« 転換期 | トップページ | 侵略のデヴァイス »

2009/10/23

覇王秋の陣

Asc07399
牛車で大爆走。

Asc07392
侍合体・DXモウギュウダイオー
侍戦隊シンケンジャー、最後(多分)の合体ロボットがついに登場しました。
全高約46cm、ボリュームも(お値段も)破格の巨大アイテムです。

Asc07395
通常の姿は牛折神。牛車とそれを牽引する牛で構成されています。
車輪はそれ自体が秘伝ディスクで、もちろんインロウマルなどでも使えます。

Asc07393
武装としてガトリングガンが付属、普段は牛車の横に装備されています。
最初こそ「・・・侍がビーム?」とか「・・・侍がドリル?」とか思ってしまいましたが、ここまで来ると、もはやそんなことはどうでも良いですね。

Asc07396
牛車にはモーターが内蔵されており、電動ギミックでのしのしと歩き回ります。

Asc07398
劇中でやっていたように、そのままシンケンオーを乗せて歩き回ることもできます。

Asc07397
「知ってる?昔のドラクエは、馬車で旅をしたのよ」
「どっちかって言うと、ダンデライオン一座みたいね」
緊張感ないなぁ。

・・・ところで、DX玩具に期待するのはやっぱり「合体」。
もちろんこの牛折神も、既存の折神たちと合体する機能があります。
しかし、この記事を書いている10月23日現在では、合体後の姿はTV本編未登場なので、ネタバレを嫌う方のため、一応記事を分けておきます。

最終形態(たぶん)の姿は、「続きを読む」の方でご覧下さい。

・・・さて。
(ここからネタバレ)

今まで、ご先祖様の想定にない新しい合体とか、寿司職人が考え出した新しい折神合体とか、結構ムチャな合体を繰り返してきたシンケンジャーですが。
ここに至ってついに、全十一折神合体が可能となりました。
それがこの、サムライハオーです。

Asc07411
モウギュウダイオーを中心に、シンケンオー、ダイカイオー、ダイテンクウの全てが合体し、超巨大なサムライハオーの完成です。

Asc07413
そのあまりにもボリュームある姿には、つい言葉を失うほど。

Asc07415
合体手順自体はそれほど複雑ではないのですが、何せパーツが多いので大変です。合体説明書も「モウギュウダイオー編」と「サムライハオー編」に分かれているくらいですから。

背丈だけなら、昨年のエンジンオーG12とさほど変わりはないのですが(それだけ「もの凄く大きい」ということですが・・・)。

Asc07404
奥行きは桁違い。
この写真は、サムライハオーを真横から見たところですが、何が何だか全然分かりませんね(^^;)。

Asc07407
腕とか余計な部分を外してみると、モウギュウダイオーを中心に、その前にダイカイシンケンオー、後ろにイカテンクウバスターが「乗っかって」いるのがお分かりかと思います。

Asc07402
またその状態で、折神の全てのパーツが取り付けられ、余剰部品はありません。厳密に言えば、ダイシンケンと秘伝ディスクシールドは余りますが、サムライハオーに持たせることができますし。

Asc07403
トラシンケンオーの兜もきっちり収納。
昨年のG12もそうでしたが、ここら辺の気配りは本当にありがたい。

Asc07405
もうとにかく、カッコ良いとか悪いとか、そんなことは遙かに超越するこの存在感。

これを見た直後、日本人なら、最初に頭に浮かぶキーワードは次のうちどれでしょう。

1.お正月に見る歌舞伎役者
2.高山祭りのからくり屋台
3.紅白の小林幸子さん

Asc07409
・・・それはともかく。
胸のエンブレムは、モウギュウダイオーの時には「王」の字に牛の角が被さるデザインなのですが。
サムライハオーになると(上下反対に取り付けるため)、富士山に「王」の字が被さる、すなわち「全」という文字に見える、ここら辺の見立ては実に秀逸です。もしかしたら「覇王」と「ハ王」をかけているのかも知れません。

いよいよクライマックスが近いシンケンジャー、このサムライハオーがどんな活躍をするのか(どうやってこの図体で動き回るのか)楽しみです。

|

« 転換期 | トップページ | 侵略のデヴァイス »

合体魂」カテゴリの記事

コメント

> シンケンジャー好きの長女
(3歳8ヶ月)は、この
形態には全く興味無しでしたが。

まぁ、女の子ではそうでしょうね。正面から見て、劇的に印象が変わるわけではありませんし。
横から見ると劇的に変わってるんですが(笑)。

> どうにもその屋上の連絡通路がね・・・w

これがないと、ダイカイシンケンオー部分が、あまりの重量に前に倒れてしまうんですよね。そういう意味では非常に大事な部品なんですが・・・。

> 烏賊ちゃんの両腕に海老折神の腕をくっつけて、烏賊ちゃんを正面にして飾っております。

さっそくうちでも真似してみました。おおイカデビル!

> MDD(47cm)とほぼ同じ大きさかと思ってしまったわたし

さすが、基本の通貨が1DDの方は違います(笑)。

> 俺はミニプラ全侍合体で我慢します(笑)

ミニプラなら、ダイゴヨウもハオーの腕で持てるかも知れないので、取りあえず全十二合体!もできるかも知れません。

> 「中の人」のご苦労が偲ばれます(笑)

劇中では結構、頑張って剣を振るっていましたね。あの動きづらそうな体型で、大したものだ・・・。

投稿: 腰原仁志 | 2009/10/26 21:57

> ところで、先日よりここの字体が変わっているのですが、何かあったのですか?

こちらでは特に何もしていないのですが、もしかして、ブラウザ変えられませんでした?
うちでも、IEとFIRE FOXとでは、フォントが異なって見えます。

> 十一体合体なのは士(サムライ)に掛けている

なるほどね!それでダイゴヨウは省かれてしまったのか。
まぁ、もし付いたところで、まさに「屋台の提灯」にしかならないんですが。

> 高さはデカベースロボを超えたのですが、ターボビルダーより高いのでしょうか。

引っ張り出さないと正確かどうかは分からないのですが、記憶に寄れば、ターボビルダーよりは小さいように思います。
でも多分、中には入りませんが。

投稿: 腰原仁志 | 2009/10/26 21:12

この合体には絶句・・・。
シンケンジャー好きの長女
(3歳8ヶ月)は、この
形態には全く興味無しでしたが。

投稿: 光明寺 | 2009/10/25 22:29

何だ、ただの二人羽織か。(たぶん禁句

ところで、先日よりここの字体が変わっているのですが、何かあったのですか?
なんだか微妙に読みにくくて……

投稿: 黒竜王V | 2009/10/25 21:31

>何に見えるか

もちろん、4の正月飾り

胸のエンブレムは『賀正』にして
あとは竹槍装備でネ!w

事前に前後幅の事を知っていただけに
どうにもその屋上の連絡通路がね・・・w

ヘッドチェンジシステム&パワーアップで
オーレンジャーロボ+レッドパンチャー的な事は出来なかったのかと・・・←特に厚さがw

投稿: 冥土 | 2009/10/24 20:52

一番のお気に入りは烏賊ちゃんなので
烏賊ちゃんの両腕に海老折神の腕をくっつけて、烏賊ちゃんを正面にして飾っております。

投稿: ナベヤ | 2009/10/24 20:48

何に見えるか、と言われると縁起物の熊手に見えました。きっと年末年始にバンダイが出してくれる・・・っ!

十一体合体なのは士(サムライ)に掛けている部分もあるんじゃないか、などと友人がのたまっていました。

烏賊の足が見えないと思ったらそんなトコロに・・・。ミニプラでもシンケンオーメットが収納できることを切に望むものであります。

投稿: 孝義 | 2009/10/24 19:14

>全高約46cm、ボリュームも(お値段も)破格の巨大アイテムです

この46cmって数字見てMDD(47cm)とほぼ同じ大きさかと思ってしまったわたしは末期ですかそうですか^^;

投稿: Yam! | 2009/10/24 13:19

②にみえます。
サムライハオーにする時は牛折神をキシャモスのようにバラして合体と思いきや、ダグオンの最終合体みたいでガッカリではなく驚きです。
ところで、高さはデカベースロボを超えたのですが、ターボビルダーより高いのでしょうか。ターボビルダー持っていないのでわかりません。お暇があればご回答お願いします。

投稿: ナベヤ | 2009/10/24 13:02

出ました全侍合体!! まさか烏賊ちゃん達までちゃんとくっつくとは…


しかし本編を観ていても思うのですが、あの手に持ってるガトリングをもっと見栄えの効いた(ターミネーターでT800が持っているような)感じにしてほしかったです(*u_u)


俺はミニプラ全侍合体で我慢します(笑)

投稿: みんち。 | 2009/10/24 12:27

・・・絶句(笑)

もう、なにがなんやらの世界ですね。
正面から見たのと横から見たのと・・・幅が同じに見える・・・てことは「長立方体」状態ですか?

以前にもカキコしましたが・・・・・・「中の人」のご苦労が偲ばれます(笑)

投稿: 海♪ | 2009/10/24 11:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59744/46565370

この記事へのトラックバック一覧です: 覇王秋の陣:

« 転換期 | トップページ | 侵略のデヴァイス »