもうちょっとまともだったらなあw
映画でも序盤でああなっちゃうし、本編でもああなってしまうんですが、
どこまでもブレない姿勢が、鮮やかな印象を残してますね。

・・・・・・最終回で、木馬君が変身して「やっとふさわしい装着者になった!」と
喜んだのはナイショだ!(草加君も好きですよ?(汗))

投稿: バウンゼル | 2011/02/20 23:11

僕はまだ未読なんですが、『天下繚乱RPGリプレイ』に草加(がモデルのキャラクター)が出るとかでないとか。
まあ、シャーロック・ホームズとスーパーロボットが組んで聖徳太子と戦うような時代劇だし。


しかし、このシリーズのライダーは行ったり来たりでしたねぇ。スーツが。
どっかに予備のファイズやカイザがあってもおかしくなかったかも。

投稿: 黒竜王V | 2011/02/18 11:59

RAH、どんどん進化していますね。本物に近付いているといいますか。

カイザは本当にスペックだけは燃え要素満載のライダーでした。カイザブレイガンとカイザフォンの二丁拳銃で戦ったのを当時見たときは「おおっ!!」と嬉しくなり、サイドバッシャーが活躍すれば「おおおっ!!」と狂喜乱舞したものです。

そしてラッキークローバーの冴子さんがカイザに変身した時は「おおぅ…\(◎o◎)/」と萌えたものですw

RAHは高額なので魂WEBでサイドバッシャーとカイザセットで販売してくれないかなぁ…

投稿: みんち。 | 2011/02/18 06:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59744/50899145

この記事へのトラックバック一覧です: カイザの日:

« スーパー戦隊伝説 | トップページ | こういう大人に »