« nanoblockなの・3 | トップページ | 爆鎮完了・3 »

2008/11/20

俺、匠に参上

Asc04723
片っ端から参上。

Asc04727
S.I.C.匠魂Vol.10。
手のひらに乗るサイズ、ぎっしりと情景を書き込んだこのシリーズも、あっという間に10弾まで来たんですね。

今回は仮面ライダー電王がメインに据えられ、全8種+シークレット1種のうち、半分以上が電王のキャラクターです。
カタログの先陣を切るのはやはりこの人(?)、モモタロス
地獄の亡者どもを取り仕切る、まさに「鬼」のイメージで立体化されています。

Asc04728
おなじみのカラーバリエーションは、未契約状態。
剣こそ持っていませんが、この偉そうな態度はまさにモモタロス。

Asc04724
続いて、主役の電王。
モールイマジンを踏みにじり、見得を切る躍動的なポーズです。
目のクリアパーツが非常に綺麗。

Asc04725
カラーバリエーションはネガ電王
この写真だとちょっと判り辛いですが、毒々しい目や胸のカラーリングもきちんと表現されています。

Asc04726
そして、シークレットは(ちょっと意外なことに)ガンフォーム
単なる電王の色替えでなく、上半身から上は全て新規パーツなのには
「相変わらず凝ってるなぁ・・・」と、いつものごとく感嘆。

Asc04731
こちらはライダーマンと、宿敵・ヨロイ元帥。
瓦礫の下に埋もれてあまり見えませんが、ヨロイ元帥の造形がムチャクチャに格好良く、立体としての主役がどちらか判らなくなるほどです。
また、ライダーマンの右腕は、ロープアームとパワーアームが付属し、好きな方に交換できます。

Asc04736
後ろから見ると、左足が千切れながら、なおも尾でライダーマンを狙うヨロイ元帥の執念が伝わってきます。
またライダーマンにも、ベルト背部に装着したカセットアームが見て取れ、「ホントに腕を交換してるんだ・・・」と、何だか妙な感動を覚えます。

Asc04732
アーティストカラーは、1号ライダーを彷彿とさせるカラーリングのライダーマンと、茹で上がったヨロイ元帥(笑)。
カセットアームは、パワーアームの代わりに、マシンガンアームが付属します。

Asc04733
今回、個人的にもっとも気に入ったのが、このモモレンジャー(とヒスイ仮面)。
もう、どこからみても桃色の女王様です。

Asc04734
アーティストカラーは、「黒いモモレンジャー」。
いつものことだけど変な日本語だ。

それにしても、踏みつけられ、時代劇の拷問道具みたいなのに乗せられ、あまつさえ爆弾に縛り付けられているというのに。

Asc04735
何でそんなに嬉しそうなんだ、キミは(笑)。

Asc04730

さて、それはともかくクリスマス前御礼企画

スタジオ・アイアンギア、並びに2番鑑Gear-Gearは、日頃のご愛顧にお応えして、この「S.I.C.匠魂Vol.10」より、
・モモタロス ・ライダーマン ・モモレンジャー(すべてノーマルバージョン)
の3個セット(袋は未開封新品)を、先着1名様に差し上げます
送料は私が負担いたしますので、ご希望の方は、こちらの
「ちょっと早いクリスマス係」までメールをお送りください

(応募は締め切らせていただきました。ありがとうございました)

もうすぐ年末、先生も走る大忙しの時期です。お風邪など召しませんよう。

|

« nanoblockなの・3 | トップページ | 爆鎮完了・3 »

特撮コレクション」カテゴリの記事

コメント

> というわけで、ライダーマン大好きな私が来ました。

歴代の中ではもっとも弱い、といわれてもおそらく誰も反論できない彼ですが、またそこのところが魅力なんですよね。
たった一つの武器、カセットアームも、もの凄く斬新でした。

ホビージャパンの連載(だっけ)で、プロトンミサイルと自爆して海に落下した後、神ステーション(!)とライダー1号2号によって救助された、という設定には唸りました。なるほどね、と。

投稿: 腰原仁志 | 2008/11/23 02:26

ライダーマン良いよ…カッコヨスグル!
というわけで、ライダーマン大好きな私が来ました。

赤青黒のカラーリングも良いんですが、旧ライダーカラーもお似合いです。
下の茹で上がったヨロイ元帥は花咲ガニのようでカワイイ。ただし、本体はザリガニなんですけどねぇ。アメリカザリガニ?


黒いモモレンジャー、男前ですね。

>何でそんなに嬉しそうなんだ、キミは(笑)。

いけない吹き替えでもつけたくなりそうな恍惚とした表情がステキ。

要するに、踏みつける足先と軸足の足先が開いているから男性っぽくなるんですけど、もう少し、腿が開いていたら、もっと女王様っぽく見えたのかも。

女王様モードは狙ってますよねぇ。だって、ヒスイ仮面が座らされているのは、昔の拷問道具のようなやつ。
それに座って嬉しそうなんて、ヒワイ仮面じゃのぅ。


白モモを見て思ったこと…

「モモ!足元~きえかけとるぞ~!砂になってね~!」

表現的にこれもアリか…な?

投稿: 弐々師走 | 2008/11/22 21:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59744/43175994

この記事へのトラックバック一覧です: 俺、匠に参上:

« nanoblockなの・3 | トップページ | 爆鎮完了・3 »