« ROAD BOT! | トップページ | カメンライド! »

2009/01/22

ROAD BOT!2

巷では、噂の1/10スケール・可変モスピーダが発売されたようです。
うちにも、BIGスケールの可変バイクモデルが届いたので、さっそくフィギュアを乗せてみました。

Asc05328

Asc05331
「俺ト オ前ハ 姉弟ナノサ」
「・・・あなた、誰?」

Asc05321
ROAD BOTシリーズ、1/8スケール・ROAD KING CLASSIC。
言わずと知れた、ハーレーダビッドソンのバイクです。

バイク乗りにとっては「いつかはハーレー」という言葉があったように、このシリーズのマシンに乗るのは、一種のステータスでした。とにかく品がありますからね。

Asc05323
このアイテムでは、そこらへんの気品は実に見事に再現され、各部のバランスや細部の作り込みも十二分に満足がいく仕上がりです。こちら側からは見えませんが、マシン右側のダミーマフラーも、ちゃんと作り込まれています。

Asc05327
1/6スケール(であるはずの)COOL GIRL素体を乗せると、この通り。
ちょっと人間が大きめですが、それでも、ハーレーの格好良さは遺憾なく再現されています。

・・・ですが、何故、変形すると。

Asc05317
こんな壮絶なものになってしまうのかなぁ、と。
もうちょっと、もうちょっとやり用があるだろう・・・(^^;)。

Asc05319
フロント周りの造形は素晴らしく、それだけに、頭部のおざなりなデザインが目立ちます(笑)。

Asc05318
変形後、バイク下部のフレームとフロントカウル、リアキャリア上部は余剰となり、武器を形成します。何というのか、あまりにも思い切りすぎています。
我が国には、白バイロボ・天神などという先駆者がいますが、それにも全く引けを取りません(言っておきますが、誉めてないよ)。

Asc05326
さすがに1/6だと、人間が大きすぎるので・・・。

Asc05330
1/6スケール・女性型オビツボディを乗せてみました。
大きさとしては、割とフィットしているようです。
雰囲気は違和感バリバリですが。

Asc05322
前のシリーズもそうですが、この惚れ惚れするようなバイク形態と、
頭がどうにかなってしまいそうなロボ形態とでは、あまりにギャップが大きいです。
やっぱり、バイクを人間形態にするのは難しいって事ですね。
(それだけじゃないような気がするけど・・・)

|

« ROAD BOT! | トップページ | カメンライド! »

それでこそ勇者だ」カテゴリの記事

コメント

> やっぱバイク→ロボットって言うと電人ザボーガーを思い出すなぁ。

挑む相手はΣ、Σ!
あれが原典ですからね。
バイク系の変形ロボは、とにかくタイヤの処理がもっとも困難で、半分に分けて後ろに背負うとか、無理矢理収納したように見せるとか、いろんな方法で何とかしようとしていました。
このROAD BOTは、逆転の発想で、何とかしようとしない(笑)ことにしたんじゃないかと・・・ダメじゃん。

> 前回のときにうまく加工できていないなぁと記載しましたが、そういえば、そこはかとなくまとまっていたのがありました。
> ファイズのオートバジンにカイザのサイドバッシャーです。

あの2体は結構巧くバイク形態を処理していましたよね。
特にサイドバッシャーは、人間態から離れることによって、異形の格好良さを放っていました。

> ……想像してみて下さい、バイクマンを自作したキン肉マンゼブラの偉大さを。

アレを「自分で作っちゃう」のは天賦の才ですね。偽王子の争奪戦なんかに参加しないで、素直にバイク屋始めたほうが幸せだったのでは。

> 「おばあちゃんが言ってた。『散らかした物はきちんと片付けなさい』って」

懐かしいネタを覚えていらっしゃる(笑)。

投稿: 腰原仁志 | 2009/01/24 01:36

凄まじ過ぎて目が点です(笑)。

「おばあちゃんが言ってた。『散らかした物はきちんと片付けなさい』って」と呟きながら(余剰部品の)お片付けしてるんですね。

投稿: 九太郎 | 2009/01/23 12:14

……想像してみて下さい、バイクマンを自作したキン肉マンゼブラの偉大さを。
僕は、バイクマンは吟味した部品でその技巧の神の力を余すところ無く注ぎ込んだけど、モーターマンは秋葉原でかき集めた部品をメイド喫茶で適当に組み立てたイメージです。

……それはまあ、さておき……

前輪の処理くらい、もうちょっと何とかならなかったのでしょうかねぇ?
これじゃ……レッドネックのおっさんたちが自作したみたいだ。

投稿: 黒竜王V | 2009/01/23 10:55

キタッ!
正に天神。凄まじさバンザーイ!

やりたい事はよーっくわかります。だがしかし、股間にタイヤはヤメレ。ガソリンタンクが分かれて肩アーマー…中身ぶちまけて炎の中から蘇れ~!

もし、これが自動変形するとしたら、ロボット自身の手でおっちらえっちらと部品を組み立て直すんでしょうか。

フードはコッチで~、カウルはこーで~…。萌えか?萌えなのか?


前回のときにうまく加工できていないなぁと記載しましたが、そういえば、そこはかとなくまとまっていたのがありました。

ファイズのオートバジンにカイザのサイドバッシャーです。

タイヤの処理や一旦、バラバラになる部分はあるのですが、それはうまくまとまっているのではないかと。


ある意味、ザボーガーもトンデモ変形であったわけですが、それでも不思議とカッコ良く見えたのは何故かしら?と首を捻りたくなるものです。

やっぱり割り切りは必要なのかも。
そういう意味では、立派にわりきってますよね。このハーレーも。

投稿: 弐々師走 | 2009/01/22 22:30

やっぱバイク→ロボットって言うと電人ザボーガーを思い出すなぁ。

投稿: 虹脳 | 2009/01/22 21:55

えっと・・・バイクマン(違)
確かキン肉マンにもこんなのいましたよね?w

投稿: Yam! | 2009/01/22 21:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59744/43821468

この記事へのトラックバック一覧です: ROAD BOT!2:

« ROAD BOT! | トップページ | カメンライド! »