« ボクと私のビームサーベル | トップページ | 真・磁石の威力だ! »

2009/05/15

父の背中

Asc06365
ウルトラの父降臨祭。
・・・しかし日本人は、ウルトラマンメビウスの世界でもやっぱり、何でもイベントにしてしまうのですなぁ。なんて商魂たくましい。

Asc06359
REAL ACTION HEROESウルトラの父
「ウルトラマンタロウ」に登場したときの姿で立体化されています。
独特の「太い逞しい」プロポーションが、何とも素敵。

Asc06357_2
巨大で頼もしい(?)角、同じくもみあげ(??)もきっちり再現されており、もう、ああ、「父だ」としか言いようのないデザイン。何ともたまらない存在感です。
手持ち武器として、Aやメビウスの危機を救った、ウルトラアレイも付属します。

Asc06362
厚い胸板と、どっしりした体格のおかげで、可動範囲はこのくらいですが、まぁそんなに素早く転げ回って戦う方でもありませんし、必要十分といったところでしょう。

ところで、こうやって立体モノを見るまで、私は全然気が付かなかったのですが。

Asc06358
父の角って、上から見ると、かなり前傾した(バッファローみたいな)角度が付いていたんですね。てっきりタロウのように、ほぼ真横に伸びているものだとばかり思っていました。

Asc06360
さて。
ウルトラの父は、「ウルトラマンA」で初登場しますが、その時は光の国からの長旅の疲れもあり、Aに力を託して倒れてしまいました。その後も何度か地球に現れますが、ウルトラの父が登場した話の最高峰は、やはりメビウス37話=「父の背中」に尽きるでしょう。

それは、ウルトラの父が大隊長としての貫禄、伝説の戦士としての強さ、そして「父」と呼ばれるほどの信頼感を見せつけてくれただけでなく・・・。
子供との約束を(仕事で仕方なく)破ってしまった普通のお父さんが、怪我をした自分の子供を、何もかもほっぽり出して助けに来て、綻びかけた絆を取り戻し・・・。

メビウスに見せる「ウルトラの父の背中」と、怪我をした我が子を背負う「普通の父親の背中」、どちらも同じように気高く、強く、暖かいのだということを、そっと教えてくれたからです。

いやもうこの話、私は涙ボロボロでしたよ。
この感覚は、子を持つ父親だからこそ、数倍沁みたのかも知れませんが。

Asc06367
ところで、この製品にはマントは付属しません。
しかし、ウルトラの父はマントを付けている印象も強いので、そこら辺にあった適当なマントを羽織らせてみました。
意外と違和感がないですが、実は、セーラームーンの着せ替え人形(タキシード仮面)の洋服を、チェーンで留めているだけです。

Asc06364
そのため、後ろから見るとこんな感じになっています。
こちらの父の背中は、威厳も暖かみもヘッタクレもないですな。

|

« ボクと私のビームサーベル | トップページ | 真・磁石の威力だ! »

特撮コレクション」カテゴリの記事

コメント

> こう、赤い布を、チョキチョキと切って…

実際そうやって、娘に下請けにでも出してもいいかと思ったのですが、だいたい出来映えの想像が付いたので止めました(笑)。

> 肩幅を超える巨大なツノもカッコイイです。

タロウで(角が)好評だったので付けたそうですが、タロウも子供の頃は角が短かったことを考えると、父も子供の頃は(変な日本語だ)ちびっちゃい角で、もみあげもほんのちょっとだったのでしょうか。考えると笑えてきます。

> 古い話しですがPSPウルトラマンFE0での父は5秒以内に敵を倒せる最強キャラでした。

おお!さすがは大隊長!

> 間違ってもコートは羽織らないで下さいませ。

ただの変質者です(笑)。

> 意外であったのは、付属としてマントがないという事。

これは付けて欲しかったですね。できればメビウスの時の「ゴージャスな」マントが良かったのですが。

> タロウもいずれは一族を率いていく事になるのでしょうけど、こうして父が偉大であればあるほど、大変だろうなぁと勝手に思ってしまうわけです

大丈夫、もしそんな日が来るとしても、あと2万年ほど後だと思いますから(笑)。

投稿: 腰原仁志 | 2009/05/18 21:50

マントとシルクハットにステッキが似合いそうな素敵なお父様w
間違ってもコートは羽織らないで下さいませ。一気に危険な香りがいたしてしまいまする


さて、ウルトラの父がいるっ♪でお馴染みの父でございますけど、こうしてみると威厳有りまくりなお姿です。

特にモミアゲ~ヒゲがステキ

やっぱり偉大な男には立派な髭が似合うものなのですねぇ。

意外であったのは、付属としてマントがないという事。ウルトラアレイはつけてくれたのに何故?
マント大事ですよねぇ


タロウもいずれは一族を率いていく事になるのでしょうけど、こうして父が偉大であればあるほど、大変だろうなぁと勝手に思ってしまうわけです
…恐らくそんな日が見れるとは到底思えませんけどね…っていうか、それは父がいなくなるという話だから嫌だなぁ。言っていてなんだけど(苦笑

投稿: 弐々 師走 | 2009/05/18 00:30

マントに袖を通した姿を想像してしまいました(^^;
父の存在感はすばらしいですねぇ。
肩幅を超える巨大なツノもカッコイイです。
マントやらベルトやらウルトラマンっぽくない意匠があるのにちゃんとウルトラマンしているんですよね。
古い話しですがPSPウルトラマンFE0での父は5秒以内に敵を倒せる最強キャラでした。

投稿: 猫丸公園 | 2009/05/16 17:48

こう、赤い布を、チョキチョキと切って……縫って……娘さんがやりそうですね。出来栄えはさて置き。

投稿: 黒竜王V | 2009/05/16 16:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59744/45024264

この記事へのトラックバック一覧です: 父の背中:

« ボクと私のビームサーベル | トップページ | 真・磁石の威力だ! »