« 勇気の翼を広げて | トップページ | Σの仕業 »

2010/03/02

TAKE ME HIGHER

Asc08448ウルトラマンは皆、闇の中に佇むシチュエーションも多いのですが、中でもティガは、そのイメージが非常に強いうちの一人だと思います。

Asc08455Project BM!ウルトラマンティガ
1/6サイズのアクションフィギュアでは、ウルトラシリーズが花盛りのこの頃ですが、ようやく平成ウルトラシリーズも登場することとなりました。

Asc08452金・銀と赤、そして紫という、当時としてはエポックメイキングなカラーのスーツは綺麗に色分けされ、本篇さながらの雰囲気を再現しています。握り拳の手袋のフィット感も良い感じ。

Asc08450頭部や胸のボリュームもイメージ通り。
ティガは、ウルトラマンの中でも最も「端正」という言葉が似合うと思います。

Asc08451ただスーツは、材質感はバッチリなのですが、そのためかテンションが高すぎて、可動範囲という点ではかなり邪魔者になっています。両腕はまだしも、脚はこのくらい広げるのが精一杯。膝は結構良く曲がるんですが。
ここら辺の両立は難しいところですね。

Asc08454ウルトラマンティガは、いわゆる平成ウルトラTVシリーズの第1号として彗星のように登場し、新たな歴史を開く鏑矢となりました。初期こそいろいろ混乱はあったような気はしますが、だんだんと名エピソードが続出し、しかもそれらが幾重にも重なってラストへもつれ込んでいく流れは、毎週楽しみでならなかったものです。

中でも、この記事のタイトルにも選んだ、第50話
「もっと高く!~Take Me Higher!~」
は、本篇はもちろん、予告自体も衝撃的でした。

ウルトラマンは、たった一人で、地球を守り続けなきゃいけない義務でもあるわけ?」

レナ隊員の告白に、しかもまだ予告なのに、頭を殴られたようなショックを受けた方は多いことでしょう。

このBM!版ティガに付属する限定チケットで購入できるフィギュアは、当然のように(主役差し置いて)レナ隊員です。そりゃあね。彼女を出してくれなくちゃね。

 

|

« 勇気の翼を広げて | トップページ | Σの仕業 »

特撮コレクション」カテゴリの記事

コメント

> ティガといえばV6の長野くん(笑)

ご本人はコレに出演したことを非常に誇りに思っていらっしゃるようで。
「『学校へ行こう!』の収録で、高校を訪ねると今でも「ティガだ!」って言われる」と、嬉しそうに語ってましたっけ。

> ありゃ、下半身の可動がかなり制限されているのですね、残念。

何せ、スーツがきついですからね。上半身は良いのですが。

> ラストあたりは本当に盛り上がりましたねえ。

ゲストキャラが終盤「地球のために」、自分の出来ることを精一杯行い、力を合わせるのは泣けましたね。
欲を言えば、レナも「光」にさせてあげて欲しかったです。彼女がそれを望んでいただけに。

> 背景がエヴァの長野っぽいのではるか遠くのほうにエヴァの影があったら・・

エヴァは明らかにウルトラマンをリスペクトしていますし、それも面白かったかも知れません。あ、長野っぽいのなら、宿那鬼の鳥居とかも良かったかなぁ。

> ホビージャパン、バンダイと海洋堂・木下隆志コラボのティガ

ウルトラの星計画のものですね。あれも良い出来でしたね。カラータイマーが切り替えられるのも良かったです。
今回のBM!版は、腕関節はウルトラの星計画のよりはしっかりしてるんですが、とにかく下半身が・・・。改造しようにも、スーツ脱げないし。

> 正統派の作品

何かそろそろTV、という噂があるようですが・・・。いよいよゼロの出番なのかな?

投稿: 腰原仁志 | 2010/03/07 05:27

私、放送後に発売されたホビージャパン、バンダイと海洋堂・木下隆志コラボのティガを所有していて、個人的にはそれの方が好きなんですが、なにせ10年前のアイテムですし、やはり作りはこちらでしょうか。また頭部形状もスチールと比べるとバンダイ版より似てるかな?ちなみに、終盤の番外編的なエピソード「ウルトラの星」をイメージして、RAHのCタイプウルトラマンと並べて飾ってます(微笑)。最近円谷は訴訟やら買収やら何やらばたついている印象ですが、ぜひ正統派の作品が出てくることをファンとしては待望しております。

投稿: 光明寺雅人 | 2010/03/06 09:01

ご機嫌うかがいをしているわけではありませんが、毎回1枚目の合成?画像技術には羨望と少しの嫉妬があります。(自分にはできません。)
背景がエヴァの長野っぽいのではるか遠くのほうにエヴァの影があったら・・すいません蛇足でした。

投稿: ナベヤ | 2010/03/04 20:40

ありゃ、下半身の可動がかなり
制限されているのですね、残念。
上半身は動いて、下半身が動かないとなると、
この前のZのジャンボマシンダーと同じように
楽しむのが一番ということですかな。

ティガ放映当時、「ウルトラ兄弟出ないかな」と
思いながらも楽しんで見てましたw
ラストあたりは本当に盛り上がりましたねえ。

投稿: バウンゼル | 2010/03/04 03:51

ティガといえばV6の長野くん(笑)

ティガに続く平成ウルトラマンが結構好評だったためか、同じ平成ウルトラマンのパワードやグレートの存在感が…(ノ_・。)

投稿: みんち。 | 2010/03/03 05:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59744/47709159

この記事へのトラックバック一覧です: TAKE ME HIGHER:

« 勇気の翼を広げて | トップページ | Σの仕業 »