« 史上初超侍合体 | トップページ | 約束の土地へ »

2009/04/28

BFSの鼓動

Asc06267
メガブロックBFS(BLOCK FRAME SYSTEM)シリーズ
人型のフレームに、装甲としてブロックを付けていき、可動フィギュアを作るというコンセプトのアイテムです。
今回は、ガンダムRX-78-2ゼータガンダム、そしてGファイターを作れる拡張ブロックセットAが発売されました。

Asc06270
フレーム自体はこんな感じ、全長十数cm、関節は全てボールジョイントです。
胴体は前後の区別がなく、両側とも凸部分になっています。
ここに、ブロックを装甲として取り付けていくのですが、その完成したものが・・・。

Asc06268
こちらのガンダム。

Asc06269
(ええっ?)
(これが?)
(RX-78なの?)
などと、いろいろと言葉にできない思いが漂います。
頭が少々大きすぎること、肩の形状がかなり違うこともさることながら、やはり、フレーム部分が「黒」なのが、違和感の最大の元かも知れません。

Asc06263
しかし、ゼータは結構頑張っているような気がします。
少ない部品で、ゼータの特徴を良く捉えており、少なくとも上のガンダムよりは、ずいぶんと格好良く見えます。

Asc06264
ゼータは、差し替えでウェーブライダーモードに変形させることもできますが、・・・まぁブロックなんだから、そんなことはできて当たり前(^^;)という気も、しないでもありません。
でもやっぱり、フレームは白の方が良かったなぁ。

Asc06265
また拡張ブロックセットAには、Gファイターのパーツ以外にも、4本の頭部アンテナなどが入っており、その気になればダブルゼータ(みたいなもの)も作れそうです。

しかし・・・やっぱり、もうちょっと何とかならんもんかなぁ・・・。
ここは一つ、オトナの財力(というか今まで溜めたブロック)を使って、思いっきりマトモなガンダムに作り直さねばなるまい!
と、私が考えていたその時。

マブは声を上げて、嬉しそうに、説明書を読んでいました。
「(拡張ブロックセットなどを使って)
 『
自分だけのガンダム』へ組み替え!」

「・・・やってみたいの?」
彼は嬉しそうに答えました。
「うん!」

Asc06272
そして彼が作っていたのが、これ。
(写真左右は、同じモデルを前と後ろから撮影したものです)

「これ・・・何?」
私が尋ねると、マブは満面の笑みで言いました。
「リボンズキャノンと、リボンズガンダム!」

Asc06261
その時、私はやっと悟りました。
ああ、このアイテムは、これで良いんだと。

メガブロックではすでに、ガンダムザクを作れるモデルが発売されています。
しかしそれらは、再現度は素晴らしいのですが、その分部品も多く、子供たちには少々敷居が高かったように思います。完成させるのはまだしも、それを少し改造して自分だけのMSを作るには、結構な技術が必要でした。
その敷居を思いっきり下げ、簡単に「『自分が欲しかったガンダムへ組み替え』!」ができるようにしたのが、このシリーズなのでしょう。
だから良いんです。ちょっとやそっと似てなくても。

そう気が付くと、今度は逆に
「じゃあ、このシリーズ使って、思いっきりカッコ良いガンダム、作ってみせてやろうじゃないか!」
と(変な)対抗意識が湧くのが、ブロック好きの性というものです。
本来なら、美味しんぼのように
「1週間後に、このブログに来い!
 俺が凄いものを見せてやる!」

と言いたいところですが・・・。

やっぱり、5年後くらいにしておいて下さい(弱気)。

 

|

« 史上初超侍合体 | トップページ | 約束の土地へ »

ブロックにかける魔法」カテゴリの記事

コメント

> こんな記事を読みたかったんです。

そうおっしゃっていただけると、本当に嬉しいです。こちらこそありがとうございます。

このシリーズ、私もかなり好きなのですが、やっぱり「まず、ブロックをある程度揃える」のが敷居が高かったのか、大ヒット・・・とは言いづらいのが残念です。
とはいえ、おかげで割と安く部品が手に入るのは嬉しかったり(おい

でも、せめてザクは出して欲しかったなぁ。あと白いフレーム・・・。

投稿: 腰原仁志 | 2011/02/22 21:53

はじめまして。画像検索からきました。
こんな記事を読みたかったんです。
本当に嬉しいです。ありがとうございます。
つい最近この商品のことを知り、はまってしまって、
現在オリジナルのガンダムが7体あるので、
ちょこちょこブログで掲載しています。

投稿: miyax1102 | 2011/02/22 07:12

> (前の大きいガンダムとかは)組み立てるのは楽しいけど、その後持って楽しむのはつらい。

そうなんですよ、この「持って遊べる」という所も、子供たちにとっては魅力的みたいなんです。
やっぱりモビルスーツですし。
前のは、持ち上げると胴体が抜けた(笑)ですからね。

> そして、三日後ぐらいにBFSライダーかシンケンオーが出てくるのが、腰原クオリティだと思います。

・・・何でバレたですか。ちぇっ(笑)。
さすがに、3日後は無理ですけどね。

> ガンダムという既成観念を振り払えば、色々な捉え方ができるのではないかと写真からは感じましたよ!

おお、確かにコンバットスーツとかには良いかも!
そう、別にガンダムに拘る必要はないんですよね。
黒い素体で手軽にできそうというと・・・セラフィムガンダム!(拘ってるやんけ(^^;))

投稿: 腰原仁志 | 2009/04/30 22:47

これは、「蒸着」ですね!

黒スーツ素体にコンバットスーツ!

ガンダムという既成観念を振り払えば、色々な捉え方ができるのではないかと写真からは感じましたよ!

投稿: う | 2009/04/30 20:58

そして、三日後ぐらいにBFSライダーかシンケンオーが出てくるのが、腰原クオリティだと思います。

投稿: 黒竜王V | 2009/04/29 11:25

>やっぱり、5年後くらいにしておいて下さい(弱気)。

 ええー、そんなぁー。
 いやそれでも!
 腰原さんならやってくれる!

 と期待して待ってます。

 いやしかしマブくんの気持ち少しわからんでもないなぁ。俺ガンダム。もうちょい細かいほうがいいとは思うけど、子ども向けとしてはよくできてる……のかな。前のは確かに大きすぎましたからね。組み立てるのは楽しいけど、その後持って楽しむのはつらい。

投稿: やずみ | 2009/04/29 03:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59744/44827122

この記事へのトラックバック一覧です: BFSの鼓動:

« 史上初超侍合体 | トップページ | 約束の土地へ »