« クワガッタンを出せ! | トップページ | 武装明日香 »

2009/04/19

明日未来

Asc06171
画像合成などせずに、ただ撮影しただけでもしっくりくる「存在感」こそが、このアイテムの肝だと思います。

Asc06144
超合金GE-46、フォンブレイバー7
ケータイ捜査官7」に登場した、自我と「心を持つ」携帯です。

Asc06163
サウンドギミックや合体(着身)機構などがある玩具はすでに発売されていますが、超合金ではほぼ劇中通りの大きさとなり、より現実感がアップしています。
その代わりと言っては何ですが、「着身」機能はありません。

Asc06162
本体は金属製でずっしりと重く、また質感も十二分です。
普段は、携帯の姿(モバイルフォーム)をしていますが・・・。

Asc06150
もちろん、アクティブフォームにも完全変形。
拳部分は、モバイルフォーム時には変形のロック用手首と交換することになっていますが、可動用の握り拳なら、差し替えなくても変形自体は可能です。

Asc06149
10種類の手首と、8種類のフェイスプレートを交換することで、様々な表情やポーズが再現できます。

Asc06145
フェイスプレートは、液晶画面の向かって右側のカバーを外し、交換するようになっています。(写真は外した状態)
DXフォンブレイバーだと、好きな表情を固定しておくことはできなかったので、飾っておく分には、こちらの仕様の方が適していると思います。

Asc06160
リアルな後ろ姿。カメラのレンズは透明パーツです。

Asc06148
関節も割としっかりしているので、フニャフニャと転んでしまったりはしません。

Asc06165
また、電源ボックス兼部品収納用の台座も付属します。

Asc06167
この台座とセブンを専用コードで繋ぎ、スイッチを入れると、フェイスプレートが発光し、起動音が鳴ります。

Asc06168
電源が入った状態で、本体上部の5つのキー(のうちの4つ)を順序よく押すと、セブンが様々な台詞を喋ります。(数字キーやPOWERキーなどはダミーで、使用しません)

「私の名はセブン」
「行くぞバディ」
「ケータイは投げるものではなーい!」

などはおなじみの台詞で、DXフォンブレイバーにも搭載されていましたが、超合金版の仕様として

「ひーみつひーみつふたりのひーみーつー」
「私の体は超合金でできている」

なども聞くことができます。

さらに、説明書には記載のない、落涙必至のシークレットボイスも収録されていますが・・・。バディとしては、自分で探した方がより感動が深いかと思いますので、詳細は「続きを見る」の方に、文章を分けておきました。

Asc06151
ケータイ7は、いつか起こり得る(かも知れない)未来の世界を描き、同時に少年の等身大の成長を描いて完結しました。
いろいろ悲しいことはありましたし、これからもきっとあるんでしょう。
でも希望もまたそこにありましたし、これからもきっとあるに違いありません。

Asc06170
「未来は多分、すぐそこまで来ているのだ。
 なぜなら、明日はもう、今日とは少しだけ違った未来だから」

「ふーん」

未来はもう、ほんとにすぐそこです。

さて、ここからはネタバレになりますので、ご自分で「セブンの解」を探したい方は、ご遠慮下さい。





とは言っても、キーの押し方には法則があるので、「説明書に載っていない最後のパターン」を探すだけで、シークレット音声は簡単に見つかります。

Asc061681
この順番に押すと・・・。

「バディ・・・。

 君のために、私は行く」

Asc061682
こちらは

「君は 最高の バディだ」

となります。

思わず涙腺が緩む、素晴らしいチョイスのシークレットでした。

|

« クワガッタンを出せ! | トップページ | 武装明日香 »

特撮コレクション」カテゴリの記事

コメント

こちらこそ、いろいろと情報ありがとうございます。やっぱりあの部分では固定されないのですね・・・。携帯としてはちょっと残念ではありますが、

> 元々かなりの点において満足のいくセブンなので、これからは改修など行いながら、愛着を深めたいと思います。(笑)

そうなんですよね。何といっても「愛すべきバディ」ですから。残りの二人も、いつか販売されることを祈っています。

投稿: 腰原仁志 | 2009/05/11 21:11

 レスありがとうございます。
遅くなりましたが、その後の報告などさせてください。
 その後、2度に渡って不具合品として交換する事になった結果、どうやら発売元の方でもしっかりと45度位で固定される製品が見つからず、『(一応)その辺りの角度で止める事が出来る』製品という事で、送られて来た物も、やはり『固定』はされませんでした。
 これ以上は『返金』という対応になるとの事で、もとよりそのつもりもなく、3代目のセブンさんを私のバディとして迎える事にしました。(笑)
 本当を言えば私も、最初に自分で買って来たセブンさんをそのまま愛でるつもりでしたが、高額商品故にちょっと「そういう仕様なのか聞いてみたい」というつもりで電話したところ、不具合品として対応しますと言われ、なし崩し的にこのような展開となってしまいました・・。
 その為に管理人様には「自分のも不具合品なのだろうか?」と、不快な思いをさせてしまい、本当に申し訳なく思ってます。
すみませんでした。

 元々かなりの点において満足のいくセブンなので、これからは改修など行いながら、愛着を深めたいと思います。(笑)

 長々と、少々痛い文章を交えての書き込みにて、大変失礼致しました。
 

投稿: ひな | 2009/05/09 23:18

ひなさん、初めまして、今後ともよろしくお願いします(^^)。

> モバイルフォーム時、本来液晶部が微妙な角度で立ち上がりますよね?

はい、うちのセブンさんも、その位置では「固定」はされません。正確に言うと、そのあたりで止めておくことはできるけれども、「固定」という感じではない、です。
だいたい、40度から60度くらいの間ならどこでも止まる(そこを過ぎると、閉まるか開くかどちらか)感覚です。
お役に立てたでしょうか?

うちのセブンさんも仕様外、だったのかなぁ・・・。でも愛着もあるので、私はこれで満足しておくことにします。
貴重な情報、ありがとうございました。

投稿: 腰原仁志 | 2009/04/26 04:55

 はじめまして。
私も超合金セブン、購入したのですが、どうにも気になることがあって、色々調べているのですが、中々レビューされている方が少なく、失礼とは思いましたが書き込ませて頂きました。

 モバイルフォーム時、本来液晶部が微妙な角度で立ち上がりますよね?(4枚目の画像の様に、・・本来ならば。)
ですが、私のセブン君は全開←→全閉の位置でしか固定されないのです。
 バンダイに連絡してみたところ、45度くらいの位置で固定される仕様になっているので、不良品として交換させて頂きます。とのことで、本日、届いたのですが・・やはり固定されませんでした。

 レビュー中にはそうした角度での画像もあるので、是非、そちらのセブンはその辺どうなのか?教えて頂きたいのです。

 不躾で不適切な書き込みかとは思いますが、こちらのメールサーバーからそちらへはメールが送れないらしく、止むを得ずこちらへの書き込みをさせて頂きました。
 これもセブンへの思い入れ故、どうかご理解くださいませ。
 
 

投稿: ひな | 2009/04/25 21:07

> 超合金ゼロワンもきっと出るんだと信じています。

魂ネイションの会場には(ほぼ)完成品があったので、セブンさんの売れ行き次第だと思います。出て欲しいですよねゼロワン。番組開始当時には、まさか彼に涙する羽目になるとは、思いも寄りませんでした。

> あああ、このサイズのグラインダーとか欲しいッスねー。ミニプラとかどうですか腰原様ッ?!

ミニプラだと、サイズがやっぱり一回り違います。腕や脚はいざ知らず、アタマに被るシーカーとかは、多分装着無理ですな。

> その携帯と比べても、遜色のない出来栄えに驚きです。重厚感タップリ。

やっぱり超合金、重さと質感が実に良い感じです。むしろ重すぎて「こんな携帯、持ち歩く気になるか?」と思うくらい。

> ケイタの演技も素晴しかったからですけど、彼らの夫婦漫才のようなつながり方があればこそ、あの物語の盛り上がりじゃなかったのかなと思います。

特に後半のセブン、どうもわざとやってると思われるボケはたまりませんでしたね。あの積み重ねが、最終回の号泣に繋がるわけですが・・・。

> あの曲をケイタがノリノリで熱唱するシーンはこの作品屈指の名シーンだと思います(おい)

全くです(笑)。

> ちなみに、雑誌で公開された初期案では、今のセブンとは似ても似つかない(失礼)カッコ良い姿が掲載されていたのですが・・・フォンブレイバーを魅力的に描く為には、今の姿の方が良かったのかもしれません・・・(ちょっと見てみたかった気もしますが・・・)

超合金の説明書にも、その初期案が乗っていました。普通にヒーローロボっぽく、お洒落でセンスも良いのですが・・・今となっては、その初期案だったら、こんなに思い出に残る作品にはならなかったかも知れない・・という気すらします。そういう意味で、このケータイデザインにOKを出した方々って、ホントに凄いなぁ、と。

投稿: 腰原仁志 | 2009/04/21 21:34

まさかあの「ひーみつひーみつふたry」まで収録されているとは・・・あの曲をケイタがノリノリで熱唱するシーンはこの作品屈指の名シーンだと思います(おい)
ケータイ捜査官は少年と心を持ったロボット(と言うには少し違和感がありますが)の交流が往年の勇者シリーズを彷彿とさせる作品でした・・・それだけにあの潔ささえ感じる最終回には閉口させられましたが、良き物語でした。
ちなみに、雑誌で公開された初期案では、今のセブンとは似ても似つかない(失礼)カッコ良い姿が掲載されていたのですが・・・フォンブレイバーを魅力的に描く為には、今の姿の方が良かったのかもしれません・・・(ちょっと見てみたかった気もしますが・・・)

投稿: ダイ | 2009/04/21 19:29

最終話で駄々泣きした私が来ましたよっ

使っているキャリアがSBなので、実際に店舗で触らせてもらった事があるのですけど、あれは凄かったですね。
知り合いでがっぷりと嵌っている方が見えましたので、どうするのですかと聞いた所…

「後ろの部分(手足になる所ですね)が外れないと聞いたので…」

…と言っていたので、外れますよと教えてあげたら早速購入していました。

その携帯と比べても、遜色のない出来栄えに驚きです。重厚感タップリ。

ケータイがこうしてロボットになるというのにも驚きですけど、バディとの意思疎通が出来るというのが良いですよね。
ケイタの演技も素晴しかったからですけど、彼らの夫婦漫才のようなつながり方があればこそ、あの物語の盛り上がりじゃなかったのかなと思います。

>その代わりと言っては何ですが、「着身」機能はありません。

出来ればそういう遊びは出来るようにして欲しかったかなと思ったりしますけど…そうすると、モノホン(というのもおかしいですけど)のケータイに付ける人が出てくるのか~。
それは着身許可されないですねぇ。

投稿: 弐々 師走 | 2009/04/20 22:06

駐禁の支払いで「お前は圏外だ」指定のていむですイヤッハーッ!……いいんだミニプラがあるもんorz。グレンラガン紅蓮編のDVD買うから出費に待ったが掛かっています。トランザムライザーもあるしな!

もうゼロワンかわいいよかわいいよゼロワン。
大事なことだから二回言いましたッ!
超合金ゼロワンもきっと出るんだと信じています。絶対に真っ二つになんか、しないさせない
と思うラスト周辺はハンカチが必要なドラマになるとは思わなかったぜケータイセブン。
……一時間スペシャルの数とか、もう特撮とか言うレベルじゃないクオリティでした。
超合金「セブン」はまさにファンのためのアイテムのご様子。
あああ、今からでも節約生活に突入してしまおうかしら。でもまたTF関係でゴニョゴニョ。
……A3シリーズが悪いんだチクショー。

初めて雑誌で見た時は、まさかこんなにも「表情豊か」なキャラクターとは全く思わず、動く、喋る、魅せると掌サイズのキャラクターとは思えない躍動感にうっとり。
DXセブンが関節弱いとかその辺の不満も大丈夫そうですねー。
キビキビ動くセブンが再現できそうで羨ましいぜッ!
あああ、このサイズのグラインダーとか欲しいッスねー。ミニプラとかどうですか腰原様ッ?!

「玩具オリジナル展開で食玩ミニプラ&DXシリーズで『ケータイ捜査官』継続!とりあえずブーストフォン2種確定!バンダイは俺の気持ちを受信したッ!マジありがとうTДT」ていむ

投稿: ていむ | 2009/04/20 02:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59744/44714955

この記事へのトラックバック一覧です: 明日未来:

« クワガッタンを出せ! | トップページ | 武装明日香 »