« 可動の国から僕らのために | トップページ | ゼロの騎士 »

2010/07/01

無限の彼方へ

Asc09457さあ行くぞ!

Asc09462 DISNEY-PIXER LABEL・TRANSFORMERSバズ・ライトイヤー スペースシップ
「トイ・ストーリー」の人気キャラクターが、トランスフォーマーの力を得て、変形玩具になりました。プロポーションや造形はバズそのもの、愛らしい表情や各種のボタンも再現されています。

Asc09460 その過程は割とシンプル、玩具好きなら説明書なしでも変形できることでしょう。
バズの頭部を外し、ひっくり返すと、ミニバズとなって・・・。

Asc09459 胴体が変形したスペースシップに乗り込ませることが出来ます。
今まで、ミッキーマウスが変形するトレーラーだの、ダースベイダーが変形するデススターだの、いろんな(謎の)アイテムがありましたが、「キャラクターのフィット感」はこれがNo.1だと思います。何せ、自分で自分の(憧れてやまない)宇宙船に乗ってしまうわけですから。

Asc09458
Asc09464 スペースシップからバズに戻る際には、頭部(ひっくり返したミニバズ)を胴体に押し込むと、腰から下がガシャッと伸び、胸のスペースレンジャーのエンブレムが現れ、さらに背中の翼が左右に展開します。こういったギミックも含め、実に「オモチャ的」で、遊んでワクワクすること請け合い。
スペースシップ時の後部車輪は、膝の内部に収納されていて、バズの状態の時には全く見えないように設計されているあたり、心配りも抜群です。

Asc09461頭部のシールドも開閉し、気分はもうスペースレンジャー。
上腕部が回転しないため、肘が内側にしか回らなかったり、変形の都合か両足が同時に動かすことしかできなかったりしますが、もう些細な問題です。

トイ・ストーリーは、3DCG、いやアニメ映画としても傑作でした。
何せ、我々オモチャ者としては、ジーンとしたりギクッとしたり(笑)するシチュエーションが満載でしたからね。
もうすぐ「3」も日本公開、私もマブも見に行こうと決めています。

「さよなら、おもちゃたち。」

・・・名コピーだとは思いますが、そんなことするわけないだろう、私たちが(笑)。

|

« 可動の国から僕らのために | トップページ | ゼロの騎士 »

ノンジャンル」カテゴリの記事

コメント

> やはり今回も吹替声優は所さんが!?

そうらしいです。一番最初こそ、「ええっ所さん?」と不思議に(失礼)思ったものですが、今となっては、あの声以外に(日本の)バズは考えられないですね。

> セロテープでこの宇宙船を直す

冷静に文章だけを見ると、凄い話だなぁ。セロテープで直るんだ、宇宙船(笑)。

> 意味のある変形

これなら、バズ本人も本望でしょうしね。
また、バズが「ヘッドオン!」するなんて、ちゃんとトランスフォーマーらしい意匠ですし、両方の意味で「ちゃんとした変形」かと。

> 日本ではそうはいかないぜ!

全くだぜ!日本人がそう簡単にオモチャを諦めるとでも思っているのか!(笑)

投稿: 腰原仁志 | 2010/07/04 05:32

TFと全く縁もゆかりも無いキャラが
トランスフォームするこのシリーズで、
ようやく意味のある変形に出会いましたw

宇宙船形態も違和感が全然無くてスゴイ。
かつてのスターウォーズとは大違いだ(ぉ)。

>「さよなら、おもちゃたち。」
アメリカは社会の価値観が保守的なので
このコピーが(大人たちの)胸を打つのでしょうが、
日本ではそうはいかないぜ!

投稿: バウンゼル | 2010/07/03 01:49

記事のタイトルを見たときに「バズだな」ピンと来ました(笑)

劇中ではセロテープでこの宇宙船を直す場面もあり、「箱が宇宙船ってなんてプレイバリューの高い玩具なんだ!!」と感心していました(笑)

いやしかしバズですね(*^_^*) やはり今回も吹替声優は所さんが!?

投稿: みんち。 | 2010/07/01 23:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59744/48767988

この記事へのトラックバック一覧です: 無限の彼方へ:

« 可動の国から僕らのために | トップページ | ゼロの騎士 »