« 流星散らしてデート | トップページ | 無限の彼方へ »

2010/06/27

可動の国から僕らのために

Asc09452来たぞ、我らのウルトラマン!

Asc09453 ULTRA ACTウルトラマン。可動フィギュアの新ブランド、第1弾は初代ウルトラマンです。
それこそ星の数ほどあるウルトラマンのフィギュアですが、可動とプロポーションを両立させたものは意外と少なく、この ULTRA ACTは、そこら辺に挑んだ野心的な(?)シリーズです。

Asc09447何せこの可動域!
腕をきちんと胸の前に構え、つま先立ちでスペシウムを撃てるなんて!
しかも上腕部は、ウルトラマンの赤いラインで分割されているので、腕を回してもプロポーションが破綻しません。

Asc09442そして、手首以外差し替えていないのに、劇中の「飛び人形」プロップかと見まがうばかりのこの飛行姿勢!肩が2重関節なので、肩幅より狭く腕を上げることが出来るのがポイントです。

Asc09444 もちろん、八つ裂き後輪も完全再現!胸を張って、肘を高く上げるウルトラスラッシュのポーズも決まります。
カラータイマーはクリアパーツで、青・赤の2種類が付属し、差し替えも出来ます。

Asc09449初代マンの印象的な前屈みポーズもバッチリ。
腰と背中もそうですが、首と頭部の可動域が広いので、前屈みになっても怪獣と対峙する姿勢がとれます。

Asc09454出世した姿(笑)の、ブラザーマントも付属します。マントには透明の支え台も付属するので、バランスを崩すこともありません。

Asc09450気になるサイズですが、一般的な怪獣ソフビ人形と比べると、このくらい。
少々ウルトラマンの方が小さい感じがしますが、怪獣の巨大さを引き立てるには、ちょうど良いくらいなのかも知れません。

Asc09451ソフビの怪獣人形は山ほど発売されていますが、それに絡めて「戦っているポーズをとれる」ウルトラマンの人形は、なぜかあまり定着しませんでした。ウルトラマンのソフビは、みんな棒立ちでしたし。
それから考えると、このアイテムの偉大さ・・・というか凄い魅力・・・がひしひしと感じられます。

遊んでいて、真剣に思いましたからね。
「これ、自分が子供の頃に欲しかったなぁ・・・」
って。

Asc09448 ほぼ唯一の弱点は、スタンドが付属しないことです。(写真では、魂Stageのものを流用しています)
空を飛び、大地にがっしりと立つウルトラマンだからこそ、しっかりポーズを付けたまま保持できる専用スタンドが欲しかった所です。

そうは言っても、個人的に、これほどこう「ビビッ」と来たアイテムはそうそうありません。
うちのマブが、しまっていた怪獣ソフビを片っ端から引き出した気持ちも、良く分かります。
本当に
「来たぞ!我らのウルトラマン!」
という感じですからね。

|

« 流星散らしてデート | トップページ | 無限の彼方へ »

特撮コレクション」カテゴリの記事

コメント

> 今にも背中からピアノ線が見えそうです(笑)

私も最初、その画像を合成しようかと思っていました(笑)。
ただ、いつからだったか、合成に関して「みんな上からピアノ線で吊ってると思ってそっちを探すので、上下を反対にして、下からピアノ線で吊って映像を反転した」という話を聞いたので・・・ウルトラマンのあたりがそうだったか記憶にないのですが・・・やめました。

> メビウスのころに出てたシリーズ

ありましたね。兄弟がかなり出ていたので、シリーズ化されるか!と期待していたのですが、いつの間にか・・・。

> ゴモラ

ゴモラは、ソフビとだいたい同じサイズらしいですね。マブは「レッドキングの方が欲しい」と言ってました。

> ジャミラ出ないかなぁ。

あれ可動フィギュアになっても、首が動かないですよ(笑)。

> (セミ人間改造ver.のバルタンのほうが好きですが今回は2代目だそうで・・・)

私も初代の方が好きなんですが(「何で2代目?」という気もする)、それでもバルタンの可動フィギュアなら万々歳です。スペルゲン反射光とか開くのかな。

> いつの日かケムール人が欲しいんですが・・・。

みんな、なんでそんな渋い連中ばっかり(笑)。

> 犯罪者を護送中に逃がしてしまい

あの痛恨のミスがなければ、ウルトラマンがこれほど地球の「友」となってくれることもなかったわけですから、縁とは不思議なものです。
しかしベムラー逃がしたり、ウルトラ愛をしょっちゅう盗まれたり、ウルトラ兄弟にはうっかり屋さんが多いなぁ(^^;)。

> むしろ可動部を隠す方向だったのは、やはり生身のイメージに捕らわれてたせいかも。

今月のフィギュア王ではウルトラ可動人形の特集が組まれていましたが、そんな感じの記載もありました。
何で可動フィギュア、定着しないんでしょうね。ライダーとかは、そんなフィギュアばっかりなのに。
ウルトラ超合金、新シリーズは一応全部持っていますが、いずれも良い出来でオプションも多く(タロウのバケツなんてどうかと思うけど(^^;))、それだけにシリーズ中断しちゃったのは残念です。

投稿: 腰原仁志 | 2010/06/30 00:31

>ウルトラマンの可動フィギュア

 ないことはなかったんですよ、昔も。ただこういう感じの、アメトイ風味の割り切った可動フィギュアがなかっただけで。ベンダブルフィギュア(いわゆる外側がゴムのハリガネ人形)とか大きめの変身サイボーグの衣装シリーズとか、むしろ可動部を隠す方向だったのは、やはり生身のイメージに捕らわれてたせいかも。単純な可動おもちゃになると、ソフビのような手足が回るだけか、よくて肘が動くくらいですかね、昭和ウルトラ。


 この手の可動フィギュアが認知されたころって平成ウルトラが始まった前後だと思いますが、そのころでも確かにまともに出てませんでした。新しい超合金ウルトラシリーズが一番割り切って可動域増やしてたかな。最初出たのが2004年とあるから、ネクサスのころです。メビウス以前というとこれしか覚えてません。あれはかなり割り切った分割線だらけの可動フィギュアでした(それでも今回ほど完全なポーズは無理だったようで)。セブンは欲しかったけど地元じゃ早めに売りきれてた(今じゃプレミア付きばかりで……)。
 メビウスのころに出たプラのアクションシリーズはもっと可動しなかった感じでパス(手が拳だけだったので買わなかった)。

 今回のフィギュアの残念なところは、やはりサイズですかね。コストの問題もあるだろうけど、怪獣が豊富なソフビとサイズあわせてくれればもっとよかった気はします。可動域は文句なしなんですけどね。

投稿: やずみ | 2010/06/29 14:47

>出世した姿(マント姿)
ホントに、犯罪者を護送中に逃がしてしまい、
異星人を巻き込んで死なせてしまう大ミスを
犯した平観測員がここまで出世するなんて・・・(違)。
素直にカッコイイですよねー。

>「これ、自分が子供の頃に欲しかったなぁ・・・」
同感です。
ウルトラシリーズのおかしな点として、
メビウスまでメインであるウルトラマンの
可動フィギュアが出ず、サブである防衛チームの
アイテムばかりが発売されたことがありますね。
円谷の方針だったんでしょうか?謎だ・・・。

ソフビ怪獣と絡ませるなら、ゼットンなどの
設定身長が高い怪獣がいいでしょうね。

フィギュアーツ等で財布が苦しく、
このアイテムは見送っていたんですが
バルタンも出るのか・・・・・・買おう。(><)

投稿: バウンゼル | 2010/06/28 02:34

最初、ウルトラマンは買わないでおこうかと思っていたんですが
腰原さんのレビューみたらついついほしくなってしまいました。
雑誌で見たバルタン星人は絶対購入しますが・・・。
(セミ人間改造ver.のバルタンのほうが好きですが今回は2代目だそうで・・・)
こうなったら学校帰りに買いに行ってきます。

あぁ、特撮リボルテックのジャイアントロボも買いますし、GR2も届くのに・・・。


ウルトラマンのこんな商品はバンダイしか出せそうにないのでどんどん出していってほしいですね。
いつの日かケムール人が欲しいんですが・・・。
無理か・・・。

投稿: yms07bneko | 2010/06/27 17:20

 うう、欲しい。7月はいろいろ出て金欠にて、これはスルーしてるんですよねー。
 ウルトラの可動フィギュアといえば、メビウスのころに出てたシリーズが確かソフビ怪獣にあわせたものだったと聞きました。あれでも若干怪獣が大きめになるようになってたとか(買ってないので知りませんが)。さすがにこのACTとソフビだと大きさが違いすぎるけど、怪獣によってはイメージ通りになるかも。星人みたいなヒトガタだと大きすぎるけど、シッポ付きとかならお相手には合いそうですね。


 そういえば、今月の模型雑誌にはバルタン星人の試作も出てましたね。バルタンの可動ものも小さいものは少ないので、これは買わねばなるまい……。ゴモラもいいんだけど、あと欲しいといえば……ジャミラ出ないかなぁ。無理か。

投稿: やずみ | 2010/06/27 13:06

こりゃまたスゴいもんが降臨しましたね!!\(◎o◎)/


エフェクトパーツの充実っぷりはMPエクスカイザーを彷彿させます(笑)

シュワッチ飛行姿がとっても素敵(^O^)今にも背中からピアノ線が見えそうです(笑)

はぁ、ほしい。。。(〃_ _)σ∥

投稿: みんち。 | 2010/06/27 10:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59744/48730290

この記事へのトラックバック一覧です: 可動の国から僕らのために:

« 流星散らしてデート | トップページ | 無限の彼方へ »