« タ・ト・バ! | トップページ | 運命のガイアメモリ »

2010/09/08

がんばれアークさんFINAL

今回は趣向を変え、ある武装神姫のドキュメンタリーをお送りいたします。
ナレーションは、ガイアメモリの声の人を想定してお読みください。

Asc09846(番組開始前のジングル)

武装神姫・アーク

儚げな白いフォルムの彼女は、このblogの中で、もっとも弄ばれた子の一人である。
そんな彼女にも、ついに檜舞台がやってきた・・・けどね!(笑)

(オープニング)

この番組は、スタジオ・アイアンギアと、
ご覧のスポンサーの提供でお送りいたします。



武装神姫・アーク
当初彼女は、新たに開発された変形バイク・The Vorgerのテストパイロットとして選ばれた。
(回想シーン・1)

本人もまんざらではなかったらしく、 得意げに変形機構の解説アナウンサーを買って出ていた。
(回想シーン・2)

The Vorgerがほぼ完成した際には、誰の目にもその物語の主役となることは明らかであったし、本人も口には出さないが、確固たる自信を持っていた。
(回想シーン・3)

あんな事が起きるまでは。
(回想シーン・4)

そう、The Vorgerの正式なパイロットになったのは、彼女ではなく、専用に(秘密裏に)開発された、大門結花だったのである。
(回想シーン・5)

だが彼女は、人前では、落胆した姿を見せなかった。可愛い妹のためにと涙を隠し、敢えて悪役を演ずる道を選んだのである。・・・まぁホントは落ち込んでたけど(^^;)。
(回想シーン・6)

そんな彼女を、またしても絶望が襲う。
決まりかけていた悪役の座、それすらも、ポッと出の新人に奪われたのだ。
(回想シーン・7)

彼女の心情はどんなものだったのか。
淡々とMachine Bachのテストパイロットを勤めていても・・・
(回想シーン・8)

心中は穏やかでなかったに違いない。
(回想シーン・9)

かといって、勝てそうもない相手には喧嘩をしない。
(回想シーン・10)
そんなところも、彼女のカワイイ一面である。

だが。
そんな彼女とThe Vorgerを巡るドラマも、ついにクライマックスを迎えた!

(番組ロゴ)
「がんばれアークさんFINAL」

Asc09849 「観念しなさい、阿久野ミヤ!」
「もう逃げられないわ!」
「うむぅ、この私をここまで追い詰めるとは・・・」

Asc09850 くるっ。
「待ちなさい!まだ逃げる気?」
「? どうした、ミスボーグ?」

Asc09851 とことこ
「な、何?ミスボ・・・アーク姉様?」

Asc09852 ぱっ。
「えっ?」
「えええっ?」

Asc09859 きゃああああああああー

「・・・」
「・・・」
「ふぅ」

Asc09855 「こうして、阿久野ミヤの野望は永遠に絶たれた!
 
凄いぞアークさん!ありがとうアークさん!
 君の勇気が、全人類の未来を救ったのだ!」

「えええええっ?」
「ちょ、ちょっとアーク姉ちゃん!」
「何、勝手にナレーション入れてるんですか!」

Asc09857 「【電人 STRONG THE VORGER】、完!」

「そ、そんなムチャクチャな!」
「ら、ラストカットに間に合わ・・・」

というわけで、長らく引っ張りましたThe Vorgerの企画も、コレで完結です。
おつきあいいただきまして、ありがとうございました。

「ホントに、こんなグダグダで終わりなの、これ?」

|

« タ・ト・バ! | トップページ | 運命のガイアメモリ »

百花繚乱」カテゴリの記事

コメント

> 戦わずにして勝つ

最後、結花と桂の出番はなくて終わりにする、というのは最初から決めてました。可哀想なアークさんのために(^^;)。

> 組織の崩壊は内部から

内輪もめのない敵組織って、むしろ珍しいデスもんね。
幸せに今も続いている組織って、(ジュウレンジャーの)バンドーラ一味くらいのものでしょうか?

投稿: 腰原仁志 | 2010/09/17 02:25

むむっ、更新に乗り遅れてます・・
いや、まぁ。戦わずにして勝つというのが燃え漫画のようで素晴らしい結末ではないですか(ええっ

いつの世も組織の崩壊は内部からと決まってますね~。

THE VORGERシリーズお疲れ様でした。

投稿: mechpalace | 2010/09/13 22:09

> そうか・・・もう、彼女が活躍するには物語を破綻させるしか道が無かった・・・そういうことなんですね?

「し・・・仕方なかったのよ!
 みんなあの女のせいなのよ!」
(崖を打つ波しぶき、フェードインするエンディングテーマ)


> まあ、ミヤさんは冷静になって、車椅子を変形させて飛べばよかったと思います。

その設定は素で忘れていました(^^;)。そうだよね。そうだよね・・・。

> こんなストーリーを考え付く腰原先生とTRPGをしたら

えー?ラスボスを火山の火口に後ろから突き飛ばして終わり、ですよ?(笑)

> 実は、わりを喰ったのはSTRONG THE VORGERだったのかも……

ああ喰った喰った喰いました。
最終回(一応)に、主役メカが全く登場しない、結局そういった扱いで落ち着きましたねぇ(笑)。

投稿: 腰原仁志 | 2010/09/10 22:14

最も「変形」のインパクトが強かったのはキャラはアークさんに決定!
実は、わりを喰ったのはSTRONG THE VORGERだったのかも……

投稿: サク | 2010/09/09 22:44

…………ちょっとそれ、あんまりすぎwwwww

まあ、ミヤさんは冷静になって、車椅子を変形させて飛べばよかったと思います。

そして、こんなストーリーを考え付く腰原先生とTRPGをしたら、どんな珍プレーが飛び出すのだろう……

投稿: 黒竜王V | 2010/09/09 10:45

え・・・・・・えぇぇえええええッッッ!!!!???
・・・な、なにか
『お気に入りのSSが突然ソードマスターヤマトに!』
な感覚なんですが(苦笑)(@∀@;)

そうか・・・もう、彼女が活躍するには物語を
破綻させるしか道が無かった・・・そういうことなんですね?
(2時間刑事ドラマの終盤、崖の上での会話風に)

なんだかんだでアークさんが一番目立ったのかも
知れないなあ・・・・・・ww

投稿: バウンゼル | 2010/09/09 06:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59744/49382474

この記事へのトラックバック一覧です: がんばれアークさんFINAL:

« タ・ト・バ! | トップページ | 運命のガイアメモリ »