« 兜と舵木 | トップページ | ふたりはセフガド »

2009/03/31

「再生」

Asc05987
3月末は決算期、各社それこそ山のように、切り札となるアイテムを発売してくる時期です。今回も、本当は別のアイテムを考えていたのですが、急遽予定を変更しております。
だって、しょうがないよね!あの最終回を見せられては!

Asc05976
SUPER HCM-Proガンダムエクシア(DX)。
1/144スケール、通常のHCM-Proよりは一回り大きいサイズのフィギュアです。
しかしこれがまた、とんでもなく良くできていて・・・。
随所に、技術の集大成といった工夫の跡が見られます。

上の写真では、セブンソードのコードネーム通り、7種類の剣を装備しています。腰のGNブレイド取り付け部は、このサイズだというのに、差し替えなして腰部から展開、ジョイントパーツを引き出して、ブレードを装備させることができます。さらにそのジョイント自体もかなり動かせるので、アクションポーズを取らせても、長いブレイドが邪魔になりません。

Asc05978
ゼログラビティベースと名付けられた、母艦・プトレマイオスを模した台座も付属します。
腰後ろにアームを接続し、自由に飛翔するイメージでディスプレイさせることができます。
このベース自体にも、予備の手やビームサーベルの刃などを取り付けてしまっておけ、非常に便利。
さらになんとこのエクシア、(同じ1/144サイズなので)プラモデルの「HG・GNアームズTYPE-E」と合体させることができ、そのための専用パーツも付属します。

Asc05979
また、各部の可動範囲は驚くほど。
肘は2重関節、肩は引き出し式の3重関節(!)なので、肩裏に装備されたビームサーベルを楽々引き抜けます。

Asc05980
もちろん、腰のビームダガーも持てますし。

Asc05982
胸のパーツごと肩が後ろに動くので、胸を大きく張って、ビームサーベルを構えるのも、実に絵になります。ハッタリの効いたポーズが映えること。
また、頭部のマスク自体が僅かながら動かせ、例えば上から撮影するような時でも、ガンダムの「目」が見えやすくなるようにマスクを下げられたりする、細かい気配りのギミックもあります。

Asc05969
背部のGNドライヴは、きちんと3本の支持アームで保持され、着脱も可能です。
最終回に(おそらく)行われていた、R2へのGNドライヴ換装も再現できるというものです。

Asc05964
何だかもう、発狂しそうに格好いいし、良く動くし、ギミックは凄いし・・・。
いや、ホントに参りました。

そしてさらに、このアイテムの一番の売りであるところの・・・。

Asc05985
エクシアリペアへの換装もできます。
ダブルオー・2ndシーズンで、この機体が登場したときはホントに驚きました。

Asc05988
頭部は半壊、左腕は失われたまま、ビームサーベルもダガーも既になく、まさに刀折れ矢尽きたという感じのボロボロ状態ですが・・・そこがまた良いんだなぁ。

Asc05986
中破したエクシアを、刹那が他のMSの部品をかき集めて修理したという設定なので、頭部には無骨なティエレンのモノアイが埋め込まれています。しかしそれが、刹那とエクシアの孤独な長い戦いを想像させます。カッコ良いなぁリペア。

Asc05974
エクシアは、その名が「機動戦士ガンダムOO」のタイトルになっているわけではありませんし、人間の新たな可能性を引き出せるほどのOO(ダブルオー)に比べれば、戦闘力などは遙かに劣ります。
しかし1stステージでも2ndでも、結局最終決戦はエクシアが全てにケリを付けましたし、ストーリー的には主役機と言ってもいいくらいの、見せ場のある機体でした。
それはやはり、シンプルながら品位のあるデザイン、そしてやっぱり「巨大な実体剣を装備する」、そのコンセプトのおかげでしょうか。
結局私も、ダブルオーに登場したMSの中では、コイツが一番好きですしね。
劇場版も非常に楽しみです。

|

« 兜と舵木 | トップページ | ふたりはセフガド »

明日は宇宙世紀」カテゴリの記事

コメント

> 自分もやっとこさこのリペアをGET出来ました

ご入手おめでとうございます。背中を押せたのなら本望です。
何と言っても、リペアの存在感は凄いですよね。壮絶な戦いを彷彿とさせ、敵にすら「4年も前の機体!」と言われながらも戦い続けるという。そこがまた、たまらない魅力なんです。

投稿: 腰原仁志 | 2011/02/11 18:31

すみません、今更ながらコメントさせて下さい(>_<)

自分もやっとこさこのリペアをGET出来ました(小売価格は高すぎて中古ですが…)

いやはや素晴らしい、各種可動範囲はソード持ちのエクシアにはピッタリの素晴らしいクォリティ、驚きました。
そして腰原様もおっしゃる通り、リペアへの換装、これのために買ったようなものですwいやはや刹那のエクシアへの愛を感じる機体ですよね!!立体化される機会が少ない(自分の知る限り、プライズで見掛けたくらいです)ものなので…


素敵なレビューありがとうございました(*^_^*)

投稿: みんち。 | 2011/02/07 22:21

> MIAで出てるのにROBOT魂でまたエクシア出るようですが、値段を無視すればこっち買いますわな。

ROBOT魂の出来映えがどうなるかはおいといて、少なくともこっちは、お値段以上の満足度を得られると思います。

> ただエクシアR2は細部がまた違ってるらしいので

ああ、やっぱりそうなんですね。動いてるところを見て、ん?と思った部分はあったのですが、やっぱりこれは立体もので確認したいですね。

> ダブルオーのMSって最初に紙媒体で見た時は「げっ!なんじゃコリャ!」と思ったものです。

同感です。やはり2次元に命を与える、アニメーションって凄いなぁと。

> いや実は歴代の平成ライダーと同じ感想だったりするんですけどね。

激しく納得しました(笑)。

> 君は、そんなにしてまで……

♪ 君の行く道は 果てしなく遠い・・

うちのマブはこのアイテム、特にリペアが大好きで、今もそこで遊んでおります。この無骨かつ壮絶な状態が気に入ったのでしょう。

「いちばんいいのはね」
「うん?」
「リペアは、もう(武器とか部品とか)みんな取れちゃってて、これ以上
取れるところないから、気にしないで遊べる」
「なるほど道理だ」

投稿: 腰原仁志 | 2009/04/03 07:20

おおぅっ!

何が君をそこまで駆り立てるというのでしょうか。
君は、そんなにしてまで……

……と言うフォークソングみたいな台詞はさておき、タイトルが「」で括られていたので、ドキュメントの方かと思いましたよ。

投稿: 黒竜王V | 2009/04/01 10:18

ああ…なんてカッコいいんでしょう。エクシア。しかも最終回でのあの活躍。まさに涙ものでした。
ダブルオーのMSって最初に紙媒体で見た時は「げっ!なんじゃコリャ!」と思ったものです。それが動画として動き出すとカッコいいの何のって。ガンダムシリーズもそうですが、ティエレンやフラッグがあんなにカッコ良く「化ける」とは…。
いや実は歴代の平成ライダーと同じ感想だったりするんですけどね。ファイズやブレイドの初見時みたいな(笑)。

投稿: 九太郎 | 2009/04/01 09:46

 ご購入おめでとうございます。

 うーん、カッコええ。SuperHCM-Proは1/144なので、ROBOT魂とほぼあうんですよねー。MIAで出てるのにROBOT魂でまたエクシア出るようですが、値段を無視すればこっち買いますわな。やっぱり。
 ただエクシアR2は細部がまた違ってるらしいので、そちらはROBOT魂でいいからまた出してくれると嬉しいところ。無論GNソードIIIも入れて。

 トイザらスで今HCM等が二割引セール中なんですが、それでもまだAmazonが安かったので、今のうちに買おうかどうしようか悩んでます。ザらスで実物見たら凄いディティールで欲しくなっちゃったんですよね……。

投稿: やずみ | 2009/04/01 00:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59744/44526373

この記事へのトラックバック一覧です: 「再生」:

« 兜と舵木 | トップページ | ふたりはセフガド »