« ASSEMBLE! | トップページ | 深紅の徒花 »

2008/12/20

ラクロアの希望の元に

Asc05013
集え!勇者よ!

Asc05010
SDX騎士(ナイト)ガンダム(烈伝版)。
ナイトガンダムは、ガンダムとRPG世界が融合した・・・というか独特の進化をした・・・デフォルメキャラクターで、今でも綿々と続く「SDガンダム」の、初期の傑作デザインです。
それがこの平成の世に、充実したオプションと抜群のスタイルを持って蘇りました。

Asc05014
SD体型ではありますが、可動範囲は割と広く、剣戟ポーズなども結構様になります。
剣は盾の中に収納できますが、この写真のように、延長パーツを用い、見栄え優先とすることも可能です。

Asc05011
後ろに装備する巨大ランス(説明書では「剣A」となっています)。
一見、背中に担いでいるように見えますが、実は専用ホルスターがヘルメットに装着されていて、マントとの干渉を防いでいます。
設定としてはヘンかも知れませんが、見栄えと可動を重視したのでしょう。

Asc05015
バイザー部分も可動、目を隠すことができます。ランスも伸張式で、見得を切るには十分な長さとなります。
さらに、専用パーツでいくつか差し替えを行うと。

Asc05018
ナイトガンダムの高速戦闘形態、ケンタウロスモードになります。
今までの写真ではマントを装備させていましたが、このケンタウロスパーツをバックパックに変形させ、背負わせておくことも可能です。

Asc05022
また、ヘルメットや肩アーマーを外し、軽装状態にすることもできます。
まさに至れり尽くせり。

この軽装状態に、先ほどのケンタウルスパーツ(前足のみ)を付けると。

Asc05021
どこのGの影忍だ、というものができあがります。(もちろんオフィシャルではありません)
でも何だか、全然違和感ないんですが。

Asc04627
こちらは、先頃ゲームセンターのプライズ景品としても復活した(リアルタイプガンダムクロス版の)ナイトガンダム。
気高さを感じさせるデザインの妙と相まって今でも人気が高く、私も大好きでした。

Asc05012
しかし、烈伝版のナイトガンダムの方も実に味があり、格好良さと可愛らしさを兼ね備えた風貌は、SDならではのものです。
ゲームなどでの設定では、このナイトガンダムの世界は「人間とモビルスーツが(同じサイズで)同居している」とされており、ナイトガンダムと謎の騎士シャアが(同じ目線で)語り合うというシチュエーションに、目眩がしたものです。
しかし不思議なもので、人間そんなことにはすぐ慣れてしまいます。今ではその設定でも、別に誰も驚かないでしょう。

まぁ、今時なんか、
「ゼントラーディー(巨人)と人間が、同じ目線で語り合」ったり
携帯電話と人間が、同じ立場で語り合」ったり
ウルトラマンと人間が、同じ立場で語り合」ったりしてますからねぇ。

|

« ASSEMBLE! | トップページ | 深紅の徒花 »

明日は宇宙世紀」カテゴリの記事

コメント

> 中身がガンダムマークⅢのリアルナイトガンダムは買ったのですが

私もあっちは大好きで、遊び倒しましたねぇ。また中の人が意外と(失礼)格好良くって。マークⅢは、あれが初立体化じゃなかったでしたっけ。

> しかし、このナイトにはなんか心惹かれますねぇ。

重さも良い感じですし、なんというか非常に存在感があるんです。いつも机の横に置いておきたくなるような。

> "烈伝"についての記述がすっぽり抜けてますよ?

そりゃぁもちろん、もっともらしく記述するのがつまらなくなって、すっぽり削除したからです(笑)。

> SDガンダムは息が長いですよねぇ。

振り返ってみれば、こういうSDものって結構ありましたが、今でも順当に発売されているのって、ガンダム系くらい(か?)ですからね。

> ところでSDの元祖って佐藤元さんの「ロボロボカンパニー」ですか?

ああ、どうなんでしょうね。かつて「模型情報」で、どなたかが2等身にアレンジしたイラストが最初・・・だとか聞いたような気もしたのですが、定かではありません。

> この豪華さと出来の良さと手頃なサイズ(神姫さんと対比させてあげて欲しい)は素晴らしいですね。

し、しまった!私としたことが、神姫さんがケンタウルスに乗った写真を使わなかったなんて!

> あと「MSと人が同じサイズ」と言えばムサシロードを思い出しました。

ムサシ!ぉBUGEI!
いかんカラオケ行きたくなってきた(笑)。

投稿: 腰原仁志 | 2008/12/22 23:14

昔からどーもSD系には燃えない性質でして
中身がガンダムマークⅢのリアルナイトガンダムは買ったのですが、本家はスルーしてました。
しかし、このナイトにはなんか心惹かれますねぇ。
魂こもってる感じがします(^^)。

投稿: カモタロー | 2008/12/22 22:08

もっともらしく解説してるわりに
"烈伝"についての記述がすっぽり抜けてますよ?

投稿: | 2008/12/22 12:16

SDガンダムは息が長いですよねぇ。
私も気が向いたときには作りましたが(曹操ガンダム)・・・さすがに各部にボールジョイントを仕込むのは出来ませんでした。
SD愛好家って結構いるんですよね。

>「MSと人が同じサイズ」
・・・私は「疾風アイアンリーガー」の面々を思い出しましたよ(笑)

投稿: 栃木の海坊主 | 2008/12/21 16:42

ところでSDの元祖って佐藤元さんの「ロボロボカンパニー」ですか?小学校低学年のころ読んでいましたが、それ以前は「SDロボ」という概念が無かったような…。
あのマンガもかなりシュールでしたねぇ。

投稿: 九太郎 | 2008/12/21 16:15

ナイトガンダムは当時かなりハマったものです。この豪華さと出来の良さと手頃なサイズ(神姫さんと対比させてあげて欲しい)は素晴らしいですね。ただ、出来れば列伝ではない方が…。
 実は以前「BB戦士三国伝」体型でナイトガンダムが作れないかと挑戦していたらこの商品のニュースが出て「これでいいじゃん」と制作がストップするという出来事が(笑)。

あと「MSと人が同じサイズ」と言えばムサシロードを思い出しました。あれもシュールな世界でしたね。

投稿: Sing | 2008/12/21 15:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59744/43478292

この記事へのトラックバック一覧です: ラクロアの希望の元に:

« ASSEMBLE! | トップページ | 深紅の徒花 »