« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010/05/28

地球の記憶

Asc09294_2「我々は地球に選ばれた家族なのだ」

Asc09297 ドーパントメモリ
仮面ライダーWに登場する、闇に流通して犯罪者たちに使われる、人間を超人=ドーパントへと変化させてしまう謎のアイテム、それがガイアメモリです。
劇中では、まさにキーアイテムとして使用され、毎回毎回、様々な能力を使うドーパントが現れます。

今回の商品は、我々視聴者が待ち望んだ既登場のドーパントの音声(26人分!)が収録され、本体正面にあるボタンを押すことで、その音が順番に切り替わります。

「テラー!」「タブー!」「クレイドール!」「スミロドン!」「ナスカ!」
「ウェザー!」「マグマ!」「ティーレックス!」「マネー!」「アノマノカリス!」
「コックローチ!」「スィーツ!」バイラス!」「バイオレンス!」「アームズ!」
「バード!」「アイスエイジ!」「トライセラトップス!」「ライアー!」
「パペティア!」「インビジブル!」「ナイトメア!」「ビースト!」
「イエスタディ!」「ダミー!」「マスカレイド!」


また、本物(?)と同じように、コネクタ部分を何かに押し当てるとスイッチが入り、そのドーパントの名前をもう一度呼んで、変身音が鳴ります。(変身音は全部一緒)
この時、切り替えボタンを再度押さない限り、何度でもそのドーパントに変身することができます。

Asc09296また、当然ながら既存のガイアメモリの代用もできますので、ダブルドライバーに刺せば、その名を叫んで変身します。
コネクタは銀色なので、
「テラー!」「ジョーカー!」とか
「ナスカ!」「メタル!」とかが可能です。

Asc09295 色っぽく太ももにコネクタを当てて「トライセラトップス!」
不敵に耳元に当てて「ウェザー!」
危なっかしく足の裏に当てて「コックローチ!」
いやー遊んだ遊んだ。30分くらいずーっと、いろんな変身の仕方を試してました。

せっかく音が変わるのだから、本来ならば外側の色やマークのデザインも交換できるようにして欲しかったですが、そうするとお値段も上がるでしょうし、致し方ないところでしょうか。

ふと気がついたのですが、この商品、平成どころか歴代のライダーを通じてもめったにない「悪の怪人への変身アイテム」ですね(悪じゃないのもいるけど)。
「悪のライダー」のなりきりアイテムは結構ありますが、ライダーでも何でもない、ただの怪人へのなりきりアイテムが、こんなに楽しいなんて。ましてやそれが商品化されるなんて、よく考えたら凄いことです。
それだけWの人気が高く、またガイアメモリ自体が魅力的な描かれ方がされている、ということですが。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2010/05/25

ハードボイルドの記憶

Asc09277_3「誰だか知らねぇが、帽子が似合ってるぜ」

Asc09286S.H.Figuarts、仮面ライダースカル。魂ウェブ商店の限定品です。

スカルは、映画「仮面ライダー×仮面ライダー ダブル&ディケイド」に登場した、鳴海探偵事務所所長・鳴海荘吉が変身した姿。仮面ライダーの原点「スカルマン」を彷彿とさせるデザインや、変身前の、白いスーツに「荘吉」という名前などからも、様々なオマージュが組み合わさっていることが分かります。

Asc09273商品は、トレードマークの帽子にマフラーが2種類、そしてスカルマグナムが付属します。本体各関節に複数のボールジョイントを用いるなど、徐々に進化していく感がある技術で、広い可動範囲を誇ります。

Asc09281クールな佇まいと粋なセリフ、そして演じるのは吉川晃司(!)という、コテコテの格好良さ。骸骨のマスク、漆黒の出で立ち!まさにハードボイルド。

「仮面ライダー」という都市伝説は、風都においては、ダブルの世代で一気に有名になりました。しかしそれももちろん、スカルのそれまでの隠れた活躍があってのことでしょう。
目立ってしょうがない「半分こ怪人」も派手で良いのですが、「都市伝説」と呼ぶには、闇に紛れて悪を撃つ、スカルの方がよりふさわしいような気がします。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010/05/22

走れミスティック

Asc09186戦隊ものは「ムチャな武器」には事欠きませんが、中でもこいつは群を抜いているなぁ。

Asc09188ゴセイヘッダーシリーズミスティックブラザーセット
天装戦隊ゴセイジャーの支援メカ(?)で、ダチョウの姿を模しているのがミスティックランナー、背中の卵がエッグヘッダー。
何となく、タツノコプロ系列のデザインっぽい香りがします。

Asc09189ミスティックランナーは、脚部がものすごく広い可動範囲を持ち、特に左脚は前後にも回せるので、ダチョウっぽい(?)ポーズも付けられます。だから嬉しいかというと別問題ですが。
劇中では、長い足を生かして、敵に卵を蹴りつけていました。

Asc09182 もちろんゴセイグレートと合体し、ミスティックゴセイグレートになります。
左肩に、ランナーの脚部を伸ばしたアームが合体し、卵部分をぐるんぐるん回して敵にぶつけるという力業。戦隊ものは「ムチャな武器」には事欠きませんが、中でも(以下略

Asc09180しかし、ムチャの上にはさらにまたムチャが。
ミスティックブラザーは、データスハイパーとも合体し、ミスティックデータスハイパーとなります。脚部を開いたミスティックランナーは、尾羽部分を展開するとその中に新しい顔が現れるので、頭頂部にハイパーヘッダーを付け直して完成します。
どこからともなく、ダミ声が聞こえてきそうです。
「はい!タケ○プター!」

さっきからムチャだ何だと繰り返してはいますが、じゃあ玩具としてつまらないかというと、決してそんなことはありません。ヘッダージョイントの多さのおかげか、今までのブラザースよりも、遙かに遊べます。
ここからは、オフィシャルではないのですが・・・。

Asc09171タケ○プターモードは、もちろんゴセイグレートでもできますし。

Asc09191ヘッダージョイントを生かせば、ミスティックランナーを腕に付けることもできます。
「ゴセイアーチェリー!」
まぁ、本編ではやらないと思いますが。重くてすぐ外れてしまいますからね。

そして、このミスティックブラザーセットで、もっともインパクトのある合体が・・・。

Asc09174このエッグヘッダー合体
エッグ部分に黒い点が2カ所あるのですが、偶然なのか何なのか、頭部に合体させると、まるで愛らしい目のように見えます。普通にヒロイックだったゴセイグレートが、突然、サンリオランドのキャラクターのように!

Asc09175もちろん、データスハイパーでも可能。

Asc09177「わーいわーい」
なにこの破壊力。
計算して作っていたのなら脱帽なのですが、どうなんでしょうこの仕様。

Asc09173正直私も、このアイテムを最初ナメていました。たぶん今までのブラザーズセットのように、首をすげ替えて終わりなんだろうな、と思っていたのです。
しかし実は、ジョイントの数(とエッグヘッダーの可愛らしさ)のおかげか、素晴らしい遊びのインパクトと広がりを持った、強烈な玩具でした。侮っていてすいません(^^;)。

まぁ本編でも、ただのダチョウかと思っていたら、最強の敵の一人・彗星のブレドランを一蹴した(まさに「ただの一蹴り」で片付けた)、強烈なキャラクターだったわけですが。人は(玩具は)見かけによらないよね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/05/17

開発状況05.17

Asc09108松江 桂の愛機、マシーンバッハも完成しました。
バイク形態のみならず、用途に応じて臨機応変に6段変形を行い、さらにアレとアレしてアレになる!という、かなりムリヤリな代物です。
もっとも、元ネタだってムリヤリの上に超がつくようなものでしたから、別に良いよね(おい

撮影は順調に遅れ気味、お披露目はまだまだ先となるでしょう。
こういうとき、かつて赤い彗星を名乗った、あの人の言葉が浮かんできます。

「まだだ!まだ終わらんよ!」(いや終わってよ

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010/05/12

開発状況05.12

Asc08943「ねぇ結花、まだ撮影始められないの?」
「すいません亜久野さん、うちの妹がまだ出来てないみたいで・・・」
「しょ、しょうがないわねぇ、どうしてもって言うんだったら、あたしがその妹役、やって差し上げても構わなくってよ?」
「困ったわねえ・・・(聞いてない)」

Asc08945「ごめんね!
 お待たせ、お姉ちゃん!」

「だ、誰?」

Asc08956「ボク、『松江 桂(まつえ けい)』!
 お姉ちゃんと一緒に戦うために、『ストロング』、持ってきたよ!」

Asc08962「あ~・・・今時、ボクっ娘で来たのか」
「マスター、あのタイプ、結構好きですからねぇ」

「い、今からでも、あたしがやってあげても良いのよ?」
「・・・聞こえてるぞッ!全部ッ!」

Asc08942まぁそこらはおいといて。
武装神姫「TYPE=SYSTER」、 松江 桂(まつえ けい)。
うちの弟が開発していた、マシーンバッハの専属パイロットです。

Asc08961背部には、専用マルチパーパスジョイント(わかりやすく言うと、ただのレゴの部品(笑))があり、マシーンバッハのバズーカユニットを装備させることが出来ます。
結花の危機に、完成前のマシーンバッハを持ち出し、バズーカだけを振り回して運用していた、という設定。

Asc08954頭部のクリアバイザーは取り外し可能、やんちゃな感じの表情でまとめられていrます。
ああどうしてもボクっ娘だ(^^;)。

Asc08952バズーカユニットは、中央部分から引き出すことができ、中に関節が仕込んであるので、格闘用グラップラーアームにも変形させられます。パンチ技を得意とする、彼女の戦闘スタイルを補助する・・・というような感じでひとつ(何が)。

Asc08937「ボクと一緒にがんばろうね、お姉ちゃん!」
「え?え、ええ」(ちょっと恥ずかしいらしい)

Asc08947「なんてお似合なのかしら!
 あの子なら、きっと結花の良いパートナーになれるわね!
 もう、あたしの出る幕なんかないわ・・・」

「アークお姉様・・・」

Asc08946「ホントは・・・
 『相手が大砲じゃ勝ち目がない』って思っただけなんじゃ・・・」

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2010/05/07

行くよ、キバット

Asc08928「ガブッ」

Asc08918BM!Project紅 渡
同シリーズ「仮面ライダーキバ」同封の、初回限定チケットで購入できた特典品です。
演ずるは瀬戸康史くん、現在も多くの番組で活躍中です。

Asc08920顔の造形はかなり映像に近い感じで、特に髪型とか唇の感じとか、渡の雰囲気が良く出ていると思います。ただ、ちょっとホクロの塗装が大げさのような気がするのですが・・・。

Asc08923手にも持たせられるキバットバットⅢ世、そして変身ベルトが付属します。
「変身!」

Asc08926また差し替え用として、変身時にファンガイアの印が浮き出た頭部も付属します。こちらは通常版よりも引き締まった表情で、ステンドグラスのような塗装が綺麗です。
例の「ピィヨオロロロピィ~」という効果音が聞こえてきそうな感じ。

Asc08929仮面ライダーキバは、2世代の物語が同時進行(しかも番組中で、突然場面が変遷する)するという複雑な構造で、視聴者をあっと言わせました。全部伏線や謎が片付いたかというと、決してそういうわけでもないのですが(ええっ)、複数の時代の物語がきちんと一カ所に収束したのは、お見事だったと思います。
ラストの「3代変身」は、燃えるものがありましたしね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/05/04

リボルテック・メイデイ

Asc08880逃げてー!ウマ、逃げてー!

Asc08890特撮リボルテック・004、バラゴン
エイリアンやブースカ、大魔神など、幅広い・・・というか今のところ、30代未満は置いてけぼりな・・・ラインナップのこのシリーズに、懐かしの地底怪獣が加わりました。

Asc08878何せオビに
「おとなの夢見るおもちゃ箱」
とあるくらいなので、お子様世代は蚊帳の外・・・のような気がしたのですが。
うちのマブはもう、コレが大好きで。
連休中、ずーっと並べては片付け、また並び直して、アレを撮影しろ、コレも撮れと、大はしゃぎです。

本体はリボルバージョイントでガシガシ動き(口が開くのは感動)、さらにオマケとして、ジオラマ用の家や樹木、馬のフィギュアが付属します。
しかし、バラゴンってホントに小さいのな。怪獣としては。
だからこそ怖い部分もありますが。人を喰うし。

Asc08893これは、マブが並べて、私が撮影したカットですが。

Asc08891マブが自分で撮ったこっちのカットの方が、迫力があるじゃないか(^^;)。

Asc08886さて、こっちは同日発売のフロイライン・リボルテック017、真希波・マリ・イラストリアス
エヴァンゲリオン新劇場版:破から登場した新ヒロインが、新たなフロイラインのエヴァシリーズの先陣を切って登場。

Asc08883_2眼鏡は前髪に固定されていますが、お下げ部分は根本から回転し、角度を変えることができます。ピンクパールのスーツが、非常に綺麗。
なお撮影に使用しているエントリーシートは、他のフィギュアのもので、この商品には付属しません。

Asc08896 もちろんリボルテックなのでワキワキ動きますが、特に膝裏関節は工夫されており、ペタンコ座りをさせても違和感のないくらい、スムーズなラインの繋がりを見せています。

Asc08889顔、胸、そして手首パーツの差し替えで、裏コード発動時も再現。また、腹部全面には軟質素材が使われているため、写真のように体を前に屈ませても大丈夫。

これらのシリーズの次回(来月分)ですが、特撮はガメラにギャオス、フロイラインは見え過ぎスーツのアスカだそうで、どちらも期待大。嬉しい悲鳴を上げそうです。お財布が。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010/05/02

輝きの中で

Asc08855 「エクストリーム!」

Asc08856変身ガイア鳥・エクストリームメモリ。
仮面ライダーダブルの新たな力、地球の記憶そのものとなるための変身アイテムです。
劇中で飛来してくるときは、まぁ空飛んでるし鳥なんだろうと思いましたが、こうやってまざまざと見ると、うーむ何だろうコレ(^^;)。

左右の足の下にメモリが1本ずつ並んでおり、いずれもボタンを押すと「クェェェェ!」と鳴いたり、「エクストリーム!」」と叫んだりします。「Xのメモリ」に該当するわけですね。

Asc08862そのまま、ダブルドライバーに上から刺さり・・・。

Asc08863左右に広げると、中央の「X」マーク周囲が回転し、サイクロンジョーカーエクストリーム(長いので以下CJX)への変身が完了します。変身効果音は厳かで格好良く、いかにも最終フォームといった気分を盛り上げてくれます。
DX変身ベルトとしては結構重く、かなり大型の部類に入ります。もしかして、過去最大級のベルトではないでしょうか。

Asc08853こちらは、超多色発行剣・DXプリズムビッカー。CJXの使う最強武器で、盾と剣、プリズムメモリで形成されます。
プリズムメモリはその名の通り多色発光し、ボタンを押すと「プリズム!」の叫びと共に、白や赤、黄色に緑に青、様々な輝きを放ちます。

Asc08854剣を盾に収納したところ。劇中だと、もっとずっと剣先が長いのですがしょうがない。

このプリズムビッカー・最大の機能は、4カ所の空いているスロットに、ガイアメモリを最大4本(!)同時差しすることができることです。

Asc08855プリズムメモリは、他のガイアメモリのエネルギーを収束できるので、ツインマキシマムどころか、4本同時のマキシマムドライブを発動できるという設定です。おのおののマキシマムスロットにメモリを差し込むと、それぞれのマキシマムが待機状態となり・・・。

Asc08852中央のレバーを捻ることで、同時にマキシマムドライブの効果音が発動します。もちろん、メモリはどれでも使えるので、アクセルやエンジンでも大丈夫。ただ、マキシマムドライブのタイミングが異なるメモリ(エンジンとか)もあるので、変なタイミングで鳴ってしまったりしますが。また、さすがにファングはムチャなデザインの盾になります。
やはり、ダブルの基本のメモリが(遊ぶには)良いですね。光のバランスとしても。

Asc08849その光は非常に綺麗で、夜に撮影すると、思わず見入ってしまうほど。
ただ、何せ4本同時のマキシマムですので、その音量も4倍、夜に撮影すると、迷惑この上ありません。隣の部屋で寝ていたはずの妻が飛び起きてきますので、どうか皆さんもお気をつけ下さい(ええっ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »