« 今から俺が電王 | トップページ | おのれクライシス! »

2009/08/01

仮面の下の涙を拭え

Asc06977
「行くぞ、ペガス!」
「ラーサー」

Asc06962
魂SPEC XS-12、テッカマンブレード with ペガス
90年代前半のTVアニメ「宇宙の騎士テッカマンブレード」の主役と、その最強の相棒が、長い宇宙の旅から帰ってきました。

テッカマンブレードは、70年代の作品「宇宙の騎士テッカマン」のリニューアルだったのですが、テッカマン自体が敵の尖兵となるシステムだったり、最初はペガスなしで変身していたりと、設定は原典とがらりと変わっていました。
それだけに、初めてブレードにペガスが登場したときは、感動したものです。
「ああ!やっぱりテッカマンには、ペガスがいなくちゃ!」って。

余談はさておき。

Asc06954
テッカマンはだいたいミクロマンサイズですが、各関節はバリバリに動きます。背中のフィンを開くと、クラッシュ・イントルードの体勢を取ることもできます。
尖ったプロポーションが実にカッコ良い。

Asc06956
肩アーマーは差し替えなしで展開し、必殺のボルテッカ発射態勢にすることもできます。

Asc06961
実にイメージ通り、まさに傑作!というアイテムなのですが、ただ1点、ブレードの腰(背部)アーマーの取り付け部分だけがけっこう脆く、取り付けには注意を要します。
というか、私は折ってしまいました、ポッキリと。皆様はお気を付け下さい(泣)。

Asc06965
続いてペガス。主人公・Dボゥイをテッカマン化(テックセット)させる機能を持ち、戦場を駆け抜ける「愛馬」にもなる機動兵です。
劇中では、無骨な外見とは裏腹に、たどたどしいながらも歌を歌ったりする、存在感溢れるキャラクターでした。

Asc06966
「ペガス!テックセッター!」「ラーサー」
本編で初めてこのやりとりを聞いたときは、背筋がぞくぞくしたものだよなぁ・・・。

背中を展開して、中にブレードを収納します。

Asc06967
この写真ではブレードの背部アーマーを外していますが、別段そうしなくても問題ありません。ただ頭部のみ、付属する「素体」の物(角が短い)に差し替える必要があります。

Asc06968
ブレードを中に入れたまま、戦闘も可能でした。

そして、ブレードの戦いを支援する、高速飛行形態にも変形します。

Asc06973
変形自体はシンプルですが、このくらいの方が味があって良いのです(断言)。
特に固定パーツがあるわけではないですが、当然、背中にブレードを乗せることができます。

Asc06975
天翔る「宇宙の騎士」。
いやぁカッコ良いなぁ、このコンビは・・・。

Asc06982
ハイコート・ボルテッカを放つ体勢にも変形可能。この状態だと、腕からグリップが展開し、ブレードがそこを掴むため、安定して飾っておけます。

また飛行体型用にスタンドも付属しますが、その台座部分は初期の変身用アイテム・クリスタルを模しており、また大きさが非常に手頃なので。

Asc06971
「テック・セッター!」
と一人遊びもできます。まさに究極のフルセット。

テッカマンブレードは、プラモデル以外ではそれほど立体物に恵まれませんでした。
きちんとした「日本の玩具」としては、もしかしたら、この魂SPECが最初の物かも知れません。

040925
韓国製の物なら、昔もあったんですけれど。

Asc06960
まさに雲泥の差(^^;)ですね。まぁ、時代が違うんで仕方ないのですが。

とにかく、15年以上の時を経て、再びブレードに相まみえる日が来ようとは思いませんでした。ここまで来たら是非、ブラスターを出して欲しいところですが。

|

« 今から俺が電王 | トップページ | おのれクライシス! »

鋼鉄の凱歌」カテゴリの記事

コメント

> Dボウイのブラスター化への決意

もう悲惨、壮絶、しかしながら猛烈に格好いい、という凄い展開でしたね。テンション以上に高かったし。
エビルから這い出てきたラダム虫を踏みつぶすところとか、もうどうにも切なくて・・・。

> 見つけました!!半額で(笑)

なにゅー!実に良い買い物です!
つーかペガスだけで、そのくらいのお値段の価値は十二分に(笑)。

・・・ブラスターはもっと格好いいですよ(悪魔のささやき

投稿: 腰原仁志 | 2010/10/04 20:11

こんにちわ!!この記事にコメントしてなかったなんて自分にビックリする次第です(笑)

テッカマンブレード、最高に大好きですo(^-^)o自分は当時小学生でしかも夕方のアニメゴールデンタイムにこれがやっていて、目ん玉飛び出るくらい驚きました。まあミユキのかわいそうなこと、そしてDボウイのブラスター化への決意のくだりなんかもう涙ながらに観ていました。う~。

そんなブレードが相棒ペガスと共に!!ははぁ、しかしサラピンで買うには自分にはキツい…

と思ってたら見つけました!!半額で(笑)

実際手に取ってみると、本当に傑作ですね★ブレードの全てのアクションが可能(そのほとんどが差し替えなしで可能というのも素晴らしい)、クラッシュイントールド時のわきのフィンの処理を見た時は「さすが21世紀!!」と狂喜乱舞しました(笑)


いやぁ、しかもY●uTube(伏せ字になってないw)で一話から観れるとなりゃもう言うことなし!!(笑)

投稿: みんち。 | 2010/10/03 12:18

「ペガス!クックセッター!」
「ラーサー」(チーン!)
で、残り物の暖めもできるすぐれもの。

「ペガス相手にナンパの練習するとか?」
「ペガス、ヨッチャッタ。ドコカデヤスミタイ」
#いずれもドラマCDより。

投稿: とおりすがり | 2010/02/19 01:31

テッカマンブレードのアイディアは、90年代末期に角川の少年エース増刊に掲載された「超獣機神ダンクーガBURN」コミカライズ版にフィードバックされました。ダンクーガBURNはOAVとして企画され、長谷川裕一氏がコミカライズを担当し、メカ以外は別作品(コードギアス原作アニメとコミカライズ版の関係に近い)になる予定でした。ところが、OAV版が没になり、コミカライズが独り歩きする事になりました。BURNの場合、主人公・風間翔児と異星人連合・フォア(フィアかも)の協力者シャピロ・ニーズヘブンが実の兄弟であり、兄弟と知らずに肉親同士が死闘する展開は、ある意味ブレード以上の悲劇でした。最後になって翔児はシャピロが生き別れの兄である事を知りますが、雑誌廃刊で最終回目前で打ち切られ、書き下ろしの最終回で翔児はシャピロを倒し、自分たちを苦しめたフォアの親玉を倒しました。安易な商業主義が横行している今だからこそ、こういった作品が必要なのかも知れません。長文になり申し訳ございませんでした。

投稿: ジョバンニ | 2009/09/17 01:03

> Dボゥイの過酷な運命

家族も友人も、(妹以外は)記憶を保ちながら、全然手加減しないし、ラダムに寄生されたら、誰一人助からないという容赦のなさ。
ホントに白眉の作品でしたね。

> テレ東の規制

そうだったんですね。道理で全然再放送されないわけです。ミユキちゃんのアレ見たかったのに(そこかよ)。

投稿: 腰原仁志 | 2009/09/16 23:25

テッカマンブレードの不遇 テッカマンブレードがOAされた1992年当時、「クレヨンしんちゃん」、「美少女戦士セーラームーン」、「幽々白書」、「南国少年パプワくん」と言った空前絶後のTVアニメの当たり年だった為、アニメ雑誌でのブレードの扱いは少なく、コミカライズも掲載誌廃刊の憂き目に遭いました。仲間と地球の現在・未来の為に、過去の家族と仲間を葬らざるを得なくなった主人公Dボゥイの過酷な運命は、今観ても衝撃的で、昨今の商業主義の作品は見習って頂きたい所です。そしてもう一つの不遇は、放送終了後テレ東の規制が強化され、再放送が困難になった事で、テッカマンに変身するキャラは全裸になる演出で、特に中盤のゲスト相羽ミユキのHな変身シーンがテレ東規制に引っ掛かり、幻の作品になってしまいました。今では地上波深夜か、CSチャンネルでしか、観られない事でしょう。

投稿: ジョバンニ | 2009/09/16 16:50

魂スペックペガス…。本放送当時ソフビが発売中止になり、森永の食玩フィギュアにしかならず(涙weep)幻のアイテムが発売され、ビックリしました。丁度本放送当時、Dボゥイの置かれた立場が、一浪後短大に入り色々苦闘した私の姿とダブり、Dボゥイは過去の家族と仲間を犠牲にし地球を救いましたが、私の方は家庭の事情と現実に押し潰され、四大進学を断念しました。そんな切ない時代を知る者にこの商品は、当時望んだ以上の要望を満たした最高の福音かも知れません。

投稿: ジョバンニ | 2009/09/16 16:29

> ブレード観てたの大学生の頃だからなぁ・・・

私はもうちょっと上でしたが、のめり込んでみてましたねー。良く今、こんなハードストーリーを展開してくれるなぁと感動しながら。

> そのほか細かな配慮があちこちに見られるぺガスはものすごい担当者のこだわりが感じられます。

肩アーマーが飛行形態できちんと斜めになるところとか、良くできてますよね。
個人的には、ペガスの背中に磁石でも仕込んで、ブレードが簡単に立たせらるようになっていたら、最高だったのですが。

投稿: 腰原仁志 | 2009/08/06 21:00

なんとも好事家向けのアイテムばかりの昨今ですが
ダイゼンガーは我慢してもこいつは我慢できなかった!

なぜだろう?
おそらく「世代」のせいなんでしょうねw
ブレード観てたの大学生の頃だからなぁ・・・

さて、驚いたのが、ここは無理だろうと思っていたぺガス上部の開閉です。
テックセットしたブレードが飛び出すところですね。
そのほか細かな配慮があちこちに見られるぺガスは
ものすごい担当者のこだわりが感じられます。

飛行形態で機首が下がりやすいのだけは残念。

台座のクリスタルが1/1とは気づかなかった!

投稿: omoutubo | 2009/08/05 14:57

> テッカマンに変身するキャラはほぼ必ず全裸になるジンクスがある「テッカマンブレード」。

だがそれがいい(おい)。
まぁそれはおいといて、容赦のないストーリー、絶望に追いつめられていくキャラクター、しかし希望は必ず輝くものだ!というあたりは大好きでした。
ソルテッカマンの最期とか、もうまんま「アレ」なんですが、それでも泣けてしまうという・・・。

> 「腕組みが出来ない。それだけが不満だ」

そう、それは絶対やって欲しかったのですが、さすがに大きさ的に無理があったのかなぁと。

> あの、まだ未確認情報ですが、これからバンダイから発売されるアーマープラスシリーズでブレード出るみたいですよ

私も雑誌でシルエット見ました。どうやらブラスターっぽいんですが、どうなることやら。

> なんか、前からDボゥイが入って上からブレードが出てきたようなイメージが……

私もその印象が強かったんですよ。前のテッカマンはそうでしたしね。

> ときに腰原先生、随分と指紋が潰れている様で……

ちょっと素手で薬品使っちゃいましたのでね。これで悪いことしても、足がつかないというものです(おい)。

投稿: 腰原仁志 | 2009/08/03 21:34

なんか、前からDボゥイが入って上からブレードが出てきたようなイメージが……

しかしベガス、タツノコメカの顔してますねぇ。

ときに腰原先生、随分と指紋が潰れている様で……

投稿: 黒竜王V | 2009/08/01 15:46

>・・・それにしてもバンダイさん、今回何故ブレード関連商品を立て続けに出すんでしょうか?ガンダムや仮面ライダーに比べたら知名度は圧倒的に低いのに・・・

先日、テッカマンブレードのDVD-BOX発売のCMを見ましたけど、そこら辺りが関係あるかもです。

投稿: もっさん | 2009/08/01 11:21

あの、まだ未確認情報ですが、これからバンダイから発売されるアーマープラスシリーズでブレード出るみたいですよ(あくまで雑誌のシルエットで見ただけですが・・・)ですかもしかしたら腕組可能かもしれませんよ<ていむさん
僕は魂SPECよりそっちが欲しいですね、可動範囲も広そうですし。

・・・それにしてもバンダイさん、今回何故ブレード関連商品を立て続けに出すんでしょうか?ガンダムや仮面ライダーに比べたら知名度は圧倒的に低いのに・・・

投稿: スパイク | 2009/08/01 09:43

主役の森川氏が「ボルテッカァァァァァァッ!」「ラァダムゥッ!」とか叫んでマイクを壊したとか懐かしいです。ええ。

実は企画立案製作開始まで時間が無く、設定が固まらずに出発、試行錯誤の連続だった作品だそうな。
……アキの苗字が如月だとか、忍者の末裔とか設定倒れですよねー。ドラマCDで明かすネタレベルってのもなー。

テッカマンに変身するキャラはほぼ必ず全裸になるジンクスがある「テッカマンブレード」。
お勧めは実はTV版ではなく鈴木典考氏の描くコミック版。今でもバイブルです。
……メカと美少女だけでなく、アメコミまでイケるってどんだけ万能なんだ……。

魂版、自分も実物拝見しました。
……当時、プラモデルが出る(一応魂と同一ギミック可)で、原型まで出ていたのにお蔵入りorz。
オッケー分かった何年でも待っったるわ!
とか決意した当時。はっはっは15年長いな!
是非大張版もヨロシクですバンダイ!
……出来れば腕組み出来るヤツを。

「腕組みが出来ない。それだけが不満だ」ていむ

投稿: ていむ | 2009/08/01 04:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59744/45797126

この記事へのトラックバック一覧です: 仮面の下の涙を拭え:

« 今から俺が電王 | トップページ | おのれクライシス! »